東京郊外のムラサキシジミ(2015年12月6日)

12月5日は久し振りに郊外をブラブラしてみる。尾根道を散策するとムラサキシジミが何匹か見られた。
写真1は葉上にとまるムラサキシジミ。
左前翅に傷があり、小さな穴から表翅の青が見えていた。

▼写真1 ムラサキシジミ♂ その1a(2015年12月5日、東京郊外)
d0303129_13422215.jpg


やがて翅を開くと♂と分かった(写真2)。

▼写真2 ムラサキシジミ♂ その1b(2015年12月5日、東京郊外)
d0303129_13423284.jpg


この辺りの日だまりがお気に入りなのか、♂ばかり4匹ほど見られた。
写真3は後翅が傷んだ♂。

▼写真3 ムラサキシジミ♂ その2a(2015年12月5日、東京郊外)
d0303129_13424373.jpg


小飛して翅を開く(写真4)。

▼写真4 ムラサキシジミ♂ その2b(2015年12月5日、東京郊外)
d0303129_13425498.jpg


傷みの少ない個体は良い角度で撮れなかった(苦笑)。
少し離れた場所には♀もいた。
シダ植物の葉上で翅を開く(写真5)。

▼写真5 ムラサキシジミ♀ その1a(ノートリミング、2015年12月5日、東京郊外)
d0303129_1343591.jpg


♂を散々見たあとでは、♀の明るいブルーが実に鮮やかに見える(写真6)。

▼写真6 ムラサキシジミ♀ その1b(2015年12月5日、東京郊外)
d0303129_13431526.jpg


出かける前から、尾根道の散策コースでムラサキシジミが見られると良いな、とは思っていたものの、♂♀合わせて5匹も撮れるとは嬉しい誤算ではあった。

最後におまけ。
日陰になった散策路脇にアオジがいたので撮ってみた。
この冬は300ミリ単焦点レンズを常用することになりそうなので、チャンスがあれば野鳥も積極的に撮りたいと思う。

▼写真7 アオジ(2015年12月5日、東京郊外)
d0303129_13432577.jpg


撮影機材:ニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

[PR]

by mikiosu | 2015-12-06 17:00 | | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード