遊歩道のムラサキツバメたち(2015年12月11日)

いつもお世話になっている石川会長のお膝元である某公園に、ムラサキツバメの集団がいると聞いて見に行ってみた。
一つ手前の駅で降りて歩いて行こうと思った。駅の改札を出ると、そこで石川会長とばったり会った(笑)。
ムラサキツバメの集団を確認してきたという石川会長が、引き返して案内してくれた。
写真1はその途中で見かけたウラギンシジミ。
ツバキの葉裏にとまっていた。

▼写真1 ウラギンシジミ その1a(2015年12月9日、東京近郊)
d0303129_1293970.jpg

※写真1はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

せっかくなので20ミリレンズでも撮ってみる(写真2)。

▼写真2 ウラギンシジミ その1b(ノートリミング、2015年12月9日、東京近郊)
d0303129_1295315.jpg

※写真2はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED

写真3はお目当てのムラサキツバメの集団。
頭がぶつかりそうな高さの葉上に6匹ほどいた。

▼写真3 ムラサキツバメの集団 その1a(ノートリミング、2015年12月9日、東京近郊)
d0303129_1210893.jpg

※写真3はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR&スピードライトSB-910

マクロレンズで撮った集団をちょっと拡大してみる(写真4)。

▼写真4 ムラサキツバメの集団 その1b(2015年12月9日、東京近郊)
d0303129_12102110.jpg

※写真4はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

20ミリで撮ってみるとこんな感じ(写真5)。
公園と言うより遊歩道と言った方がしっくりくる場所だ。

▼写真5 ムラサキツバメの集団 その1c(ノートリミング、2015年12月9日、東京近郊)
d0303129_12103184.jpg

※写真5はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED&スピードライトSB-910

マテバシイなのだと思うが、ここの葉っぱはかなり大きく見えた。
一応、蝶たちの上にも葉っぱがあるので多少の雨風なら防げると思う(写真6)。

▼写真6 ムラサキツバメの集団 その1d(ノートリミング、2015年12月9日、東京近郊)
d0303129_12104288.jpg

※写真6はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED&スピードライトSB-910

写真7はすぐ近くの葉上に単独でとまっているムラサキツバメ。

▼写真7 単独のムラサキツバメ(ノートリミング、2015年12月9日、東京近郊)
d0303129_12105015.jpg

※写真7はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR&スピードライトSB-910

移動する途中には、葉上で開翅するムラサキシジミ♀を見かけた(写真8)。
この時は105ミリマクロレンズを装着していたのでちょっと遠かった。

▼写真8 ムラサキシジミ♀ 開翅(2015年12月9日、東京近郊)
d0303129_1211121.jpg

※写真8はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

ムラサキツバメに比べるとムラサキシジミは意外に敏感なところがあって、思うように近づけない場合がある。
もっとも、この日は近付く前、レンズ交換している間に逃げられてしまったけれど…。

うっかり猫ちゃんの写真を載せるのを忘れていたので追加しておく(笑)。
遊歩道の外れの茂みから顔が見えた。枯れ枝の影が顔にかかってチーターみたいに精悍な顔に見えた。

◎今日のニャンコ ♪(ノートリミング、2015年12月9日、東京近郊)
d0303129_1593980.jpg

※「今日のニャンコ」はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

もうひとつおまけに、歩いて主フィールドに戻る途中で見つけた猫グッズ&喫茶のお店で買ったポストカード。よく分からないが右側はフランス製、左側はイギリス製ではないかと思う。

◎今日のニャンコ ♪ その2
d0303129_1594910.jpg

※「今日のニャンコ その2」はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

by mikiosu | 2015-12-11 12:11 | | Comments(4)

Commented by yurinBD at 2015-12-11 20:23
ムラサキツバメの集団を広角で撮影された
お写真、背景に色づいた木々があって
季節感があっていいですね~♪
ウラギンシジミは民家の近くの場所でも
越冬しているのですね!
Commented by mikiosu at 2015-12-12 02:26
yurin様
コメントありがとうございます。
越冬蝶たちも時にはこうして背景を入れて撮りたいですね。
今年はウラギンシジミがやたらと見つかります。一匹くらい翅を開いてみたい…。そんな衝動に駆られます(我慢してます)。
Commented by pastel24 at 2015-12-12 17:07
イギリスにも「ヒメアカタテハ」似がいるのですね(笑)
ムラサキツバメの環境写真を見て、何で我MFでは撮影
泣かせの場所ばかりかと、つい僻んでしまいます(笑)。
民家の近くで越冬、すっかり人里のチョウになりましたね。
そのうちに、ツバメのように軒下などに塒を確保するかも
知れませんね(笑)
(笑)ばかりのコメントになってしまいました(汗)

MFで嬉しいニュースを見つけました。観音崎を全般的に
精通している方のHPでアサギマダラの幼虫の写真が掲載
されていました。今度お会いした時、場所を覗ってみよう
と思っています。今から楽しみです。
Commented by mikiosu at 2015-12-13 04:56
pastel様
コメントありがとうございます。
そうなんです、どうみてもヒメアカタテハですよね。イギリスにはその昔、新婚旅行で行きましたが、当時は昆虫はまったく目に入りませんでした(苦笑)。
pastelさんのフィールドでもアサギマダラの幼虫が見つかると良いですね♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード