コツバメ登場、ほか(2016年3月23日)

好天の3月22日は、花粉症でぐずる鼻をなだめながら、郊外に遠征してみた。
と言っても午前中に所用を済ませてからなので、現地着は13時頃。これでは春の蝶の出は望み薄かな。

最初に出迎えてくれたのはテングチョウ。
テングチョウはたくさん見られた。多分2回目くらいには「またテングチョウかあ」となってしまうのだが、この日は初撮りだし、桜の花にきていたので何枚か抑えておいた(写真1)。

▼写真1 テングチョウ(2016年3月22日、東京郊外)
d0303129_13492826.jpg


写真2はアカタテハ♀。
アカタテハは♂♀の判別が難しいが、この日は産卵行動が見られたので♀と分かった。卵も撮れたのがこの日の収穫(卵の写真は次回)。

▼写真2 アカタテハ♀ 開翅(2016年3月22日、東京郊外)
d0303129_13494070.jpg


写真3、4はルリタテハ。
ルリタテハは複数見られ、威嚇するように顔のそばにきたり、絡んで飛ぶ姿も見られた。

▼写真3 ルリタテハ その1(2016年3月22日、東京郊外)
d0303129_13495148.jpg

▼写真4 ルリタテハ その2(2016年3月22日、東京郊外)
d0303129_1350317.jpg


何か白っぽい蝶が飛んできたと思うとウラギンシジミ♀が地面に降りた。
しばし地面の上を歩き回る(写真5)。

▼写真5 ウラギンシジミ♀ その1a(ノートリミング、2016年3月22日、東京郊外)
d0303129_13501752.jpg


何だか三つ指ついてご挨拶しているように見えなくもない(写真6)。

▼写真6 ウラギンシジミ♀ その1b(2016年3月22日、東京郊外)
d0303129_13503114.jpg


帰り際、薄青い翅を閃かせて小さな蝶が飛んできた。一瞬スギタニルリシジミかなと思ったのだが、眼の前の地面にとまったのを見るとコツバメだった(写真1)。

▼写真7 コツバメ その1a(ノートリミング、2016年3月22日、東京郊外)
d0303129_13504283.jpg


この際、草花にとまったところを撮りたかったなどと贅沢は言わないでおこう(言ってるやん)。
よく見ると地面に口吻を突き立てていた(写真8)。

▼写真8 コツバメ その1b(2016年3月22日、東京郊外)
d0303129_13505513.jpg


写真9は大きく拡大したもの。
小さな春の妖精・コツバメがしっかり捉えられるなら、300ミリ単焦点レンズで大概のものは撮れそうに思う。

▼写真9 コツバメ その1c(2016年3月22日、東京郊外)
d0303129_1351732.jpg


せっかくなのでフィッシュアイレンズでも撮ってみた(写真10)。
ご覧の通り散策路のど真ん中にしばらくとまってくれた。

▼写真10 コツバメ その1d(2016年3月22日、東京郊外)
d0303129_13511848.jpg

※ニコンD7200+MB−D15 & AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f/2.8G ED

この日は午後から出かけたこともあって、コツバメまでは期待していなかったのでとても嬉しい。
狙いのアサギマダラ幼虫と望外のアカタテハ卵は次回に。

撮影機材:※印以外はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

[PR]

by mikiosu | 2016-03-23 13:51 | | Comments(4)

Commented by yurinBD at 2016-03-23 21:01
テングチョウも桜にやってくるのですね、桜と蝶のコラボレーションを見ると嬉しいですね!
コツバメは目の周りが白いせいか、大きな黒い目が強調されて、可愛いですね~♪
アカタテハにルリタテハも登場し、早春の蝶達が一気に活動開始ですね!
Commented by mikiosu at 2016-03-24 02:02
yurin様
コメントありがとうございます。
テングチョウ、桜に来てくれたのは良いのですが、なかなかいい角度になってくれませんでした(涙)。
今季は花に来るミヤマセセリを何とか撮りたいです。
Commented by ダンダラ at 2016-03-24 10:11 x
いよいよコツバメ登場ですね。
テングチョウと早咲きの桜の組み合わせはあまり見たことがありません、貴重なシーンですね。
越冬明けのアカタテハは今頃産卵するんですね。
Commented by mikiosu at 2016-03-24 23:01
ダンダラ様
コメントありがとうございます。
越冬明けのテングチョウはかなり傷んでいるのが難点ですね(笑)。
アカタテハは結構綺麗で、産卵場所を探して低空飛行を続けていました。
今年はギフチョウの里でご挨拶できると良いのですが…これからいろいろ忙しくなるので今季は行けるかどうか微妙です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード