ツマキチョウようやく今季初撮り(2016年4月30日)

ツマキチョウは都心でも見られる蝶だが、飛び回ってばかりでなかなか撮れない。郊外遠征時にようやく撮ることができた。
写真1はツマキチョウ♀。
河原に咲くムラサキケマンにきていた。

▼写真1 ツマキチョウ♀(2016年4月26日、東京郊外)
d0303129_3472619.jpg


写真2はツマキチョウ♂。
林道脇のセイヨウタンポポにきていた。

▼写真2 ツマキチョウ♂(2016年4月26日、東京郊外)
d0303129_3411464.jpg


林道脇のベンチに座って山の方を見ながらおにぎりを頬張っていると茶色い大きなものが飛んできた。
クロコノマチョウだった(写真3)。
クロコノマチョウの成虫は昨年撮り損なっているのでちょっと嬉しい。細い枝から出ている樹液を吸いにきたようだ。

▼写真3 クロコノマチョウ(2016年4月26日、東京郊外)
d0303129_3412662.jpg


写真4はコミスジ。
この林道のコミスジはどうも大きく見える。

▼写真4 コミスジ 開翅(2016年4月26日、東京郊外)
d0303129_3413916.jpg


写真5はヤマトシジミ♀。
最初はスギタニルリシジミが開翅しているのかと思ってたくさん撮ったらヤマトシジミだった(苦笑)。
この近辺にはヤマトシジミはほとんどいないのだが…。

▼写真5 ヤマトシジミ♀ その1a 開翅(2016年4月26日、東京郊外)
d0303129_3415137.jpg


見ているとカタバミで産卵したようだ(写真6)。

▼写真6 ヤマトシジミ♀ その1b 産卵中(2016年4月26日、東京郊外)
d0303129_342184.jpg


コンパクトデジカメで卵も撮っておく(写真7)。

▼写真7 ヤマトシジミの卵(2016年4月26日、東京郊外)
d0303129_3421410.jpg

※写真7はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

写真は撮り損なってしまったが、ウラギンシジミの産卵シーンも見かけたので卵を撮っておいた(写真8)。
見慣れた白っぽい卵ではなく、やや緑色がかっていた。産卵直後はこういう色なのだろうか。

▼写真8 ウラギンシジミの卵(2016年4月26日、東京郊外)
d0303129_3473886.jpg

※写真8はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

全体に蝶の姿は少なかったような気がしたが、それでも7種類の蝶を今季初撮りできた。
トンボや甲虫もいろいろ撮れたので、数回分のネタができたのも嬉しい(笑)。

撮影機材:※印以外はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

[PR]

by mikiosu | 2016-04-30 23:59 | | Comments(4)

Commented by yurinBD at 2016-05-01 19:01
ツマキチョウの吸蜜の様子を撮影され、羨ましいです!
昨年、今年と、なかなか吸蜜の様子を撮れません・・。
今日も姿は見たのですが、飛びっぱなしで撮影できませんでした。
ヤマトシジミの産卵の様子と卵、そしてウラギンシジミの卵、素晴らしい生態写真ですね。
私も5月は頑張ります!(と意気込みだけはあります!)
Commented by mikiosu at 2016-05-01 20:59
yurin様
コメントありがとうございます。
ツマキチョウ、やっと♂♀そろって撮れました。
引っ越し先の目の前の公園でも飛んでいるのですが、まったく撮影チャンスがなかったんです(汗)。
さあ、5月は気合いを入れて撮りに行きましょう!(笑)
Commented by ainomidori443zeph at 2016-05-06 11:46
越冬後のクロコノマも樹液があれば集まるのですね。記憶させていただきます。ありがとうございます。
Commented by mikiosu at 2016-05-06 19:55
ainomidori様
コメントありがとうございます。
ちょっと枝の周辺を飛び回ったので飛翔シーンを撮りたかったですが、一度落ち着いたらずっととまったままでした。しっかり口吻を伸ばしていたので吸汁していたと思います。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード