ウラゴマダラシジミの蛹(2016年5月21日)

アカシジミを複数見かけた丘陵では、ウラゴマダラシジミの蛹も見つけた。
写真1、2はイボタノキを見上げて見つけた蛹。

▼写真1 ウラゴマダラシジミの蛹 その1a(ノートリミング、2016年5月18日、東京郊外)
d0303129_2294820.jpg


蛹の廻りをアリがウロウロしていた(写真2)。

▼写真2 ウラゴマダラシジミの蛹 その1b(2016年5月18日、東京郊外)
d0303129_230094.jpg


写真3、4は葉っぱを裏返して見つけた蛹。

▼写真3 ウラゴマダラシジミの蛹 その2a(ノートリミング、2016年5月18日、東京郊外)
d0303129_230127.jpg


やはりアリがウロウロしていた(写真4)。
昨年も蛹をたくさん見かけたのだが、その時はアリには気がつかなかった。

▼写真4 ウラゴマダラシジミの蛹 その2b(2016年5月18日、東京郊外)
d0303129_2303228.jpg


写真5は別の木で見つけた蛹。
この木は昨年卵を見つけた木なので、この蛹はその子たちが成長した姿なのかもしれない。

▼写真5 ウラゴマダラシジミの蛹 その3(2016年5月18日、東京郊外)
d0303129_2304686.jpg


ちなみに昨年撮った卵が写真6。
この時は3個だった。

▼写真6 昨年撮ったウラゴマダラシジミの卵 その1a(再掲載。2015年5月26日、東京郊外)
d0303129_2305892.jpg

※写真6はニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

今年1月に同じ木を見てみると、3個のうち1個は潰れていたが、右上に3個増えていた(写真7)。

▼写真7 ウラゴマダラシジミの卵 その1b(再掲載。2016年1月7日、東京郊外)
d0303129_231731.jpg


写真8はこの日撮った卵殻。
右上の3個のうち2個は孵化したようだが、もう1個はどうも孵化していないように見える。
左下の2個はどちらも孵化したかどうかよく分からない。

▼写真8 ウラゴマダラシジミの卵殻 その1c(2016年5月18日、東京郊外)
d0303129_2311894.jpg


昨年はウラゴマダラシジミの卵、幼虫、蛹、産卵シーンと撮れた。今年は何とか交尾シーンを撮りたいものだ。

撮影機材:※印以外はニコンD7200+MB−D15 & AF-S DX Micro Nikkor 85mm f/3.5G ED VR&スピードライトSB-910

[PR]

by mikiosu | 2016-05-21 23:59 | | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード