オオムラサキの幼虫&蛹、ほか(2016年6月16日)

前回は「ヘムレンのNature Photo」のヘムレンさんに連れて行っていただいた長野&山梨遠征の成果としてトンボをいくつか紹介した。今回は蝶の方だ。

写真1は高原で撮ったウスバシロチョウ。
まだウスバシロチョウがいるだろうとのことだったが、その通りだった。

▼写真1 ウスバシロチョウ(ノートリミング、2016年6月10日、長野県)
d0303129_2485935.jpg


写真2は獣糞にきていたサトキマダラヒカゲたち。
やや標高も高いのでヤマキマダラヒカゲかとも思われたが、サトキマダラヒカゲのほうだった。

▼写真2 サトキマダラヒカゲ(ノートリミング、2016年6月10日、長野県)
d0303129_249989.jpg


少し標高を下げた場所では新鮮なウラゴマダラシジミが見られた(写真3、4)。
今季はウラゴマダラシジミを撮り損なっていたので嬉しい。これで今年も平地性ゼフィルス6種コンプリートできた♪

▼写真3 ウラゴマダラシジミ その1a(ノートリミング、2016年6月10日、山梨県)
d0303129_2492631.jpg

▼写真4 ウラゴマダラシジミ その1b(2016年6月10日、山梨県)
d0303129_2493697.jpg


近くのアカツメクサにはウラギンヒョウモンも(写真5)。

▼写真5 ウラギンヒョウモン(ノートリミング、2016年6月10日、山梨県)
d0303129_2494985.jpg


オオミスジも見られたが、角度の悪いカットしか撮れなかった(写真6)。

▼写真6 オオミスジ(2016年6月10日、山梨県)
d0303129_250092.jpg


さらに移動して日野春のオオムラサキセンターに立ち寄ってみる。
散策路ではオオチャバネセセリの姿が見られた(写真7、8)。
翅の質感がとても柔らかそうに見えたのは多分新鮮なせいだろう。

▼写真7 オオチャバネセセリ その1a(2016年6月10日、山梨県)
d0303129_2501112.jpg

▼写真8 オオチャバネセセリ その1b(2016年6月10日、山梨県)
d0303129_2502385.jpg


オオムラサキセンターを覗いてみると、さすがにまだ成虫はいなかった。
写真1は幼虫。多分終齢幼虫と思う。
枝には葉っぱがほとんど残っていない。

▼写真9 オオムラサキの幼虫 その1(ノートリミング、2016年6月10日、山梨県)
d0303129_2503342.jpg

※写真9はニコンD7200+MB−D15 & AF-S DX Micro Nikkor 85mm f/3.5G ED VR

写真10は幼虫の顔面。
ゴマダラチョウやアカボシゴマダラもそうだが、オオムラサキの幼虫の顔もなかなか可愛らしい。

▼写真10 オオムラサキの幼虫 その2 顔面(2016年6月10日、山梨県)
d0303129_2504423.jpg


写真11は前蛹と思われる。

▼写真11 オオムラサキの前蛹(2016年6月10日、山梨県)
d0303129_25053100.jpg

※写真11はニコンD7200+MB−D15 & AF-S DX Micro Nikkor 85mm f/3.5G ED VR

既に蛹になっている個体もいくつか見られた(写真12)。
近所でよく見られるアカボシゴマダラの蛹に比べるとかなり大きい。ふた回りくらい大きい感じだ。

▼写真12 オオムラサキの蛹(2016年6月10日、山梨県)
d0303129_251251.jpg


まだ幼虫が多かったものの、前蛹&蛹も複数見られたので、成虫の姿を見られるのもそんなに先のことではなさそうだ。
この日は天気も良く、初見のトンボや今季初撮りの蝶がたくさん撮れた。ヘムレンさん、ありがとうございました♬

撮影機材:※印以外はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR&スピードライトSB-910

[PR]

by mikiosu | 2016-06-16 02:51 | | Comments(6)

Commented by yurinBD at 2016-06-16 06:11
トンボに続き、蝶の方も豪華ですね!
オオミスジ、未見ですので見てみたいです!
とても楽しくかつ充実された撮影行となり、良かったですね♪
オオムラサキの蛹は、さすがに立派ですね!
Commented by umajin2 at 2016-06-16 08:33
おはようございます。
オオムラサキセンターは私もよく行きました(笑)
毎年、オオムラサキ♂の新鮮な個体を撮りたいと思いつつ、
出会いもなく中々達成出来ないでいます(汗)
Commented by mikiosu at 2016-06-16 11:17
yurin様
コメントありがとうございます。
オオミスジ、もうちょっと左側に寄りたかったですが、すぐに飛んでしまいました(涙)。まだこれからチャンスはあると思いますが…。
オオムラサキ、施設内とは言え終齢幼虫や蛹をじかに見たのは初めてなので良かったです。
Commented by mikiosu at 2016-06-16 11:20
umajin様
コメントありがとうございます。
えっ、オオムラサキ♂は撮れていないのですか?
7月初旬から中旬なら間違いなくいると思います。まあ、その時期は他の場所への遠征で忙しいのでしょうね(笑)。
Commented by HemlenK at 2016-06-16 11:40
オオムラサキの前蛹、なんともずんぐりむっくりしていて可愛かったですね(*^^*)
蛹の白い点の正体は解明されましたか?
ウマゴマの写真は、いい雰囲気で撮れましたね。
初夏の感じがよいです!(*^^*)
ありがとうございました。
Commented by mikiosu at 2016-06-16 12:13
ヘムレン様
コメントありがとうございます。
オオムラサキ前蛹、ムチムチでしたね(笑)。
蛹の白いポッチはまだ分かりません。羽化のときもそのまま殻に付いているようなので役に立つものではないのかも…です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード