オオミドリシジミふたたび(2016年6月17日)

今季はもう撮りに行くこともないかと思っていたのだが、6月12日は天気も良さそうだし、もう一度オオミドリシジミを撮りに行ってみることにした。
この日は7時前に現地着。「ヘムレンのNature Photo」のヘムレンさんも20分後くらいに合流することになっている。
写真1、2はまだヘムレンさんが合流する前に撮ったオオミドリシジミ♂。
先客のカメラマン氏は一人で、聞くと前日に採集者が20〜30匹くらい捕獲していったらしい。マジですか…。

▼写真1 オオミドリシジミ♂ その1a 開翅(2016年6月12日、東京郊外)
d0303129_1324912.jpg

▼写真2 オオミドリシジミ♂ その1b 開翅(2016年6月12日、東京郊外)
d0303129_132591.jpg


そのせいか、この日は個体数が少なく、なかなか良い場所まで降りてきてくれなかった。
写真3、4はかろうじて撮れた開翅シーン。

▼写真3 オオミドリシジミ♂ その2 開翅(2016年6月12日、東京郊外)
d0303129_133865.jpg

▼写真4 オオミドリシジミ♂ その3 開翅(2016年6月12日、東京郊外)
d0303129_1331940.jpg


圧倒的に多かったのが下から見上げて撮るこのようなシーン(写真5)。

▼写真5 オオミドリシジミ♂ その4(2016年6月12日、東京郊外)
d0303129_1333237.jpg

※写真1〜5はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

シャッターチャンスは前回よりはるかに少ない。地面で吸水する個体もなく、10時頃撤収。
バスで林道入口まで行ってから街道沿いに歩いてみる。前日買ったシグマの150ミリマクロレンズが、オオミドリシジミのポイントでは出番がなかったので何でもいいから撮りたい(笑)。
写真6はムシトリナデシコで吸蜜するクロアゲハ。

▼写真6 クロアゲハ(2016年6月12日、東京郊外)
d0303129_1334571.jpg


写真7、8は河原のヒメジョオンで吸蜜するモンキチョウ♀。

▼写真7 モンキチョウ♀ その1a(ノートリミング、2016年6月12日、東京郊外)
d0303129_1335934.jpg


ちらりと見えた逆光シーンが綺麗だったので、少し粘って逆光で撮ってみる(写真8)。

▼写真8 モンキチョウ♀ その1b(ノートリミング、2016年6月12日、東京郊外)
d0303129_134985.jpg


写真9は足元で産卵行動をしていたダイミョウセセリ。

▼写真9 ダイミョウセセリ♀ 産卵シーン(ノートリミング、2016年6月12日、東京郊外)
d0303129_1342146.jpg


母蝶が去ったあとに葉上を見ると、ちゃんと卵が乗っかっていた(写真10)。

▼写真10 ダイミョウセセリの卵(2016年6月12日、東京郊外)
d0303129_1343151.jpg

※写真6〜10はニコンD7200+MB−D15 & シグマAPO MACRO 150mm f/2.8 EX DG OS HSM

卵の撮影にはもうちょっと短いマクロレンズの方が撮りやすいと思うが、しばらくは300ミリ単焦点レンズと150ミリマクロの組み合わせでフィールドに出てみようと思う。
[PR]

by mikiosu | 2016-06-17 00:01 | | Comments(2)

Commented by HemlenK at 2016-06-17 22:43
当日はありがとうございました。あれでも少なかったとは驚きました(^_^;)
オオミドリは前に神奈川に連れていっていただいて、その多さに驚きましたが、今回も私の経験の中では十分すぎる数でした(^_^;)
元々ゼフィルスの中では普通種のように言われますが、昔住んでいた安曇野あたりではジョウザンミドリが普通でオオミドリは混じる程度だったんです。(*^^*)
Commented by mikiosu at 2016-06-18 07:11
ヘムレン様
コメントありがとうございます。
いやホント少なかったんです。最後は地上での吸水も期待していたので完全に肩すかしでした(涙)。
来年もたくさん出てくれることを祈ります。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード