ウラナミアカシジミ&ミズイロオナガシジミ(2016年6月25日)

今季はまだウラナミアカシジミを紹介していない。そのうち掲載しようと思いつつなかなか良いタイミングが無かった。このままでは未掲載のままになりかねないのでミズイロオナガシジミとセットで載せておきたい。

写真1〜4は東京郊外で撮ったウラナミアカシジミ。
写真1は地面にとまっていた個体。ちょうど木漏れ日があたっていた。

▼写真1 ウラナミアカシジミ その1(ノートリミング、2016年6月2日、東京郊外)
d0303129_12212934.jpg


写真2は笹薮にいた個体。
そんな細い葉の先っちょで大丈夫なのか…とときどき思う。

▼写真2 ウラナミアカシジミ その2(2016年6月2日、東京郊外)
d0303129_12214096.jpg


写真3は何だか虫喰いだらけの葉上にいた個体。
もうちょっと綺麗な葉に乗ってくれれば良かった(笑)。

▼写真3 ウラナミアカシジミ その3(ノートリミング、2016年6月2日、東京郊外)
d0303129_12215115.jpg


写真4は散策路脇の笹の葉上にいたのを20ミリで撮ってみたもの。

▼写真4 ウラナミアカシジミ その4(ノートリミング、2016年6月2日、東京郊外)
d0303129_1222459.jpg

※写真4はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED

写真5〜12はミズイロオナガシジミ。
写真5、6は東京郊外で撮ったミズイロオナガシジミ。
今季は埼玉県や山梨県でばかり撮っていて、都内で撮ったのはこれくらいだった。

▼写真5 ミズイロオナガシジミ その1a(ノートリミング、2016年6月2日、東京郊外)
d0303129_12222490.jpg


一応20ミリでも撮っておいた(写真6)。

▼写真6 ミズイロオナガシジミ その1b(ノートリミング、2016年6月2日、東京郊外)
d0303129_1223216.jpg

※写真6はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED

写真7は埼玉県で撮ったミズイロオナガシジミ。
黒条が細めの代わりに肛角のオレンジ紋が鮮やかだった。

▼写真7 ミズイロオナガシジミ その2(2016年6月8日、埼玉県)
d0303129_1223578.jpg


写真8、9は山梨遠征で撮ったミズイロオナガシジミ。
写真8は黒条が発達した個体。もうちょっと翅を開いてくれると嬉しかった…。

▼写真8 ミズイロオナガシジミ その3(2016年6月10日、山梨県)
d0303129_1224784.jpg

※写真8はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

写真9はほぼ通常斑紋タイプの個体。

▼写真9 ミズイロオナガシジミ その4(2016年6月10日、山梨県)
d0303129_12241822.jpg


写真10、11は山梨遠征で撮った同じ個体の左側面(写真10)と右側面(写真11)。
これは黒条がやや発達していて、後翅前縁の黒条は流れ気味だ。

▼写真10 ミズイロオナガシジミ その5a(2016年6月14日、山梨県)
d0303129_12265563.jpg


▼写真11 ミズイロオナガシジミ その5b(2016年6月14日、山梨県)
d0303129_1227566.jpg

※写真10、11はニコンD7200+MB−D15 & シグマAPO MACRO 150mm f/2.8 EX DG OS HSM

写真12は山梨遠征で見つけた黒条の発達した個体。
前翅には黒い点も見える。

▼写真12 ミズイロオナガシジミ その6(2016年6月17日、山梨県)
d0303129_12245483.jpg


この個体はチラリと見える後翅表の灰白色の斑点列が目立つので♀なのかもしれない。
しかも触角をしごいていて、大体中脚を使うはずなのだがこの個体は前脚を使っているように見える。
いずれにしても、ミズイロオナガシジミは個体変異があるのでいつまでも撮り飽きない蝶だ。

撮影機材:※印以外はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

[PR]

by mikiosu | 2016-06-25 15:00 | | Comments(6)

Commented by yurinBD at 2016-06-26 06:27
1枚目のウラナミアカシジミ、スポットライトをあびているようで、素敵ですね~♪
ミズイロオナガシジミはたくさん撮られたのですね!
こうして比較すると個体によって斑紋が異なることがよく分かりますね、面白いです。
最後のお写真、チラッと見える斑点列がいいですね!
Commented by mikiosu at 2016-06-27 01:13
yurin様
コメントありがとうございます。
アカシジミ&ウラナミアカシジミ&ミズイロオナガシジミの3種を自分はゼフィルスの三種の神器と考えていますが(都内でもよく見られるから)、いつまでも撮り飽きないのがミズイロオナガシジミですね♪
Commented by umajin2 at 2016-06-27 09:18
おはようございます。
ミドリシジミやオオミドリシジミを沢山撮影&アップされていれば、
普通種は仕方ないかもです(笑)
ウラナミアカの裏翅のドットみたいや模様や、
ミズイロオナガの色使いは非常に好きなんですが、
ミドリの美しい表翅を見てしまうと、やはり浮気しちゃいますね(笑)
Commented by mikiosu at 2016-06-28 01:50
umajin様
コメントありがとうございます。
ウラナミアカシジミなどは初めて見たときはドキドキしたんですけどね…。しかし、初心を忘れてはいけませんね(反省)。
Commented by HemlenK at 2016-06-28 06:48
ウラナミアカシジミよいですね。気がつくと、ついつい栗の花の吸蜜シーンがメインになってしまいます。ミズイロオナガは、今年はどこに行っても遊んでくれました(*^^*)開翅はなかなか撮れませんが、白い点が綺麗に出ている個体の開翅は魅力です。
Commented by mikiosu at 2016-06-28 12:47
ヘムレン様
コメントありがとうございます。
平地性ゼフィルスくらいは都内産も撮っておきたいです♪
最後のミズイロオナガシジミはもうちょっとで開翅してくれそうだったのですが、惜しかったです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード