シータテハ&フタスジチョウ今季初撮り(2016年6月27日)

6月26日は「ヘムレンのNature Photo」のヘムレンさんと今月四度目の山梨遠征。四度目と言っても毎回別の場所だ。
この日は天気はまずまずだったのに気温がやや低めで蝶の出はあまり良くなかった。
写真1はヒメキマダラセセリ♀。
ヒメキマダラセセリだけはたくさん飛んでいたようだ。

▼写真1 ヒメキマダラセセリ♀(2016年6月26日、山梨県)
d0303129_12343839.jpg

※ニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

写真2はヒメキマダラセセリ♂。
あまり良い角度ではなかったけれど、ナワシロイチゴの花で吸蜜していた。

▼写真2 ヒメキマダラセセリ♂(2016年6月26日、山梨県)
d0303129_12344916.jpg


写真3は飛び立って遠くの樹上にとまってしまったヒカゲチョウ。
遠くて何の蝶か分からなかったので撮ってみると新鮮なヒカゲチョウだった。

▼写真3 ヒカゲチョウ(2016年6月26日、山梨県)
d0303129_1235052.jpg


ゼフィルスか! と思われたのはムラサキシジミ♀だった(写真4)。

▼写真4 ムラサキシジミ♀ 開翅(2016年6月26日、山梨県)
d0303129_12351561.jpg


写真5は地面で開翅するヒオドシチョウ。

▼写真5 ヒオドシチョウ その1 開翅(2016年6月26日、山梨県)
d0303129_12352644.jpg


1時間ほど移動した場所でもヒオドシチョウが開翅してくれた(写真6)。
色合いは写真5とだいぶ異なる。

▼写真6 ヒオドシチョウ その2 開翅(ノートリミング、2016年6月26日、山梨県)
d0303129_12353922.jpg


シータテハが産卵行動のようなことをしていた(写真7)。
あとで卵を探したけれど、残念ながら見つからなかった。

▼写真7 シータテハ♀ その1a 産卵行動(2016年6月26日、山梨県)
d0303129_123551100.jpg


この個体は近くの葉上で開翅シーンも撮らせてくれた(写真8)。

▼写真8 シータテハ♀ その1b 開翅(2016年6月26日、山梨県)
d0303129_1236213.jpg


やはり1時間ほど移動した場所でもシータテハがいた。
人工物の上でじっとしているので顔面を撮ってみた(写真9)。

▼写真9 シータテハ その2 顔面(2016年6月26日、山梨県)
d0303129_12361298.jpg


移動先はこれまで何度か石川会長に連れて行ってもらった場所。石川会長がきているんじゃないかと思ったら、やっぱり来ていた(笑)。
ここでは昨年フタスジチョウを撮っている。もう出ているかな…と期待していくと、やはり出ていた(写真10、11)。

▼写真10 フタスジチョウ その1a 開翅(2016年6月26日、山梨県)
d0303129_12362315.jpg

▼写真11 フタスジチョウ その1b 開翅(2016年6月26日、山梨県)
d0303129_12363242.jpg


ここには食事処もあるので、持参のおにぎりは取っておいて、ヘムレンさんとカレーセットを食べた(笑)。
食事の後、周辺をブラブラするが石川会長も宿の女将さんも今日は虫の姿が少ないと言う。
前日から泊まりの石川会長はウラジャノメ、ギンボシヒョウモンなども撮られていたが、自分はミドリヒョウモンくらいしか撮れなかった(写真12)。

▼写真12 ミドリヒョウモン♂(2016年6月26日、山梨県)
d0303129_12364470.jpg


全体に蝶の姿は少なかったとは言え、シータテハ、フタスジチョウと今季初撮りの蝶が2種撮れたのは良かった。ヘムレンさん、ありがとうございました。

撮影機材:※印以外はニコンD7200+MB−D15 & シグマAPO MACRO 150mm f/2.8 EX DG OS HSM

by mikiosu | 2016-06-27 23:59 | | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード