オオムラサキの季節(2016年7月2日)

好天が予想された7月1日は「ヘムレンのNature Photo」のヘムレンさんと山梨遠征。
実際に天気は良かったのだが、どうも蝶の出は良くない。最近そんなことが多い。ひょっとすると私の日頃の行いが悪いせいか…(苦笑)。

いくつかセセリチョウやヒカゲチョウの仲間を撮ったあと、少し標高を下げてみると、いた。オオムラサキだ!
地面にとまりそうだったのが飛んでしまって、離れて行く一方…。そうはさせじと飛び去るところを撮ったのが写真1。
もうすでに10メートル以上離れてしまい、そのまま田んぼの縁を掠めて飛んで行ってしまった。

▼写真1 オオムラサキ♂ その1 飛翔中(2016年7月1日、山梨県)
d0303129_351380.jpg

※ニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

こうなるとオオムラサキを撮らずに帰るわけには行くまい…。
そんなことで日野春のオオムラサキセンターに寄ってみる。前回行ったのは6月10日だから、蛹たちはほとんど成虫になっているはず。
すでに傷んでいる個体もいたが、こんな姿も見られた(写真2)。
何度か羽化液を出していたので、羽化間もないと思う。

▼写真2 オオムラサキ その2 羽化直後(2016年7月1日、山梨県)
d0303129_3511499.jpg


写真3は葉裏でじっとしていた個体。
色合いだけ見ると♀のようだが、日の当たらない場所にいると表翅の色が出ないので何とも言えない。まあ、腹部もふくよかに見えるし♀ではないかと思う。

▼写真3 オオムラサキ その3 開翅(2016年7月1日、山梨県)
d0303129_3512426.jpg


オオムラサキはやはり♂の開翅を撮りたい。
あっちへ行ったりこっちへ行ったりして開翅シーンを狙うが思ったようには撮れないものだ。
写真4〜7は何とか撮れた♂の開翅シーン。

▼写真4 オオムラサキ♂ その4 開翅(2016年7月1日、山梨県)
d0303129_3513457.jpg

※ニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

▼写真5 オオムラサキ♂ その5 開翅(2016年7月1日、山梨県)
d0303129_3514538.jpg

▼写真6 オオムラサキ♂ その6 開翅(2016年7月1日、山梨県)
d0303129_3515375.jpg

▼写真7 オオムラサキ♂ その7 開翅(2016年7月1日、山梨県)
d0303129_352563.jpg


たくさんいても、♂の表翅の鮮やかな青をビシッと撮るチャンスはなかなかないのだった(涙)。
この日はちょっと面白いシーンも見られた。
写真8は蛹。
蛹の近くに小さなハエのようなものが見える。寄生蜂ではないかと思う。

▼写真8 オオムラサキの蛹(2016年7月1日、山梨県)
d0303129_3521777.jpg


寄生蜂は蛹に取り付くのだが、蛹はぶるっと身震いして追い払ってしまう。寄生蜂の方も諦めずに繰り返しトライするが、その度に追い払われてしまうようだった。
蝶の蛹がどの程度動くものなのか、飼育したことが無いのでよく分からないが、オオムラサキの蛹は枝全体が大きく揺れるほど身震いしていた。
画像が不鮮明だが、寄生蜂はキアシブトコバチに似ていた。これから羽化する蛹たちも寄生されずに無事に成虫になって欲しいものだ(オオムラサキ以外の蝶は次回へ)。
ヘムレンさん、今回もいろいろとありがとうございました♪

撮影機材:※印以外はニコンD7200+MB−D15 & シグマAPO MACRO 150mm f/2.8 EX DG OS HSM
[PR]

by mikiosu | 2016-07-02 23:59 | | Comments(6)

Commented by HemlenK at 2016-07-03 08:11
当日はお疲れさまでした。いやいや、日頃の行いが悪いのは私です(笑)
葉裏の個体は♀でしたね(^_^;)野外のオオムラサキはこれからですね。再挑戦するしかないですね(*^^*)
Commented by mikiosu at 2016-07-03 11:56
ヘムレン様
コメントありがとうございます。
オオムラサキはやっぱり野外で撮りたいですね(笑)。
最近は東京郊外でもなかなかよいポイントがなくて困ります。
Commented by Sippo5655 at 2016-07-03 22:22
いよいよオオムラサキ開幕なんですね!
蛹のブルブルは私はアカボシの蛹で昨年、目前に見ました。
かわいそうだったけど、見守ることしかできませんでした。
食う食われる、
自然界は、常にこの闘いなんだなと思うと
人間に生まれた幸せをあらためて感じ、
感謝の気持ちでもって生活していかなければと
彼らの世界に触れるたびに思います。
Commented by mikiosu at 2016-07-04 02:21
Sippo様
コメントありがとうございます。
アカボシゴマダラの蛹もブルブルするんですね。こんどちょっと触ってみようかな(笑)。それにしてもオオムラサキの蛹のブルブルは激しかったです。
Commented by umajin2 at 2016-07-05 22:05
こんばんは。
オオムラサキ、良いですね!
私も過去に撮影はしているのですが、擦れが目立ちました。
ピカピカの個体が開翅したところは撮っておきたいです~
以前、テレビでオオムラサキの幼虫が近づいてきたサシガメを
大顎で噛みついて追っ払っていたのを見ました。
蛹もそうですが、ただ食われるだけではないのですね。
Commented by mikiosu at 2016-07-06 03:13
umajin様
コメントありがとうございます。
オオムラサキの蛹のブルブルはちょっとびっくりしました。
次は都内でオオムラサキ♂の開翅シーンを撮りたいところです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード