ミヤマシジミとヒメシジミ(2016年7月8日)

七夕の7月7日は「ヘムレンのNature Photo」のヘムレンさん、「公園昆虫記」のおはるさんと山梨方面へ遠征。
今季この地への遠征は3度目。これまではどちらかというと蝶よりトンボ類をよく撮っていて、蝶の出は今ひとつだったが果たして…。

先を歩くヘムレンさんを追いかけていると、後ろのおはるさんが立ち止まって何かを撮っている。戻ってみると…撮影時はアサマシジミかと思った。あとで調べるとミヤマシジミ♀であった。クサフジかどうか判然としないけれど、多分アサマシジミの食草ではないかと思われる花にきていたので余計に紛らわしかった。
写真1、2はミヤマシジミ♀。
最初の2枚は300ミリ単焦点レンズで撮ったもの。

▼写真1 ミヤマシジミ♀ その1a(ノートリミング、2016年7月7日、長野県)
d0303129_15141052.jpg

▼写真2 ミヤマシジミ♀ その1b(2016年7月7日、長野県)
d0303129_15142075.jpg

※写真1、2はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

写真3〜6は150ミリマクロレンズで撮ってみたもの。
シグマ150ミリマクロは大きく重くて取り回しが楽とはお世辞にも言えないが、シジミチョウ類にぐっと近づいて撮れるのはやはりマクロレンズの良いところだ。

▼写真3 ミヤマシジミ♀ その1c(2016年7月7日、長野県)
d0303129_15143050.jpg

▼写真4 ミヤマシジミ♀ その1d(2016年7月7日、長野県)
d0303129_1514416.jpg


この個体は縁毛も綺麗に揃っていて、新鮮な個体だったように思う(写真5)。

▼写真5 ミヤマシジミ♀ その1e(2016年7月7日、長野県)
d0303129_15145367.jpg

▼写真6 ミヤマシジミ♀ その1f 半開翅(2016年7月7日、長野県)
d0303129_1515499.jpg

※写真3〜6はニコンD7200+MB−D15 & シグマAPO MACRO 150mm f/2.8 EX DG OS HSM

(※その後ヘムレンさんのお知り合いのA氏よりミヤマシジミではなくヒメシジミではないかとのご指摘があった。当初はアサマシジミではないかと思ったほどなので、同じ日に見かけたヒメシジミよりひと回り大きく見えたこの個体がヒメシジミである可能性があるのか…。どうもあるらしい。タイトルにもミヤマシジミ…と入れてしまったので訂正はせず、ここに記して注意を喚起するだけにしておきたい。ことほどさようにヒメシジミ、ミヤマシジミ、アサマシジミの3種の特に♀において識別が難しい。ご指摘いただいたA氏に感謝したい。勉強になりました。2016年7月12日記)

しばらくして戻ってみると、今度はヒメシジミが同じ花にきていた(写真7、8)。
開翅シーンは撮れなかったが多分♀ではないかと思う。

▼写真7 ヒメシジミ♀ その1a(2016年7月7日、長野県)
d0303129_15151612.jpg

▼写真8 ヒメシジミ♀ その1b(2016年7月7日、長野県)
d0303129_15152618.jpg

※写真7、8はニコンD7200+MB−D15 & シグマAPO MACRO 150mm f/2.8 EX DG OS HSM

数分後には♂の姿も見られた(写真9)。

▼写真9 ヒメシジミ♂ その1a(2016年7月7日、長野県)
d0303129_15153742.jpg


♂は複数いたようだ。
葉上で半開翅〜開翅するシーンをじっくりと撮らせてもらう(写真10〜13)。

▼写真10 ヒメシジミ♂ その1b 半開翅(2016年7月7日、長野県)
d0303129_15154678.jpg

▼写真11 ヒメシジミ♂ その1c 開翅(2016年7月7日、長野県)
d0303129_15155683.jpg

▼写真12 ヒメシジミ♂ その2a 開翅(2016年7月7日、長野県)
d0303129_1516675.jpg

▼写真13 ヒメシジミ♂ その2b 大開翅(2016年7月7日、長野県)
d0303129_15161637.jpg

※写真9〜13はニコンD7200+MB−D15 & シグマAPO MACRO 150mm f/2.8 EX DG OS HSM

少し移動した草むらでもヒメシジミがたくさん見られた(写真14)。

▼写真14 ヒメシジミ♂ その3 半開翅(2016年7月7日、長野県)
d0303129_15162570.jpg

※写真14はニコンD7200+MB−D15 & シグマAPO MACRO 150mm f/2.8 EX DG OS HSM

ここでは既に擦れた個体が多かった。するとどうして先日は見られなかったのか…。やはり日頃の行いのせいなのか(笑)。この日はおはるさんが同行していたので、シジミチョウ類たちもたくさん出てくれたのかもしれない。
ヘムレンさん、おはるさん、ありがとうございました♬

by mikiosu | 2016-07-08 23:59 | | Comments(4)

Commented by HemlenK at 2016-07-09 16:50
当日はありがとうございました。
ミヤマシジミは想定外でした(*^^*)
♀は生息域を出て産卵を試むと思うので、元の生息地は探してみたいですね。それにしても綺麗な個体でしたので、全開翅が撮りたかったです。
ヒメシジミは、時期的には相当遅いかと思いましたがさすがに標高が高いですね。
いろいろ見られて楽しい一日となりました。
Commented by umajin2 at 2016-07-09 19:35
こんばんは。
ミヤマシジミはまだ見たことがないシジミチョウです。
中々良い色合いで気に入りました。
サンヨン、役に立っていますね!
描写も素晴らしくチョウやトンボ撮影には、もう手放せませんね!
Commented by mikiosu at 2016-07-10 03:01
ヘムレン様
コメントありがとうございます。
こちらこそありがとうございました。
アサマシジミではなかったですが、新鮮なミヤマシジミ♀とたくさんのヒメシジミは嬉しかったですね♪
Commented by mikiosu at 2016-07-10 03:02
umajin様
コメントありがとうございます。
ミヤマシジミ♀は新鮮で良かったです。開翅シーンが撮れるとなお良かったですが…。
300ミリ単焦点レンズは、買ったときはこれほど使うことになるとは思ってなかったです。嬉しい誤算です(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード