ホソオチョウ初見初撮り(2016年7月11日)

山梨遠征の翌日はまたまた「ヘムレンのNature Photo」のヘムレンさん、「公園昆虫記」のおはるさんと丘陵方面へ遠征した。
この日の狙いはオオムラサキだったのだが、あちこち樹液の出る木をチェックしてもまったく見当たらなかった。どうやら今年は都内でオオムラサキを見るのは難しそうだ。

撤収前にホソオチョウのポイントを覗いてみる。以前一度歩いて行こうとして道に迷ってしまい、それきり行っていなかった。まあホソオチョウは見なくていいかなくらいに思っていた(笑)。

そこにはジャコウアゲハ♀も飛んでいた(写真1、2)。
ホソオチョウと一緒に撮れれば良かったのだろうが、そううまくは行かなかった。

▼写真1 ジャコウアゲハ♀ その1a 飛翔中(2016年7月8日、埼玉県)
d0303129_134401.jpg

▼写真2 ジャコウアゲハ♀ その1b 飛翔中(2016年7月8日、埼玉県)
d0303129_1345144.jpg

※写真1、2はニコンD7200+MB−D15 & AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f/2.8G ED

写真3〜6はホソオチョウ♂の飛翔シーン。
ゆっくり飛ぶ様は広角飛翔をしなさいと誘っているように見えてならない(笑)。
誘いにのってフィッシュアイレンズを付けて走り回って撮ってみた。

▼写真3 ホソオチョウ♂ その1 飛翔中(2016年7月8日、埼玉県)
d0303129_135345.jpg

▼写真4 ホソオチョウ♂ その2 飛翔中(2016年7月8日、埼玉県)
d0303129_1351360.jpg

▼写真5 ホソオチョウ♂ その3 飛翔中(2016年7月8日、埼玉県)
d0303129_1352593.jpg

▼写真6 ホソオチョウ♂ その4 飛翔中(2016年7月8日、埼玉県)
d0303129_135368.jpg

※写真3〜6はニコンD7200+MB−D15 & AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f/2.8G ED

♂の飛ぶ姿はどことなく『ゲゲゲの鬼太郎』(水木しげる)に出てくる一反木綿を彷彿とさせる、と思うのは私だけだろうか。そう思ってネットで検索してみると、やはり同じような感想を抱く人がいるようだ。

写真7は飛翔中ではなく、ヒメジョオンでの吸蜜シーン。

▼写真7 ホソオチョウ♂ その5(2016年7月8日、埼玉県)
d0303129_1354967.jpg

※写真7はニコンD7200+MB−D15 & シグマAPO MACRO 150mm f/2.8 EX DG OS HSM

飛び回っているのはほとんど♂ばかりだった。ようやく見つけた♀は、小飛してウマノスズクサに取り付き、そのまま産卵行動に移った(写真8)。

▼写真8 ホソオチョウ♀ その1a 産卵行動(2016年7月8日、埼玉県)
d0303129_136142.jpg

※写真8はニコンD7200+MB−D15 & シグマAPO MACRO 150mm f/2.8 EX DG OS HSM

写真9は産卵中の♀。

▼写真9 ホソオチョウ♀ その1b 産卵中(2016年7月8日、埼玉県)
d0303129_1361439.jpg

※写真9はD7200+MB−D15 & シグマAPO MACRO 150mm f/2.8 EX DG OS HSM

葉っぱをめくって卵の写真を撮ってもホソオチョウ♀はそのまま産卵を続ける(写真10)。

▼写真10 ホソオチョウ♀ その1c 産卵中(2016年7月8日、埼玉県)
d0303129_1362733.jpg

※写真10はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

葉裏に10個産みつけたあと、隣の葉にも10個以上産みつけていた(写真11)。

▼写真11 ホソオチョウ♀ その1d 産卵中(2016年7月8日、埼玉県)
d0303129_1364240.jpg

※写真11はニコンD7200+MB−D15 & シグマAPO MACRO 150mm f/2.8 EX DG OS HSM

♀が産卵していたウマノスズクサの根際には前蛹の姿も見られた(写真12)。

▼写真12 ホソオチョウの前蛹(2016年7月8日、埼玉県)
d0303129_1365227.jpg

※写真12はニコンD7200+MB−D15 & シグマAPO MACRO 150mm f/2.8 EX DG OS HSM

アゲハの幼虫はちょっと可愛いが、ホソオチョウの幼虫は可愛くなさそうだな、などと思ってしまった(苦笑)。
ホソオチョウは初見初撮りだった。外来種だし、あまり積極的に撮る気はなかったのだが、現地ではフィッシュアイレンズで飛翔シーン、マクロレンズで産卵シーン、コンパクトデジカメで卵を撮ったりして、かなり熱心な私であった(笑)。
ご一緒してくださったヘムレンさん、おはるさん、ありがとうございました。

by mikiosu | 2016-07-11 23:59 | | Comments(6)

Commented by HemlenK at 2016-07-13 06:09
かなり熱心?でしたよ(*^^*)
でも、魚眼の絵はいいですね。走り回った甲斐がありましたね。(^^)v
昼間じゃなかったので汗だくにならずよかったです。(笑)
産卵を見ていると、力強さを感じざるをえませんね。あまり増えすぎないことを祈ります(^_^;)
Commented by yurinBD at 2016-07-13 06:38
蝶に比較的撮りやすい高さでゆっくり飛ばれると、どうしても広角飛翔撮影したくなりますよね(笑)
ジャコウアゲハ、ホソオチョウともに飛び姿をクリアに撮影され、お見事です!
一反木綿、なるほど同感です(笑)
Commented by umajin2 at 2016-07-13 08:29
おはようございます。
私も過去に埼玉までホソオチョウの春夏型を撮りに行きました。
名前の通り、尾状突起が細長い夏型が良いですね。
撮る前はあまりその気でなくとも、目の前にすると・・・ですね(笑)
私の行ったフィールドでは、駆除もしているようです。
Commented by mikiosu at 2016-07-14 02:25
ヘムレン様
コメントありがとうございます。
ホソオチョウのポイントは行きそびれていたので連れて行っていただいて助かりました。ホソオチョウを見た途端に速攻でフィッシュアイレンズに交換していました(笑)。
Commented by mikiosu at 2016-07-14 02:27
yurin様
コメントありがとうございます。
ジャコウアゲハの♀も今季初撮りだったかも…です。
ホソオチョウ、やっぱりちょっと異国情緒がありますね。
Commented by mikiosu at 2016-07-14 02:29
umajin様
コメントありがとうございます。
ホソオチョウ、駆除しているところもあるようですね。実際のところ、一度にたくさんの卵を産みつけるところからも繁殖力の強さを感じます。産卵中は近づいてもまったく動じる様子がありませんでした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード