アカボシゴマダラ&ムラサキツバメ(2016年8月19日)

ネタはないこともないのに、もたもたしてだいぶ更新をサボってしまった(汗)。
遠征しない時には近所の公園、というか目の前の公園をウロウロしてお茶を濁している今日この頃。
写真1〜3はその目の前の公園で見かけたアカボシゴマダラ。
今年はまだゴマダラチョウを見ていないのでアカボシゴマダラを見てもあまり嬉しくない(笑)。とは言え産卵行動をしていたので撮っておいた。

▼写真1 アカボシゴマダラ♀ その1a 産卵行動(2016年8月5日、都区内)
d0303129_1453523.jpg

▼写真2 アカボシゴマダラ♀ その1b 産卵行動(2016年8月5日、都区内)
d0303129_14531571.jpg


拡大してみると葉っぱに腹端を押し付けているのが分かる(写真3)。

▼写真3 アカボシゴマダラ♀ その1c 産卵行動(2016年8月5日、都区内)
d0303129_14532642.jpg

※写真1〜3はニコンD7200+MB−D15 & シグマAPO MACRO 150mm f/2.8 EX DG OS HSM

飛び去ったあとに葉上を確認してみると緑色の卵があった(写真4)。
これは150ミリマクロレンズで撮ったもの。大きく重い150ミリは卵を撮るのに適しているとは到底思えない。

▼写真4 アカボシゴマダラの卵 その1a(150ミリマクロ、2016年8月5日、都区内)
d0303129_14533852.jpg

※写真4はニコンD7200+MB−D15 & シグマAPO MACRO 150mm f/2.8 EX DG OS HSM

試しに久し振りに持ち出した105ミリマクロレンズでも撮ってみる(写真5)。
やはり小さなものに寄って撮るなら105ミリの方が使いやすい。85ミリならもっと良かったかも。

▼写真5 アカボシゴマダラの卵 その1b(105ミリマクロ、2016年8月5日、都区内)
d0303129_14535031.jpg

※写真5はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

この日はムラサキツバメの幼虫も見られた(写真6)。
幼虫にはアリが用心棒のように付き添っていた。マテバシイの茎にたくさん付いているのはアブラムシのようだ。

▼写真6 ムラサキツバメの幼虫(2016年8月5日、都区内)
d0303129_1454243.jpg

※写真6はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

ほぼ10日後、マテバシイの葉っぱを裏返すと卵の殻がたくさん見つかった(写真7)。
卵の殻は10個以上あった。幼虫の姿もほとんど見かけない。もう蛹か成虫になってしまったのだろう。

▼写真7 ムラサキツバメの卵殻(2016年8月16日、都区内)
d0303129_14541414.jpg

※写真7はニコンD7200+MB−D15 & AF-S DX Micro Nikkor 85mm f/3.5G ED VR

この日持ち出したのは85ミリマクロレンズ。
マテバシイの葉上にいるムラサキツバメを撮ってみた(写真8)。

▼写真8 ムラサキツバメ その1(2016年8月16日、都区内)
d0303129_14542670.jpg

※写真8はニコンD7200+MB−D15 & AF-S DX Micro Nikkor 85mm f/3.5G ED VR

写真9は逆光でシルエットになった別個体。

▼写真9 ムラサキツバメ その2a(自然光、ノートリミング、2016年8月16日、都区内)
d0303129_14543922.jpg

※写真9はニコンD7200+MB−D15 & AF-S DX Micro Nikkor 85mm f/3.5G ED VR

内蔵ストロボをやや弱めに当ててみる(写真10)。

▼写真10 ムラサキツバメ その2b(内蔵ストロボ、ノートリミング、2016年8月16日、都区内)
d0303129_14544996.jpg

※写真10はニコンD7200+MB−D15 & AF-S DX Micro Nikkor 85mm f/3.5G ED VR

どうもムラサキツバメは新鮮なのかそうでないのか分かりにくい(苦笑)。
多分新鮮なのだと思う。

▼写真11 ムラサキツバメ その2c(内蔵ストロボ、2016年8月16日、都区内)
d0303129_14545844.jpg

※写真11はニコンD7200+MB−D15 & AF-S DX Micro Nikkor 85mm f/3.5G ED VR

今月に入って目の前の公園で撮ったムラサキツバメ、150ミリマクロレンズと105ミリマクロレンズ、70−200ズームレンズと比較してみた。
写真12は150ミリマクロレンズで撮ったもの。

▼写真12 ムラサキツバメ その3(150ミリ、2016年8月5日、都区内)
d0303129_14551130.jpg

※写真12はニコンD7200+MB−D15 & シグマAPO MACRO 150mm f/2.8 EX DG OS HSM

写真13は同じ個体を105ミリマクロレンズで撮ったもの。

▼写真13 ムラサキツバメ その4(105ミリ、2016年8月5日、都区内)
d0303129_14552078.jpg

※写真13はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

写真14は後日70−200ミリズームレンズで撮ったもの。

▼写真14 ムラサキツバメ その5(70−200ミリ、2016年8月17日、都区内)
d0303129_14553150.jpg

※写真14はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 70−200mm f/4G ED VR

もともと撮り比べてみようと思った訳ではなく、105ミリや70−200ミリで撮ったムラサキツバメやアブラゼミの写真があまりに酷かったので比較してみた次第だ。
掲載前に多少いじくって見栄えを良くしているが、JPEG元画像は見られたものじゃなかった。105ミリや70−200ミリを使いたくなくなるような写真しか撮れていなかった。まあ、自分の腕を棚に上げれば…の話であるのは言うまでもない。
300ミリ単焦点レンズで撮った画像も載せれば良かったが、多分150ミリとほぼ同等、2メートル以上離れた位置から撮れば300ミリの圧勝だろう。

by mikiosu | 2016-08-19 23:59 | | Comments(2)

Commented by HemlenK at 2016-08-22 15:13
公園のムラツ・・今年は数も多そうで良いですね。
幼虫の観察も気軽にできるのはいい環境です。
ゴマダラチョウ・・少なくなっているんですね。
今年春はけっこう見れたのに、ここにきて出会えなくなっています。
荻〇のあたりで川の水位が上がっていますね。源流域?は大丈夫ですかね(^^;)。。どうぞお気をつけて。
Commented by mikiosu at 2016-08-23 03:48
ヘムレン様
コメントありがとうございます。
ムラサキツバメ、今年は交尾シーンを撮りたいと思っていますが、なかなかチャンスがありません。
ゴマダラチョウ、今年は出会えないまま終わってしまいそうで…。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード