クジャクチョウがいっぱい(2016年9月3日)

9月1日は「ヘムレンのNature Photo」のヘムレンさん、「公園昆虫記」のおはるさんと入笠高原に遠征してみた。
今季はこれまで、山梨&長野方面に何度も出かけているが、クジャクチョウは初夏に2〜3匹撮っただけ。調べてみると6月17日に複数個体を見てから一度も出会っていない。
今年はクジャクチョウはどうしたのだろう、と言いながらの探蝶となった。

午前中は晴れたり曇ったりで蝶の出も今ひとつ。そんな中で木道からやや離れた位置のマツムシソウで吸蜜するクジャクチョウの姿が…。
いたいた!
ここぞとばかりにシャッターを切りまくってしまった(苦笑)。
写真1〜5はこの日最初のクジャクチョウ。
真っ黒の裏翅と鮮やかな表翅が両方見える角度も結構好きだ(写真1)。

▼写真1 クジャクチョウ その1a 半開翅(2016年9月1日、長野県)
d0303129_10574439.jpg


真っ黒の裏翅も一応押さえる(写真2)。

▼写真2 クジャクチョウ その1b(2016年9月1日、長野県)
d0303129_10575766.jpg


遠くて全開シーンはほとんど撮れないが、半開翅シーンはいっぱい撮れた(写真3、4)。

▼写真3 クジャクチョウ その1c 半開翅(2016年9月1日、長野県)
d0303129_1058978.jpg

▼写真4 クジャクチョウ その1d 半開翅(2016年9月1日、長野県)
d0303129_10582179.jpg


この個体は最後に木道にやってきてたっぷりサービスしてくれた(写真5)。

▼写真5 クジャクチョウ その1e 開翅(ノートリミング、2016年9月1日、長野県)
d0303129_10583178.jpg


写真6〜8は少し先のお花畑で見つけた個体。
翅頂はちょっと傷んでいたようだが、ノコンギクの上で全開シーンを撮らせてくれた。

▼写真6 クジャクチョウ その2a 開翅(ノートリミング、2016年9月1日、長野県)
d0303129_10584240.jpg

▼写真7 クジャクチョウ その2b 開翅(2016年9月1日、長野県)
d0303129_1059086.jpg

▼写真8 クジャクチョウ その2c 開翅(2016年9月1日、長野県)
d0303129_1059162.jpg


昼過ぎにはやや日差しが強くなり、あちこちでクジャクチョウの姿が見られるようになった。
写真9は散策路脇のマツムシソウにきていた個体。

▼写真9 クジャクチョウ その3a 半開翅(2016年9月1日、長野県)
d0303129_10592915.jpg


わりと近かったのでオリンパスE-M1&12−40ミリズームでも撮ってみた(写真10)。
右奥に見えるのはスジボソヤマキチョウ。

▼写真10 クジャクチョウ その3b 半開翅(2016年9月1日、長野県)
d0303129_10594117.jpg

※写真10はOLYMPUS OM-D E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

写真11、12はオリンパスE-M1&60ミリマクロで撮ってみたもの。

▼写真11 クジャクチョウ その4a 開翅(ノートリミング、2016年9月1日、長野県)
d0303129_10595310.jpg


後翅の眼状紋を隠していると朱色が目に鮮やかだ(写真12)。

▼写真12 クジャクチョウ その4b 開翅(2016年9月1日、長野県)
d0303129_110310.jpg

※写真11、12はOLYMPUS OM-D E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

最後にドアップを2枚(写真13、14)。
テレコンを外そうかと思うくらい近くにもきてくれた(嬉)。

▼写真13 クジャクチョウ その5a 開翅(ノートリミング、2016年9月1日、長野県)
d0303129_1101753.jpg

▼写真14 クジャクチョウ その5b 開翅(ノートリミング、2016年9月1日、長野県)
d0303129_1102890.jpg


午前中は夢中で撮ったクジャクチョウ、午後には少しお腹いっぱいになったりして(笑)。キベリタテハにはまだ出会えないが、クジャクチョウは今年も健在ということで安心した。

撮影機材:※印以外はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR+AF-S テレコンバーターTC-14E Ⅲ

[PR]

by mikiosu | 2016-09-03 23:59 | | Comments(6)

Commented by HemlenK at 2016-09-04 17:29
たくさんと言うには少なかったですが、なんとかクジャクだけでも見れてよかったです(*^^*)
最初に見たシータテハはわかりにくかったですね。夏型の♀?ですかね。すぐに見分けられない弱さが出てしまいました(笑)
キベリはいづこ?うーん、泣けてきます(^^;
Commented by yurinBD at 2016-09-04 21:05
クジャクチョウはさすがに華やかさNo.1ですね!
裏翅が黒いという点もなかなかの演出ですよね
マツムシソウとの組み合わせはとても素敵ですし、
ノコンギクとの組み合わせも華やかですね!
今年は見に行けそうにありませんので、お写真で楽しませて頂きました!
Commented by umajin2 at 2016-09-05 00:32
こんばんは!
クジャクチョウ、沢山撮られましたね!
開翅や後翅の眼状紋が隠れた半開翅、そして裏翅・・・
どれも良いショットです!
今夏は1度もクジャクチョウに出会えませんでした。
キベリもしっかりと撮り直したいですが、アスファルトにいる事が多くて・・・。

Commented by mikiosu at 2016-09-05 02:52
ヘムレン様
コメントありがとうございます。
当日はお疲れさまでした。クジャクチョウ、いっぱい見られて良かったです。自分的には3匹以上は「いっぱい」です(笑)。
シータテハは♀でしょうね。秋型♀でいいんじゃないでしょうか。
Commented by mikiosu at 2016-09-05 02:54
yurin様
コメントありがとうございます。
クジャクチョウは、行く途中で今年はどこでもなかなか見られないなと言っていたところだったので、花にくるシーンをたっぷり見ることができて良かったです♪
Commented by mikiosu at 2016-09-05 02:56
umajin様
コメントありがとうございます。
クジャクチョウは鮮やかで目につくと撮りたくなるチョウですね。
今季はキベリタテハ狙いで鵜の目鷹の目で探していますがまったく出会えません(涙)。アスファルトの上でもいいから撮りたいです(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード