ゴイシシジミの交尾と蛹(2016年9月12日)

マダラヤンマを堪能したあとはキベリタテハを探しに行ってみた。
そこに行くのは(と言うか連れて行ってもらうのは)今季3回目だった。やはり有名なポイントなのだろう。しかし、キベリタテハに出会うことはなかった。地元の方も今年は見ていないとのことなので、かなり不作らしい。
ここでは以前きた時にゴイシシジミを見かけた。
そう思って探してみると、やはりあちこちにいた。

写真1はゴイシシジミ。
ややお疲れの♀。

▼写真1 ゴイシシジミ♀ その1(ノートリミング、2016年9月10日、長野県)
d0303129_1483672.jpg


写真2〜4は新鮮な♀。

▼写真2 ゴイシシジミ♀ その2a 半開翅(ノートリミング、2016年9月10日、長野県)
d0303129_1485280.jpg

▼写真3 ゴイシシジミ♀ その2b 半開翅(2016年9月10日、長野県)
d0303129_149368.jpg


写真4は300ミリ単焦点レンズで撮ったもの。
横から撮ると翅形が♀らしく見える。

▼写真4 ゴイシシジミ♀ その2c(2016年9月10日、長野県)
d0303129_1491660.jpg

※写真4はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR+AF-S テレコンバーターTC-14E Ⅲ

写真5、6は♂のようだった。

▼写真5 ゴイシシジミ♂ その1a 半開翅(2016年9月10日、長野県)
d0303129_1492898.jpg


粘って翅を開くのを待つがこれが精一杯だった(写真6)。

▼写真6 ゴイシシジミ♂ その1b 開翅(2016年9月10日、長野県)
d0303129_1493982.jpg


交尾シーンも見られた(写真7〜10)。翅形からして右が♀、左が♂だろう。
せっかくなのでいろいろなレンズで撮ってみた。
写真7はニコン機+300ミリ。

▼写真7 ゴイシシジミの交尾シーン その1a(ノートリミング、2016年9月10日、長野県)
d0303129_1495149.jpg

※写真7はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR+AF-S テレコンバーターTC-14E Ⅲ

写真8はオリンパス機+60ミリ。

▼写真8 ゴイシシジミの交尾シーン その1b(ノートリミング、2016年9月10日、長野県)
d0303129_150468.jpg


写真9はオリンパス機+12−40ミリズーム(12ミリ側)。

▼写真9 ゴイシシジミの交尾シーン その1c–1(ノートリミング、2016年9月10日、長野県)
d0303129_1501580.jpg

※写真9はOLYMPUS OM-D E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

写真10は12−40ミリズームで撮った画像を60ミリマクロで撮った画像と同じくらいにトリミングしてみたもの。こちらは背景もそれなりに写せる。

▼写真10 ゴイシシジミの交尾シーン その1c−2(2016年9月10日、長野県)
d0303129_1503015.jpg

※写真10はOLYMPUS OM-D E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

卵か幼虫でもいないかと笹の葉っぱをめくってみると、そこには思いがけず蛹の姿が(写真11)。

▼写真11 ゴイシシジミの蛹 その1a(ノートリミング、2016年9月10日、長野県)
d0303129_1504145.jpg


蛹の大きさは目測で6ミリくらいに見えた。かなり小さい印象だ。実際に測ってみると7〜8ミリだった。

▼写真12 ゴイシシジミの蛹 その1b(2016年9月10日、長野県)
d0303129_1505436.jpg


ゴイシシジミの蛹は同行のT氏やNature Oyajiさんと合わせて5個も見つかった。ちょうどそういう時期だったのだろう。
卵や幼虫は一昨年から探していてまだ見つけられていない。蛹のことはすっかり頭から外れていて、これがゴイシシジミの蛹かどうかも最初は分からなかった。Nature Oyajiさんがすかさずスマホで画像検索してくれて、ゴイシシジミの蛹と確認できた。
キベリタテハには出会えなかったが、ちょっと面白い出会いがあったと気を良くした次第であった。

撮影機材:※印以外はOLYMPUS OM-D E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

[PR]

by mikiosu | 2016-09-12 23:59 | | Comments(10)

Commented by yurinBD at 2016-09-13 06:51
ゴイシシジミの表翅、交尾、蛹と貴重なお写真がズラッと並び凄い成果ですね!
交尾を広角で撮影されたお写真は特に素敵です!
ゴイシシジミの蛹はかなり丸っこいですね、興味深く拝見しました!
Commented by 2008oharu at 2016-09-13 12:56
ゴイシシジミの交尾と蛹、いいですね!キベリタテハより貴重かも。私もいつか見てみたいです。それに、最近の写真は、ピントといい構図といい、ますます素晴らしくなりましたね。
Commented by mikiosu at 2016-09-14 04:47
yurin様
コメントありがとうございます。
ゴイシシジミ、おっしゃる通り開翅シーンに交尾シーン、蛹と撮れたのはかなり嬉しいです♪
蛹は小さくてちょっとびっくりですが、チョウの大きさを考えると妥当な大きさだったのかも。
Commented by mikiosu at 2016-09-14 04:49
おはる様
コメントありがとうございます。
お褒めに預かり光栄です(汗)。
ここのゴイシシジミは前回見た時にはかなり大きな印象でしたが、この日はそれほどでもない感じでした。次は卵と幼虫を何とかしたいです。
Commented by umajin2 at 2016-09-14 08:28
おはようございます!
ゴイシシジミを色々なレンズで撮りまくってますね(笑)
私も以前、ゴイシシジミが集まっているシーンが撮りたくてチャレンジしましたが、
開翅までは撮れませんでした。
蛹は初めて見ましたが、ゴイシシジミの蛹と思えない感じですね~
一瞬、クモのトリノフンダマシかと思っちゃいました(汗)
Commented by あかね at 2016-09-14 09:11 x
おはようございます。
いつも素晴らしい画像を拝見してため息をついております。
今シーズンはゴイシシジミを見たのは一度だけ
しかも撮影は出来ませんでした!
ゴイシシジミの蛹初めて見ました。
交尾個体など夢のまた夢!!
出掛けることも少なく成りましたのでみきさんの
所で楽しませて頂きます。
Commented by mikiosu at 2016-09-15 04:25
umajin様
コメントありがとうございます。
ゴイシシジミ、全開とまではいきませんが、ここまで開いたシーンは初めてなので嬉しいです。
そうそう、蛹は最初はトリノフンダマシじゃないかと思いました。
Commented by mikiosu at 2016-09-15 04:26
あかね様
コメントありがとうございます。
ゴイシシジミ、今季は都内では見ていません。まあ探しに行っていないのもありますが…。
蛹も交尾シーンも初めてなので嬉しいです♪
Commented by Nature_Oyaji at 2016-09-15 07:37
遠征お疲れ様でした。
同じ被写体で、どんな写真になっているのか気になっていました。やっぱり相変わらずのミキ♂さんクオリティでの仕上がりと説明は素晴らしいです。
こちらもレンズを持って行ったのに交換もせず、終えてしまってミキ♂さんのブログを見て、やっぱり色々撮っておけばよかったと反省です。また今後もよろしくお願いします。
Commented by mikiosu at 2016-09-16 05:05
Nature Oyaji様
コメントありがとうございます。当日はありがとうございました。
ゴイシシジミは長いこととまっていてくれたので、いろいろ試すことができました。自分はオリンパス機は使いはじめて間もないので、試行錯誤中です。
こちらこそ今後とも宜しくお願いします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード