ミヤマシジミがいっぱい(2016年9月30日)

シルビアシジミを一通り撮ったあとはミヤマシジミ&ツマグロキチョウ狙いで少し移動。
ミヤマシジミは思いのほかたくさんいた。
写真1、2は河川敷の白っぽい花で吸蜜するミヤマシジミ。

▼写真1 ミヤマシジミ その1a(ノートリミング、2016年9月25日、北関東)
d0303129_2312351.jpg


花はところどころ固まって咲いていた。何となくミヤマハハコに似ているような気がして調べてみると、カワラハハコという花があった。
ミヤマシジミはカワラハハコで長いこと吸蜜していた(写真2)。

▼写真2 ミヤマシジミ その1b(ノートリミング、2016年9月25日、北関東)
d0303129_231559.jpg

※写真1、2はOLYMPUS OM-D E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

はっきり♂と分かる個体はこれしか撮れなかった(写真3)。

▼写真3 ミヤマシジミ♂(2016年9月25日、北関東)
d0303129_232750.jpg

※写真3はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR+AF-S テレコンバーターTC-14E Ⅲ

写真4は葉上にとまった♀。
♀の開翅シーンを撮りたくて粘るがなかなか開いてくれない。ちょっとアンダー過ぎたかもしれない。

▼写真4 ミヤマシジミ♀ その1a(ノートリミング、2016年9月25日、北関東)
d0303129_2321936.jpg

※写真4はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR+AF-S テレコンバーターTC-14E Ⅲ

写真5は同じ個体を広角ズームで撮ってみたもの。

▼写真5 ミヤマシジミ♀ その1b(2016年9月25日、北関東)
d0303129_2323076.jpg

※写真5はOLYMPUS OM-D E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

一昨年きた時にはミヤマシジミも多くなく、しかも擦れていた。この日は新鮮な個体が多かったように思う。調べると一昨年は9月28日にきていたので、三日しか違わない。
写真6、7は新鮮なミヤマシジミ♀。

▼写真6 ミヤマシジミ♀ その2a(2016年9月25日、北関東)
d0303129_2324220.jpg

※写真6はOLYMPUS OM-D E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

この個体はようやく翅を開いてくれた。後翅のオレンジ紋が実に鮮やかだ(写真7)。

▼写真7 ミヤマシジミ♀ その2b 半開翅(ノートリミング、2016年9月25日、北関東)
d0303129_2325388.jpg

※写真7はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR+AF-S テレコンバーターTC-14E Ⅲ

ミヤマシジミは夏の信州でも出会いそこなったので、ここで撮れたのは嬉しい。

写真8、9はウラナミシジミ。
ウラナミシジミも新鮮な個体が多かった。

▼写真8 ウラナミシジミ その1(2016年9月25日、北関東)
d0303129_233581.jpg

※写真8はOLYMPUS OM-D E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

写真9は薄紫色の花にきていた個体。
この花はツルボのようだ。

▼写真9 ウラナミシジミ その2(2016年9月25日、北関東)
d0303129_2331885.jpg

※写真9はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR+AF-S テレコンバーターTC-14E Ⅲ

ベニシジミもツルボで吸蜜(写真10)。

▼写真10 ベニシジミ(2016年9月25日、北関東)
d0303129_2332890.jpg

※写真10はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR+AF-S テレコンバーターTC-14E Ⅲ

ウラギンシジミ♂は地面に置いた私のザックで吸汁…(写真11)。

▼写真11 ウラギンシジミ♂(ノートリミング、2016年9月25日、北関東)
d0303129_2334055.jpg

※写真11はOLYMPUS OM-D E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

写真12はトンボの池方面で見かけたウラギンシジミ♀。
高い場所にとまったのを大幅にトリミングしてある。

▼写真12 ウラギンシジミ♀ 開翅(2016年9月25日、北関東)
d0303129_2335198.jpg

※写真12はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR+AF-S テレコンバーターTC-14E Ⅲ

この日、シジミチョウ科は割愛したツバメシジミを入れると全部で7種類みたことになる。

by mikiosu | 2016-09-30 02:33 | | Comments(4)

Commented by yurinBD at 2016-09-30 05:56
カワラハハコとミヤマシジミの組み合わせは、河川敷の環境であることがよく分かり、貴重ですね!
ミヤマシジミ雌の表翅、茶色の地色にオレンジの斑紋が眩しいですね~♪
次回は雌をねらってみます!
ウラギンシジミもとても新鮮ですね!
Commented by mikiosu at 2016-09-30 19:58
yurin様
コメントありがとうございます。
ミヤマシジミの♀の開翅シーンを撮りたくて頑張りました。♂の方はあまり頓着しなかったのですが、今思うと♂の方ももっとちゃんと撮れば良かったです(汗)。
Commented by banyan10 at 2016-10-01 09:42
カワラハハコは吸蜜していましたか。
僕は写真の整理が追いついていません。(笑)
新鮮な個体が多くて良かったですね。
探せば卵や幼虫も見つかったかもしれませんが、撮影対象が多くて余裕がありませんでした。
ツルボは結構好きなので吸蜜していると撮影してしまいます。
Commented by mikiosu at 2016-10-02 04:17
banyan様
コメントありがとうございます。
カワラハハコは花は黄色なのでまだ開いていない状態と思いますが、しっかり口吻を伸ばしていたので吸蜜していたと思います。
卵や幼虫もみたかったですね。今度チャンスがあれば探してみます。
ツルボはなかなか可憐な花ですね。新鮮なウラナミシジミがきてくれて良かったです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード