ツマグロキチョウの交尾と卵(2016年10月1日)

北関東遠征の最後はツマグロキチョウ。
ここは2年前にbanyanさんと一緒にきたところ。2年前に比較すると雑草が生い茂ってちょっと荒れていた印象。それでもミヤマシジミもツマグロキチョウもたくさん見られた。

写真1は葉上にとまったツマグロキチョウを300ミリで撮ったもの。

▼写真1 ツマグロキチョウ その1a(ノートリミング、2016年9月25日、北関東)
d0303129_37840.jpg

※写真1はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR+AF-S テレコンバーターTC-14E Ⅲ

写真2は同じ個体に近づいて60ミリマクロレンズで撮ったもの。

▼写真2 ツマグロキチョウ その1b(2016年9月25日、北関東)
d0303129_371998.jpg

※写真2はOLYMPUS OM-D E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

写真3も葉上にとまったツマグロキチョウ。
この日は暑かったせいか、葉裏にとまる個体も多かった。ツマグロキチョウも少し飛んでは葉っぱにとまってひと休みしている感じ。

▼写真3 ツマグロキチョウ その2(ノートリミング、2016年9月25日、北関東)
d0303129_373766.jpg

※写真3はOLYMPUS OM-D E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

写真4は食草のカワラケツメイにとまったところ。
これは♀のようだ。

▼写真4 ツマグロキチョウ♀ その3(ノートリミング、2016年9月25日、北関東)
d0303129_375087.jpg

※写真4はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR+AF-S テレコンバーターTC-14E Ⅲ

写真5は♀。
この後カワラケツメイに飛び移って産卵した。

▼写真5 ツマグロキチョウ♀ その4(2016年9月25日、北関東)
d0303129_38314.jpg

※写真5はOLYMPUS OM-D E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

写真6、7は上の個体が産みつけた卵。
卵は思ったより小さくて肉眼で捉えるのは、老眼の身には辛い(笑)。

▼写真6 ツマグロキチョウの卵 その1a(ノートリミング、2016年9月25日、北関東)
d0303129_381564.jpg


あまり鮮明には撮れなかったが写真7は拡大したもの。

▼写真7 ツマグロキチョウの卵 その1b(2016年9月25日、北関東)
d0303129_382647.jpg

※写真6、7はOLYMPUS OM-D E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

写真8は交尾シーン。
同行の皆さんが見つけて教えてくれた。上が♂で下が♀。

▼写真8 ツマグロキチョウの交尾シーン(2016年9月25日、北関東)
d0303129_383863.jpg

※写真8はOLYMPUS OM-D E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

写真9はついでに撮ったモンシロチョウの交尾。
モンシロチョウも上が♂、下が♀。過去に撮ったものも調べるとやはり上が♂、下が♀ばかりだった。

▼写真9 モンシロチョウの交尾シーン(2016年9月25日、北関東)
d0303129_384917.jpg

※写真9はOM-D E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

写真10はキタキチョウ。
逆光シーンも撮っておこうと思ったのだが、ツマグロキチョウではなくキタキチョウだった。

▼写真10 キタキチョウ(2016年9月25日、北関東)
d0303129_3924.jpg

※写真10はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR+AF-S テレコンバーターTC-14E Ⅲ

シルビアシジミ、ミヤマシジミ、ツマグロキチョウとこの日だけで3種類もの蝶を今年初撮りできた。♂や♀の開翅シーン、産卵や卵も撮れたりしておおいに収穫のあった遠征。
お連れいただいたdragonbutterさん、ヘムレンさん、banyanさんにあらためてお礼申し上げたい。ありがとうございました♬

by mikiosu | 2016-10-01 03:09 | | Comments(6)

Commented by yurinBD at 2016-10-01 05:38
ツマグロキチョウを食草のカワラツメケイとの組み合わせで撮ると、やはり良い雰囲気がありますね~♪
そして、産卵シーンと卵、貴重な生態シーンをゲットされ、いいなぁ~♪♪
卵は葉の上というよりも茎(?)に産んでいるのでしょうか、次の機会に私も卵をチェックしてみたいです!
Commented by banyan10 at 2016-10-01 09:45
2年前は近くまで来ましたが、ここにたどり着いていないと思いますが、どうでしょう?
撮影しやすいと思う吸蜜が掲載されていないのが不思議です。(笑)
卵は小さいので厳しいですね。産卵も良い位置でないと撮影が難しいです。
Commented by HemlenK at 2016-10-01 13:02
風邪でダウンしている間に一気にアップさましたね(*^^*)素晴らしい写真が目白押しですね。一枚一枚に丁寧さが出ていて羨ましい画像ばかりです(^-^)/
今回は移動するたびに成果があって、いい日になりました。ありがとうございました。
Commented by mikiosu at 2016-10-02 04:12
yurin様
コメントありがとうございます。
ツマグロキチョウの卵は葉っぱの間に産みつけられていたようです。この日は産卵行動が何度か見られたので見つけられましたが、卵を単独で探すのはかなり難しい気がします。
Commented by mikiosu at 2016-10-02 04:20
banyan様
コメントありがとうございます。
一昨年はもうちょっと手前まででしたか。
コセンダングサ(あるいはアイノコセンダングサかも)での吸蜜を撮ったつもりがキタキチョウだったのが誤算でした(汗)。
産卵シーンもほとんど没写真になりました…。なかなか思うようには撮れませんね。
Commented by mikiosu at 2016-10-02 04:24
ヘムレン様
コメントありがとうございます。
風邪で寝ている以外にすることもなく、起きているときにはせっせと画像整理をしました(笑)。
狙いのものが全部撮れたというのは幸運でしたね。遠征がいつもこんなに上手くいくといいのですけど…。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード