クロコノマチョウ秋型(2016年10月7日)

好天の10月6日は東京郊外に遠征してみた。
河川敷の彼岸花はもう終わっていて、やはり今季は彼岸花&黒系アゲハはまったく撮れずに終わってしまった(涙)。
写真1〜3は道路脇で見かけたウラナミシジミ。
写真1はキバナコスモスで吸蜜する個体。

▼写真1 ウラナミシジミ♂ その1(2016年10月6日、東京郊外)
d0303129_240688.jpg


写真2はコセンダングサ(アイノコセンダングサかもしれない)で吸蜜するウラナミシジミ♂。

▼写真2 ウラナミシジミ♂ その2a(ノートリミング、2016年10月6日、東京郊外)
d0303129_2401865.jpg


ウラナミシジミの複眼には微毛が生えていた(写真3)。

▼写真3 ウラナミシジミ♂ その2b(2016年10月6日、東京郊外)
d0303129_2403037.jpg

※写真1〜3はOLYMPUS OM-D E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

黒系アゲハが撮れないのでアサギマダラでもいないかと探すが、ほとんど姿は見えず、遠くを飛んでいるのを1回見たきりだった。卵も幼虫もまったく観察できなかった。まだこれからなのだろうか…。
しょんぼり歩いていると葉陰に蝶の姿が…。
クロコノマチョウが茂みの向こうにとまっていた(写真4)。

▼写真4 クロコノマチョウ その1a(ノートリミング、2016年10月6日、東京郊外)
d0303129_2404298.jpg

※写真4はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR+AF-S テレコンバーターTC-14E Ⅲ

反対側に廻り込んで60ミリマクロレンズで撮る(写真5)。
これは秋型♂かな。

▼写真5 クロコノマチョウ その1b(ノートリミング、2016年10月6日、東京郊外)
d0303129_240526.jpg


写真6は少し拡大したもの。
左右の翅が微妙にずれて表翅がほんのちょっとだけ見えていた。

▼写真6 クロコノマチョウ その1c(2016年10月6日、東京郊外)
d0303129_24139.jpg

※写真5、6はOLYMPUS OM-D E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

写真7はほぼ同じ角度からニコン機+300ミリで撮ったもの。
色合いがかなり異なる。

▼写真7 クロコノマチョウ その1d(2016年10月6日、東京郊外)
d0303129_2411577.jpg

※写真7はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR+AF-S テレコンバーターTC-14E Ⅲ

写真8、9は小飛して階段にとまったところ。
写真8はオリンパス機&60ミリマクロレンズ。

▼写真8 クロコノマチョウ その1e(ノートリミング、2016年10月6日、東京郊外)
d0303129_2412789.jpg

※写真8はOLYMPUS OM-D E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

写真9はニコン機&300ミリ。

▼写真9 クロコノマチョウ その1f(ノートリミング、2016年10月6日、東京郊外)
d0303129_2413934.jpg

※写真9はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR+AF-S テレコンバーターTC-14E Ⅲ

写真10は移動したところを内蔵ストロボで撮ったもの。
複眼が白く反射してしまった。

▼写真10 クロコノマチョウ その1g(内蔵ストロボ、2016年10月6日、東京郊外)
d0303129_241505.jpg

※写真10はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR+AF-S テレコンバーターTC-14E Ⅲ

クロコノマチョウは羽化直後くらいしか翅を開かないと言われている。この個体は飛んでもすぐ近くにとまるので、羽化間もない個体だったのかもしれない。いつか開翅したところを撮ってみたいものだ。
[PR]

by mikiosu | 2016-10-07 23:59 | | Comments(6)

Commented by yurinBD at 2016-10-08 07:46
ウラナミシジミはモフモフしてますね!そしてとても綺麗な色合いですね!
クロコノマチョウの陶器のような渋い裏翅の様子、味わいがありますね~♪
敏感な蝶という印象を持っていますが、かなり近接しての撮影に成功したのですね!
クロコノマチョウの開翅、見てみたいものです。
Commented by ダンダラ at 2016-10-08 10:01 x
ミズヒキの花が季節を感じさせますね。
木陰にひっそりとたたずむクロコノマチョウは、その大きさや佇まいから、何か別の世界から来たような錯覚を覚えさせますね。
そんな雰囲気が良く出ていると思います。
Commented by mikiosu at 2016-10-09 03:07
yurin様
コメントありがとうございます。
そうなんです、ウラナミシジミは結構モフモフなんですよ。
クロコノマチョウはおっしゃる通り結構敏感だと思います。この個体はまだ世間知らずだったんじゃないでしょうか(笑)。
Commented by mikiosu at 2016-10-09 03:09
ダンダラ様
コメントありがとうございます。
クロコノマチョウは飛んでもバサバサとして、やっぱり蝶と言うより蛾に近い印象がありますね。
今回割りと近い距離から撮ったので写真をしげしげ見てみましたが、本当に別の世界の住人のように思われます。
Commented by umajin2 at 2016-10-11 08:32
おはようございます!
今年の私の散策はどうやら終わってしまったようです・・・。
夏の疲れが出ているのか気持ちが萎え気味です。
未掲載の写真がまだ少し残っているのですが、散策に行っていないとアップもサボってしまいます(^^;
クロコノマチョウも良いですね!
落ち葉の中に止まっていたら見つけられないですね。

Commented by mikiosu at 2016-10-12 03:07
umajin様
コメントありがとうございます。
あら、もう終わりですか、もうちょっと頑張りましょう(笑)。
クロコノマチョウは今季はまだ幼虫を見ていないので今度探しに行きたいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード