ムラサキシジミとウラギンシジミ(2016年10月26日)

自転車でプチ遠征した24日はムラサキツバメは見られなかったものの、ムラサキシジミはたくさん見られた。
写真1、2はムラサキシジミ♀。
カラスアゲハ♀を見失ったあと、周囲を見回しているとムラサキシジミが飛んでいた。
地面にとまったり(写真1)、ツバキの葉上で開翅してくれたり(写真2)、しばらく遊んでくれた。

▼写真1 ムラサキシジミ♀ その1a 開翅(2016年10月24日、東京近郊)
d0303129_2552815.jpg

▼写真2 ムラサキシジミ♀ その1b 開翅(ノートリミング、2016年10月24日、東京近郊)
d0303129_2553976.jpg

※写真1、2はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR+AF-S テレコンバーターTC-14E Ⅲ

主フィールドに戻ると、そこでもムラサキシジミが複数見られた。
写真3はなかなか綺麗な♀。

▼写真3 ムラサキシジミ♀ その2 半開翅(2016年10月24日、東京近郊)
d0303129_2555599.jpg

※写真3はOLYMPUS OM-D E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

一周して戻ってみると今度は♂が出てきた(写真4)。

▼写真4 ムラサキシジミ♂ その1a 開翅(ノートリミング、2016年10月24日、東京近郊)
d0303129_256736.jpg

※写真4はOLYMPUS OM-D E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

じりじりと近づいて撮ったり(写真5)、

▼写真5 ムラサキシジミ♂ その1b 開翅(2016年10月24日、東京近郊)
d0303129_2561952.jpg

※写真5はOLYMPUS OM-D E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

離れた位置から300ミリで撮ったりした(写真6)。

▼写真6 ムラサキシジミ♂ その1c 開翅(ノートリミング、2016年10月24日、東京近郊)
d0303129_2563072.jpg

※写真6はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR+AF-S テレコンバーターTC-14E Ⅲ

ムラサキシジミと同様、成虫で越冬するウラギンシジミも見られた。
写真7はウラギンシジミ♂。

▼写真7 ウラギンシジミ♂ その1(ノートリミング、2016年10月24日、東京近郊)
d0303129_25643100.jpg

※写真7はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR+AF-S テレコンバーターTC-14E Ⅲ

写真8は別個体の♂。

▼写真8 ウラギンシジミ♂ その2a(ノートリミング、2016年10月24日、東京近郊)
d0303129_2565677.jpg

※写真8はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR+AF-S テレコンバーターTC-14E Ⅲ

色合い、質感が異なるのでニコン機とオリンパス機の両方で撮ってみる。
写真9はニコン機+300ミリで撮った♂。

▼写真9 ウラギンシジミ♂ その2b 開翅(2016年10月24日、東京近郊)
d0303129_257941.jpg

※写真9はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR+AF-S テレコンバーターTC-14E Ⅲ

写真10はオリンパス機+60ミリマクロレンズで撮った♂。

▼写真10 ウラギンシジミ♂ その2c 開翅(2016年10月24日、東京近郊)
d0303129_2572112.jpg

※写真10はOLYMPUS OM-D E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

しばらくすると♀も出てきた(写真11、12)。

▼写真11 ウラギンシジミ♀ その1a 半開翅(ノートリミング、2016年10月24日、東京近郊)
d0303129_257336.jpg

▼写真12 ウラギンシジミ♀ その1b 開翅(2016年10月24日、東京近郊)
d0303129_2574741.jpg

※写真11、12はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR+AF-S テレコンバーターTC-14E Ⅲ

この分なら今季もムラサキシジミ&ウラギンシジミの越冬の様子が観察できそうだ。
[PR]

by mikiosu | 2016-10-26 23:59 | | Comments(6)

Commented by yurinBD at 2016-10-28 06:49
ムラサキシジミは雄雌ともに表翅の濃いブルーを捉えられ、美しいですね♪
この時期のムラサキシジミは新鮮ですね!
ウラギンシジミも雄雌双方と出会われたのですね、これからの季節の主役たちが続々と登場ですね!
Commented by ダンダラ at 2016-10-28 14:52 x
ムラサキシジミのブルーがきれいですね。
特に2枚目は、メスの翅表の微妙なグラデーションが出ていて素晴らしいです。
これからは、こういった美しいムラサキシジミを身をファインダーでとらえられた時の感動をしばらく味わえますね。
Commented by Sippo5655 at 2016-10-28 22:31
いよいよ越冬隊が目立ってきましたね。
私はムラツの方がよく出会っています。
ウラギンよく見かけるようになりました。
日光浴する姿に、越冬前の準備体操なのかなって、、

越冬蝶たちは、いつどのようなタイミングで
自らが冬を越さなければいけないと
感知し、行動するのでしょうね・・・

やたらと肉厚の葉の間を模索する
キタキチョウの姿を見ていて、思いました。
Commented by mikiosu at 2016-10-29 05:47
yurin様
コメントありがとうございます。
ムラサキツバメ狙いで出かけましたが、あちこちでムラサキシジミが目につきました。
♂も♀も撮れたのはちょっと嬉しいですね♪
Commented by mikiosu at 2016-10-29 05:53
ダンダラ様
コメントありがとうございます。
この日はムラサキシジミ♀4匹、♂2匹と出会えました。♂も♀も開翅シーンを撮らせてくれたのが嬉しいです。
♀の方が明るくメタリックなブルー、♂は深く濃い青なのですが、写真に撮ると結構似た色になってしまってました。次はもう少し肉眼で見た色に近い感じで撮りたいです。
Commented by mikiosu at 2016-10-29 05:56
Sippo様
コメントありがとうございます。
そうなんです、成虫越冬組がこの日は目立っていました。ウラギンシジミあたりはもう少しすると葉裏にねぐらを決めにくる個体も出てきそうです。
キタキチョウは越冬するシーンを見たことがないので今後の課題です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード