コミスジの幼虫たち(2016年10月28日)

10月24日は主フィールドでコミスジも見かけた(写真1)。
実はこの直前に同じ葉上でムラサキツバメらしき姿を見かけて、カメラを準備している間に逃げられてしまった(涙)。
仕方なくコミスジを撮ったりした(笑)。と言っても最近はホシミスジを見かけることが多く、コミスジの方が珍しいくらいだ。

▼写真1 コミスジ 半開翅(2016年10月24日、東京近郊)
d0303129_1604053.jpg

※写真1はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR+AF-S テレコンバーターTC-14E Ⅲ

写真2〜12はすべてコミスジの幼虫たち。
観察仲間である「公園昆虫記」のおはるさんに公園外れの萩にいるのを教えてもらった。
写真2、3はかなり大きな個体。
このように枯れた葉っぱに絡んでいて見分けにくいことが多い。

▼写真2 コミスジの幼虫 その1(2016年10月24日、東京近郊)
d0303129_1605243.jpg


この個体は腹部側面に緑色の斑紋が見られた(写真3)。

▼写真3 コミスジの幼虫 その2(2016年10月24日、東京近郊)
d0303129_161394.jpg


写真4〜7は移動中の個体。
最初は太い茎のあたりにいたのだが、細い枝に移って行った(写真4)。

▼写真4 コミスジの幼虫 その3a(2016年10月24日、東京近郊)
d0303129_1611563.jpg


その後は先端目指してひたすら進む(写真5)。

▼写真5 コミスジの幼虫 その3b(2016年10月24日、東京近郊)
d0303129_1612990.jpg


そろそろ着いたかな(写真6)。

▼写真6 コミスジの幼虫 その3c(2016年10月24日、東京近郊)
d0303129_1614117.jpg


いやまだ下の葉っぱまで移動したいようだ(写真7)。

▼写真7 コミスジの幼虫 その3d(2016年10月24日、東京近郊)
d0303129_1615464.jpg


写真8は同じ個体の翌日の様子。
半分しか見えないが同じ葉っぱに収まっていた。

▼写真8 コミスジの幼虫 その3e(2016年10月25日、東京近郊)
d0303129_16274.jpg


写真9はノートリミング画像。
いることを知らないで見たら、なかなか気がつかないのではなかろうか。

▼写真9 コミスジの幼虫 その3f(ノートリミング、2016年10月25日、東京近郊)
d0303129_1621950.jpg


写真10、11は別個体たち。
コミスジの幼虫はいろいろな格好でいるので見飽きない…のは私だけか(笑)。

▼写真10 コミスジの幼虫 その4(2016年10月25日、東京近郊)
d0303129_1622942.jpg

▼写真11 コミスジの幼虫 その5(2016年10月25日、東京近郊)
d0303129_1624114.jpg


二日後にはもっと小さな幼虫を見つけた。
葉っぱの半分はこの幼虫に食べられたようだ。

▼写真12 コミスジの幼虫 その6(2016年10月27日、東京近郊)
d0303129_1625240.jpg

※写真12はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR+AF-S テレコンバーターTC-14E Ⅲ

コミスジは幼虫越冬なので、今年これらが蛹になって成虫になることはもう無いと思う。
一昨年から蛹を見てみたいと狙っているのだが、まだ果たせていない。この冬はしつこく幼虫を追いかけて、来春の蛹発見につなげたいところだ。

撮影機材:※印以外はOLYMPUS OM-D E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

by mikiosu | 2016-10-28 23:59 | | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード