2年振りのクロマダラソテツシジミ(2016年11月3日)

都内某所でクロマダラソテツシジミが発生しているというので、「ヘムレンのNature Photo」のヘムレンさん、「公園昆虫記」のおはるさんと探索に出かけてみた。
三人の都合に合わせた11月2日は朝から曇天。現地に着くと風が冷たくてかなり寒い。とても蝶の出が期待できる雰囲気ではなかった。
それでも幼虫だけでも見て帰りたいとソテツの葉っぱをチェックして歩く。
するとソテツの根元に1匹、寒そうに縮こまっている蝶がいた。
近くのソテツで幼虫を探している二人に向かって、いた〜! と叫ぶ私。

写真1はクロマダラソテツシジミ。
♂か♀かはさっぱり分からないが、とりあえず1匹撮れた♪

▼写真1 クロマダラソテツシジミ その1a(ノートリミング、2016年11月2日、東京都)
d0303129_43672.jpg


フィッシュアイレンズでも撮ってみた(写真2)。
風が当たらない位置でじっとしていた。

▼写真2 クロマダラソテツシジミ その1b(ノートリミング、2016年11月2日、東京都)
d0303129_432180.jpg

※写真2はニコンD7200+MB−D15 & AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f/2.8G ED

クロマダラソテツシジミは一昨年、神奈川県で撮って以来だ(過去記事は→こちら)。
1匹だけでも撮れてほっとして、自販機で暖かい缶コーヒーを買って飲んだ。
20メートルほど先にもソテツがあったので缶コーヒーを飲みながら近づいて幼虫でもいないかとチェックしてみる。そこには幼虫はいなかったが、同行のおはるさんが成虫を1匹見つけると、その後は次から次へと見つかった。

写真3はソテツの根元の葉上にとまっていた個体。
アリがまとわりついていた。表翅が少し見えている。♀のような感じだ。

▼写真3 クロマダラソテツシジミ その2(2016年11月2日、東京都)
d0303129_433349.jpg


写真4も根元にいた個体。
これも♀っぽい。葉上で口吻を伸ばしていた。この個体は黒点列が消失していたようだ。

▼写真4 クロマダラソテツシジミ その3(2016年11月2日、東京都)
d0303129_434513.jpg


写真5、6はソテツの葉上にとまっていた個体。
これは♂のような感じ。この個体のグレーの斑紋列もちょっと変わっている。

▼写真5 クロマダラソテツシジミ その4a(2016年11月2日、東京都)
d0303129_435679.jpg


フィッシュアイレンズでも撮ってみたが、根元の個体を踏まないようにしたため、蝶にはあまり近づけなかった(写真6)。

▼写真6 クロマダラソテツシジミ その4b(2016年11月2日、東京都)
d0303129_441086.jpg

※写真6はニコンD7200+MB−D15 & AF DX Fisheye-Nikkor 10.5mm f/2.8G ED

写真7はフィッシュアイレンズでソテツの真上からノーファインダーで撮ってみたもの。
ここには3匹しか見えていないが、他のカットでは5匹写っていた。
この日は寒かったので、どの個体も寝そべるようにじっとしていた。

▼写真7 クロマダラソテツシジミ その5(2016年11月2日、東京都)
d0303129_442391.jpg


写真8はソテツの葉の奥にとまっていた個体。
斑紋がはっきりしていて綺麗な個体だった。

▼写真8 クロマダラソテツシジミ その6(ノートリミング、2016年11月2日、東京都)
d0303129_443425.jpg


写真9はソテツの茎というのか、太い部分にとまっていた個体。
♂のような感じ。寒くてここにいたのか、羽化間もなくてここにいたのか分からない。あるいはその両方なのかもしれない。

▼写真9 クロマダラソテツシジミ その7(2016年11月2日、東京都)
d0303129_44472.jpg


写真10も♂っぽい個体。
これは根元の葉上にとまっていた。前脚を持ち上げて擦るような仕草をしていた。
吹き出しを付けるなら、「ぶるぶる。今日は寒くて手が凍えるね〜」といったところか。

▼写真10 クロマダラソテツシジミ その8(2016年11月2日、東京都)
d0303129_45030.jpg


幼虫はおはるさんが見つけてくれた。
写真11は葉裏にいた幼虫たち。
ソテツの葉は堅くて、顔に当たると痛いくらいだ。こんな葉っぱを食べるのかと思うが、幼虫は比較的新しい、柔らかそうな葉の裏にいた。

▼写真11 クロマダラソテツシジミの幼虫 その1(ノートリミング、2016年11月2日、東京都)
d0303129_451192.jpg


赤みの強い幼虫、アリがまとわりついている幼虫もいた(写真12)。

▼写真12 クロマダラソテツシジミの幼虫 その2(2016年11月2日、東京都)
d0303129_452388.jpg


クロマダラソテツシジミの吸蜜シーンや開翅シーンは撮れなかったものの、寒くてダメかなと思われた日に、成虫は10匹以上、幼虫も数匹見られたので満足して帰る。ヘムレンさん、おはるさん、ありがとうございました♪

最後におまけ。
草むらで見つけた三毛ちゃん。ちょっと臆病な子であった。

◎今日のニャンコ ♪(ノートリミング、2016年11月2日、東京都)
d0303129_453615.jpg

※ニャンコはニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR+AF-S テレコンバーターTC-14E Ⅲ

撮影機材:※印以外はOLYMPUS OM-D E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

by mikiosu | 2016-11-03 23:59 | | Comments(10)

Commented by HemlenK at 2016-11-04 12:55
寒かったですねー(^^;よくもあんな中出撃したものだと我ながらに感心しております。(笑)
幼虫も成虫も見られてよかったです。寒さの中、見事に固まってる成虫、可哀想でした。
Commented by Sippo5655 at 2016-11-04 22:19
こんな環境なんですね!
ソテツが我が家。
葉っぱは硬いけど、若葉なら柔らかいですよね。
そんな葉っぱを食べて
育つんですね・・・!
ソテツはあちこちにあるけれど
この蝶の分布が局所的なのはなぜでしょうか。
Commented by mikiosu at 2016-11-05 07:31
ヘムレン様
コメントありがとうございます。
今回もお世話になりました。寒くてびっくりでしたが、幼虫も成虫もたっぷり見られて良かったです。
Commented by mikiosu at 2016-11-05 07:42
Sippo様
コメントありがとうございます。
この日は寒かったのでソテツの周囲から動けなかった感じがします。ほとんどの個体は新鮮そうに見えたので、花での吸蜜や開翅シーンも見てみたかったです。
Commented by スー at 2016-11-05 08:17 x
ちょっとお久しぶりです。こんな蝶が東京にもいるのですね。やはりなんか寒そうに見えますね。仕事が忙しくてなかなか探蝶に行けませんが、探してみます。
Commented by yurinBD at 2016-11-05 09:50
都内までどうやって飛んできたのかを想像すると面白いですね~♪
強い風に乗ってやってくるとすれば、いったいどのような高度で飛んでくるのでしょうか?
みな、寒そうにしていますが、頑張って欲しいですね!
Commented by ダンダラ at 2016-11-05 17:49 x
この日は曇天で、とても蝶なんか期待できない日でしたね。
私は自宅でひたすらグダグダしておりましたが、クマソの撮影、おめでとうございます。
やはり熱意のたまものでしょうか。
クマソ君もまだ頑張っているんですね。
Commented by mikiosu at 2016-11-06 04:13
スー様
コメントありがとうございます。
クロマダラソテツシジミはまだしばらく楽しめると思います。ここでは5年振りの発生と聞いています。東京で見られる機会は限られているので是非見に行ってみてください。
Commented by mikiosu at 2016-11-06 04:15
yurin様
コメントありがとうございます。
やっぱり台風のせいなんでしょうか。港では船に乗ってくる可能性もあるかと想像します。
この日現地でお会いした方によると、9月上旬から見られたそうです。
Commented by mikiosu at 2016-11-06 04:18
ダンダラ様
コメントありがとうございます。
この日の朝の天候だと、一人だったら行くのをやめていたかもしれません。寒かったですが幼虫&成虫がたくさん見られて良かったです。
12月くらいにまた行くかも(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード