ウラギンシジミとムラサキ兄弟(2016年11月14日)

11月12日は今年何度も一緒に出かけているヘムレンさん、おはるさんと埼玉方面に遠征した。
途中で野鳥を撮りつつ、目指す公園に着くと、ウラギンシジミがさっそくお出迎え(写真1)。
これは日当りの良いツバキの葉裏にとまっていて、探すと2〜3匹はいたようだ。

▼写真1 ウラギンシジミ その1(ノートリミング、2016年11月12日、埼玉県)
d0303129_13444517.jpg


写真2はクスノキ科の葉裏にいたウラギンシジミ。
クスノキではないようだったがアオスジアゲハの蛹でもいないかと近寄ってみるとウラギンシジミがあちこちにとまっていた(写真3、4)。

▼写真2 ウラギンシジミ その2(ノートリミング、2016年11月12日、埼玉県)
d0303129_13445641.jpg

▼写真3 ウラギンシジミ その3(2016年11月12日、埼玉県)
d0303129_1345938.jpg


写真4の個体はよく見ると葉裏ではなく葉の表にとまっていた。
まだ越冬態勢ではないのだろう。

▼写真4 ウラギンシジミ その4(2016年11月12日、埼玉県)
d0303129_13452143.jpg


日当りの良いところではムラサキシジミの姿も(写真5、6)。

▼写真5 ムラサキシジミ♀ その1a 開翅(ノートリミング、2016年11月12日、埼玉県)
d0303129_1345329.jpg


この日はまだ買って間もない40−150ミリズームレンズの試し撮りも兼ねていた。ズームレンズでもしっかり鱗粉まで撮れていたので安堵した(写真6)。

▼写真6 ムラサキシジミ♀ その1b 開翅(2016年11月12日、埼玉県)
d0303129_1345447.jpg


移動直前、駐車場脇の葉上にムラサキツバメ♂が飛んできてとまった(写真7)。
よく見るとマテバシイの葉上だったようだ。

▼写真7 ムラサキツバメ♂ その1a 開翅(ノートリミング、2016年11月12日、埼玉県)
d0303129_13455618.jpg


これでも−0.3EVなのだが、もうちょっと暗めにすべきだった(写真8)。
じっくり撮る前に飛ばれてしまったのが惜しまれる。

▼写真8 ムラサキツバメ♂ その1b 開翅(2016年11月12日、埼玉県)
d0303129_1346961.jpg


天気に恵まれたこの日はルリタテハやテングチョウも見られた(けど割愛)。

最後におまけ。
移動先の遊歩道には猫がたくさんいた。取りあえず猫が撮れれば嬉しい私であった(笑)。最近メインで使っていた300ミリ単焦点レンズは猫を撮るのにはあまり適していない。40−150ミリは猫を撮るのにも活躍してくれそうだ。同行のヘムレンさん、おはるさん、ありがとうございました♬

◎今日のニャンコ ♪(ノートリミング、2016年11月12日、埼玉県)
d0303129_13462274.jpg


撮影機材:OLYMPUS OM-D E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

by mikiosu | 2016-11-14 23:59 | | Comments(8)

Commented by yurinBD at 2016-11-16 21:14
ウラギンシジミを随分とたくさん見つけられましたね!
近い場所にたくさんいるということは、好みの場所があるものなのですね。
ムラサキシジミ、新しいレンズで綺麗に撮られましたね!
ムラサキツバメ♂の表翅は、虹色に輝いていますね!
Commented by mikiosu at 2016-11-17 03:49
yurin様
コメントありがとうございます。
ウラギンシジミは全部で8匹くらい見かけました。
今季は主フィールドでも既に複数見られているので、冬場も観察を続けていきたいです。
ムラサキツバメ♂はもうちょっと綺麗に撮りたかったです(汗)。
Commented by yakomasa at 2016-11-21 14:42 x
こんにちは、はじめましてm(._.)m。
写真を拝見し、きれいなものばかりで驚きました。寒い日が続いていますが、先日私も紫色の小型の蝶を見かけました。でもムラサキシジミかムラサキツバメかわかりませんでした。見分け方を教えていただけますでしょうか。
Commented by jima at 2016-11-21 21:40 x
こんばんは。
初めまして、jimaと申します。
うまじん様のブログよりやって参りました。
私も本日ウラギンシジミを撮影しました。
ムラサキシジミは未だ発見に至らず、観察力不足を痛感しております。よろしければ今後ともお付き合いいただきたく、コメントする次第です。
よろしくお願いいたします。
Commented by mikiosu at 2016-11-21 23:25
yakomasa様
ご来訪&コメントありがとうございます。
ムラサキツバメには後翅に尾状突起があり、ムラサキシジミにはないことで識別できます。
尾状突起が欠けていても、慣れれば開翅したときの色合いの違いで識別できるようになります。
ネット上でも画像をいろいろ見ることが出来るので、一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。
Commented by mikiosu at 2016-11-21 23:31
jima様
ご来訪&コメントありがとうございます。
ウラギンシジミとムラサキシジミ&ムラサキツバメは冬の間見られる数少ない蝶なので、これから春までの間ゆっくり観察なされば良いかと思います。一度見つけるとコツが掴めるので、頑張って見つけてみてください。
jima様はオリンパス使いのようですね。私も最近オリンパス機をよく使っています。今後とも宜しくお願い致します。
Commented by yakomasa at 2016-11-22 08:42 x
mikiosu様
見分け方を教えてくださり、ありがとうございます。また実物を見られたら尾状突起を確認してみます。写真も色々と検索してみようと思います。
Commented by mikiosu at 2016-11-22 13:27
yakomasa様
コメントありがとうございます。
お役に立てたでしょうか。ムラサキツバメもムラサキシジミもまだしばらくは観察できるので是非探してみてください。(と言うか成虫越冬するチョウなので冬でも観察できます)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード