今そこにある蝶(2016年12月20日)

好天の12月19日は朝のうちに用事を済ませて昼前から主フィールドをブラブラする。
今季はフユシャクの出がすこぶる良くないので越冬態勢の蝶たちを見て歩くのが日課みたいになってきた。
写真1はサンゴジュの葉上にいるムラサキシジミ2匹。

▼写真1 ムラサキシジミ(2匹) その1(2016年12月19日、東京近郊)
d0303129_3383373.jpg


写真2はその隣のサンゴジュにいる3匹の集団。

▼写真2 ムラサキシジミ(3匹) その2(2016年12月19日、東京近郊)
d0303129_3384417.jpg


写真3は蜘蛛の巣に絡まる枯葉裏にいるムラサキシジミ。

▼写真3 ムラサキシジミ(1匹) その3(2016年12月19日、東京近郊)
d0303129_3385759.jpg


写真4は同じ樹木の別の場所にいる3匹の集団。
頭部はほとんど見えない(苦笑)。

▼写真4 ムラサキシジミ(3匹) その4(2016年12月19日、東京近郊)
d0303129_3391020.jpg


写真5はツバキの葉っぱに絡まる枯葉裏の4匹の集団。
この集団は11時台に見た時には3匹だったが、13時台にもう一度確認すると4匹になっていた。
この日は暖かかったので周辺を飛んでいた個体が戻ってきて合流したのだろう。

▼写真5 ムラサキシジミ(4匹) その5(2016年12月19日、東京近郊)
d0303129_3392218.jpg


写真6はその近くのツバキの葉上で越冬態勢のムラサキツバメ5匹。
これも最初は4匹だったのが1匹増えて5匹になっていた。

▼写真6 ムラサキツバメ(5匹) その1(2016年12月19日、東京近郊)
d0303129_3393360.jpg


写真7は別ポイントのアオキにいる単独個体。
17日まではムラサキツバメ1匹とムラサキシジミ1匹だったのが、前日からムラサキツバメ単独個体になってしまった。

▼写真7 ムラサキツバメ(1匹) その2(2016年12月19日、東京近郊)
d0303129_3394983.jpg


写真8はやや高い位置の葉裏にとまっているウラギンシジミ。

▼写真8 ウラギンシジミ(越冬個体C) その1(ノートリミング、2016年12月19日、東京近郊)
d0303129_340239.jpg


写真9は別ポイントのツバキにいる個体。

▼写真9 ウラギンシジミ(越冬個体D) その2(ノートリミング、2016年12月19日、東京近郊)
d0303129_3401598.jpg


この日はそのツバキの隣りでもう1匹見つけた。これを越冬個体Eとしておく(写真10)。

▼写真10 ウラギンシジミ(越冬個体E) その3(ノートリミング、2016年12月19日、東京近郊)
d0303129_3402666.jpg


サンゴジュのムラサキシジミたちの近くのツバキでは、ウラギンシジミが3匹集まっているのを見つけた。これを越冬個体FGHとしておく(写真11)。

▼写真11 ウラギンシジミ(越冬個体FGH) その4a(2016年12月19日、東京近郊)
d0303129_3403710.jpg


午前中は陽が当たっていたが、午後には日陰になっていた(写真12)。
これはニコン機+300ミリで撮ったもの。

▼写真12 ウラギンシジミ(越冬個体FGH) その4b(ノートリミング、2016年12月19日、東京近郊)
d0303129_340572.jpg

※写真12はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR+AF-S テレコンバーターTC-14E Ⅲ

この日撮影した限りでは、ムラサキシジミが13匹、ムラサキツバメが6匹、ウラギンシジミが6匹となった。
葉っぱにとまって越冬中の蝶たちのほかにも別に飛び回っているムラサキ兄弟たちを見ているので、もっとたくさんいることは間違いない。
フユシャクの数が少ない分は、成虫で越冬する蝶たちの観察を楽しみたい。

撮影機材:※印以外はOLYMPUS OM-D E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

[PR]

by mikiosu | 2016-12-20 23:59 | | Comments(6)

Commented by だんちょう at 2016-12-22 15:14 x
こんにちはヾ(^▽^)ノ

ムラサキシジミの越冬個体が見られる地域なんて、羨ましいですね、北海道にはいませんので、じっくり拝見させていただきました。

今年はフユシャクが少ないと言うか、あまりみかけませんね。
Commented by mikiosu at 2016-12-23 02:52
だんちょう様
コメントありがとうございます。
ムラサキ兄弟は北海道にはいないんですね。まあ、それでも北海道には固有種もたくさんいますから、寂しいことはありませんね。
フユシャクはそちらでも少ないですか。今季はまだこれからとは思いますが、ちょっと心配です。
Commented by Sippo5655 at 2016-12-23 22:09
わ、たくさんいますね!
出会える子が多いほど
こちらも元気を貰えますね。
みんな越冬頑張ってもらいたいです。
・・・って、暖房でぬくぬく過ごせる人間が
そう簡単に言っては彼らに失礼かもしれませんが、
この子たちの頑張る姿を見て
私たちも、力を頂いていることには違いありませんよね。
Commented by kame3z at 2016-12-23 22:28
こんばんは !
フォトンです。
こちらの方に、お邪魔させていただきました。
私も虫大好き人間ですが、
最近は、ちょっとご無沙汰しています。
マイクロのM.30Macroが出てきて、
またマクロ熱がぶり返しそうです(笑)

それにしても、真冬でも、
探せば昆虫たちはいるものなのですね !
私は冬は野鳥と決め込んでいるのですが、
考え方を変えた方が良さそうです。
Commented by mikiosu at 2016-12-24 06:10
Sippo様
コメントありがとうございます。
ここにきて越冬蝶の姿が少し増えてきました。
フユシャクばかりではちょいともの足りないので、冬のお散歩で蝶の姿が見られるのは嬉しいですよね♪
Commented by mikiosu at 2016-12-24 06:16
フォトン様
ご来訪&コメントありがとうございます。
以前は冬には野鳥撮影をメインにしていましたが、フユシャクなど冬でも見られる昆虫が結構いるのに気づいてからは、冬も昆虫メインになりました。
オリンパス機を使いはじめてますます昆虫撮影にはまりそうです。300ミリを入手すればフルサイズ換算600ミリ、テレコンを使えば840ミリ、野鳥も狙えますけど…(汗)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード