年明けのムラサキシジミ(2017年1月14日)

ムラサキツバメの集団はごちゃごちゃしていて数えにくくて困るが、ムラサキシジミの集団は出入りがあるのでこちらも個体数が把握しにくい。
例年、年末年始を家の中でぬくぬくして過ごすと、年が明けてから急に寒くなったように感じていた。昨年あたりからそれがなくなり、年が明けてもあまり寒く感じない。気温は調べていないが暖冬なのだろう。
ムラサキシジミにとってそれが良いのか悪いのかはよく分からないが、1月になってもよく飛び回っているようだ。

写真1は年明けに見つけたムラサキ兄弟。
マテバシイの葉上でムラサキツバメとムラサキシジミが1匹ずつ寄り添っていた。
奥がムラサキツバメで手前がムラサキシジミ。この葉の1メートルほど左手にはムラサキツバメの集団がある。

▼写真1 マテバシイのムラサキ兄弟(2017年1月4日、東京近郊)
d0303129_521780.jpg

※写真1はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

近くのフェンスではムラサキシジミ♀が開翅していた(写真2)。
よく見ると右上の枯葉にも1匹いて、開翅していた♀もほどなく翅を閉じて、歩いて枯葉に移動した。
枯葉上には1月13日にも2匹でとまっているのを見ている。

▼写真2 フェンスのムラサキシジミ(2017年1月4日、東京近郊)
d0303129_522825.jpg

※写真2はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

12月から観察しているサンゴジュのムラサキシジミは年が明けても健在で、隣同士のサンゴジュに2匹と3匹で越冬していた(写真3、4)。

▼写真3 サンゴジュのムラサキシジミ その1(2017年1月4日、東京近郊)
d0303129_523845.jpg

※写真3はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

▼写真4 サンゴジュのムラサキシジミ その2a(2017年1月4日、東京近郊)
d0303129_525016.jpg

※写真4はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

1月10日には3匹の方の集団が1匹減って2匹になってしまった(写真5)。

▼写真5 サンゴジュのムラサキシジミ その2b(2017年1月10日、東京近郊)
d0303129_53220.jpg

※写真5はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

写真6は年明けに3匹確認できた蜘蛛の巣の枯葉で越冬中の集団。
この集団はその後1匹になってしまった。

▼写真6 葉裏のムラサキシジミ(2017年1月5日、東京近郊)
d0303129_531336.jpg

※写真6はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

アオキの葉上に引っかかっている枯葉にもムラサキシジミが1匹とまっていた(写真7)。
観察仲間のおはるさんに教えていただいたが、この個体はスーさんが見つけられたらしい。

▼写真7 枯葉のムラサキシジミ(2017年1月5日、東京近郊)
d0303129_532479.jpg

※写真7はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

11月から観察しているツバキでは、増減を繰り返している。
年明けには左側に3匹(写真8)、右側に1匹見られた(写真9)。

▼写真8 ツバキのムラサキシジミ その1(2017年1月4日、東京近郊)
d0303129_533663.jpg

※写真8はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

▼写真9 ツバキのムラサキシジミ その2a(2017年1月4日、東京近郊)
d0303129_534976.jpg

※写真9はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

1月10日は左側に変わらず3匹、右側は2匹に増えていた(写真10)。

▼写真10 ツバキのムラサキシジミ その2b(外部ストロボ、2017年1月10日、東京近郊)
d0303129_54111.jpg

※写真10はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

1月12日には左側に0匹、右側に2匹に減ってしまった。
この日は近くのツバキにいた10匹以上のムラサキツバメの集団もまったくいなくなっていて、ショックだった。
2〜3匹は飛んでいたようなのでしばらく眺めていると、近くを通りかかったご夫婦がムラサキシジミを観察しながら枝を揺らしてしまい、右の枯葉にとまっていた2匹は飛んでしまった。
ムラサキシジミは力なく2メートルほど移動して地面にとまった。
それは♀だった(写真11、12)。
せっかくなので思い切り近づいて撮らせてもらった。

▼写真11 ムラサキシジミ♀  その2c 開翅(ノートリミング、2017年1月12日、東京近郊)
d0303129_54132.jpg

▼写真12 ムラサキシジミ♀  その2d 開翅(2017年1月12日、東京近郊)
d0303129_542693.jpg

※写真11、12はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

近づいても飛ばないので、このままでは踏まれるのではないかと手を伸ばすと、しっかり飛んで逃げたので大丈夫なのだろう。
あとでもう一度確認すると、右の枯葉には1匹だけだがムラサキシジミが戻ってきていた。
年末には約10匹、年始には約15匹見られたムラサキシジミは、1月13日にはまた10匹くらいになった。
[PR]

by mikiosu | 2017-01-14 23:59 | | Comments(6)

Commented by himeoo27 at 2017-01-15 14:31
見沼田んぼ某所の越冬ムラサキシジミは
12月中旬から5カ所合計11~12頭で推移
しています。
上記のとおりムラサキツバメと比べると
増減の変化大きいですね!
Commented by だんちょう at 2017-01-15 17:28 x
こんばんは!

1月にこんな綺麗な蝶に出会えるなんて、北海道人からすれば本当考えられない事です。


とても羨ましいですね!
そちらの方は1年中昆虫撮影が出来るので、ちょっと羨ましい反面、OFFシーズンがないのかな??と
考えてしまう一面もありますね!!
Commented by yurinBD at 2017-01-15 21:42
ムラサキツバメとムラサキシジミが一緒にいるというのが良いですね~。
最後のムラサキシジミの雌♀、美しいですね!
越冬中でも様々な要因で出入りするのですね、引き続き観察できると良いですね。
Commented by mikiosu at 2017-01-16 04:01
himeoo様
コメントありがとうございます。
そちらでも10頭以上のムラサキシジミを観察中ですか。
昨日あたりから寒くなったので、しばらくは動かないかもしれませんね。それはそれでちょっと寂しいかな(笑)。
Commented by mikiosu at 2017-01-16 04:03
だんちょう様
コメントありがとうございます。
以前は冬は野鳥を追いかけていた時期もあるので、ずっと昆虫を追いかけている今はオフが無くても全然OKです(笑)。
Commented by mikiosu at 2017-01-16 04:04
yurin様
コメントありがとうございます。
ムラサキシジミ♀、飛ばされちゃったのは可哀想でしたが、写真に撮ったのは私だけです(笑)。思いのほか綺麗でびっくりでした♪
名前
URL
画像認証
削除用パスワード