ベニヒラタムシ初見初撮り(2017年4月11日)

ギフチョウの里で山頂手前まで登った時に、枯枝で赤い甲虫を見つけた。

ベニヒラタムシだ(写真1)。


▼写真1 ベニヒラタムシ その1a(ノートリミング、201747日、神奈川県)

d0303129_02465558.jpg



サカサカとかなり忙しく歩いていたが、何とか撮ることができた(写真2)。


▼写真2 ベニヒラタムシ その1b201747日、神奈川県)

d0303129_02470330.jpg


※写真1、2はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mm F4.0 IS PRO



12100ミリズームレンズは結構寄れるし、オリンパスE-M1 Mark IIAFも初代機より格段に進歩しているので動きの速い被写体にも対応し易くなったのは実にありがたい。

ベニヒラタムシはネット上で検索すると体長1015ミリとルリヒラタムシ(2027ミリ)よりかなり小さい。

ちなみにルリヒラタムシはこんな感じ(写真3)。これは2014年に山梨県で撮ったもの。

何度見ても平たいなあ(笑)。


▼写真3 ルリヒラタムシ2014721日、山梨県)

d0303129_02471067.jpg


※写真3はニコンD7100MBD15 AF-S VR Micro-Nikkor105mm f/2.8G IF-ED



写真45は主フィールドのツツジの枝で見つけたツツジコブハムシ幼虫の住居。

まあ、幼虫の巣と言ってもいいのかもしれない。


▼写真4 ツツジコブハムシ幼虫の住居 その1201742日、東京近郊)

d0303129_02471616.jpg



この日は写真5のように穴の開いているものが多かった。寄生された結果ではないかと思われる。

幼虫の住居は57ミリくらいか。これくらいの小さなものをマクロレンズに交換しないで12100ミリズームレンズでさっと撮れてしまうのは実にありがたい。


▼写真5 ツツジコブハムシ幼虫の住居 その2201742日、東京近郊)

d0303129_02472158.jpg


※写真4、5はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mm F4.0 IS PRO


ツツジコブハムシの幼虫が見えているものや成虫の姿は→こちら


by mikiosu | 2017-04-11 23:59 | 甲虫 | Comments(2)

Commented by nika4 at 2017-04-12 17:43 x
私もたぶん同じ場所で、4月5日にベニヒラタムシを初撮りしました。あの辺りは多いのですかね?
ルリヒラタムシというのもいるのですか、綺麗ですね。
ヒラタムシ2種、ナイスです!
Commented by mikiosu at 2017-04-13 02:14
nika様
コメントありがとうございます。
nikaさんもあそこで見つけられましたか。今季はお会いできず残念でした。ルリヒラタムシは別の場所ですが是非見つけてみてください。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード