ウラクロシジミ&ハヤシミドリシジミ(2017年6月14日)

毎年いくら撮っても満足できることはないけれど、6月上旬には平地性ゼフィルスをひと通り撮り終えた。ぼちぼち平地性ではないゼフィルスにお目にかかりたくなってくる頃だ。
6月12日はヘムレンさん、おはるさんとウラクロシジミ狙いで山梨方面に遠征。
昨年このポイントではヘムレンさんは良い開翅シーンを撮られているが、自分は2度とも空振りだった。果たして今季初撮りなるだろうか…。
朝10時前にポイントに到着してそうそうにウラクロシジミが飛んでいるのを見かけた。発生しているかどうか半信半疑だったのでこれは良い兆しと喜んだのは良いけれど、その後がさっぱり続かない。
目につくのはアカシジミばかりで、しかもどういう訳か活動的でよく飛び回っている。
昼になり少し移動してお昼を食べて戻ってきても、さっぱりウラクロシジミは現れてくれない。
ようやく撮れたのは16時近くなってからだ。

写真1、2はウラクロシジミ♂。
薄暗くなり、しかも遠いので蝶の姿は背景に溶け込んでしまいそうな粗い画像だ(苦笑)。
うーん、これだと昨年の方がまだ近かったかな(昨年の記事は→こちら)。

▼写真1 ウラクロシジミ♂ その1a(2017年6月12日、山梨県)
d0303129_2514445.jpg

▼写真2 ウラクロシジミ♂ その1b(2017年6月12日、山梨県)
d0303129_2515336.jpg


それでも翅を開くとそこだけぱあっと明るくなる。不思議な蝶だと思う。発光鱗でも持っているのかと思いたくなる。

▼写真3 ウラクロシジミ♂ その1c 半開翅(2017年6月12日、山梨県)
d0303129_252482.jpg

▼写真4 ウラクロシジミ♂ その1d 半開翅(2017年6月12日、山梨県)
d0303129_2521424.jpg


遠くて暗いので飛翔シーンはとても無理だった。何とかボウズは免れたものの、ウラクロシジミはまだまだこれから撮るチャンスがあると思いたい。

この日のサプライズは別にあった。
写真5、6は道路脇の葉上でヘムレンさんが見つけてくれたハヤシミドリシジミ♂。

▼写真5 ハヤシミドリシジミ♂ その1a(ノートリミング、2017年6月12日、山梨県)
d0303129_2522484.jpg

▼写真6 ハヤシミドリシジミ♂ その1b(2017年6月12日、山梨県)
d0303129_2523348.jpg


日陰で暗かった。エゾミドリシジミと紛らわしいらしいので、しっかり同定するためにストロボ撮影もしておいた(写真7、8)。

▼写真7 ハヤシミドリシジミ♂ その1c(外部ストロボ、2017年6月12日、山梨県)
d0303129_2524330.jpg


翅の間からチラリと見える深いブルーが印象的だった(写真8)。

▼写真8 ハヤシミドリシジミ♂ その1d(外部ストロボ、2017年6月12日、山梨県)
d0303129_2525392.jpg


ハヤシミドリシジミの食樹はカシワ。この日お昼を食べた古民家の庭にカシワが植えてあり、「こういうところからハヤシミドリシジミが発生したりしているかも」とヘムレンさんが冗談まじりに言っていた。
あまり新鮮個体ではなかったかもしれないが、ハヤシミドリシジミは初見初撮りなのでかなり嬉しい。

撮影機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14 & FL-600R

by mikiosu | 2017-06-14 23:59 | | Comments(6)

Commented by banyan10 at 2017-06-17 15:07
ハヤシ初撮影ですか。おめでとうございます。
ピカピカに見えますが、拡大すると擦れていますか?
他にも数種類のゼフが観察されているようで、良い場所のようですね。
Commented by yurinBD at 2017-06-17 23:39
ハヤシミドリシジミの初見・初撮影、おめでとうございます!
ラストのお写真、裏翅が輝き、翅間からグリーンの煌めきがちらりと見え、素敵なお写真ですね♪
ウラクロシジミも裏翅・表翅ともに独特で素敵です。
2種ともに未見の蝶ですので、とても羨ましく拝見しました!
Commented by mikiosu at 2017-06-18 07:56
banyan様
コメントありがとうございます。
ハヤシミドリシジミは後翅のオレンジ紋が微妙に薄かった気がしたのですが、鮮度についてはよく分かりませんでした。次は開翅シーンを是非とも撮りたいです♪
Commented by mikiosu at 2017-06-18 07:57
yurin様
コメントありがとうございます。
ウラクロシジミは遠すぎるし、ハヤシミドリシジミは翅を開いてくれず、いずれも思うようには撮れませんが、今季初撮りと初見初撮りなので撮れて良かったと思います。
Commented by HemlenK at 2017-06-18 09:43
ハヤシミドリは高原などの柏林に多く棲息しますが、山地の人家の柏などでも発生することはあるようです。山梨でも富士山麓は多産地ですから、いても不思議ではないですね(*^-^*)
とりあえず、思いがけず出会えたことが嬉しいです。
Commented by mikiosu at 2017-06-18 23:22
ヘムレン様
コメントありがとうございます。
おかげさまでまたひとつ初見の蝶が撮れました♪
次は開翅シーンを宜しく(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード