クロミドリシジミ初見初撮り(2017年6月21日)

撮影順ではトンボや蛾を取り上げる番なのだが、先に蝶を載せておきたい。
6月20日は梅雨の時期の貴重な晴れ間。どこに何を撮りに行くかは重要だ。
この日はヘムレンさん、おはるさんと栃木方面に遠征してみた。狙いはウラミスジシジミとクロミドリシジミ。私にとってはどちらもまだ見たことのないゼフィルスだ。
現地には8時頃到着。早速ブラブラしてみる。平地性ゼフィルスはたっぷり拝めそうな雰囲気なのに、何故か何もいない…。目につくのはトンボばかり。
しばらくすると東京から来たという方がカメラを片手に探蝶のご様子。少し話して別々に探す。何分後だろうか、再び合流した時にクロミドリシジミがいると教えてくださった。
指し示してくれた場所を見ると、確かに何かいた。これがクロミドリシジミらしい(写真1)。

▼写真1 クロミドリシジミ その1a(2017年6月20日、栃木県)
d0303129_2026519.jpg


別方向からも撮ってみる(写真2)。
微妙だがさっきよりはいいかなという感じ。

▼写真2 クロミドリシジミ その1b(2017年6月20日、栃木県)
d0303129_20264064.jpg


しばらくすると小飛してようやく全身が撮れた(写真3)。

▼写真3 クロミドリシジミ その1c(ノートリミング、2017年6月20日、栃木県)
d0303129_20265086.jpg


拡大してみる(写真4)。
どうも葉上で口吻を伸ばしているようだ。

▼写真4 クロミドリシジミ その1d(2017年6月20日、栃木県)
d0303129_2027169.jpg


長いこと葉上で口吻を伸ばし、時折その場で回転していた(写真5)。

▼写真5 クロミドリシジミ その1e(ノートリミング、2017年6月20日、栃木県)
d0303129_20271279.jpg


クロミドリシジミは尾状突起が細長く、肛角のオレンジ紋はかなり発達していた(写真6)。

▼写真6 クロミドリシジミ その1f(2017年6月20日、栃木県)
d0303129_20272077.jpg


目的のひとつであるクロミドリシジミは他力本願とはいえ、取りあえず撮れた。
次はウラミスジシジミの番なのだが、赤っぽい蝶はさっぱり見つからず、ウラナミアカシジミが1匹いただけだった(写真7)。

▼写真7 ウラナミアカシジミ(2017年6月20日、栃木県)
d0303129_20273187.jpg


クロミドリシジミは略してクロミドリ、ウラミスジシジミは略してウラミスジと呼ぶ人が多いと思う。
しかしそれではシジミを略しただけだからあまり短くない。クロミドリシジミはクロミ、ウラミスジシジミはウラミじゃ駄目なのだろうか。
クロミドリシジミをクロミちゃんと呼べばサンリオのキャラクターみたいで可愛いし、ついでにウラミスジシジミをウラミちゃんと呼ぶなら、クロミちゃんとウラミちゃんのダークペアで人気を博すのではないか…。ウラミちゃんではさすがに語呂が良くないだろうか…、などということをブログを書く時ではなく、現地で蝶を探している時に考えたりしている私であった。
…そんなことだから蝶を見つけられないのかもしれない(苦笑)。
それでも湿地の近くではミドリシジミを見つけた。
写真8〜10はミドリシジミ♀。

▼写真8 ミドリシジミ♀ その1a(ノートリミング、2017年6月20日、栃木県)
d0303129_20274124.jpg


B型のように思えたけれど、開翅シーンを見ると鱗粉はかなり擦れているのでもともとはAB型だった可能性も否定できない。

▼写真9 ミドリシジミ♀ その1b 開翅(2017年6月20日、栃木県)
d0303129_20275287.jpg


飛び立つところも撮れていた(写真10)。

▼写真10 ミドリシジミ♀ その1c 飛び立ち(2017年6月20日、栃木県)
d0303129_202833.jpg

※写真8〜10はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

写真11は午後に見つけたウラゴマダラシジミ。
午前中に見つけた2個体はかなり擦れていたが、午後に見つけた個体はまだ綺麗だった。
…ウラゴマダラシジミはウラゴと略すことが多いな。

▼写真11 ウラゴマダラシジミ(ノートリミング、2017年6月20日、栃木県)
d0303129_20281399.jpg


ウラゴマダラシジミを撮っているとヘムレンさんがトラフシジミ夏型を見つけて呼んでくれた(写真12)。
トラフシジミ夏型はかなり久し振りなので結構嬉しい。

▼写真12 トラフシジミ 夏型(2017年6月20日、栃木県)
d0303129_20282292.jpg


クロミちゃんは撮れたけれどお目当てのひとつであるウラミちゃんはまた今後の宿題となってしまった。できればセットで撮りたかったかな(笑)。

撮影機材:※印以外はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

by mikiosu | 2017-06-21 23:59 | | Comments(6)

Commented by yurinBD at 2017-06-23 21:35
クロミちゃんの初見初撮り、おめでとうございます!
今シーズンも精力的に探蝶され、初見種をどんどん増やされ、羨ましいです!
クロミドリシジミの口吻は黄色く見えますね、興味深く拝見しました。
尾状突起が細長いこともよく分かりました!
Commented by ba-mf08 at 2017-06-23 21:35
ト、トンボも・・・
Commented by mikiosu at 2017-06-24 04:08
yurin様
コメントありがとうございます。
クロミちゃん、開翅シーンも撮れれば良かったですが、まあ撮れただけでも良しとしましょう♪
裏翅だけだと他のミドリシジミ系と似ていますが、尾状突起はかなり長かったです。
Commented by mikiosu at 2017-06-24 04:09
ba-mf08様
コメントありがとうございます。
大丈夫です。もう少ししたらトンボばかり何回も載せますので、乞うご期待♪
Commented by banyan10 at 2017-06-25 13:27
クロミは言いますよ。
初撮影良かったですね。
ウラミは聞いたことないですが、ウラミスと呼ぶ人は多くはないですがいます。
個人的には略すのは3、4字までにして欲しいかと思っています。バキとかネキとか知らないと全く分からないですよね。(^^;
Commented by mikiosu at 2017-06-26 10:28
banyan様
コメントありがとうございます。
クロミ初撮影できました♪ ウラミスジはまた今度のお楽しみになりました。図鑑の索引を見て、バキ=ウスバキチョウ、ネキ=タカネキマダラセセリと推測しました(汗)。キマダラモドはキモでどうでしょう(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード