高原のタテハチョウたち・その3 エルタテハ&シータテハほか(2017年9月11日)

高原遠征の最後はキベリタテハ…じゃなかった(笑)。
白樺の幹にとまっていたのは…エルタテハだった(写真1)。

▼写真1 エルタテハ その1a 開翅(ノートリミング、2017年9月5日、長野県)
d0303129_25830.jpg


ちょっと拡大(写真2)。
キベリタテハとは…似てないな。

▼写真2 エルタテハ その1b 開翅(2017年9月5日、長野県)
d0303129_251632.jpg

※写真1、2はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

シータテハは複数見られた。
写真3、4はマツムシソウで吸蜜する個体。

▼写真3 シータテハ その1a 開翅(ノートリミング、2017年9月5日、長野県)
d0303129_252890.jpg

▼写真4 シータテハ その1b 開翅(2017年9月5日、長野県)
d0303129_253618.jpg

※写真3、4はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

ヒメキマダラヒカゲもマツムシソウで吸蜜(写真5、6)。
ヒメキマダラヒカゲはサラシナショウマにもきていた。サトキマダラヒカゲやヤマキマダラヒカゲと違って花にもくるし、開翅もしてくれるらしい。

▼写真5 ヒメキマダラヒカゲ その1a 開翅(ノートリミング、2017年9月5日、長野県)
d0303129_254527.jpg

▼写真6 ヒメキマダラヒカゲ その1b 開翅(2017年9月5日、長野県)
d0303129_255451.jpg

※写真5、6はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14


以下はタテハチョウ以外の蝶。…結局今回もキベリタテハにはフラれてしまった。どうも縁が薄いようである。一応キベリタテハには出会ったことがあることになっている。しかし、私が見たキベリタテハはこんな個体である。いつになったらちゃんとしたキベリタテハに出会えるのであらうか…(遠い目)。

写真7〜9はスジボソヤマキチョウ。
アザミの花に何匹かきていた。

▼写真7 スジボソヤマキチョウ その1a(ノートリミング、2017年9月5日、長野県)
d0303129_26481.jpg

▼写真8 スジボソヤマキチョウ その1b(ノートリミング、2017年9月5日、長野県)
d0303129_26128.jpg


ヒラタアブとのツーショットも(写真9)。
→スジボソヤマキチョウあらためヤマキチョウ。ヤマキチョウは初撮りになるのだが…。

▼写真9 スジボソヤマキチョウ その2→ヤマキチョウ(2017年9月5日、長野県)
d0303129_261923.jpg

※写真7〜9はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

写真10は白斑は消失しているがチャバネセセリのようであった。
チャバネセセリは今季初撮り。

▼写真10 チャバネセセリ(2017年9月5日、山梨県)
d0303129_262997.jpg

※写真10はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

チャバネセセリは高原遠征の帰りに撮ったもの。東京郊外でもこれからたくさん見られるだろう。

(注;ダンダラ様のご指摘により写真9の個体を見直したところ、ヤマキチョウのようであった。本文および写真のキャプションを訂正する。2017年9月16日。)

by mikiosu | 2017-09-11 23:59 | | Comments(9)

Commented by nika4 at 2017-09-14 22:28 x
マツムシソウのヒメキマダラヒカゲが美しいです、ナイスです!
私も昨日キベリタテハを探して山梨へ行きましたが、全く見られませんでした。やはりシータテハは多いようでした。ヨツバヒヨドリの花が既に終わっていて、アサギマダラも少なかったです。
Commented by yurinBD at 2017-09-15 06:41
白樺、マツムシソウ、アザミと高原を代表する植物に集う蝶たち、とても爽やかですね~。
マツムシソウ+ヒメキマダラヒカゲのコラボは見たことがなく、とても新鮮に感じました!
スジボソヤマキチョウは撮影したい蝶でしたが、なかなか撮影機会がありません。高原に行きたいな~。
Commented by mikiosu at 2017-09-16 05:09
nika様
コメント&ナイスありがとうございます。
今季はシータテハには結構出会いますね。キベリタテハはどうも難しくなってきました。また来年でしょうか…(遠い目)。
Commented by mikiosu at 2017-09-16 05:13
yurin様
コメントありがとうございます。
ヒメキマダラヒカゲが結構吸蜜に来るのは今季の発見でした。
スジボソヤマキチョウはそこそこ見られました。この辺にはヤマキチョウもいるらしいですが、この日は見られませんでした。いずれにしてもやはり高原はいいですね♪
Commented by ダンダラ at 2017-09-16 12:46 x
ヒメキマダラヒカゲのマツムシソウ吸蜜は、付近の雰囲気もよくわかって素敵な写真ですね。
ところで写真9の個体はヤマキチョウのように見えますがいかがでしょう。
露出がちょっとオーバーでわかりにくいですが、後翅の点と前翅中室の点、それに前翅前縁の黒点列の一つとが一直線になっているならスジボソヤマキチョウ、前縁の点が食い違っているならヤマキチョウです。
他の写真とも見比べてみてください。
Commented by mikiosu at 2017-09-16 15:25
ダンダラ様
コメント&ご指摘ありがとうございます。
他の画像も確認したところ、おっしゃるようにヤマキチョウのようです。本文も訂正しました。
そのような識別方法があるとは知りませんでした。ありがとうございました♬
Commented at 2017-09-16 22:12
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by himeoo27 at 2017-09-17 17:00
ヤマキチョウ初撮りおめでとうございます。

私も蝶撮を始めたばかりの頃スジボソヤマキチョウ
(当時殆ど写していなかった)と思い込んで
ヤマキチョウの写真をブログ掲載しました(笑)。
Commented by mikiosu at 2017-09-19 02:33
himeoo様
コメントありがとうございます。
スジボソヤマキチョウとヤマキチョウ、翅形だけではなかなか分からないものですね。今回ダンダラさんに教えていただいた識別方法なら確実に分かる気がします。
次はヤマキチョウと分かった上で撮りたいものです(笑)。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード