クロコノマチョウの羽化シーン(2017年10月27日)

10月18日に湿地のジュズダマに付いていたクロコノマチョウの蛹が黒化していると聞いて見に行ってみることにした。
写真1は再掲載の10月18日の蛹の様子。

▼写真1 クロコノマチョウの蛹 その1a(再掲載、2017年10月18日、東京郊外)
d0303129_3214682.jpg

※写真1はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

写真2は10月27日の様子。
かなり黒くなっている。前日「Hirokou’s Field Notes2」のhirokouさんがブログに載せておられた通りだった。
二つの白い斑点に注目。

▼写真2 クロコノマチョウの蛹 その1b(ストロボ撮影、2017年10月27日、東京郊外)
d0303129_6494125.jpg



この日現地に着いたのは朝10時頃。もう羽化しちゃったのではないかと心配していたがまだしていなかった。黒い蛹だけでも見ておきたかったので良かった。
ひとしきり黒い蛹の写真を撮ったら、トンボでも見に移動しようかと話していた。しつこくファインダーを覗いていた私は思わず、
「割れたっ! 出てきた!」と叫んでいた。
写真3はその瞬間。
10時10分の出来事だった。

▼写真3 クロコノマチョウの羽化 その1a(ストロボ撮影、2017年10月27日、東京郊外)
d0303129_322283.jpg


湿地の外れの土手にしゃがみ込んで必死に撮る(写真4〜6)。
同行のヘムレンさんは慌てて転ぶほどであった(笑)。

▼写真4 クロコノマチョウの羽化 その1b(ストロボ撮影、2017年10月27日、東京郊外)
d0303129_3221050.jpg

▼写真5 クロコノマチョウの羽化 その1c(ストロボ撮影、2017年10月27日、東京郊外)
d0303129_3221837.jpg


二つの白い斑点は翅の模様のようだ(写真6)。
後述するが表翅の白斑であることがあとで分かった。

▼写真6 クロコノマチョウの羽化 その1d(ストロボ撮影、2017年10月27日、東京郊外)
d0303129_3225412.jpg


全体が出たのは10時12分(写真7)。
抜け殻の向こう側に行ってしまってうまく撮れない…。

▼写真7 クロコノマチョウの羽化 その1e(ストロボ撮影、2017年10月27日、東京郊外)
d0303129_323325.jpg


殻から抜け出て草にぶら下がる(写真8)。
10時14分、翅はまだ伸びきっていない。

▼写真8 クロコノマチョウの羽化 その1f(ストロボ撮影、2017年10月27日、東京郊外)
d0303129_3231128.jpg

※写真2はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO&エレクトロニックフラッシュFL-900R

10時21分には翅も伸びた(写真9)。

▼写真9 クロコノマチョウの羽化 その1g−1(ストロボ撮影、2017年10月27日、東京郊外)
d0303129_3232071.jpg

※写真9はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO&エレクトロニックフラッシュFL-900R

▼写真10 クロコノマチョウの羽化 その1h−1(ストロボ撮影、2017年10月27日、東京郊外)
d0303129_3232825.jpg

※写真10はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO&エレクトロニックフラッシュFL-900R

写真11は10時59分の様子。
10時半頃にはhirokouさんもやってきた。みなで談笑しながら時折しゃがみ込んでクロコノマチョウの様子をうかがったりした。

▼写真11 クロコノマチョウの羽化 その1i−1(ストロボ撮影、2017年10月27日、東京郊外)
d0303129_3233817.jpg


上記写真9〜11を拡大する。
複眼の前に飛び出ているのは下唇鬚(かしんしゅ)の部分と思われる(写真12)。

▼写真12 クロコノマチョウの羽化 その1g−2(ストロボ撮影、2017年10月27日、東京郊外)
d0303129_3234770.jpg

※写真12はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO&エレクトロニックフラッシュFL-900R

左右に分かれているように見える(写真13)。

▼写真13 クロコノマチョウの羽化 その1h−2(ストロボ撮影、2017年10月27日、東京郊外)
d0303129_323546.jpg

※写真13はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO&エレクトロニックフラッシュFL-900R

最後はぴったりくっついていた(写真14)。

▼写真14 クロコノマチョウの羽化 その1i−2(ストロボ撮影、2017年10月27日、東京郊外)
d0303129_324250.jpg


普通にしゃがんで撮っているだけではこの部分までは撮れなかった。カメラを下方に降ろして液晶画面を見ながらシャッターを押したら写っていた。
とにかくジュズダマの茂みの奥で位置も低く、みな撮るのに苦労したのであった。それでも羽化の瞬間を間近に見た興奮はなかなか収まらなかった(つづく)。

撮影機材:※印以外はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro&エレクトロニックフラッシュFL-900R

by mikiosu | 2017-10-27 23:59 | | Comments(2)

Commented by HemlenK at 2017-10-29 10:40
前回に見ていた蛹と同一だったのですね(^.^;
前の時より見にくい位置だったので別個体かと思っていました。
なにより羽化の瞬間を見逃さない観察力には脱帽です(*^-^*)
私一人でしたら、そのころうどんに舌鼓をうっていたかも(笑)
Commented by mikiosu at 2017-10-29 19:39
ヘムレン様
コメントありがとうございます。
いやいや観察力などありません。単にラッキーだっただけです。観察は一人より二人でしょう♪ 私も一人だったら黒い蛹を撮って、とっとと移動していた可能性大です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード