ムラサキ兄弟&ウラギンシジミ(2017年11月30日)

今月はすっかりさぼり癖がついて数えるほどしかフィールドに出ていない。家でゴロゴロしていても太る一方でろくなことはないのだが…。
11月25日は午後にちょっとだけ主フィールドを歩いてみた。

写真1〜3はムラサキシジミ&ムラサキツバメ。
昨年も一昨年もムラサキツバメが観察できたアオキをチェックしてみると今年もほぼ同じ位置にムラサキツバメがとまっていた(写真1右側)。
左側にとまっているのはムラサキシジミだ。
ここは散策路のすぐ脇でうっかり人がぶつかりかねない場所。どうして毎年ここにくる個体がいるのかよく分からない。

▼写真1 ムラサキ兄弟 その1a(ノートリミング、2017年11月25日、東京近郊)
d0303129_12473293.jpg


写真2は別角度から撮ったもの。

▼写真2 ムラサキ兄弟 その1b(ノートリミング、2017年11月25日、東京近郊)
d0303129_12474196.jpg


引いて撮るとこんな感じ(写真3)。
アオキの葉上には枯葉も引っかかっていて、ここに蝶がいると気がつく人はあまりいないだろう。

▼写真3 ムラサキ兄弟 その1c(ノートリミング、2017年11月25日、東京近郊)
d0303129_12474989.jpg

※写真1〜3はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

少し移動して道路脇のマテバシイをチェックしてみる。
ここにもムラサキツバメ&ムラサキシジがいた(写真4)。
かなり上の方であまり良い角度で撮れない。

▼写真4 ムラサキ兄弟 その2a(ノートリミング、2017年11月25日、東京近郊)
d0303129_12475837.jpg

※写真4はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

300ミリでも撮ってみた(写真5)。
左側のムラサキシジミは真後ろからになってしまった。

▼写真5 ムラサキ兄弟 その2b(ノートリミング、2017年11月25日、東京近郊)
d0303129_1248611.jpg

※写真5はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

ウラギンシジミの越冬個体とムラサキ兄弟の開翅シーンを期待して日当たりの良い林縁に移動すると観察仲間のおはるさんがおられた。
早速ウラギンシジミの越冬個体を教えていただく。
写真6、7はほぼ同じ場所にいたウラギンシジミ。
まだ移動はあると思われるけれど、越冬個体A、Bとしておく。

▼写真6 ウラギンシジミ その1(越冬個体A)(ノートリミング、2017年11月25日、東京近郊)
d0303129_12481469.jpg

▼写真7 ウラギンシジミ その2(越冬個体B)(ノートリミング、2017年11月25日、東京近郊)
d0303129_12482236.jpg


写真8、9はツバキの葉裏にいた個体(越冬個体C、Dとする)。

▼写真8 ウラギンシジミ その3(越冬個体C)(ノートリミング、2017年11月25日、東京近郊)
d0303129_12483267.jpg

▼写真9 ウラギンシジミ その4(越冬個体D)(ノートリミング、2017年11月25日、東京近郊)
d0303129_12485271.jpg


葉裏でもう1匹ウラギンシジミを見つけた(写真10)。
これを越冬個体Eとしておく。ツバキとサザンカの識別は難しいがとまっていたのは多分サザンカではないかと思う。

▼写真10 ウラギンシジミ その5(越冬個体E)(ノートリミング、2017年11月25日、東京近郊)
d0303129_1249688.jpg

※写真6〜10はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

この日の林縁ではムラサキ兄弟は見られなかった。このあたりでムラサキ兄弟&ウラギンシジミを観察するのが冬の楽しみの一つなのだが、今年はどうなるだろうか。

by mikiosu | 2017-11-30 12:50 | | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード