2017年 04月 10日 ( 1 )

ウラギンシジミの越冬完了(2017年4月10日)

主フィールドで観察していた越冬蝶は、316日時点でムラサキシジミ1匹、ウラギンシジミ1匹となっていた。

残っていたムラサキシジミは320日には見られなくなってしまった。3月も下旬なら越冬完了としても良いのかもしれない。

ウラギンシジミは320日もまだ見られた(写真1)。


▼写真1 ウラギンシジミ その1a2017320日、東京近郊)

d0303129_02574618.jpg


325日にはすぐ近くに花が咲いていた(写真2)。


▼写真2 ウラギンシジミ その1b2017325日、東京近郊)

d0303129_02575553.jpg



43日にもまだ見られた(写真3)。

私がこのウラギンシジミを見たのはこれが最後になった。


▼写真3 ウラギンシジミ その1c201743日、東京近郊)

d0303129_02580363.jpg



観察仲間のI女史によると45日にはいなくなっていたとのこと。暖かくなって飛び出したと考えて良いと思う。何とか1匹だけは越冬完了まで観察できたということにしたい。


写真46はテングチョウ。


▼写真4 テングチョウ その1a 半開翅(201743日、東京近郊)

d0303129_02581259.jpg


▼写真5 テングチョウ その1b 開翅(201743日、東京近郊)

d0303129_02581930.jpg



ちょっと引いたカットも撮ってみた(写真6)。

向こう側は池になっていて、数年前には池の畔のエノキで産卵シーンを見たことがあった。


▼写真6 テングチョウ その1c201743日、東京近郊)

d0303129_02582521.jpg



テングチョウは冬の間どこでどう過ごしているのか…。暖かくなるとあちこちで飛び出してくるので、逞しく生き延びているのは間違いない。


撮影機材:OLYMPUS OM-D E-M1 M.ZUIKO DIGITAL ED12-100mm F4.0 IS PRO


[PR]

by mikiosu | 2017-04-10 23:59 | | Comments(2)