2017年 07月 08日 ( 1 )

ヒメシジミの交尾シーン、ほか(2017年7月8日)

長野遠征でコヒョウモンモドキを撮った後は、トンボと蝶を求めてあちこち移動した。午後はシジミチョウ類をたくさん撮ることになった。

写真1〜3はヒメシジミ。
ヒメシジミは♂も♀も開翅シーンが撮れた。

▼写真1 ヒメシジミ♀ その1(ノートリミング、2017年7月5日、長野県)
d0303129_2238060.jpg

▼写真2 ヒメシジミ♀ その2 開翅(ノートリミング、2017年7月5日、長野県)
d0303129_2238918.jpg

▼写真3 ヒメシジミ♂ 開翅(ノートリミング、2017年7月5日、長野県)
d0303129_22382173.jpg


近くの葉上では交尾シーンも(写真4)。
上が♂、下が♀。

▼写真4 ヒメシジミの交尾シーン その1a(ノートリミング、2017年7月5日、長野県)
d0303129_22383291.jpg


写真5は少し移動したカップルを引き気味に撮ったもの。

▼写真5 ヒメシジミの交尾シーン その1b(ノートリミング、2017年7月5日、長野県)
d0303129_2238423.jpg

※写真5はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

写真6、7はフィッシュアイレンズで撮ったもの。
ほんのちょっとの距離や角度の違いでかなり印象が異なる。

▼写真6 ヒメシジミの交尾シーン その1c(ノートリミング、2017年7月5日、長野県)
d0303129_22385420.jpg

※写真6はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

工夫次第で歪みの感じられない写真も(写真7)。

▼写真7 ヒメシジミの交尾シーン その1d(ノートリミング、2017年7月5日、長野県)
d0303129_2239589.jpg

※写真7はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

同じ個体をアップで(写真8)。
左が♂、右が♀だ。

▼写真8 ヒメシジミの交尾シーン その1e(ノートリミング、2017年7月5日、長野県)
d0303129_22392044.jpg


ヒメシジミを堪能したあとはミヤマシジミとクロツバメシジミのポイントへ。
写真9はコマツナギにとまるミヤマシジミ♂。

▼写真9 ミヤマシジミ♂ その1 半開翅(2017年7月5日、長野県)
d0303129_22393295.jpg


写真10はムシトリナデシコで吸蜜するミヤマシジミ♂。

▼写真10 ミヤマシジミ♂ その2 開翅(ノートリミング、2017年7月5日、長野県)
d0303129_22394059.jpg


赤い実の上で口吻を伸ばすミヤマシジミ♀ヒメシジミ♀
黒斑がやや発達している。縁毛の具合はどちらかというとヒメシジミに似ていた。

▼写真11 ミヤマシジミ♀ヒメシジミ♀(ノートリミング、2017年7月5日、長野県)
d0303129_22395087.jpg


写真12はクロツバメシジミ。
クロツバメシジミも複数いたけれど、どうも傷んだ個体が多かった。ピンクの花の名前が分からない(イブキジャコウソウではないかとのご指摘があった)

▼写真12 クロツバメシジミ 半開翅(2017年7月5日、長野県)
d0303129_2240027.jpg


ヒメシジミもミヤマシジミもクロツバメシジミも今季初撮り。張り切りすぎて画像整理が大変なことになってしまった…。(トンボ編につづく)

(注:写真11のミヤマシジミ♀はヒメシジミ♀と訂正する。写真12のピンクの花はイブキジャコウソウかもしれない。いずれも鍵コメ様からのご指摘である。ありがとうございました。2017年7月11日訂正。)

撮影機材:※印以外はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

by mikiosu | 2017-07-08 23:59 | | Comments(6)