2017年 07月 09日 ( 1 )

ハッチョウトンボ初撮りなる!(2017年7月9日)

ヘムレンさんに連れて行ってもらった長野遠征では、数年前から見たいと願っていたハッチョウトンボにようやく出会うことができた。

写真1はハッチョウトンボ♂。
写真を見ただけでは分かりにくいと思うが、とても小さい。何しろ日本最小のトンボだ。

▼写真1 ハッチョウトンボ♂ その1(2017年7月5日、長野県)
d0303129_15422345.jpg


写真2は未成熟の♂。
未成熟個体が少なくなかったので発生初期なのかもしれない。

▼写真2 ハッチョウトンボ♂(未成熟) その2(ノートリミング、2017年7月5日、長野県)
d0303129_15423095.jpg


ハッチョウトンボは♂もさることながら、やはり♀を見てみたい。
♂を少し撮ったあとに「次は♀だ」と叫ぶ私(笑)。
実は♀はすぐ目の前にいた。
写真3、4はハッチョウトンボ♀。
小さくてアブのようだとよく言われる。確かにヒラタアブ類にちょっと似ている。

▼写真3 ハッチョウトンボ♀ その1a(ノートリミング、2017年7月5日、長野県)
d0303129_15424072.jpg

▼写真4 ハッチョウトンボ♀ その1b(2017年7月5日、長野県)
d0303129_15424887.jpg


ハッチョウトンボは♂も♀も体長約20ミリ。1円玉とほぼ同じ大きさだ。
出かける前にスケールに1円玉を貼っておいた。
写真5はそのスケールをハッチョウトンボ♀に近づけて撮ったもの。
…あまり見栄えは良くなかった(苦笑)。

▼写真5 ハッチョウトンボ♀ その1c(ノートリミング、2017年7月5日、長野県)
d0303129_15425732.jpg


写真6〜8はハッチョウトンボ♂。
色だけ見ればほぼ真っ赤でショウジョウトンボ♂に似ている。顔つきはややいかつい感じだ。

▼写真6 ハッチョウトンボ♂ その3(2017年7月5日、長野県)
d0303129_1543822.jpg

▼写真7 ハッチョウトンボ♂ その4(2017年7月5日、長野県)
d0303129_1543162.jpg

▼写真8 ハッチョウトンボ♂ その5(2017年7月5日、長野県)
d0303129_15432468.jpg


やはり♀の方が優しい面差し(写真9)(私見)。

▼写真9 ハッチョウトンボ♀ その2(2017年7月5日、長野県)
d0303129_15433330.jpg


日差しが少し強くなるとショウジョウトンボと同様に倒立して暑さをしのぐようだ(写真10)。
…なんだか可愛い!

▼写真10 ハッチョウトンボ♀ その3 倒立(2017年7月5日、長野県)
d0303129_15434293.jpg


未成熟♂も倒立(写真11)。

▼写真11 ハッチョウトンボ♂(未成熟) その6 倒立(2017年7月5日、長野県)
d0303129_15435194.jpg


交尾シーンも見られた(写真12)。
やったあ、と思って撮り始めるとすぐに解けてしまった。

▼写真12 ハッチョウトンボの交尾シーン(ノートリミング、2017年7月5日、長野県)
d0303129_15435928.jpg


ハッチョウトンボは小さくてとても可愛らしかった。
自分たちも倒立したいくらい暑かったけれど、愛らしいハッチョウトンボが撮れて大満足の遠征となった。
いつもながら案内していただいたヘムレンさんに感謝(まだつづく)。

撮影機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

by mikiosu | 2017-07-09 23:59 | 蜻蛉 | Comments(4)