2017年 10月 15日 ( 1 )

丘陵のメスグロヒョウモン(2017年10月15日)

岩場のクモガタヒョウモンと違って丘陵でメスグロヒョウモンが見られるのはまったく違和感がない。と言うか見られないと困る。

写真1、2はアザミの花にきていたメスグロヒョウモン♀。
花はタカアザミといったかな。メスグロヒョウモンの♀は今年初撮りかもしれない。

▼写真1 メスグロヒョウモン♀ その1a(2017年10月9日、東京郊外)
d0303129_14291735.jpg

▼写真2 メスグロヒョウモン♀ その1b 開翅(2017年10月9日、東京郊外)
d0303129_14292477.jpg


写真3は草むらに入り込んだのを構わずに撮ってみたもの。

▼写真3 メスグロヒョウモン♀ その1c 開翅(2017年10月9日、東京郊外)
d0303129_14293535.jpg


少し移動した別の谷戸ではオオウラギンスジヒョウモン♀も見られた(写真4)。
数年前はいつもこの近辺でメスグロヒョウモンもオオウラギンスジヒョウモンも撮っていた。近年は初夏に別の場所に出かける機会が多くなって、あまり見ることがなかった。
オオウラギンスジヒョウモンの個体数も減っているのかもしれない。

▼写真4 オオウラギンスジヒョウモン♀ 半開翅(ノートリミング、2017年10月9日、東京郊外)
d0303129_14294511.jpg


写真5はツマグロヒョウモン♀。
ツマグロヒョウモンはどこでもよく見かけるせいかあまりカメラを向けなくなっている。

▼写真5 ツマグロヒョウモン♀(ノートリミング、2017年10月9日、東京郊外)
d0303129_14295235.jpg


昼頃から気温が上がってきたこの日はテングチョウの姿があちこちで見られた(写真6、7)。

▼写真6 テングチョウ その1 半開翅(2017年10月9日、東京郊外)
d0303129_143008.jpg

▼写真7 テングチョウ その2 半開翅(ノートリミング、2017年10月9日、東京郊外)
d0303129_1430863.jpg


写真8はイチモンジセセリ。
この秋はほとんど撮っていないので試しに300ミリ単焦点レンズで狙ってみた。
イチモンジセセリがきっちり撮れるならたいがいの蝶は撮れるだろう。

▼写真8 イチモンジセセリ♂ その1 開翅(ノートリミング、2017年10月11日、東京郊外)
d0303129_14301768.jpg


写真9はキタテハ。
湿地付近ではキタテハも複数見られた。

▼写真9 キタテハ その1(ノートリミング、2017年10月12日、東京郊外)
d0303129_14302412.jpg

※写真9はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

ススキの穂にとまるのも秋らしくていいかなと撮ってみた(写真10)。

▼写真10 キタテハ その2 開翅(ノートリミング、2017年10月12日、東京郊外)
d0303129_14303338.jpg

※写真10はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

撮影機材:※印以外はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

by mikiosu | 2017-10-15 23:59 | | Comments(0)