近所のウチワヤンマ&コシアキトンボ(2017年6月25日)

たまには最寄りの公園でも歩いてみよう。最寄りと言うか、玄関開けたらもう公園なので、行きたくなくても外に出れば公園だ(笑)。

外に出て10秒くらいでコシアキトンボを見つけた(写真1)。
そんなこともあるので、この公園を歩くときは家を出る前からカメラを準備している。

▼写真1 コシアキトンボ♀(ノートリミング、2017年6月17日、東京都)
d0303129_13155598.jpg


公園の池に張ってあるロープにはウチワヤンマがとまっていた(写真2、3)。

▼写真2 ウチワヤンマ♂ その1a(ノートリミング、2017年6月17日、東京都)
d0303129_1316571.jpg

▼写真3 ウチワヤンマ♂ その1b(2017年6月17日、東京都)
d0303129_13161964.jpg


例年ウチワヤンマを見かける池の中の杭には、今年もウチワヤンマがきていた(写真4、5)。

▼写真4 ウチワヤンマ♂ その2a(ノートリミング、2017年6月17日、東京都)
d0303129_13163043.jpg

▼写真5 ウチワヤンマ♂ その2b(2017年6月17日、東京都)
d0303129_13164044.jpg


しばらく眺めていると、コシアキトンボ♂と絡んで飛んだ(写真6、7)。

▼写真6 ウチワヤンマ♂ その2c 飛翔中(ノートリミング、2017年6月17日、東京都)
d0303129_13165441.jpg

▼写真7 ウチワヤンマ♂ その2d 飛翔中(2017年6月17日、東京都)
d0303129_1317377.jpg


杭に着地するシーンを撮ろうと連写したのが写真8〜14。

▼写真8 ウチワヤンマ♂ その2e 飛翔中(2017年6月17日、東京都)
d0303129_13172262.jpg

▼写真9 ウチワヤンマ♂ その2f 飛翔中(2017年6月17日、東京都)
d0303129_13173295.jpg

▼写真10 ウチワヤンマ♂ その2g 飛翔中(2017年6月17日、東京都)
d0303129_13174114.jpg

▼写真11 ウチワヤンマ♂ その2h 飛翔中(2017年6月17日、東京都)
d0303129_13175059.jpg

▼写真12 ウチワヤンマ♂ その2i 飛翔中(2017年6月17日、東京都)
d0303129_1318865.jpg

▼写真13 ウチワヤンマ♂ その2j 飛翔中(2017年6月17日、東京都)
d0303129_13181781.jpg

▼写真14 ウチワヤンマ♂ その2k 着地後(2017年6月17日、東京都)
d0303129_13182779.jpg


写真8〜11の動きを見ると、どうもゆっくりと後方に下がっているように見えてしまう。
トンボは前にしか進まない=不退転ということから、勝ち虫として戦国時代の武将たちに好まれたと言われている。そんな常識を覆すつもりはないし、空気力学的に考えても後方に飛ぶというのはちょっと違うのだろうが、トンボは飛翔能力が高く、器用なのでホバリングしながら風に任せて少し下がる、くらいのことはできるのかもしれない。

撮影機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

# by mikiosu | 2017-06-25 23:59 | 蜻蛉 | Comments(1)

モノサシトンボは今年も健在(2017年6月24日)

モノサシトンボは近所の公園でも見られるありがたい存在だ。今年はちょっと遅めの発生に思われるが、プチ遠征先の公園ではいつも通り見られた。

写真1、2はモノサシトンボ♀。

▼写真1 モノサシトンボ♀ その1a(ノートリミング、2017年6月10日、東京都)
d0303129_11265731.jpg

▼写真2 モノサシトンボ♀ その1b(ノートリミング、2017年6月10日、東京都)
d0303129_1127859.jpg

※写真1、2はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO


写真3、4はモノサシトンボ♂。

▼写真3 モノサシトンボ♂ その1(ノートリミング、2017年6月10日、東京都)
d0303129_11271984.jpg


背面からも撮ってみた(写真4)。

▼写真4 モノサシトンボ♂ その2(ノートリミング、2017年6月10日、東京都)
d0303129_1127292.jpg

※写真3、4はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO


翌日は久しぶりに主フィールドを歩いてみた。
モノサシトンボの発生は確認済みだが、この日は個体数が増えていた。
写真5〜7はモノサシトンボ♂。

▼写真5 モノサシトンボ♂ その3(ノートリミング、2017年6月11日、東京都)
d0303129_11274071.jpg

▼写真6 モノサシトンボ♂ その4(ノートリミング、2017年6月11日、東京都)
d0303129_11275016.jpg

▼写真7 モノサシトンボ♂ その5(ノートリミング、2017年6月11日、東京都)
d0303129_1128057.jpg

※写真5〜7はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14


写真8〜10はモノサシトンボ♀。
トンボは捕食者なので概して強面(こわもて)の顔をしているけれど、モノサシトンボの♀は♂に比べるとやや優しそうな顔をしているように思う(私見)。

▼写真8 モノサシトンボ♀ その2(ノートリミング、2017年6月11日、東京都)
d0303129_11281562.jpg

※写真8はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

▼写真9 モノサシトンボ♀ その3a(ノートリミング、2017年6月11日、東京都)
d0303129_11282467.jpg

※写真9はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

▼写真10 モノサシトンボ♀ その3b(ノートリミング、2017年6月11日、東京都)
d0303129_11283460.jpg

※写真10はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14


この時期はドクダミがあちこちに生えていて、主フィールドのモノサシトンボはドクダミの葉上にとまっていることが多い。モノサシトンボはまだしばらく見られるので、今度チャンスがあれば顔のアップでも激写したい。

# by mikiosu | 2017-06-24 23:59 | 蜻蛉 | Comments(1)

ミヤマカワトンボ&クロサナエ(2017年6月23日)

だいぶ前の写真になってしまったけれど、6月4日はミヤマカワトンボを今季ようやく初撮りできた。いつもなら5月中旬には見かけていたはず。カワトンボはほぼ例年通りに発生したように思うがミヤマカワトンボはかなり遅かったのではないか。

写真1、2はミヤマカワトンボ♀。
♀には白い偽縁紋がある。水面に浮いている白いものは花びら。よくわからないがエゴの花に似ていた。

▼写真1 ミヤマカワトンボ♀ その1(ノートリミング、2017年6月4日、東京郊外)
d0303129_3332878.jpg

▼写真2 ミヤマカワトンボ♀ その2(2017年6月4日、東京郊外)
d0303129_3334287.jpg


写真3、4はミヤマカワトンボ♂。
♂には縁紋がなく、腹部は青緑色に輝くので♀とは容易に区別できる。

▼写真3 ミヤマカワトンボ♂ その1(2017年6月4日、東京郊外)
d0303129_334218.jpg

▼写真4 ミヤマカワトンボ♂ その2(ノートリミング、2017年6月4日、東京郊外)
d0303129_3342059.jpg

※写真4はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

写真5、6はクロサナエ。
写真5は♂、写真6は♀。
どちらも東京郊外のフジミドリシジミのポイントで撮った。フジミドリシジミは撮れなかったんだけど…。

▼写真5 クロサナエ♂(2017年6月9日、東京郊外)
d0303129_3343167.jpg

▼写真6 クロサナエ♀(2017年6月9日、東京郊外)
d0303129_3344145.jpg


そう言えばミヤマカワトンボを撮ったのもフジミドリシジミが撮れずに帰るときだった。
東京郊外のフジミドリシジミは今季3連敗、昨年から11連敗となったけれど、今季3度目の際には飛んでいる姿は再三見られたので来年に期待したい。

撮影機材:※印以外はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

# by mikiosu | 2017-06-23 23:59 | 蜻蛉 | Comments(0)