カテゴリ:蝶( 595 )

高原のゼフィルスたち(2017年7月20日)

高原では梢をチラチラ飛んでいたゼフィルスも見られた。
同定は難しいがエゾミドリシジミではないかと思う(写真1)。

▼写真1 エゾミドリシジミ♂ その1a(ノートリミング、2017年7月11日、長野県)
d0303129_3206.jpg


小飛して近くにとまる(写真2)。
近すぎて撮りにくい(笑)。飛び去るときに表翅がちょっと見えたので♂と分かった。

▼写真2 エゾミドリシジミ♂ その1b(2017年7月11日、長野県)
d0303129_32890.jpg


ちょっと歩くと別個体も(写真3)。

▼写真3 エゾミドリシジミ その2(ノートリミング、2017年7月11日、長野県)
d0303129_321766.jpg


どちらもハヤシミドリシジミと紛らわしいが、後翅裏の中央白条内側の縁取りがやや明瞭なのでエゾミドリシジミとしておく。エゾミドリシジミは初撮りになる。

同行のヘムレンさんがアイノミドリシジミも見つけてくれた(写真4)。

▼写真4 アイノミドリシジミ♂ その1a(2017年7月11日、長野県)
d0303129_322612.jpg


軽くストロボを当ててみた(写真5)。

▼写真5 アイノミドリシジミ♂ その1b(ストロボ撮影&ノートリミング、2017年7月11日、長野県)
d0303129_323493.jpg


今季はせっかくゼフィルスの♂を見つけても表翅が撮れないことが多い。
写真6、7はシロツメクサにきていたヒメシジミ♀。
すでに結構擦れていた。

▼写真6 ヒメシジミ♀ その1a(2017年7月11日、長野県)
d0303129_324236.jpg

▼写真7 ヒメシジミ♀ その1b(ノートリミング、2017年7月11日、長野県)
d0303129_325041.jpg


蝶の出はあまり良くは無かったけれど、エゾミドリシジミやアイノミドリシジミが撮れたのは収穫。次の機会には開翅シーンが撮れると良いなあ。

撮影機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14 & FL-900R

by mikiosu | 2017-07-20 23:59 | | Comments(4)

高原のウラギンヒョウモン&クモガタヒョウモン(2017年7月19日)

トンボを続けて掲載したので撮影順序からするとやや前後してしまった。7月11日にヘムレンさん&おはるさんと高原に遠征したときの蝶たちを掲載したい。

写真1はホソオチョウ♀。
高速道のサービスエリアで休憩中に撮影。数日前にも同じ場所でゴマダラチョウを見つけて、カメラを持っていなかったことを後悔したのでこの日は休憩中もカメラを持っていたので撮れた♪

▼写真1 ホソオチョウ♀ 飛翔中(2017年7月11日、山梨県)
d0303129_136573.jpg

※写真1はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

写真2は高原に着いた早々に見つけたウラギンヒョウモン♂。

▼写真2 ウラギンヒョウモン♂ その1(ノートリミング、2017年7月11日、長野県)
d0303129_1364017.jpg

※写真2はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

ムシトリナデシコにきている個体も(写真3)。

▼写真3 ウラギンヒョウモン♂ その2(ノートリミング、2017年7月11日、長野県)
d0303129_1364971.jpg


写真4はクモガタヒョウモン♀。
栗の木のまわりを飛んでいた。葉裏にとまったところをパチリ。

▼写真4 クモガタヒョウモン♀ その1a(2017年7月11日、長野県)
d0303129_1365877.jpg


ちょっと飛んで近くの葉上にとまった(写真5)。
クモガタヒョウモンは今春撮り損なっていたのでちょっと嬉しい。

▼写真5 クモガタヒョウモン♀ その1b(2017年7月11日、長野県)
d0303129_137647.jpg


ところで、クモガタヒョウモン♀の複眼はどこを見ているのかよく分からないところがある。考えてみれば蝶はみんなそうなのかもしれないが、クモガタヒョウモン♀の複眼にはぽつんと小さな点のようなものが見える。何かに似ている気がして考えてみる。どうもカマキリの偽瞳孔を思い出させる。
厳密に言うと他のヒョウモンチョウ類も複眼はオレンジ色の地色に黒い点々があるのだが、クモガタヒョウモンは真ん中付近の黒い点が一つだけ大きく目立つのでそれが偽瞳孔のように見えてしまう気がする。
それと、♀の複眼の上半分は黒っぽい影に覆われていることがある。光線の具合で目立つ場合とそうで無い場合があるようだ。

写真6はシータテハ。
シータテハも今季初撮り。

▼写真6 シータテハ(2017年7月11日、長野県)
d0303129_1371571.jpg


写真7、8はウラジャノメ。
もっとたくさんいるかと思ったのだが、この日は一匹しか見かけなかった。

▼写真7 ウラジャノメ その1a(ノートリミング、2017年7月11日、長野県)
d0303129_1372419.jpg

▼写真8 ウラジャノメ その1b 開翅(2017年7月11日、長野県)
d0303129_1373215.jpg


今季はどこでも蝶の出は遅めに感じる。高原の蝶たちもまだこれからという感じがした(つづく)。

撮影機材:※印以外はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

by mikiosu | 2017-07-19 23:59 | | Comments(2)

スジグロチャバネセセリ今季初撮り(2017年7月15日)

山梨遠征の最後はセセリチョウで締めてみる。と言っても撮れたのは2種類。

写真1、2はオオチャバネセセリ。
田んぼ周りの土手に咲くムラサキツメクサやアザミの花で吸蜜する姿が見られた。

▼写真1 オオチャバネセセリ その1a(ノートリミング、2017年7月7日、山梨県)
d0303129_433285.jpg

▼写真2 オオチャバネセセリ その1b(ノートリミング、2017年7月7日、山梨県)
d0303129_434261.jpg


求愛シーンもちょっと(写真3)。
後方についているのが♂と思われる。♀の後ろで飛んだり開翅したりしていたが、恋は成就しなかった。

▼写真3 オオチャバネセセリの求愛シーン(ノートリミング、2017年7月7日、山梨県)
d0303129_435264.jpg


オナガシジミやミヤマカラスシジミに続いてのサプライズはスジグロチャバネセセリ(写真4〜8)。
裏翅だけではヘリグロチャバネセセリとの識別が難しい。縁毛の色が明るい茶色に見える。ヘリグロチャバネセセリならもうちょっと色が薄いとの判断だがどうだろうか。

▼写真4 スジグロチャバネセセリ その1a(ノートリミング、2017年7月7日、山梨県)
d0303129_44182.jpg

▼写真5 スジグロチャバネセセリ その1b(ノートリミング、2017年7月7日、山梨県)
d0303129_44936.jpg

▼写真6 スジグロチャバネセセリ その1c(2017年7月7日、山梨県)
d0303129_441753.jpg

▼写真7 スジグロチャバネセセリ その1d(2017年7月7日、山梨県)
d0303129_442648.jpg

▼写真8 スジグロチャバネセセリ その1e(ノートリミング、2017年7月7日、山梨県)
d0303129_443590.jpg


ヘリグロチャバネセセリは昨年撮っているがスジグロチャバネセセリは4年ぶりの撮影になる。
いずれにしても新鮮で綺麗な個体だった。

撮影機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

by mikiosu | 2017-07-15 23:59 | | Comments(4)

オオムラサキ&ウラギンスジヒョウモン(2017年7月14日)

山梨遠征のお目当てであるオオムラサキは、野外では撮影できず、オオムラサキセンターで撮ることになってしまった。
以前は東京郊外でよく撮っていたのだが、最近はなかなか撮れない。山梨県でも減っているのだろうか。

写真1は♂の開翅、写真2は♀の開翅。

▼写真1 オオムラサキ その1 ♂の開翅(2017年7月7日、山梨県)
d0303129_4512257.jpg

▼写真2 オオムラサキ その2 ♀の開翅(2017年7月7日、山梨県)
d0303129_4515261.jpg


写真3、4はトラップに集まったオオムラサキたち。

▼写真3 オオムラサキ その3 ♀の開翅ほか(ノートリミング、2017年7月7日、山梨県)
d0303129_4522460.jpg

▼写真4 オオムラサキ その3b ♀の開翅(2017年7月7日、山梨県)
d0303129_4523347.jpg

※写真3、4はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

写真5は♂(右側)と♀の求愛シーンと思われる。
なんだか相撲の立ち会いみたいだった。

▼写真5 オオムラサキ その4 ♀&♂(右側)(2017年7月7日、山梨県)
d0303129_4524397.jpg


写真6は腹面から撮ってみたもの。

▼写真6 オオムラサキ その5 腹面(ノートリミング、2017年7月7日、山梨県)
d0303129_4525226.jpg


写真7は幹に集まったところをフィッシュアイレンズで撮ったもの。

▼写真7 オオムラサキ その6 ♂の開翅ほか(ノートリミング、2017年7月7日、山梨県)
d0303129_453018.jpg

※写真7はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

写真8は蛹。

▼写真8 オオムラサキの蛹 その1(2017年7月7日、山梨県)
d0303129_453933.jpg


写真9は羽化間近の蛹。

▼写真9 オオムラサキの蛹 その2(ノートリミング、2017年7月7日、山梨県)
d0303129_4531880.jpg


以下は同じ日に撮った蝶たち。
写真10はジャノメチョウ。
♀のようだ。オオムラサキセンターの金網にとまっていた。

▼写真10 ジャノメチョウ♀(2017年7月7日、山梨県)
d0303129_4532747.jpg


写真11はクロヒカゲ。

▼写真11 クロヒカゲ(ノートリミング、2017年7月7日、山梨県)
d0303129_4533768.jpg


写真12、13はウラギンスジヒョウモン♂。
田んぼ付近の湿った地面で吸水していた。ウラギンスジヒョウモンは昨年もこの付近で撮っている。

▼写真12 ウラギンスジヒョウモン♂ その1a(ノートリミング、2017年7月7日、山梨県)
d0303129_4534530.jpg

▼写真13 ウラギンスジヒョウモン♂ その1b(ノートリミング、2017年7月7日、山梨県)
d0303129_4535490.jpg


写真14はゴマダラチョウ。
山梨方面に向かう途中、高速道のサービスエリアで休憩中に見つけた。カメラを持っていなかったのでスマホで撮った。

▼写真14 ゴマダラチョウ(2017年7月7日、山梨県)
d0303129_45449.jpg

※写真14はスマホで撮影

都内ではアカボシゴマダラがはびこっていて、ゴマダラチョウは昨年撮れなかった。エノキはそこら中にあるので食樹に困ることは無いと思うのだが…。

撮影機材:※印以外はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

by mikiosu | 2017-07-14 23:59 | | Comments(4)

オナガシジミ&ミヤマカラスシジミ(2017年7月13日)

7月7日はヘムレンさん&おはるさんと山梨方面に遠征してみた。この季節、やはりオオムラサキを撮らないといかんのではないかと、オオムラサキの多そうな場所に行ってみた次第だ。
しかし、そのオオムラサキはほとんど見られず、遠くを飛んでいる姿が2度ほど見られただけだった。

見つかったのはトラフシジミ夏型(写真1、2)。
尾状突起を畳むようにして葉上にちょこんと座っていた。

▼写真1 トラフシジミ 夏型 その1a(ノートリミング、2017年7月7日、山梨県)
d0303129_1423328.jpg

▼写真2 トラフシジミ 夏型 その1b(ノートリミング、2017年7月7日、山梨県)
d0303129_1423116.jpg

※写真1、2はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

この日のサプライズはオナガシジミを見つけたこと。
暑いし蝶の姿は少ないし、なんだか少しダレてきた頃に
「オナガシジミだ!」
とヘムレンさんが叫んだ。オナガシジミはいつもオニグルミを見かけるたびに気にしていたが、一度も見たことが無かった。

写真3、4は初見初撮りのオナガシジミ。
最初はオニグルミのやや高い葉にとまっていた。

▼写真3 オナガシジミ その1a(ノートリミング、2017年7月7日、山梨県)
d0303129_14232326.jpg

▼写真4 オナガシジミ その1b(2017年7月7日、山梨県)
d0303129_14233130.jpg

※写真4はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

やがて小飛してちょっと良い位置にとまってくれた(写真5)。
なるほど確かに尾状突起は長い。

▼写真5 オナガシジミ その1c(2017年7月7日、山梨県)
d0303129_14234162.jpg


時折口吻を伸ばしていたようだ(写真6)。

▼写真6 オナガシジミ その1d(2017年7月7日、山梨県)
d0303129_14234990.jpg


やや切れ長の目が可愛らしい感じだ(写真7、8)。

▼写真7 オナガシジミ その1e(2017年7月7日、山梨県)
d0303129_14235747.jpg

▼写真8 オナガシジミ その1f(ノートリミング、2017年7月7日、山梨県)
d0303129_1424469.jpg


ひとしきり撮ったあと、少し歩くと弱々しく飛んできたオナガシジミが葉上にとまった(写真9)。

▼写真9 オナガシジミ その2a(ノートリミング、2017年7月7日、山梨県)
d0303129_14241316.jpg


角度によってはちょっと水色っぽく見えたりした(写真10)。

▼写真10 オナガシジミ その2b(2017年7月7日、山梨県)
d0303129_142421100.jpg


初見初撮りのオナガシジミとの出会いでかなりテンションが上がった(笑)。
もうなんだかオオムラサキはどうでも良くなった気がしたが、オオムラサキを撮らずに帰るのも癪なのでオオムラサキセンターに入ってみた。
そこでは思いがけずミヤマカラスシジミが見られた(写真11)。
とまっていた葉は食樹のクロウメモドキに似ていた。

▼写真11 ミヤマカラスシジミ その1(2017年7月7日、山梨県)
d0303129_14325241.jpg


園内のヒメジョオンで吸蜜する姿も(写真12)。

▼写真12 ミヤマカラスシジミ その2(2017年7月7日、山梨県)
d0303129_14244125.jpg


茎や葉っぱを吟味するように歩く姿も(写真13)。
この個体は直前に産卵行動もしていたが卵までは確認できなかった。

▼写真13 ミヤマカラスシジミ その3a(2017年7月7日、山梨県)
d0303129_14245112.jpg


正面から見るとこんな感じ(写真14)。

▼写真14 ミヤマカラスシジミ その3b(ノートリミング、2017年7月7日、山梨県)
d0303129_14245896.jpg


ミヤマカラスシジミは2014年7月に石川会長とこの近くを歩いたときに道路脇のヒメジョオンにきているのを見たことがある(過去記事は→こちら)。それが初見初撮りで今回は二度目。園内とはいえ嬉しい出会いであった。(つづく)

撮影機材:※印以外はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

by mikiosu | 2017-07-13 23:59 | | Comments(4)

ヒメシジミの交尾シーン、ほか(2017年7月8日)

長野遠征でコヒョウモンモドキを撮った後は、トンボと蝶を求めてあちこち移動した。午後はシジミチョウ類をたくさん撮ることになった。

写真1〜3はヒメシジミ。
ヒメシジミは♂も♀も開翅シーンが撮れた。

▼写真1 ヒメシジミ♀ その1(ノートリミング、2017年7月5日、長野県)
d0303129_2238060.jpg

▼写真2 ヒメシジミ♀ その2 開翅(ノートリミング、2017年7月5日、長野県)
d0303129_2238918.jpg

▼写真3 ヒメシジミ♂ 開翅(ノートリミング、2017年7月5日、長野県)
d0303129_22382173.jpg


近くの葉上では交尾シーンも(写真4)。
上が♂、下が♀。

▼写真4 ヒメシジミの交尾シーン その1a(ノートリミング、2017年7月5日、長野県)
d0303129_22383291.jpg


写真5は少し移動したカップルを引き気味に撮ったもの。

▼写真5 ヒメシジミの交尾シーン その1b(ノートリミング、2017年7月5日、長野県)
d0303129_2238423.jpg

※写真5はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

写真6、7はフィッシュアイレンズで撮ったもの。
ほんのちょっとの距離や角度の違いでかなり印象が異なる。

▼写真6 ヒメシジミの交尾シーン その1c(ノートリミング、2017年7月5日、長野県)
d0303129_22385420.jpg

※写真6はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

工夫次第で歪みの感じられない写真も(写真7)。

▼写真7 ヒメシジミの交尾シーン その1d(ノートリミング、2017年7月5日、長野県)
d0303129_2239589.jpg

※写真7はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

同じ個体をアップで(写真8)。
左が♂、右が♀だ。

▼写真8 ヒメシジミの交尾シーン その1e(ノートリミング、2017年7月5日、長野県)
d0303129_22392044.jpg


ヒメシジミを堪能したあとはミヤマシジミとクロツバメシジミのポイントへ。
写真9はコマツナギにとまるミヤマシジミ♂。

▼写真9 ミヤマシジミ♂ その1 半開翅(2017年7月5日、長野県)
d0303129_22393295.jpg


写真10はムシトリナデシコで吸蜜するミヤマシジミ♂。

▼写真10 ミヤマシジミ♂ その2 開翅(ノートリミング、2017年7月5日、長野県)
d0303129_22394059.jpg


赤い実の上で口吻を伸ばすミヤマシジミ♀ヒメシジミ♀
黒斑がやや発達している。縁毛の具合はどちらかというとヒメシジミに似ていた。

▼写真11 ミヤマシジミ♀ヒメシジミ♀(ノートリミング、2017年7月5日、長野県)
d0303129_22395087.jpg


写真12はクロツバメシジミ。
クロツバメシジミも複数いたけれど、どうも傷んだ個体が多かった。ピンクの花の名前が分からない(イブキジャコウソウではないかとのご指摘があった)

▼写真12 クロツバメシジミ 半開翅(2017年7月5日、長野県)
d0303129_2240027.jpg


ヒメシジミもミヤマシジミもクロツバメシジミも今季初撮り。張り切りすぎて画像整理が大変なことになってしまった…。(トンボ編につづく)

(注:写真11のミヤマシジミ♀はヒメシジミ♀と訂正する。写真12のピンクの花はイブキジャコウソウかもしれない。いずれも鍵コメ様からのご指摘である。ありがとうございました。2017年7月11日訂正。)

撮影機材:※印以外はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

by mikiosu | 2017-07-08 23:59 | | Comments(6)

コヒョウモンモドキ初見初撮り(2017年7月7日)

この時期は天気予報とにらめっこしながらの遠征になる。7月5日は早朝に出て、ヘムレンさんにコヒョウモンモドキのポイントに連れて行ってもらう。

ポイント付近で出迎えてくれたのはオオミドリシジミだった。
裏翅はちょっと白っぽかったけれど(写真1)、表翅のブルーはまずまず綺麗だった(写真2、3)。

▼写真1 オオミドリシジミ♂ その1a(ノートリミング、2017年7月5日、長野県)
d0303129_1264546.jpg

▼写真2 オオミドリシジミ♂ その1b(ノートリミング、2017年7月5日、長野県)
d0303129_1265439.jpg

▼写真3 オオミドリシジミ♂ その1c 開翅(ノートリミング、2017年7月5日、長野県)
d0303129_127211.jpg

※写真1〜3はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

肝心のコヒョウモンモドキは…、いたいた!
写真4はコヒョウモンモドキ。
さっそく開翅シーンを見せてくれた。

▼写真4 コヒョウモンモドキ その1 開翅(ノートリミング、2017年7月5日、長野県)
d0303129_1272093.jpg


ニガナの花にきていた個体も(写真5)。

▼写真5 コヒョウモンモドキ その2a 開翅(2017年7月5日、長野県)
d0303129_1272896.jpg


裏翅も撮りたいので、取りあえず腹面から押さえておく(写真6、7)。

▼写真6 コヒョウモンモドキ その2b 腹面(2017年7月5日、長野県)
d0303129_1342931.jpg

▼写真7 コヒョウモンモドキ その2c 腹面(2017年7月5日、長野県)
d0303129_1344337.jpg

※写真5〜7はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

最近買ったばかりのフィッシュアイレンズも使ってみる(写真8)。

▼写真8 コヒョウモンモドキ その2d 開翅(ノートリミング、2017年7月5日、長野県)
d0303129_1275814.jpg

※写真8はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

ちょうど咲き始めらしいシモツケの花で吸蜜している個体も(写真9〜11)。

▼写真9 コヒョウモンモドキ その3(2017年7月5日、長野県)
d0303129_128772.jpg

※写真9はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

写真10、11は同じ個体。
長いことシモツケでポーズをとってくれた。

▼写真10 コヒョウモンモドキ その4a 開翅(2017年7月5日、長野県)
d0303129_1282095.jpg

▼写真11 コヒョウモンモドキ その4b 開翅(2017年7月5日、長野県)
d0303129_1282979.jpg

※写真10、11はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

葉上にとまる個体の裏翅を撮っているとセセリチョウが絡んできた(写真12)。
はっきりしないがセセリチョウはヒメキマダラセセリ♂のように思われる。ヒメキマダラセセリは誤求愛したのだろうか。ヒメキマダラセセリのお相手にしては大きすぎないか…。

▼写真12 コヒョウモンモドキ その5a(ノートリミング、2017年7月5日、長野県)
d0303129_135037.jpg


いやいや飛んだコヒョウモンモドキは近くの葉上で開翅してくれた(写真13)。
この個体はかなり新鮮だった。

▼写真13 コヒョウモンモドキ その5b 開翅(ノートリミング、2017年7月5日、長野県)
d0303129_1285264.jpg

※写真12、13はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

最後はまたフィッシュアイレンズで(写真14)。
ザックに汗でも吸いにきたのだろうか。

▼写真14 コヒョウモンモドキ その6 開翅(2017年7月5日、長野県)
d0303129_12921.jpg

※写真14はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

午前中に初見初撮りのコヒョウモンモドキとたっぷり遊んでかなり満足。この日は午後にもいろいろと成果があった。(つづく)

by mikiosu | 2017-07-07 23:59 | | Comments(8)

ヒメキマダラセセリとキマダラセセリ(2017年7月2日)

載せそびれていた蝶をいくつか掲載しておく。

写真1、2はヒメキマダラセセリ。
ヘムレンさんと山梨方面に遠征したときに撮ったもの。
最初はセリバヒエンソウで吸蜜していた(写真1)。

▼写真1 ヒメキマダラセセリ その1a(ノートリミング、2017年6月15日、山梨県)
d0303129_1971553.jpg


近くにあったスイカズラに移動した(写真2)。
どちらもあまりパッとしない写真だが(苦笑)、花にきているのは嬉しい。

▼写真2 ヒメキマダラセセリ その1b(ノートリミング、2017年6月15日、山梨県)
d0303129_19724100.jpg


写真3、4はヒオドシチョウ。
こちらは栃木遠征で撮ったもの。

▼写真3 ヒオドシチョウ その1a 開翅(ノートリミング、2017年6月20日、栃木県)
d0303129_1973531.jpg

▼写真4 ヒオドシチョウ その1b 開翅(ノートリミング、2017年6月20日、栃木県)
d0303129_1974423.jpg


同じ日、ミドリヒョウモンも今季初撮り(写真5、6)。
いろんなところで口吻を伸ばしている。

▼写真5 ミドリヒョウモン♂ その1a(ノートリミング、2017年6月20日、栃木県)
d0303129_1975694.jpg

▼写真6 ミドリヒョウモン♂ その1b 半開翅(ノートリミング、2017年6月20日、栃木県)
d0303129_198557.jpg


東京郊外ではキタテハが杭の上で開翅(写真7)。
この近くにコムラサキが発生する場所があって、一瞬コムラサキかと思ったのだが、キタテハであった。

▼写真7 キタテハ 開翅(ノートリミング、2017年6月22日、東京郊外)
d0303129_1981310.jpg


写真8〜10はキマダラセセリ。
この個体は新鮮だった。

▼写真8 キマダラセセリ その1a 開翅(ノートリミング、2017年6月22日、東京郊外)
d0303129_1982344.jpg


以前「Butterfly & Dragonfly」のyurinさんが指摘していたとおり、前翅の付け根あたり(肩のあたり)の毛がふさふさしていた(写真9)。

▼写真9 キマダラセセリ その1b 開翅(ノートリミング、2017年6月22日、東京郊外)
d0303129_1983312.jpg

▼写真10 キマダラセセリ その1c 開翅(ノートリミング、2017年6月22日、東京郊外)
d0303129_1984379.jpg


キマダラセセリを撮った6月22日以降、蝶の写真を撮っていない…。

撮影機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

by mikiosu | 2017-07-02 19:05 | | Comments(4)

オオヒカゲは大きかった(2017年6月22日)

クロミドリシジミが撮れたあとは少し移動してオオヒカゲを探しに行く。オオヒカゲもまだ見たことがなく、咋夏に見たキマダラモドキに似ている蝶だ(キマダラモドキの記事は→こちら)。
この辺にいるかなというあたりで1匹見つけた。1匹見つけると次々に見つかった。というかそこら中にいた。
写真1〜3はオオヒカゲ♂。
湿地帯の草や木にとまっている。

▼写真1 オオヒカゲ♂ その1(ノートリミング、2017年6月20日、栃木県)
d0303129_17335950.jpg

※写真1はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

▼写真2 オオヒカゲ♂ その2(2017年6月20日、栃木県)
d0303129_17344799.jpg

※写真2はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

▼写真3 オオヒカゲ♂ その3(ノートリミング、2017年6月20日、栃木県)
d0303129_1735442.jpg

※写真3はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

12−100ミリズームレンズで広角とアップで撮ってみる(写真4、5)。

▼写真4 オオヒカゲ♂ その4a(ノートリミング、2017年6月20日、栃木県)
d0303129_17351789.jpg

▼写真5 オオヒカゲ♂ その4b(ノートリミング、2017年6月20日、栃木県)
d0303129_1735277.jpg

※写真4、5はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

名前の通り暗いところが好きなようだ(写真6)。

▼写真6 オオヒカゲ♂ その5(2017年6月20日、栃木県)
d0303129_17353926.jpg

※写真6はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

♂が圧倒的に多かったけれど、♀も少し撮れた(写真7)。
羽化間もないのか、この♀は近づいてもまったく逃げなかった。

▼写真7 オオヒカゲ♀(2017年6月20日、栃木県)
d0303129_17355178.jpg

※写真7はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro

近くに蛹があるのを同行のおはるさんが見つけてくれた(写真8)。

▼写真8 オオヒカゲの蛹(2017年6月20日、栃木県)
d0303129_1736215.jpg

※写真8はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

蛹殻はちょっと綺麗だった(写真9)。

▼写真9 オオヒカゲの蛹殻(2017年6月20日、栃木県)
d0303129_17361449.jpg

※写真9はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

開翅を撮りたくて飛翔中を狙ってみた(写真10〜13)。
ここは湿地帯で人が歩き回る場所ではない。蝶ばかり見ているとうっかり蜘蛛の巣に顔を突っ込むことになるのだった。

▼写真10 オオヒカゲ 飛翔中 その1a(2017年6月20日、栃木県)
d0303129_17362771.jpg

▼写真11 オオヒカゲ 飛翔中 その1b 腹面(2017年6月20日、栃木県)
d0303129_17363863.jpg

▼写真12 オオヒカゲ 飛翔中 その2(2017年6月20日、栃木県)
d0303129_17364826.jpg

▼写真13 オオヒカゲ 飛翔中 その3(2017年6月20日、栃木県)
d0303129_17365832.jpg


どうにか開翅も撮れた(写真14、15)。

▼写真14 オオヒカゲ 飛翔中 その4a 開翅(2017年6月20日、栃木県)
d0303129_17371292.jpg

▼写真15 オオヒカゲ 飛翔中 その4b 開翅(2017年6月20日、栃木県)
d0303129_17372525.jpg


写真15や16のように大きな翅が波打っている写真がいくつか見られた。

▼写真16 オオヒカゲ 飛翔中 その4c(2017年6月20日、栃木県)
d0303129_17373738.jpg

※写真10〜16はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

オオヒカゲは思った以上に大きく、湿地帯をちょっと歩くと驚いたように飛び出す。その飛び方がゆっくりで、その大きな翅の羽ばたきは、マンタが水中を泳いでいるのに似ていた。
その大きさといい、眼状紋をこちらに向けて暗がりでじっととまっている姿は、以前今森光彦氏の写真集で見たフクロウチョウを彷彿とさせる。なんとも不思議な趣の蝶だ。

by mikiosu | 2017-06-22 23:59 | | Comments(6)

クロミドリシジミ初見初撮り(2017年6月21日)

撮影順ではトンボや蛾を取り上げる番なのだが、先に蝶を載せておきたい。
6月20日は梅雨の時期の貴重な晴れ間。どこに何を撮りに行くかは重要だ。
この日はヘムレンさん、おはるさんと栃木方面に遠征してみた。狙いはウラミスジシジミとクロミドリシジミ。私にとってはどちらもまだ見たことのないゼフィルスだ。
現地には8時頃到着。早速ブラブラしてみる。平地性ゼフィルスはたっぷり拝めそうな雰囲気なのに、何故か何もいない…。目につくのはトンボばかり。
しばらくすると東京から来たという方がカメラを片手に探蝶のご様子。少し話して別々に探す。何分後だろうか、再び合流した時にクロミドリシジミがいると教えてくださった。
指し示してくれた場所を見ると、確かに何かいた。これがクロミドリシジミらしい(写真1)。

▼写真1 クロミドリシジミ その1a(2017年6月20日、栃木県)
d0303129_2026519.jpg


別方向からも撮ってみる(写真2)。
微妙だがさっきよりはいいかなという感じ。

▼写真2 クロミドリシジミ その1b(2017年6月20日、栃木県)
d0303129_20264064.jpg


しばらくすると小飛してようやく全身が撮れた(写真3)。

▼写真3 クロミドリシジミ その1c(ノートリミング、2017年6月20日、栃木県)
d0303129_20265086.jpg


拡大してみる(写真4)。
どうも葉上で口吻を伸ばしているようだ。

▼写真4 クロミドリシジミ その1d(2017年6月20日、栃木県)
d0303129_2027169.jpg


長いこと葉上で口吻を伸ばし、時折その場で回転していた(写真5)。

▼写真5 クロミドリシジミ その1e(ノートリミング、2017年6月20日、栃木県)
d0303129_20271279.jpg


クロミドリシジミは尾状突起が細長く、肛角のオレンジ紋はかなり発達していた(写真6)。

▼写真6 クロミドリシジミ その1f(2017年6月20日、栃木県)
d0303129_20272077.jpg


目的のひとつであるクロミドリシジミは他力本願とはいえ、取りあえず撮れた。
次はウラミスジシジミの番なのだが、赤っぽい蝶はさっぱり見つからず、ウラナミアカシジミが1匹いただけだった(写真7)。

▼写真7 ウラナミアカシジミ(2017年6月20日、栃木県)
d0303129_20273187.jpg


クロミドリシジミは略してクロミドリ、ウラミスジシジミは略してウラミスジと呼ぶ人が多いと思う。
しかしそれではシジミを略しただけだからあまり短くない。クロミドリシジミはクロミ、ウラミスジシジミはウラミじゃ駄目なのだろうか。
クロミドリシジミをクロミちゃんと呼べばサンリオのキャラクターみたいで可愛いし、ついでにウラミスジシジミをウラミちゃんと呼ぶなら、クロミちゃんとウラミちゃんのダークペアで人気を博すのではないか…。ウラミちゃんではさすがに語呂が良くないだろうか…、などということをブログを書く時ではなく、現地で蝶を探している時に考えたりしている私であった。
…そんなことだから蝶を見つけられないのかもしれない(苦笑)。
それでも湿地の近くではミドリシジミを見つけた。
写真8〜10はミドリシジミ♀。

▼写真8 ミドリシジミ♀ その1a(ノートリミング、2017年6月20日、栃木県)
d0303129_20274124.jpg


B型のように思えたけれど、開翅シーンを見ると鱗粉はかなり擦れているのでもともとはAB型だった可能性も否定できない。

▼写真9 ミドリシジミ♀ その1b 開翅(2017年6月20日、栃木県)
d0303129_20275287.jpg


飛び立つところも撮れていた(写真10)。

▼写真10 ミドリシジミ♀ その1c 飛び立ち(2017年6月20日、栃木県)
d0303129_202833.jpg

※写真8〜10はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

写真11は午後に見つけたウラゴマダラシジミ。
午前中に見つけた2個体はかなり擦れていたが、午後に見つけた個体はまだ綺麗だった。
…ウラゴマダラシジミはウラゴと略すことが多いな。

▼写真11 ウラゴマダラシジミ(ノートリミング、2017年6月20日、栃木県)
d0303129_20281399.jpg


ウラゴマダラシジミを撮っているとヘムレンさんがトラフシジミ夏型を見つけて呼んでくれた(写真12)。
トラフシジミ夏型はかなり久し振りなので結構嬉しい。

▼写真12 トラフシジミ 夏型(2017年6月20日、栃木県)
d0303129_20282292.jpg


クロミちゃんは撮れたけれどお目当てのひとつであるウラミちゃんはまた今後の宿題となってしまった。できればセットで撮りたかったかな(笑)。

撮影機材:※印以外はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

by mikiosu | 2017-06-21 23:59 | | Comments(6)