カテゴリ:蝶( 638 )

シルビアシジミとツマグロキチョウ(2017年9月30日)

9月下旬の北関東遠征はマダラヤンマもさることながら、シルビアシジミとツマグロキチョウがお目当て。
現地について最初に撮れたのは…ヤマトシジミだった(写真1)。
わざわざここでヤマトシジミを撮らなくてもいいのだけれど(笑)。

▼写真1 ヤマトシジミ♂(2017年9月26日、北関東)
d0303129_133173.jpg

※写真1はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

シルビアシジミは個体数が少なくてやや苦労した。
一度だけ食草のミヤコグサにきてくれたのにあまり良い写真は撮れなかった(写真2)。
はっきりしないがこれは♂っぽくみえた。

▼写真2 シルビアシジミ♂(2017年9月26日、北関東)
d0303129_1332718.jpg

※写真2はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

粘ると♀らしき個体も複数見られた。
写真3〜5は多分同一個体。
どこにとまっても草被りしたり影ができてしまったりして撮りにくい蝶である(苦笑)。

▼写真3 シルビアシジミ♀ その1a(2017年9月26日、北関東)
d0303129_1333493.jpg

▼写真4 シルビアシジミ♀ その1b(2017年9月26日、北関東)
d0303129_1334426.jpg


写真5は飛び立ったところ。
表翅の青の面積が♂にしては小さく♀にしては大きい。低温期型の♀なのかもしれない。

▼写真5 シルビアシジミ♀ その1c 飛び立ち(2017年9月26日、北関東)
d0303129_1335218.jpg


広場の外れにあるクズにはウラナミシジミがたくさんきていた。

▼写真6 ウラナミシジミ(2017年9月26日、北関東)
d0303129_1335814.jpg


交尾シーンも見られた(写真7)。

▼写真7 ウラナミシジミの交尾シーン その1a(2017年9月26日、北関東)
d0303129_134980.jpg


もうひとつのお目当てであるツマグロキチョウもここで撮れた(写真8〜10)。
全部秋型ばかり。まあ秋型でないとキタキチョウと区別しにくいので秋型が撮れればいいんじゃないかな(笑)。

▼写真8 ツマグロキチョウ秋型 その1a(2017年9月26日、北関東)
d0303129_134153.jpg

▼写真9 ツマグロキチョウ秋型 その1b(2017年9月26日、北関東)
d0303129_1342590.jpg

▼写真10 ツマグロキチョウ秋型 その2(2017年9月26日、北関東)
d0303129_1343453.jpg


ツマグロ…といえば今年はツマグロヒョウモンをろくに撮っていない。ちょっと綺麗な♀がいたので撮っておく(写真11)。

▼写真11 ツマグロヒョウモン♀ 半開翅(2017年9月26日、北関東)
d0303129_1344245.jpg


ヒメアカタテハは盛んに産卵行動をしていた(写真12)。

▼写真12 ヒメアカタテハ♀ 産卵行動(ノートリミング、2017年9月26日、北関東)
d0303129_1344936.jpg


卵も見つけた(写真13)。

▼写真13 ヒメアカタテハの卵(2017年9月26日、北関東)
d0303129_1345878.jpg

※写真13はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro

マダラヤンマを見に行った先ではコムラサキ♀の産卵行動も見られたけれど、遠くて卵は確認できない。
写真14は葉上で開翅しているところ。
とまっているのは多分カワヤナギと思う。

▼写真14 コムラサキ♀ 開翅(2017年9月26日、北関東)
d0303129_135887.jpg


同行、というか連れて行ってくださったヘムレンさんのおかげで今年もシルビアシジミとツマグロキチョウを見ることができた。マダラヤンマも撮れてこの日は満願成就。ありがとうございました♬

撮影機材:※印以外はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

by mikiosu | 2017-09-30 23:59 | | Comments(4)

彼岸花と黒系アゲハ・モンキアゲハ編(2017年9月23日)

彼岸花と黒系アゲハの最後はモンキアゲハだ。
モンキアゲハは今年まだ撮っていなかったので、東京郊外の彼岸花のポイントで是非とも撮りたかった。
モンキアゲハはなかなか綺麗な個体がきてくれた。11時19分から33分まで約14分、良いモデルになってくれた♪

余計なことは考えずに撮った順番に並べてみる(写真1〜14)。
写真1は最初のカット。
表翅が半分だけ見える。前翅の亜外縁に淡黄色の帯があるのは♀らしい。

▼写真1 モンキアゲハ♀ その1a 半開翅(2017年9月19日、東京都)
d0303129_365726.jpg


光が当たると中室の中の白いラインが浮き出る(写真2)。

▼写真2 モンキアゲハ♀ その1b(2017年9月19日、東京都)
d0303129_37582.jpg


写真3〜5は同じ位置から撮ったもの。
写真3だけ拡大してある。表翅の黄色い鱗粉がしっかり見える。腹端を見ても♀と分かる。
写真5は飛び立ったところ。

▼写真3 モンキアゲハ♀ その1c 半開翅(2017年9月19日、東京都)
d0303129_371435.jpg

▼写真4 モンキアゲハ♀ その1d(ノートリミング、2017年9月19日、東京都)
d0303129_372269.jpg

▼写真5 モンキアゲハ♀ その1e 飛び立ち(ノートリミング、2017年9月19日、東京都)
d0303129_3729100.jpg


写真6はほぼ真横から撮れた。

▼写真6 モンキアゲハ♀ その1f(2017年9月19日、東京都)
d0303129_373757.jpg


写真7は飛んできて彼岸花に取り付いたところ。

▼写真7 モンキアゲハ♀ その1g 羽ばたき(ノートリミング、2017年9月19日、東京都)
d0303129_374636.jpg


写真8、9はほぼ真横からのカット。
写真8はノートリミングで、写真9は拡大したもの。

▼写真8 モンキアゲハ♀ その1h(ノートリミング、2017年9月19日、東京都)
d0303129_375367.jpg


少し見える表翅の黄色い鱗粉が金色に見える(写真9)。
モンキアゲハ♀の表翅がこんな色だったと初めて気がついた。

▼写真9 モンキアゲハ♀ その1i(2017年9月19日、東京都)
d0303129_3872.jpg


写真10、11は同じ花の脇と上にとまったもの。

▼写真10 モンキアゲハ♀ その1j 半開翅(2017年9月19日、東京都)
d0303129_381731.jpg

▼写真11 モンキアゲハ♀ その1k(2017年9月19日、東京都)
d0303129_382650.jpg


写真12は日陰の彼岸花にとまったところ。

▼写真12 モンキアゲハ♀ その1l(2017年9月19日、東京都)
d0303129_383595.jpg


写真12はまた日向にきたところ。
私もしつこい(笑)。

▼写真13 モンキアゲハ♀ その1m(ノートリミング、2017年9月19日、東京都)
d0303129_38424.jpg


最後は飛び立ったところ(写真14)。
もうちょっと広角気味に彼岸花を入れて撮りたかった。

▼写真14 モンキアゲハ♀ その1n 飛び立ち(ノートリミング、2017年9月19日、東京都)
d0303129_385354.jpg


綺麗なモンキアゲハ♀が撮れて満足して、昼には少し転戦した。
15時前に同じ場所を通りかかるとモンキアゲハ♂がきていた(写真15)。

▼写真15 モンキアゲハ♂ その1a(ノートリミング、2017年9月19日、東京都)
d0303129_385912.jpg


少し傷んでいたけれど、カラスアゲハ♂とのツーショットも(写真16)。

▼写真16 モンキアゲハ♂ その1b(ノートリミング、2017年9月19日、東京都)
d0303129_39878.jpg


ナガサキアゲハもきていたようだが、すぐ近くに網を振っているおじさんがいたので粘らずに引き上げた。
それにしても赤い彼岸花に来る黒系アゲハを網に入れるなんて罰当たりではないか。
…彼岸花にくるアゲハチョウ類は先祖の霊である、などという民間伝承はないかもしれない。しかし、何となく彼岸花にくる蝶を捕まえるのは不謹慎な気がして仕方がない。そうではあるまいか。
なんだか片付かないような思いがして、綺麗なモンキアゲハ♀が撮れた心地よさが半減してしまった…。

撮影機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

by mikiosu | 2017-09-23 23:59 | | Comments(4)

彼岸花と黒系アゲハ・クロアゲハ編(2017年9月22日)

彼岸花と黒系アゲハ第三弾はクロアゲハ。
…カラスアゲハ、ナガサキアゲハときてクロアゲハとなるとさすがに地味な印象は拭えないかな(笑)。

写真1、2は隣町の公園で撮ったクロアゲハ。

▼写真1 クロアゲハ♂ その1a(ノートリミング、2017年9月18日、東京都)
d0303129_15642.jpg

▼写真2 クロアゲハ♂ その1b(2017年9月18日、東京都)
d0303129_1561497.jpg


写真3〜7は翌日東京郊外で撮ったクロアゲハ。
白い性標が見えないと♂か♀か意外に難しい。
クロアゲハにしては尾状突起が長く見える。それは尾状突起の付け根付近が傷んでいて、切れ目が入っていたからだった。

▼写真3 クロアゲハ♂ その2a(2017年9月19日、東京都)
d0303129_1562213.jpg

▼写真4 クロアゲハ♂ その2b 飛翔中(ノートリミング、2017年9月19日、東京都)
d0303129_1563126.jpg

▼写真5 クロアゲハ♂ その2c 飛翔中(2017年9月19日、東京都)
d0303129_1563973.jpg


写真6、7は別個体。
この個体はまずまず綺麗だった。尾端がこれだけとんがっていたら♂でいいのだろうか。

▼写真6 クロアゲハ♂ その3a(2017年9月19日、東京都)
d0303129_1564884.jpg

▼写真7 クロアゲハ♂ その3b(2017年9月19日、東京都)
d0303129_1565617.jpg


最後におまけ。
この日は蝶を撮る前に猫が撮れた。久し振りにニャンコ写真が撮れて嬉しい(笑)。(モンキアゲハ編につづく)

◎今日のニャンコ ♪(2017年9月19日、東京都)
d0303129_157348.jpg

撮影機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

by mikiosu | 2017-09-22 23:59 | | Comments(2)

彼岸花と黒系アゲハ・ナガサキアゲハ編(2017年9月21日)

赤い彼岸花には大きなナガサキアゲハがよく似合う気がする(私見)。
できれば♀を撮りたい…。

写真1は飛翔中のナガサキアゲハ。
はっきりしないが多分♀。そう言えば今年はまだナガサキアゲハを撮っていなかった。この日が今年初撮りだ。

▼写真1 ナガサキアゲハ♀ その1 飛翔中(ノートリミング、2017年9月14日、埼玉県)
d0303129_1119921.jpg


ナガサキアゲハ♀は近くにもきてくれたけれど、ちょっと傷んでいた(写真2、3)。

▼写真2 ナガサキアゲハ♀ その2a(ノートリミング、2017年9月14日、埼玉県)
d0303129_11191637.jpg

▼写真3 ナガサキアゲハ♀ その2b(ノートリミング、2017年9月14日、埼玉県)
d0303129_11192445.jpg


撤収間際に道路脇の白い彼岸花には♂がきてくれた(写真4、5)。

▼写真4 ナガサキアゲハ♂ その1a 開翅(ノートリミング、2017年9月14日、埼玉県)
d0303129_11193331.jpg

▼写真5 ナガサキアゲハ♂ その1b 飛翔中(ノートリミング、2017年9月14日、埼玉県)
d0303129_11194218.jpg


ナガサキアゲハは隣町の公園でも♂が数匹見られた(写真6〜8)。

▼写真6 ナガサキアゲハ♂ その2(ノートリミング、2017年9月18日、東京都)
d0303129_11195125.jpg

▼写真7 ナガサキアゲハ♂ その3(ノートリミング、2017年9月18日、東京都)
d0303129_11195811.jpg

▼写真8 ナガサキアゲハ♂ その4(ノートリミング、2017年9月18日、東京都)
d0303129_1120519.jpg


できれば新鮮な♀を撮りたかったけれど、なかなかうまくいかない。(クロアゲハ編につづく)

撮影機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

by mikiosu | 2017-09-21 23:59 | | Comments(4)

彼岸花と黒系アゲハ・カラスアゲハ編(2017年9月20日)

9月も中旬になると彼岸花の季節。今季は彼岸花に来る黒系アゲハを撮ろうと気合いが入っていた。
ヘムレンさんにお願いして埼玉県の彼岸花ポイントに連れて行ってもらう。
まだちょっと早かったかな(写真1)(笑)。
この写真では三分咲きといったところか。場所によっては咲きそろっていたところもあったけれど。

▼写真1 彼岸花(ノートリミング、2017年9月14日、埼玉県)
d0303129_10392861.jpg

※写真1はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

蝶の姿は思いのほか少なかった。
写真2はカラスアゲハ♂。
この日は他にナガサキアゲハが少し撮れただけ。ナガサキアゲハは次回に。

▼写真2 カラスアゲハ♂ その1(ノートリミング、2017年9月14日、埼玉県)
d0303129_10393936.jpg

※写真2はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

写真3は地元に帰ってきて見かけたカラスアゲハ。
かなり傷んでいたけれど、目の前の公園で撮れたのは嬉しいかな。

▼写真3 カラスアゲハ♂ その2(ノートリミング、2017年9月14日、東京都)
d0303129_10395087.jpg

※写真3はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

隣町の公園に彼岸花のポイントがあるのを思いだして四日後に自転車を駆使して行ってみた。
拙宅から距離にして9.8キロ、自転車で40分かかった。…そんなことはどうでもいいか。
彼岸花はちょうどいい感じに咲いていてカラスアゲハが早速きてくれた(写真4)。

▼写真4 カラスアゲハ♂ その3 半開翅(2017年9月18日、東京都)
d0303129_10395794.jpg

※写真4はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

写真5は別個体。
日陰になると彼岸花の色合いが違って見える。

▼写真5 カラスアゲハ♂ その4 半開翅(ノートリミング、2017年9月18日、東京都)
d0303129_1040776.jpg

※写真5はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

写真6はその翌日東京郊外で撮ったもの。
カラスアゲハはどこでも傷んだ個体が多かった。

▼写真6 カラスアゲハ♂ その5(ノートリミング、2017年9月19日、東京都)
d0303129_10401967.jpg

※写真6はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

写真7は別個体。
比較的痛みの少ない個体だったがなかなか良い角度で撮れない。

▼写真7 カラスアゲハ♂ その6 開翅(2017年9月19日、東京都)
d0303129_104026100.jpg

※写真7はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

写真8〜12は飛翔シーン。
すべて隣町の公園で撮った同一個体。
写真8はピンボケになってしまったけれど、花の赤、背景の緑、蝶の青が綺麗だったので載せてみた。

▼写真8 カラスアゲハ♂ その7a 飛翔中(ノートリミング、2017年9月18日、東京都)
d0303129_10403726.jpg


しつこく狙って飛び立ちや飛翔シーンをたくさん撮った(写真9〜12)。

▼写真9 カラスアゲハ♂ その7b 飛翔中(ノートリミング、2017年9月18日、東京都)
d0303129_10404419.jpg

▼写真10 カラスアゲハ♂ その7c 飛翔中(ノートリミング、2017年9月18日、東京都)
d0303129_1040513.jpg

▼写真11 カラスアゲハ♂ その7d 飛翔中(ノートリミング、2017年9月18日、東京都)
d0303129_10405988.jpg

▼写真12 カラスアゲハ♂ その7e 飛翔中(ノートリミング、2017年9月18日、東京都)
d0303129_1041551.jpg

※写真8〜12はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

この個体は今季撮れた中では一番綺麗なカラスアゲハだった。何とか綺麗に撮りたいと粘ったが、静止シーンはろくな写真がなかった(苦笑)。(ナガサキアゲハ編につづく)

by mikiosu | 2017-09-20 23:59 | | Comments(2)

モンキチョウの求愛シーン(2017年9月16日)

8月下旬にオミナエシの花にくるオオセイボウを撮ったおり、モンキチョウの求愛シーンを見かけて撮っていた。うっかり忘れていたので載せておく。いちいちキャプションを付けるのも面倒なので省略。

念のために言っておくけれど、この写真では黄色い方が♂、白っぽい方が♀である。モンキチョウの♂は黄色、♀は黄色いタイプと白いタイプがある。

▼写真1〜16 モンキチョウの求愛シーン(ノートリミング、2017年8月26日、東京都)
d0303129_10215466.jpg

d0303129_1022238.jpg

d0303129_10221015.jpg

d0303129_10221774.jpg

d0303129_10222564.jpg

d0303129_10223270.jpg

d0303129_10224162.jpg

d0303129_10224869.jpg

d0303129_10225615.jpg

d0303129_1023523.jpg

d0303129_10231170.jpg

d0303129_10232119.jpg

d0303129_10232824.jpg

d0303129_10233750.jpg

d0303129_1023449.jpg

d0303129_1023514.jpg


途中では交尾拒否しているようにも見えたが、やがて一緒に飛んでいったので、どこかで首尾良く交尾できただろうか…。

撮影機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

by mikiosu | 2017-09-16 23:59 | | Comments(2)

高原のタテハチョウたち・その3 エルタテハ&シータテハほか(2017年9月11日)

高原遠征の最後はキベリタテハ…じゃなかった(笑)。
白樺の幹にとまっていたのは…エルタテハだった(写真1)。

▼写真1 エルタテハ その1a 開翅(ノートリミング、2017年9月5日、長野県)
d0303129_25830.jpg


ちょっと拡大(写真2)。
キベリタテハとは…似てないな。

▼写真2 エルタテハ その1b 開翅(2017年9月5日、長野県)
d0303129_251632.jpg

※写真1、2はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

シータテハは複数見られた。
写真3、4はマツムシソウで吸蜜する個体。

▼写真3 シータテハ その1a 開翅(ノートリミング、2017年9月5日、長野県)
d0303129_252890.jpg

▼写真4 シータテハ その1b 開翅(2017年9月5日、長野県)
d0303129_253618.jpg

※写真3、4はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

ヒメキマダラヒカゲもマツムシソウで吸蜜(写真5、6)。
ヒメキマダラヒカゲはサラシナショウマにもきていた。サトキマダラヒカゲやヤマキマダラヒカゲと違って花にもくるし、開翅もしてくれるらしい。

▼写真5 ヒメキマダラヒカゲ その1a 開翅(ノートリミング、2017年9月5日、長野県)
d0303129_254527.jpg

▼写真6 ヒメキマダラヒカゲ その1b 開翅(2017年9月5日、長野県)
d0303129_255451.jpg

※写真5、6はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14


以下はタテハチョウ以外の蝶。…結局今回もキベリタテハにはフラれてしまった。どうも縁が薄いようである。一応キベリタテハには出会ったことがあることになっている。しかし、私が見たキベリタテハはこんな個体である。いつになったらちゃんとしたキベリタテハに出会えるのであらうか…(遠い目)。

写真7〜9はスジボソヤマキチョウ。
アザミの花に何匹かきていた。

▼写真7 スジボソヤマキチョウ その1a(ノートリミング、2017年9月5日、長野県)
d0303129_26481.jpg

▼写真8 スジボソヤマキチョウ その1b(ノートリミング、2017年9月5日、長野県)
d0303129_26128.jpg


ヒラタアブとのツーショットも(写真9)。
→スジボソヤマキチョウあらためヤマキチョウ。ヤマキチョウは初撮りになるのだが…。

▼写真9 スジボソヤマキチョウ その2→ヤマキチョウ(2017年9月5日、長野県)
d0303129_261923.jpg

※写真7〜9はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

写真10は白斑は消失しているがチャバネセセリのようであった。
チャバネセセリは今季初撮り。

▼写真10 チャバネセセリ(2017年9月5日、山梨県)
d0303129_262997.jpg

※写真10はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

チャバネセセリは高原遠征の帰りに撮ったもの。東京郊外でもこれからたくさん見られるだろう。

(注;ダンダラ様のご指摘により写真9の個体を見直したところ、ヤマキチョウのようであった。本文および写真のキャプションを訂正する。2017年9月16日。)

by mikiosu | 2017-09-11 23:59 | | Comments(9)

高原のタテハチョウたち・その2 クジャクチョウ&アサギマダラ(2017年9月10日)

思い起こせば昨年はなかなかクジャクチョウに出会えず、9月1日にここの高原にきてようやく出会えたのだった。今年はすでにあちこちで撮っているクジャクチョウだが、見かけるとやはり撮りたくなってしまうのだった。

写真1〜5はクジャクチョウ。
…全部マツムシソウ絡みばかりじゃないか(苦笑)。

▼写真1 クジャクチョウ その1 開翅(2017年9月5日、長野県)
d0303129_3251941.jpg

※写真1はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

▼写真2 クジャクチョウ その2a 開翅(2017年9月5日、長野県)
d0303129_3252943.jpg

▼写真3 クジャクチョウ その2b 開翅(2017年9月5日、長野県)
d0303129_3253848.jpg


飛翔シーンにもチャレンジしてみた(写真4、5)。

▼写真4 クジャクチョウ その3a 飛翔中(2017年9月5日、長野県)
d0303129_3254714.jpg

▼写真5 クジャクチョウ その3b 飛翔中(2017年9月5日、長野県)
d0303129_3255311.jpg


写真6〜10はアサギマダラ。
今年はクジャクチョウとアサギマダラをセットで見かける日が多かった気がする。

▼写真6 アサギマダラ♂ その1(2017年9月5日、長野県)
d0303129_326386.jpg


ヨツバヒヨドリにくる姿はすっかりおなじみだ(写真7、8)。
広角側(写真7)と望遠側(写真8)で撮っておく。

▼写真7 アサギマダラ♂ その2a(ノートリミング、2017年9月5日、長野県)
d0303129_3261211.jpg

▼写真8 アサギマダラ♂ その2b(ノートリミング、2017年9月5日、長野県)
d0303129_3262130.jpg


サラシナショウマにくるアサギマダラを撮りたくて粘ってみるが、なかなか良い角度で撮れない(写真9)。

▼写真9 アサギマダラ♀ その1 開翅(ノートリミング、2017年9月5日、長野県)
d0303129_3263054.jpg


いい感じでとまったかと思うと顔が隠れたりして(写真10)。

▼写真10 アサギマダラ♀ その2(ノートリミング、2017年9月5日、長野県)
d0303129_3264114.jpg


今年は晩夏の高原でアサギマダラも結構見かけた。東京郊外にも南に渡る前にたくさん寄ってくれるだろうか。(つづく)

撮影機材:※印以外はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

by mikiosu | 2017-09-10 23:59 | | Comments(2)

高原のタテハチョウたち・その1 ヒョウモンチョウ類(2017年9月9日)

昨年は9月1日に行った長野県の高原に今年は9月5日に行ってみた。4日違いだけれど、どうも季節の進み方はちょっと違うようで、今年はもう秋の様相が濃かった気がする。

写真1〜3はギンボシヒョウモン。
特に探したわけではないのでどうか分からないが、目についたのは♀ばかりだった。さすがに新鮮個体はいなかったようだ。
写真1はアザミに、写真2はマツムシソウに、写真3はアザミにきていた個体。

▼写真1 ギンボシヒョウモン♀ その1 開翅(ノートリミング、2017年9月5日、長野県)
d0303129_2422893.jpg

※写真1はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

▼写真2 ギンボシヒョウモン♀ その2 開翅(ノートリミング、2017年9月5日、長野県)
d0303129_2423733.jpg

※写真2はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

▼写真3 ギンボシヒョウモン♀ その3 開翅(ノートリミング、2017年9月5日、長野県)
d0303129_242467.jpg

※写真3はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

写真4、5はウラギンヒョウモン。
裏翅が見えないとギンボシヒョウモンとの区別が難しいが、写真4はウラギンヒョウモン♀、写真5はウラギンヒョウモン♂のようであった。
写真4の左側を飛んでいるのはミドリヒョウモン♀。

▼写真4 ウラギンヒョウモン♀(中央) 開翅(ノートリミング、2017年9月5日、長野県)
d0303129_2425634.jpg

※写真4はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

▼写真5 ウラギンヒョウモン♂ 開翅(ノートリミング、2017年9月5日、長野県)
d0303129_243385.jpg

※写真5はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

写真6、7はこの日多かったミドリヒョウモン♀。
光の当たり方は異なるけれど、写真7はまだ新鮮そうに見えた。

▼写真6 ミドリヒョウモン♀ その1 開翅(ノートリミング、2017年9月5日、長野県)
d0303129_2431125.jpg

※写真6はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

▼写真7 ミドリヒョウモン♀ その2 開翅(ノートリミング、2017年9月5日、長野県)
d0303129_2432178.jpg

※写真7はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

写真8〜10はアザミにとまるミドリヒョウモン♀に♂が2匹絡んできたところ。

▼写真8 ミドリヒョウモンの求愛シーン その1a(ノートリミング、2017年9月5日、長野県)
d0303129_2432991.jpg

▼写真9 ミドリヒョウモンの求愛シーン その1b(ノートリミング、2017年9月5日、長野県)
d0303129_243357.jpg


ちょっとだけ拡大してみる(写真10)。
♀に求愛する♂たちはかなり真剣な表情に見えるのであった。

▼写真10 ミドリヒョウモンの求愛シーン その1c(2017年9月5日、長野県)
d0303129_2434516.jpg

※写真8〜10はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

この日はまっすぐ飛ぶミドリヒョウモン♀の周りを衛星のように絡んで飛ぶ♂の姿も再三見られた。そんな写真も撮れれば良かったが残念ながら果たせず。(つづく)

by mikiosu | 2017-09-09 23:59 | | Comments(0)

ミヤマシジミの交尾シーン(2017年9月8日)

好天予報の9月5日は長野県の高原にヘムレンさん&おはるさんと遠征した。高原ではヒョウモンチョウ類やタテハチョウ類が多かった。たくさん撮りすぎて整理が覚束ない(苦笑)。帰りに立ち寄った場所で見つけたミヤマシジミを先に載せておく。

ミヤマシジミがいるはずとのことであったが、なかなか見つからず、諦めかけたところに♂と♀が絡んで飛んできた。
慌ててシャッターを切るものの飛翔シーンは写っていなかった…。
写真1は葉上にとまったところ。
ヤマトシジミなどでもおなじみの求愛シーンだ。左前が♀、右後ろが♂。

▼写真1 ミヤマシジミの求愛シーン その1a(ノートリミング、2017年9月5日、山梨県)
d0303129_14202221.jpg

▼写真2 ミヤマシジミの求愛シーン その1b(ノートリミング、2017年9月5日、山梨県)
d0303129_14203375.jpg

▼写真3 ミヤマシジミの求愛シーン その1c(ノートリミング、2017年9月5日、山梨県)
d0303129_14204197.jpg

※写真1〜3はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

やがて交尾が成立した(写真4)。

▼写真4 ミヤマシジミの交尾シーン その1a(2017年9月5日、山梨県)
d0303129_14205027.jpg

※写真4はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

少し立ち位置を調整して(写真5、6)。

▼写真5 ミヤマシジミの交尾シーン その1b(2017年9月5日、山梨県)
d0303129_1421012.jpg

▼写真6 ミヤマシジミの交尾シーン その1c(ノートリミング、2017年9月5日、山梨県)
d0303129_1421884.jpg

※写真5、6はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

収まりの良い位置になった(写真7、8)。
右上が♀、左下が♂。

▼写真7 ミヤマシジミの交尾シーン その1d(ノートリミング、2017年9月5日、山梨県)
d0303129_14211560.jpg

※写真7はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

▼写真8 ミヤマシジミの交尾シーン その1e(ノートリミング、2017年9月5日、山梨県)
d0303129_14212464.jpg

※写真8はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

ワイド端でも撮ってみる(写真9)。

▼写真9 ミヤマシジミの交尾シーン その1f(ノートリミング、2017年9月5日、山梨県)
d0303129_14213418.jpg

※写真9はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

写真10はフィッシュアイレンズで撮ったもの。
フィッシュアイレンズでは周辺の余計なものまで入ってしまうことがある。いや、余計なものと言っては失礼だった(笑)。

▼写真10 ミヤマシジミの交尾シーン その1g(ノートリミング、2017年9月5日、山梨県)
d0303129_14214269.jpg

※写真10はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO

数分後に見てみるとカップルは離れていた。
写真11は♂、写真12は♀。
交尾成立から20分後には離れていたので、交尾時間は10〜15分くらいだったと思われる。

▼写真11 ミヤマシジミ♂ 半開翅(2017年9月5日、山梨県)
d0303129_14215148.jpg

▼写真12 ミヤマシジミ♀ 開翅(2017年9月5日、山梨県)
d0303129_14215827.jpg

※写真11、12はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

新鮮個体とはいかなかったけれど、求愛&交尾シーンが撮れて良かった。
次回は同じ日に撮った高原の蝶たちを取り上げたい。

by mikiosu | 2017-09-08 23:59 | | Comments(4)