カテゴリ:蝶( 598 )

ジャコウアゲハ&ジャノメチョウ(2013年7月2日)

6月30日にオオムラサキを撮りに行った埼玉県の公園では、ジャコウアゲハ♀の姿が見られた。
ジャコウアゲハは都内でもそう珍しい蝶ではないと思うが、どうも私には縁が薄く、のんびりとまっているところをあまり撮ったことがない。
この個体は産卵場所を探してウロウロしているようだったので、しばらく追いかけてみた(写真1〜3)。

▼写真1 ジャコウアゲハ♀ その1a 飛翔中(2013年6月30日、埼玉県)
d0303129_22563897.jpg

▼写真2 ジャコウアゲハ♀ その1b 飛翔中(2013年6月30日、埼玉県)
d0303129_22564862.jpg

▼写真3 ジャコウアゲハ♀ その1c 開翅(ノートリミング、2013年6月30日、埼玉県)
d0303129_22565699.jpg


やがてウマノスズクサらしき葉で産卵行動が見られた(写真4、5)。少し斜面に入ったところなので卵は確認できなかった。

▼写真4 ジャコウアゲハ♀ その1d 産卵行動(ノートリミング、2013年6月30日、埼玉県)
d0303129_2257641.jpg

▼写真5 ジャコウアゲハ♀ その1e 産卵行動(2013年6月30日、埼玉県)
d0303129_22571776.jpg


この日は公園内のケヤキの木で蛹の殻も見ている(写真6)。
ジャコウアゲハの蛹はお菊虫とも呼ばれる。怪談『皿屋敷』のお菊にちなんだ名前だ。

▼写真6 ジャコウアゲハ 蛹の殻(2013年6月30日、埼玉県)
d0303129_2257116.jpg


この公園入口のウマノスズクサには幼虫の姿もいくつか見られた(写真7、8)。いずれも終齢幼虫のようだが、写真8は写真7の個体よりもひと回り大きかった。

▼写真7 ジャコウアゲハ 終齢幼虫 その1(2013年6月30日、埼玉県)
d0303129_22574290.jpg

▼写真8 ジャコウアゲハ 終齢幼虫 その2(2013年6月30日、埼玉県)
d0303129_22575275.jpg


ついでなのでジャコウアゲハの卵も紹介しておこう。
写真9、10は昨年(2012年)7月に東京郊外の丘陵方面で撮影したジャコウアゲハ♀の産卵と、その卵。
産卵したジャコウアゲハ♀が飛び去った後にウマノスズクサの葉を裏返して撮ってみた。

▼写真9 ジャコウアゲハ♀ 産卵中(ノートリミング、2012年7月25日、東京郊外)
d0303129_2258375.jpg

▼写真10 ジャコウアゲハ 卵(2012年7月25日、東京郊外)
d0303129_22581281.jpg

※写真9、10はニコンD90 &AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

写真11、12は7月1日に東京郊外の公園入口で見かけたジャノメチョウ。昨年夏(2012年)もこの公園でジャノメチョウを見ている。
一昨年の夏(2011年)に信州方面へ旅行に行った時には、宿泊した高原ホテルの周辺にこれでもかというほどジャノメチョウがいてびっくりしたが、都内でジャノメチョウが見られる場所は限られていると思う。
私の乏しい経験では、この公園と立川の昭和記念公園でしか見たことがない。

▼写真11 ジャノメチョウ その1(2013年7月1日、東京郊外)
d0303129_22583687.jpg

▼写真12 ジャノメチョウ&アカツメクサ その2(ノートリミング、2013年7月1日、東京郊外)
d0303129_22584896.jpg


撮影時には気が付かなかったが、写真12の個体はかなり痛んでいた。
ジャノメチョウはごちゃごちゃした薮の中にも平気で入って行くので、痛みやすいのではなかろうか。
ジャノメチョウの上の方に蜘蛛みたいのが写っているが、何かは分からなかった。

撮影機材:※印以外はニコンD7000 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

by mikiosu | 2013-07-02 23:02 | | Comments(0)

オオムラサキ今季初撮り(2013年6月30日)

埼玉県某所でオオムラサキの放蝶会があると聞いて、朝早く出かけた、つもりだった。
目当ての公園には9時50分頃到着。放蝶会は10時からのはずだが、思ったより人影が少ない。
ちょうどインフォメーションセンターの人が出てきたので、
「今日の放蝶会は…」
と聞くと、
「ああ、○○町であるらしいですね」
…ナヌ〜ッ!
どうやら場所を間違えたようだ。○○町は隣の駅だった、テヘッ。
そんな訳で、まだ撮ったことのないオオムラサキ♀の開翅写真をはじめ、♂も♀も撮りまくるつもりで出かけた私は、自業自得とは言え、いきなり出鼻をくじかれてしまった日曜の朝10時であった。
ネットで場所を検索しているうちに、放蝶会の場所とこの公園を取り違えてしまったのだろうか。
ま、まあいい。この公園にもオオムラサキはいるはずなので、気を取り直して、今日はここで探蝶にいそしむことにする。
…1分でオオムラサキを見つけた。エノキの枝にとまるオオムラサキ♀の前にカメラマン氏が二人ほど待機していた。
葉上にとまったままじっとしていて、翅を開く気配はなかった。
失礼して自分も2〜3枚ほど裏翅を撮らせてもらう(写真1)。

▼写真1 オオムラサキ♀ その1a(ノートリミング、2013年6月30日、埼玉県)
d0303129_083834.jpg


あっという間に1匹見つけたので、公園内をのんびり散策してみることにする。
しかし、その後が続かなかった。まだ早いのだろうか。
公園内を一周して最初の地点付近に戻ってみると、地面を這うオオムラサキ♂の姿。どうも羽化不全のようだ(写真2)。この個体は二日ほど前から見られたらしい。
公園の方が樹液の出るコナラ(多分)の根元に置いてやる。

▼写真2 オオムラサキ♂ その1a(2013年6月30日、埼玉県)
d0303129_083843.jpg


それから1時間ほどして戻ってみると、葉上にその個体はいた(写真3)。
しばらく見ていると意を決したように木の幹を這い上がって行く(写真4)。
しかし、樹液の出る場所にたどり着く前に落ちてしまった。力尽きて落ちたのか、飛ぼうとして落ちたのかは分からなかった。

▼写真3 オオムラサキ♂ その1b(ノートリミング、2013年6月30日、埼玉県)
d0303129_075555.jpg

▼写真4 オオムラサキ♂ その1c(2013年6月30日、埼玉県)
d0303129_092123.jpg


落ちたオオムラサキ♂を葉上に戻そうと手のひらに乗せると、口吻を伸ばした(写真5、6)。

▼写真5 オオムラサキ♂ その1d(ノートリミング、2013年6月30日、埼玉県)
d0303129_084233.jpg

▼写真6 オオムラサキ♂ その1e(ノートリミング、2013年6月30日、埼玉県)
d0303129_0922100.jpg


この後持参したスポーツドリンクを少し手のひらにたらすと、美味しそうに飲み干した。少しは元気になってくれると良いが…。

オオムラサキを見に来た家族連れがきたので葉上に戻し、もう一度公園をひと回りして戻ってみる。
今度は公園の方が同じスポーツドリンクをあげると、また飲み干していた。
葉上にもスポーツドリンクをたらすと、しばらく口吻を伸ばしていた(写真7)。

▼写真7 オオムラサキ♂ その1f(2013年6月30日、埼玉県)
d0303129_083460.jpg


この日は結局♂と♀、各1個体しか見られなかった。
園内のエノキの枝には何箇所かネットが被せられていて、オオムラサキの蛹の他、まだ幼虫の個体もあるとのことだ。本格的なシーズンはまだこれからなのかもしれない。

公園手前の道路の敷石にはオオムラサキ♂の姿もあった(写真8、9)。

▼写真8 オオムラサキ♂ タイル その1(ノートリミング、2013年6月30日、埼玉県)
d0303129_094449.jpg

▼写真9 オオムラサキ♂ タイル その2(ノートリミング、2013年6月30日、埼玉県)
d0303129_085574.jpg


♀のタイルも探したが見当たらなかった。
この日見られた他の蝶は、また後日取り上げたい。

撮影機材:ニコンD7000 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

by mikiosu | 2013-06-30 23:44 | | Comments(2)

ゼフィルスの残り香(2013年6月29日)

当ブログでは6月12日にゼフィルス類は撮り納めか? などと書いたりしたが、どっこいまだ頑張っているのだった。
オオムラサキ&ヒョウモンチョウ類狙いで出かけた6月28日の丘陵では、意外なほどたくさんのゼフィルスが見られた。
もちろんこの時期なので擦れてはいるのだが…。
写真1、2はウラナミアカシジミ。
この日はウラナミアカシジミをかなり見かけた。7〜8匹くらいは見ただろうか。
蝶には首というものはないが、この個体は首を曲げてこちらを見ているように見えた(写真2)。

▼写真1 ウラナミアカシジミ その1(2013年6月28日、東京郊外)
d0303129_19412465.jpg

▼写真2 ウラナミアカシジミ その2(2013年6月28日、東京郊外)
d0303129_19412266.jpg


写真3、4はアカシジミ。これは同一個体だ。

▼写真3 アカシジミ その1a(ノートリミング、2013年6月28日、東京郊外)
d0303129_19414528.jpg

▼写真4 アカシジミ その1b(2013年6月28日、東京郊外)
d0303129_1941424.jpg


この日の嬉しい出会いはオオミドリシジミ♀(写真5〜12)。
さほど蝶との出会いを期待していない尾根道を歩いている時に、葉上にとまっている姿を見つけた。
最初、葉上で開翅している姿を見たときは擦れたウラギンシジミ♀かと思った(写真5)。
次に、後翅裏の橙色の紋が見えた時には擦れたウラナミシジミかと考え(写真6)、その後にやっとオオミドリシジミの♀だと分かった。
何しろオオミドリシジミ♀の開翅は初めてなので、擦れていても嬉しい。

▼写真5 オオミドリシジミ♀ その1a 開翅(2013年6月28日、東京郊外)
d0303129_1942769.jpg

▼写真6 オオミドリシジミ♀ その1b 半開翅(2013年6月28日、東京郊外)
d0303129_1942981.jpg

▼写真7 オオミドリシジミ♀ その1c 半開翅(2013年6月28日、東京郊外)
d0303129_1943831.jpg


この個体は数メートルの範囲の葉上を行ったり来たりしていた。
ここで何をしていたのだろうか。
あちこち歩いて昆虫の写真を撮っていると、この子は私に撮ってもらうために出てきたのではないかと思うことはないだろうか。
実際はそんなことはないのだろうが、私はメルヘンが好きなので、そんなことを考えたりする。

▼写真8 オオミドリシジミ♀ その1d(ノートリミング、2013年6月28日、東京郊外)
d0303129_19424296.jpg

▼写真9 オオミドリシジミ♀ その1e 開翅(2013年6月28日、東京郊外)
d0303129_19425446.jpg


オオミドリシジミの複眼にはミドリシジミのように微毛が生えているのか、陽が当たると青白く反射しているように見えた(写真10)。
同じ場所ながら、微妙に角度の違う写真では陽が当たっておらず、複眼は黒く見えた(写真11)。

▼写真10 オオミドリシジミ♀ その1f(2013年6月28日、東京郊外)
d0303129_19434468.jpg

▼写真11 オオミドリシジミ♀ その1g(2013年6月28日、東京郊外)
d0303129_19435238.jpg

▼写真12 オオミドリシジミ♀ その1h(2013年6月28日、東京郊外)
d0303129_19432654.jpg


思いがけずオオミドリシジミ♀の開翅写真が撮れたので、丘陵の尾根道を意気揚々と歩く。
現金なもので、収穫のあった時の私は、まるでヘルメスのサンダルを履いているかのように、足取りが軽い。
そんな気分は半日くらい続き、軽い足取りは30分くらいしか続かないが…。

撮影機材:ニコンD7000 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

by mikiosu | 2013-06-29 20:00 | | Comments(2)

メスグロヒョウモン出た(2013年6月28日)

6月25日には丘陵方面へオオムラサキ&ヒョウモンチョウ類を目当てに出かけてみた。
11時過ぎに公園到着。11時半に雨が降り始め、12時には本降りになってしまった。
雨の降りはじめにヒヨドリバナにきていたアサギマダラ♂だけは撮れたが(写真1〜3)、あとは公園の管理事務所で2時間近く雨宿りして、諦めて撤収した。

▼写真1 アサギマダラ♂(ノートリミング、2013年6月25日、東京郊外)
d0303129_22432925.jpg

▼写真2 アサギマダラ♂(ノートリミング、2013年6月25日、東京郊外)
d0303129_22441259.jpg

▼写真3 アサギマダラ♂(ノートリミング、2013年6月25日、東京郊外)
d0303129_22434833.jpg


一緒に雨宿りしていたご婦人が、午前中に撮ったと言うオオムラサキ♂&メスグロヒョウモン♀の写真を見せてくれた…。

好天の6月28日、リベンジとばかり同じ丘陵方面へ行ってみる。
25日にアサギマダラ♂がきていた同じヒヨドリバナにメスグロヒョウモン♂がきていた(写真4)。

▼写真4 メスグロヒョウモン♂&ヒヨドリバナ(ノートリミング、2013年6月28日、東京郊外)
d0303129_22434714.jpg


オオムラサキがいそうなポイントにはこの日もオオムラサキの姿はなかった。
リベンジならず!
それでも何とかメスグロヒョウモン♀は見つけることができた。
♂の姿が多く、♀は1匹しか見られなかった。
オオウラギンスジヒョウモン♂もいたような気がしたが、撮った写真をチェックするとメスグロヒョウモン♂しか撮れていなかった(写真5〜7)。

▼写真5 メスグロヒョウモン♂&オカトラノオ その1a(2013年6月28日、東京郊外)
d0303129_22441298.jpg

▼写真6 メスグロヒョウモン♂&オカトラノオ その1b(2013年6月28日、東京郊外)
d0303129_22442223.jpg

▼写真7 メスグロヒョウモン♂&オカトラノオ その2(2013年6月28日、東京郊外)
d0303129_22442325.jpg


メスグロヒョウモンはやはり♀が美しい。
写真8〜12はすべて同一個体。公園内の湿地付近に咲くオカトラノオの花をあちこち訪ねて吸蜜していた。

▼写真8 メスグロヒョウモン♀&オカトラノオ その1a(2013年6月28日、東京郊外)
d0303129_2244466.jpg

▼写真9 メスグロヒョウモン♀&オカトラノオ その1b(2013年6月28日、東京郊外)
d0303129_22445696.jpg

▼写真10 メスグロヒョウモン♀&オカトラノオ その1c(ノートリミング、2013年6月28日、東京郊外)
d0303129_22451317.jpg

▼写真11 メスグロヒョウモン♀&オカトラノオ その1d 開翅(2013年6月28日、東京郊外)
d0303129_22452327.jpg

▼写真12 メスグロヒョウモン♀&オカトラノオ その1e 開翅(2013年6月28日、東京郊外)
d0303129_22451535.jpg


この日見ることができなかったオオムラサキは、昨年もあまり数多く見ることがなかった。今年は少し観察場所を工夫しないといけないだろうか。

撮影機材:ニコンD7000 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

by mikiosu | 2013-06-28 22:49 | | Comments(2)

里山のランデブー(2013年6月23日)

フランス映画の名匠、エリック・ロメール監督の作品に『パリのランデブー』(1995年)という映画があった。名匠の作品と言ってもフランス映画だ。ハリウッド映画と違って佳品と呼ぶのが相応しい、いい映画だった。
今日はその作品名をちょっともじってみた。
梅雨の晴れ間の6月17日、東京郊外の里山に出かけると、モンキチョウがあちこちに見られた。
どちらかというとモンキチョウよりミドリヒョウモンやオオウラギンスジヒョウモンあたりを見たいのだが、それはわがままと言うもの。
この日は何箇所かでモンキチョウのランデブー飛行が見られたので、積極的に狙ってみた(写真1〜4)。

▼写真1 モンキチョウのランデブー飛行 その1a(ノートリミング、2013年6月17日、東京郊外)
d0303129_17233593.jpg

▼写真2 モンキチョウのランデブー飛行 その1b(2013年6月17日、東京郊外)
d0303129_17234547.jpg

▼写真3 モンキチョウのランデブー飛行 その1c(ノートリミング、2013年6月17日、東京郊外)
d0303129_1724054.jpg

▼写真4 モンキチョウのランデブー飛行 その1d(2013年6月17日、東京郊外)
d0303129_17241396.jpg


見ていると、2匹のモンキチョウは何だかとても楽しそうだった。
しばらくすると♂(推定)がもう一匹乱入してきた(写真5〜7)。

▼写真5 モンキチョウのランデブー飛行+♂ その1a(ノートリミング、2013年6月17日、東京郊外)
d0303129_17252964.jpg

▼写真6 モンキチョウのランデブー飛行+♂ その1b(2013年6月17日、東京郊外)
d0303129_17253156.jpg

▼写真7 モンキチョウのランデブー飛行+♂ その1c(ノートリミング、2013年6月17日、東京郊外)
d0303129_17254971.jpg


同じ個体かどうか分からなかったが、ヒメジョオンで吸蜜する♀に言い寄る♂もいた(写真8〜10)。

▼写真8 モンキチョウ♀に言い寄るモンキチョウ♂ その1a(ノートリミング、2013年6月17日、東京郊外)
d0303129_1725183.jpg

▼写真9 モンキチョウ♀に言い寄るモンキチョウ♂ その1b(2013年6月17日、東京郊外)
d0303129_172632.jpg

▼写真10 モンキチョウ♀に言い寄るモンキチョウ♂ その1c(2013年6月17日、東京郊外)
d0303129_1726534.jpg


この日はモンキチョウのランデブー飛行の写真を50枚くらい撮ったようだ。おかげで写真を選ぶのが大変だった(苦笑)。

写真11、12は公園手前のヒメジョオンにきていたベニシジミのアベック(死語?)。
これが♂と♀かどうかははっきりと分からないが…。

▼写真11 ベニシジミのアベック その1a(ノートリミング、2013年6月17日、東京郊外)
d0303129_17253650.jpg

▼写真12 ベニシジミのアベック その1b(2013年6月17日、東京郊外)
d0303129_17254520.jpg


余談だがアベックもランデブーもフランス語だ。
アベック=avecの原義は英語で言えばcouple(カップル)ではなくwithに近い言葉。日本で言うアベックは和製フランス語なのかもしれない。試しに辞書を引くと、フランス語でも俗語として同伴するという意味はあるようだ。
ランデブー=rendez-vousは英語で言えばdate(デート)と言うよりappointmentといったところだろうか。

撮影機材:ニコンD7000 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

by mikiosu | 2013-06-23 17:26 | | Comments(6)

オオチャバネセセリ今季初撮り(2013年6月22日)

6月上旬は梅雨入りしたのになかなか雨が降らず、画像の整理ができないとぼやいていたが、その後は外出できない日が続いている。
6月17日は天気が良くなり、本来なら山の方に行ってミドリヒョウモンでも撮りたいところ。
しかし、最近ちょっと腰の具合が良くないので自重する。昨年(2012年)坐骨神経痛を患ってから、あまり無理はしないようにしている。
昨年診察してもらった医院の先生には、
「年をとるとね、いろいろ痛くなってくるんだよ」と言われた。
まったくもう、
「ワシを年寄り扱いするでない」(by 三代目火影)
と言いたくなったがやめておいた。
最近腰が痛いのはあちこち歩きすぎたせいかと思っていた。
どうもそうではなく、パソコンに向かい過ぎなのかもしれない。ブログの更新もいい加減にしないといけないな。

そんな訳で、山の方へ行くのは自重し、郊外の里山でお散歩することにした。
写真1、2は里山手前で見かけたモンシロチョウたち。
松葉菊は民家の庭先などでよく見かけるが、あまり蝶が来ているのを見たことがなかった(写真1)。
栗の花の定番と言えばゼフィルス類やテングチョウ。モンシロチョウも来るらしい(写真2)。
どちらも♀のように見えたが、確信が持てず、モンシロチョウとしておく。

▼写真1 モンシロチョウ&松葉菊(2013年6月17日、東京郊外)
d0303129_2253326.jpg

▼写真2 モンシロチョウ&栗の花(2013年6月17日、東京郊外)
d0303129_22534672.jpg


写真3、4は今年初見のオオチャバネセセリ。地面をチョロチョロしてすぐに飛び去ってしまった。
腹部の感じから♂としておいた。

▼写真3 オオチャバネセセリ♂ その1a(2013年6月17日、東京郊外)
d0303129_22544425.jpg

▼写真4 オオチャバネセセリ♂ その1b(2013年6月17日、東京郊外)
d0303129_2255268.jpg


写真5はキマダラセセリ。
写真6はヒメキマダラセセリ。
ここでは両方見られるようだ。

▼写真5 キマダラセセリ(2013年6月17日、東京郊外)
d0303129_22544310.jpg

▼写真6 ヒメキマダラセセリ♂&ドクダミ(2013年6月17日、東京郊外)
d0303129_22552696.jpg


写真7、8はヒメウラナミジャノメ。
被写体ブレの写真も、全部ダメという訳ではないかもしれない。

▼写真7 ヒメウラナミジャノメ&ヒメジョオン(2013年6月17日、東京郊外)
d0303129_22553980.jpg

▼写真8 ヒメウラナミジャノメ 開翅(2013年6月17日、東京郊外)
d0303129_22551614.jpg


写真9は今年初見のミスジチョウ。
残念ながら既にかなり痛んでいた。

▼写真9 ミスジチョウ(2013年6月17日、東京郊外)
d0303129_22553669.jpg


写真10はキアゲハ夏型。どうやら新鮮な♀のようだ。
少しの間葉上でじっとしていたので、鱗粉が綺麗に写っていた(写真11)。

▼写真10 キアゲハ♀ 夏型(ノートリミング、2013年6月17日、東京郊外)
d0303129_22555199.jpg

▼写真11 キアゲハ♀ 夏型 後翅(2013年6月17日、東京郊外)
d0303129_22563350.jpg


この日はベニシジミ、ツバメシジミ、ウラギンシジミ、モンキチョウなども見られた。これらの蝶はまた後日取り上げたい。

撮影機材:ニコンD7000 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

by mikiosu | 2013-06-22 00:01 | | Comments(0)

6月のシジミチョウたち−−ウラギンシジミほか(2013年6月17日)

6月に入るとゼフィルス狙いで三日おきに神奈川県まで遠征していた。
ゼフィルス類の撮影はそれなりに収穫があったが、その際に撮った他のシジミチョウたちも紹介したい。

写真1、2はウラギンシジミ。
ウラギンシジミ♀の全開写真は久し振り。何しろ昨年は♀の写真すら撮れなかった。♂は一昨年から何十匹も見かけたというのに(ただし、今年はまだ少ない)。
やや擦れてはいたが、公園手前の紫陽花の葉にとまってしばらくポーズを取ってくれた(写真1)。
写真2は公園内でひと休みしている時に、ベンチに置いたザックに来ていた♂。

▼写真1 ウラギンシジミ♀ 開翅(2013年6月6日、神奈川県)
d0303129_22163210.jpg

▼写真2 ウラギンシジミ♂(ノートリミング、2013年6月9日、神奈川県)
d0303129_2216484.jpg


写真3、4はツバメシジミ♀(同一個体)。ミドリシジミのポイントである池の奥の草むらにきていた。この日ミドリシジミはさっぱりだったので、代わりにサービスしてくれたのかもしれない。

▼写真3 ツバメシジミ♀ その1a(2013年6月9日、神奈川県)
d0303129_221729.jpg

▼写真4 ツバメシジミ♀ その1b 開翅(ノートリミング、2013年6月9日、神奈川県)
d0303129_2217045.jpg


写真5〜7はルリシジミ。
写真5は♀。このあと産卵行動が見られた。
写真6は♂。吸水する場所を探していたのか、しばらく地面のあちこちを探っていたようだ。
写真7は誰かがヤマグワの実を地面で潰したらしく、その痕にルリシジミがたくさんきていた。

▼写真5 ルリシジミ♀ 開翅(ノートリミング、2013年6月9日、神奈川県)
d0303129_22172558.jpg

▼写真6 ルリシジミ♂(2013年6月3日、神奈川県)
d0303129_22174270.jpg

▼写真7 ルリシジミ吸汁集団(ノートリミング、2013年6月9日、神奈川県)
d0303129_22175444.jpg


写真8、9はベニシジミ。
ベニシジミはどこでも見られる超普通種とはいえ、なかなか侮りがたいものがある。

▼写真8 ベニシジミ開翅&ヒメジョオン(ノートリミング、2013年6月6日、神奈川県)
d0303129_2218164.jpg

▼写真9 ベニシジミ(ノートリミング、2013年6月9日、神奈川県)
d0303129_22181670.jpg


写真8のベニシジミが来ている花はハルジオンかヒメジョオンか迷ったが、ヒメジョオンとしておく。
6月に入るとどちらの花も見られるのでややこしい。撮った時にはハルジオンだと思っていたのであまりよく観察しなかった。蕾が垂れているのはハルジオンの特徴だが、花びらの感じと葉のつき方がヒメジョオンのように思われた。

撮影機材:ニコンD7000 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

by mikiosu | 2013-06-17 00:01 | | Comments(2)

6月のセセリチョウたち−−キマダラセセリほか(2013年6月16日)

早春の3月末にミヤマセセリ、4月末にギンイチモンジセセリ、ミヤマチャバネセセリを撮った後、セセリチョウ関係はひと休みしていた。
5月下旬になってようやくイチモンジセセリ、コチャバネセセリが出てきたが、今年はまだあまり何匹も見ていない。
都内ではイチモンジセセリは夏〜秋に個体数が増えるイメージがあるが、コチャバネセセリはどうしたのか、昨年に比べると見かける機会がかなり少ない気がする。
写真1は東京郊外の丘陵の先にある湿地で見かけたイチモンジセセリ。この場所は埼玉県になる。
一昨年にマクロレンズで蝶を撮るようになって、一番イメージが変わったのはセセリチョウたちではなかろうか。
特にイチモンジセセリは、茶色くて地味な蝶だとばかり思っていたのが、接写してみるとお目目パッチリの可愛らしい子だ。

▼写真1 イチモンジセセリ(2013年6月1日、埼玉県)
d0303129_22321999.jpg


写真2は同じ日に東京側で見かけたヒメキマダラセセリ♂。
都内では、キマダラセセリは都区内&近郊で見られ、ヒメキマダラセセリはより郊外、やや山地性と棲み分けているような感じがする。
このヒメキマダラセセリ♂は葉上で吸い戻しをしていたようだ。

▼写真2 ヒメキマダラセセリ♂(2013年6月1日、東京郊外)
d0303129_22325335.jpg


写真3〜6は、キマダラセセリ。
キマダラセセリは都区内の公園でも見られる蝶だ。
写真3はそろそろ出ているのではないかと思って出かけた主フィールドで首尾よく見かけた。
写真4、5は同一個体。ゼフィルス狙いで出かけた神奈川県の公園で撮影。
写真6はトンボ狙いで出かけた都区内の公園で撮影した。

▼写真3 キマダラセセリ その1(2013年6月7日、東京近郊)
d0303129_22324964.jpg

▼写真4 キマダラセセリ その2a(ノートリミング、2013年6月9日、神奈川県)
d0303129_2233147.jpg

▼写真5 キマダラセセリ その2b(2013年6月9日、神奈川県)
d0303129_2233841.jpg

▼写真6 キマダラセセリ その3(2013年6月10日、東京都区内)
d0303129_22333825.jpg


写真7〜10はダイミョウセセリ。
花にきているところを狙ってみた。

▼写真7 ダイミョウセセリ&ムラサキカタバミ その1a(2013年6月3日、神奈川県)
d0303129_22333360.jpg

▼写真8 ダイミョウセセリ&ムラサキカタバミ その1b(2013年6月3日、神奈川県)
d0303129_22334157.jpg

▼写真9 ダイミョウセセリ&紫陽花 その1a(2013年6月6日、神奈川県)
d0303129_22335243.jpg

▼写真10 ダイミョウセセリ&紫陽花 その1b(ノートリミング、2013年6月6日、神奈川県)
d0303129_22342443.jpg


ムラサキカタバミはピンクが綺麗で好きな花だが、花期が長いのであまり季節感はない。
その点、紫陽花はこの季節ならではの花だ。
紫陽花はアジサイと書くより、やはり紫陽花がしっくりくる。
花に来るダイミョウセセリももう少し新鮮だと良かった。

撮影機材:ニコンD7000 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

by mikiosu | 2013-06-16 00:01 | | Comments(2)

ゼフィルスの三種の神器−−ミズイロオナガシジミほか(2013年6月13日)

平地性ゼフィルス6種のうち、近隣の公園で見られるのはアカシジミ、ウラナミアカシジミ、ミズイロオナガシジミの3種で、私はこれを三種の神器と個人的に呼んでいる。
ミドリシジミもほんのプチ遠征先にいることはいるが、なかなか出会えない。
オオミドリシジミやウラゴマダラシジミに至っては、拙宅から1時間半〜2時間近くかかる場所まで遠征しないと出会えない。
そんな訳で、遠くのウラゴマダラシジミやミドリシジミも良いが、近隣で見られる三種の神器を大事にしないといけない。
もっとも、今日掲載する写真も遠征先で撮った蝶ばかりだ…(苦笑)。

写真1〜3はアカシジミ。
写真1は腹部がポッテリしていて♀っぽく見えた。
写真2、3は同一個体で、これも腹部がポッテリして見えた。

▼写真1 アカシジミ その1(2013年6月1日、埼玉県)
d0303129_20125242.jpg

▼写真2 アカシジミ その2a(2013年6月3日、神奈川県)
d0303129_2013415.jpg

▼写真3 アカシジミ その2b(2013年6月3日、神奈川県)
d0303129_20131640.jpg


写真4〜6はウラナミアカシジミ。
写真4、5は同一個体で、葉上をクルクル廻っていた。少し翅を開き加減で後ろを向いた時、表翅が少し見えた。前翅頂の黒斑から♀と思われる。
写真6も腹部がポッテリして見える。

▼写真4 ウラナミアカシジミ♀ その1a(2013年6月1日、東京郊外)
d0303129_20133353.jpg

▼写真5 ウラナミアカシジミ♀ その1b 半開翅(2013年6月1日、東京郊外)
d0303129_20134413.jpg

▼写真6 ウラナミアカシジミ その2(2013年6月5日、東京郊外)
d0303129_20135431.jpg


写真7〜11はミズイロオナガシジミ。
アカシジミ&ウラナミアカシジミももちろん良いのだが、ミズイロオナガシジミの清楚なたたずまいが私は結構好きだ。
写真7はちょうど触角が2本綺麗に並んでいた。

▼写真7 ミズイロオナガシジミ その1(2013年6月3日、神奈川県)
d0303129_2014895.jpg


写真8、9は草むらにいた個体を手に乗せてみたところ。
写真8は開翅しているように見えるが、右翅がやや外側に曲がっていた。
写真9は指先から手のひらを通り過ぎて肘まで上がってきたのを撮ったもの。

▼写真8 ミズイロオナガシジミ その2a(2013年6月3日、神奈川県)
d0303129_20142517.jpg

▼写真9 ミズイロオナガシジミ その2b(2013年6月3日、神奈川県)
d0303129_20143440.jpg


写真10、11は同一個体。
公園内の斜面の手前にある笹の葉上にとまったので、背景が綺麗に抜けた。

▼写真10 ミズイロオナガシジミ その3a(2013年6月4日、東京郊外)
d0303129_20144420.jpg

▼写真11 ミズイロオナガシジミ その3b(2013年6月4日、東京郊外)
d0303129_20145512.jpg


シジミチョウ類の中でも、このミズイロオナガシジミとゴイシシジミを見ていると特にそう思うのだが、白く細い脚を踏ん張っているような立ち姿がとても可愛らしい。

撮影機材:ニコンD7000 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

by mikiosu | 2013-06-13 00:01 | | Comments(2)

今年のゼフィルス撮り納め?(2013年6月12日)

5月22日、31日、6月3日、6日と行った神奈川県の公園に、9日にまた行ってしまった。
6月3日の早朝にミドリシジミがたくさん見られたようなので、9日は朝4時半頃に自宅を出て、公園には6時半頃到着。やはり2時間くらいかかる。
日曜日ということもあってか、朝早いというのにミドリシジミのポイントには既に数人のカメラマン氏が来ていた。
さあ、今日は撮り放題になっているだろうか。
…びっくりした。
ミドリシジミはまったくいなかった。
天気も良く、撮影日和と思っていたのが、まったくあてが外れてしまった。
それでも時間が早いのであちこち歩き回り、昼までには何とか数個体の写真は撮れた(写真1〜3)。
開翅してくれなかったので確信はないが、写真1、2が♀と思われ、写真3だけが♂だった。

▼写真1 ミドリシジミ♀ その1(ノートリミング、2013年6月9日、神奈川県)
d0303129_0372281.jpg

▼写真2 ミドリシジミ♀ その2(2013年6月9日、神奈川県)
d0303129_037332.jpg

▼写真3 ミドリシジミ♂(ノートリミング、2013年6月9日、神奈川県)
d0303129_0383750.jpg


何しろ朝早くから歩き回っているので昼には疲れて撤収した。
午後からのんびり出かけた6日はともかく、3日にはあんなにたくさん見られたミドリシジミが、朝からほとんど見られないとは…。
帰りに寄った写真展会場で地元の方と少し話をすると、前日は蝶の出が良かったらしい。
まったく生き物相手の商売は難しい(いや、商売じゃないから)。
今年はもうミドリシジミを撮ることもないだろうか…。

天気が微妙な情勢になってきた6月10日は遠征せず、のんびり近場の公園に行ってコフキトンボなどを撮っていた。
そういえばこの公園でもミドリシジミが見られるはずだとハンノキをチェックして歩くと、思いがけず見つけた(写真4、5)。
思いがけず、というのは、昨年も何度も探したがまったく見られなかったからだ。

▼写真4 ミドリシジミ♀(2013年6月10日、都区内の公園)
d0303129_0381152.jpg

▼写真5 ミドリシジミ♀&ヒメジャノメ(2013年6月10日、都区内の公園)
d0303129_0385985.jpg


昨年は都内でミドリシジミが見られそうな公園に何度も出かけたが、いずれも空振りに終わり、結局神奈川県まで脚をのばして撮影したのだった。
昨年の記録を調べてみると、6月中旬までに都内の公園2箇所に計4度行って、見ることができなかった。
2012年6月13日には二箇所を廻っている。その翌日の2012年6月14日に、ミドリシジミがよく見られると評判の神奈川県の公園に行ってみて、プロフィール画像に使用している開翅写真が撮れたのだった。
そんな訳で、今年は最初から都内で撮るのは半ば諦め、神奈川県まで撮りに行っていたのだ。
都内でミドリシジミを撮ったのは2年振りになる。
久し振りに見てみると何だかパッとしない写真だが(苦笑)、一昨年の写真も掲載してみる(写真6、7)。
ミドリシジミを見たのはこれが初めてだったので、こんな写真でも撮れただけで嬉しかった。今思うとかなり距離があったようだ。
飛び立つ時にチラリと見えた表翅から♂のようだった。

▼写真6 一昨年撮影のミドリシジミ♂ その1a(2011年6月15日、東京近郊)
d0303129_0383671.jpg

▼写真7 一昨年撮影のミドリシジミ♂ その1b(2011年6月15日、東京近郊)
d0303129_038481.jpg

※写真6、7はニコンD90 & タムロンSP AF90mm f /2.8 Di MACRO


このミドリシジミの写真をしげしげ眺めて、シジミチョウ類は眼が可愛いと思ったのを覚えている。

さて、朝から何だか徒労に終わったような6月9日だが、今季やっと2個体目のウラゴマダラシジミに出会えた(写真8〜10)。

▼写真8 ウラゴマダラシジミ その1a(ノートリミング、2013年6月9日、神奈川県)
d0303129_0385835.jpg

▼写真9 ウラゴマダラシジミ その1b(2013年6月9日、神奈川県)
d0303129_0385325.jpg

▼写真10 ウラゴマダラシジミ その1c(2013年6月9日、神奈川県)
d0303129_0392046.jpg


擦れてはいても、これで開翅写真でも撮れれば朝早く行った甲斐もあったというもの。
私としては珍しくこの蝶の前で30分も粘ったが、残念ながら翅は開いてくれなかった。念のために持って行ったLEDライトも試してみたが(ライトを当てると翅を開くと言われている)、効果はなかったようだ。どうやら開翅写真のお楽しみは来年まで持ち越しということになりそうだ。

平地性ゼフィルスを追い求めるのもそろそろ終わりだろうか。
6月のゼフィルスの季節が終わると、何だかひと山越えてしまったような、一抹の寂しさを感じるが、今後はヒョウモンチョウ類とオオムラサキが待っている。
コムラサキも昨年は♀を1匹撮っただけなので、今年は♂の大開翅を是非とも撮りたいものだ。

撮影機材:※印以外はニコンD7000 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

by mikiosu | 2013-06-12 00:55 | | Comments(4)