<   2016年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

蝶の求愛&交尾シーン2015(2016年2月29日)

2015年を振り返るシリーズの最後は求愛&交尾シーン。昨年は求愛&交尾シーンが最初で、産卵→卵→幼虫→蛹としていた。その方が良かったんじゃないか(苦笑)。来年は元に戻そう。

写真1はモンキチョウの交尾シーン。
2月25日と言えばもう過ぎている。今年もそろそろ撮りに行かねば…。

▼写真1 モンキチョウの交尾(2015年2月25日、東京郊外)
d0303129_253338.jpg

※写真1はニコンD7100+MB−D15 & AF-S NIKKOR 70−200mm f/4G ED VR

写真2はスジグロシロチョウの求愛シーン。
しばらく見ていてもなかなか交尾に至ってくれない。

▼写真2 スジグロシロチョウの求愛(ノートリミング、2015年6月29日、東京郊外)
d0303129_2541977.jpg

※写真2はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

写真3はモンシロチョウの交尾シーン。
主フィールドのキツネノマゴで撮った。

▼写真3 モンシロチョウの交尾(ノートリミング、2015年8月22日、東京近郊)
d0303129_2542920.jpg

※写真3はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

写真4はウスバシロチョウの交尾シーン。
林道で求愛飛翔を眺めていると急降下して茂みの中で交尾していた。
今年は産卵&卵を見てみたい。

▼写真4 ウスバシロチョウの交尾(2015年5月1日、東京郊外)
d0303129_2544552.jpg

※写真4はニコンD7100+MB−D15 & AF-S NIKKOR 70−200mm f/4G ED VR

写真5はアゲハの求愛飛翔。
今年は産卵シーンを撮りたい。

▼写真5 アゲハの求愛飛翔(2015年9月19日、東京郊外)
d0303129_2545532.jpg

※写真5はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 70−200mm f/4G ED VR

写真6はヒメウラナミジャノメの絡んでいるところ。
しばらく眺めていたけれど、どうも交尾には至っていないようだった。

▼写真6 ヒメウラナミジャノメの求愛(2015年5月2日、東京郊外)
d0303129_255661.jpg

※写真6はニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

写真7はホシミスジの交尾シーン。
主フィールドの外れの花壇で見つけた。

▼写真7 ホシミスジの交尾(ノートリミング、2015年5月20日、東京近郊)
d0303129_2551691.jpg

※写真7はニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

写真8はツマグロヒョウモンの求愛飛翔、写真9は交尾シーン。

▼写真8 ツマグロヒョウモンの求愛(ノートリミング、2015年10月14日、東京近郊)
d0303129_2552667.jpg

※写真8はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

ツマグロヒョウモンの交尾シーンは意外に撮る機会が少なく、これで2度目(写真9)。

▼写真9 ツマグロヒョウモンの交尾(2015年11月1日、東京近郊)
d0303129_255357.jpg

※写真9はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

写真10はイチモンジセセリの求愛シーン。
昨年は求愛シーンは散々見たのに、交尾シーンにはお目にかかれなかった。なかなか交尾してくれないようだ。

▼写真10 イチモンジセセリの求愛(2015年8月20日、東京近郊)
d0303129_2554843.jpg

※写真10はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

写真11はダイミョウセセリの交尾シーン。
確か雨上がりの日でコンパクトデジカメで苦労して撮った気がする。

▼写真11 ダイミョウセセリの交尾(ノートリミング、2015年8月21日、東京近郊)
d0303129_2555728.jpg

※写真11はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

写真12はツバメシジミの交尾シーン。
ツバメシジミの交尾シーンはよく見かけるが、幼虫はまだ見たことがない。今年の課題としたい。

▼写真12 ツバメシジミの交尾(2015年5月2日、東京近郊)
d0303129_256857.jpg

※写真12はニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

写真13はヤマトシジミの求愛シーン、写真14は交尾シーン。
いずれも主フィールドで撮ったもの。昨年は卵も幼虫も撮れた。あとは蛹が撮れればステージ制覇なのだが…。

▼写真13 ヤマトシジミの求愛(2015年9月12日、東京近郊)
d0303129_2562057.jpg

※写真13はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

▼写真14 ヤマトシジミの交尾(ノートリミング、2015年8月20日、東京近郊)
d0303129_2563187.jpg

※写真14はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

2015年の求愛&交尾シーンは合計12種類、交尾に限れば7種類であった。2014年の交尾シーンは7種類だったので、同数ということになった。
今年はもうちょっと撮りたいものだ。

by mikiosu | 2016-02-29 23:59 | 蝶の生態 | Comments(0)

蝶の産卵シーン2015(2016年2月28日)

今回は2015年に撮った蝶の産卵シーンだ。実際に産卵したかどうか不明の場合は産卵行動としておいた。

写真1はギフチョウの産卵シーン。
あまり良い条件ではなかったけれど、春先にギフチョウの産卵シーンも撮れると嬉しい。

▼写真1 ギフチョウの産卵シーン(2015年4月16日、神奈川県)
d0303129_203249.jpg

※写真1はニコンD7100+MB−D15 & AF-S NIKKOR 70−200mm f/4G ED VR

写真2はコツバメの産卵シーン。
山麓のドウダンツツジに産卵してくれた。

▼写真2 コツバメの産卵シーン(2015年4月16日、神奈川県)
d0303129_212744.jpg

※写真2はニコンD7100+MB−D15 & AF-S NIKKOR 70−200mm f/4G ED VR

写真3はスジグロシロチョウの産卵シーン。
林道脇で撮った。

▼写真3 スジグロシロチョウの産卵シーン(2015年4月22日、東京郊外)
d0303129_214142.jpg

※写真3はニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

写真4はツバメシジミの産卵シーン。
河川敷のシロツメクサで産卵してくれた。

▼写真4 ツバメシジミの産卵シーン(2015年4月26日、東京近郊)
d0303129_215170.jpg

※写真4はニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

写真5はテングチョウの産卵シーン。
郊外の線路脇で撮ったもの。

▼写真5 テングチョウの産卵シーン(2015年4月28日、東京郊外)
d0303129_224100.jpg

※写真5はニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

写真6はヒカゲチョウの産卵シーン。
郊外の河川敷で撮った。

▼写真6 ヒカゲチョウの産卵シーン(2015年5月14日、東京郊外)
d0303129_222145.jpg

※写真6はニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

写真7はオオルリシジミの産卵シーン。
オオルリシジミは思いのほかたくさん見られ、産卵シーンも撮れたのは嬉しい。

▼写真7 オオルリシジミの産卵シーン(2015年5月21日、長野県)
d0303129_223555.jpg

※写真7はニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

写真8はウラゴマダラシジミの産卵シーン。
午後遅くまで粘って、なかなか新鮮な♀の産卵シーンを見ることができた。

▼写真8 ウラゴマダラシジミの産卵シーン(2015年5月26日、東京郊外)
d0303129_224520.jpg

※写真8はニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

写真9はフジミドリシジミの産卵行動。
実際に産卵したかどうかは分からないので産卵行動としておく。今年もこんなシーンを見たいものだ。

▼写真9 フジミドリシジミの産卵行動(2015年6月5日、東京郊外)
d0303129_225591.jpg

※写真9はニコンD7100+MB−D15 & AF-S NIKKOR 70−200mm f/4G ED VR

写真10はアカシジミの産卵行動。
フジミドリシジミと同じ場所で撮ったもの。卵は確認できなかったので産卵行動としておく。

▼写真10 アカシジミの産卵行動(2015年6月5日、東京郊外)
d0303129_23630.jpg

※写真10はニコンD7100+MB−D15 & AF-S NIKKOR 70−200mm f/4G ED VR

写真11はアカボシゴマダラの産卵シーン。
後日幼虫も観察した。

▼写真11 アカボシゴマダラの産卵シーン(2015年7月25日、東京近郊)
d0303129_231853.jpg

※写真11はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

写真12はダイミョウセセリの産卵シーン。
昨年は2度ほど見かけた。これは山の中腹で撮ったもの。一見すると産卵シーンに見えない。

▼写真12 ダイミョウセセリの産卵シーン(2015年8月1日、東京郊外)
d0303129_233114.jpg

※写真12はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

写真13はムラサキシジミの産卵シーン。
主フィールドで撮ったもの。あまり良いシーンは撮れなかった…。

▼写真13 ムラサキシジミの産卵シーン(2015年8月3日、東京近郊)
d0303129_234071.jpg

※写真13はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

写真14はムラサキツバメの産卵シーン。
近所の公園で撮ったもの。ムラサキツバメは何度か撮影チャンスがあった。

▼写真14 ムラサキツバメの産卵シーン(2015年9月11日、東京都区内)
d0303129_24012.jpg

※写真14はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

写真15はホシミスジの産卵シーン。
2〜3年前から狙っていた産卵シーン&卵がようやく撮れた。

▼写真15 ホシミスジの産卵シーン(2015年9月12日、東京近郊)
d0303129_241766.jpg

※写真15はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

写真16はヒメアカタテハの産卵シーン。
秋に主フィールドで撮ったもの。この後卵も撮った。

▼写真16 ヒメアカタテハの産卵シーン(2015年9月14日、東京近郊)
d0303129_243289.jpg

※写真16はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

写真17はアオスジアゲハの産卵シーン。
吸蜜と同様、産卵シーンもなんだか忙しなかった。

▼写真17 アオスジアゲハの産卵シーン(2015年9月16日、東京近郊)
d0303129_244469.jpg

※写真17はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

2015年、産卵シーン(産卵行動を含む)は17種類撮れていた。2014年は18種類だったので、産卵シーンに関してはちょっと出会いが少なかったようだ。

(訂正:翌日、ツマグロヒョウモンの産卵行動を載せ忘れていたのに気がついた…。よって2015年の産卵シーン(産卵行動を含む)は2014年と同じ18種類だったことになる。2016年2月29日記。)

by mikiosu | 2016-02-28 23:59 | 蝶の生態 | Comments(0)

蝶の蛹2015(2016年2月27日)

今回は蝶の蛹。前蛹も少しだけある。

写真1はウラゴマダラシジミの蛹。
昨年は蛹も何個か見つけた。

▼写真1 ウラゴマダラシジミの蛹(2015年5月10日、東京郊外)
d0303129_5434389.jpg

※写真1はニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

写真2はヤマトシジミの前蛹。
これは主フィールドで「公園昆虫記」のおはるさんが見つけてくれた。翌日蛹を撮りに行ってみると、なんと見つからなかった(涙)。よって蛹はまだ見つけられていない。今年こそは蛹を見つけたい。

▼写真2 ヤマトシジミの前蛹(2015年8月11日、東京近郊)
d0303129_5435647.jpg

※写真2はSTYLUS TG-4 Tough

写真3はムラサキツバメの前蛹、写真4は翌日撮った蛹。
昨年は近所の公園でムラサキツバメの幼虫&前蛹&蛹をたくさん見つけることができた。

▼写真3 ムラサキツバメの前蛹(2015年8月18日、東京都区内)
d0303129_5441286.jpg

※写真3はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

▼写真4 ムラサキツバメの蛹(2015年8月19日、東京都区内)
d0303129_5442478.jpg

※写真4はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

写真5はスジグロシロチョウの蛹。
プチ遠征先の公園で見つけた。

▼写真5 スジグロシロチョウの蛹(2015年6月13日、東京近郊)
d0303129_5443673.jpg

※写真5はニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

写真6はキタキチョウの前蛹、写真7は蛹。
いずれも主フィールドの萩で見つけた。

▼写真6 キタキチョウの前蛹(2015年10月10日、東京近郊)
d0303129_546222.jpg

※写真6はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

▼写真7 キタキチョウの蛹(2015年10月10日、東京近郊)
d0303129_5461739.jpg

※写真7はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

写真8はカラスアゲハの蛹。
どうも寄生されていたようだ。

▼写真8 カラスアゲハの蛹(2015年8月25日、東京都区内)
d0303129_5462973.jpg

※写真8はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

写真9はクロアゲハの前蛹、写真10は蛹の抜け殻。
写真9は寄生されていたようで、翌日蛹を撮りに行ってみると前蛹のまま変色していた。
写真がブレているのは寄生とは関係ない(苦笑)。

▼写真9 クロアゲハの前蛹(2015年8月31日、東京都区内)
d0303129_5464233.jpg

※写真9はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

写真10は主フィールド外れの柵で見つけた蛹の殻。

▼写真10 クロアゲハの蛹殻(2015年10月5日、東京近郊)
d0303129_5465394.jpg

※写真10はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

写真11はアオスジアゲハの蛹。
蛹は過去にも見たことがあるが、昨年は数カ所で見つけることができた。

▼写真11 アオスジアゲハの蛹(2015年9月11日、東京都区内)
d0303129_547764.jpg

※写真11はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

写真12はナガサキアゲハの前蛹、写真13は蛹。
これは同じ個体で、近所の公園のカラタチで撮ったもの。
ここのカラタチには随分とお世話になった。春先にこの近くに引っ越すことになりそうなので、今年もアゲハ系の幼虫のほか卵や産卵シーンも撮れたらいいなと思っている。

▼写真12 ナガサキアゲハの前蛹(2015年9月11日、東京都区内)
d0303129_5472214.jpg

※写真12はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

▼写真13 ナガサキアゲハの蛹(2015年9月12日、東京都区内)
d0303129_5473583.jpg

※写真13はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

写真14はアゲハの蛹。
近所の公園にいく途中の民家の外壁で撮ったもの。ここの庭先には柑橘系植物が植えてあり、幼虫もいくつか見られた。

▼写真14 アゲハの蛹(2015年9月18日、東京都区内)
d0303129_5475273.jpg

※写真14はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

写真15はジャコウアゲハの蛹。
主フィールド外れの柵にたくさん見られた。

▼写真15 ジャコウアゲハの蛹(2015年9月28日、東京近郊)
d0303129_548415.jpg

※写真15はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

写真16はオナガアゲハの蛹。
東京郊外の林縁の橋の欄干で見つけた。

▼写真16 オナガアゲハの蛹(2015年10月12日、東京郊外)
d0303129_5481583.jpg

※写真16はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

写真17はヒカゲチョウの蛹。
これは石川会長に教えてもらったもの。

▼写真17 ヒカゲチョウの蛹(2015年5月19日、東京近郊)
d0303129_5482758.jpg

※写真17はニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

写真18はヒオドシチョウの前蛹、写真19は蛹。

▼写真18 ヒオドシチョウの前蛹(2015年5月13日、東京近郊)
d0303129_5484187.jpg

※写真18はニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

せっかくなので蛹は羽化するところを載せてみた(写真19)。
朝早く起きて見に行ってみた甲斐があった♬

▼写真19 ヒオドシチョウの蛹(2015年5月30日、東京近郊)
d0303129_5485325.jpg

※写真19はニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

写真20はテングチョウの蛹。
この日は丘陵方面の柵でたくさん見かけた。

▼写真20 テングチョウの蛹(2015年5月30日、東京郊外)
d0303129_549517.jpg

※写真20はニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

写真21はホシミスジの蛹。
昨年は主フィールドでも見られるようになったが、これはプチ遠征先で撮ったもの。

▼写真21 ホシミスジの蛹(2015年9月12日、東京近郊)
d0303129_5491732.jpg

※写真21はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

写真22はアカボシゴマダラの蛹。
毎年1個くらいは撮っておきたい。

▼写真22 アカボシゴマダラの蛹(2015年9月21日、東京都区内)
d0303129_5493074.jpg

※写真22はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

写真23はクロコノマチョウの蛹。
寄生されていて、反対側には穴が開いていた。写真がおざなりなのはそのせい、としておきたい(苦笑)。

▼写真23 クロコノマチョウの蛹(2015年10月7日、東京郊外)
d0303129_5494054.jpg

※写真23はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

写真24はルリタテハの蛹。
これは「あかねの独り言 パート2」のあかねさんと東京郊外にご一緒した時に教えていただいたもの。

▼写真24 ルリタテハの蛹(2015年10月15日、東京郊外)
d0303129_5495242.jpg

※写真24はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

写真25はアサギマダラの蛹。
写真24と同様にあかねさんに教えていただいたもの。羽化の瞬間にもうちょっとのところで立ち会えなかったのが残念だった。

▼写真25 アサギマダラの蛹(2015年10月27日、東京郊外)
d0303129_550366.jpg

※写真25はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

2015年に撮った蝶の前蛹は6種類、蛹は19種類。ヤマトシジミは前蛹だけだが、前蛹も蛹とすれば蛹は20種類撮れた、ということになろうか(細かいことを言うとクロアゲハは前蛹と蛹の抜け殻なのだけれど)。
いずれにしても2014年の14種類に比べるとかなり多かった。今年も頑張りたい。

by mikiosu | 2016-02-27 23:59 | 蝶の生態 | Comments(8)

蝶の幼虫2015(2016年2月25日)

卵に続いて昨年撮った蝶の幼虫を載せておく。

写真1はウラゴマダラシジミの幼虫。
ウラゴマダラシジミの幼虫は狙って撮りに行って首尾よく撮れた。なかなかに可愛らしい幼虫だったと思う。

▼写真1 ウラゴマダラシジミの幼虫(2015年4月9日、東京郊外)
d0303129_21571927.jpg

※写真1はニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

写真2はムラサキシジミの幼虫。
昨夏は主フィールドで産卵&卵&幼虫と観察することができた。あとは交尾シーンが撮れれば嬉しいところ。

▼写真2 ムラサキシジミの幼虫(2015年8月5日、東京近郊)
d0303129_2157477.jpg

※写真2はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

写真3はムラサキツバメの幼虫。
ムラサキツバメの産卵&卵&幼虫&蛹は近所の公園で見つけることができた。ムラサキシジミと同様に、あとは交尾シーンを撮りたいところ。もうすぐこの公園の近くに引っ越すことになりそうなので、観察する好機到来かも(笑)。

▼写真3 ムラサキツバメの幼虫(2015年8月13日、東京都区内)
d0303129_2158472.jpg

※写真3はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

写真4はヤマトシジミの幼虫。
ヤマトシジミの幼虫は昨年初めて見つけたのだが、一度見つかるとあっちでもこっちでも見つかった。これは近所のマンションの植込みで見つけたもの。今年は何とかして蛹を見つけたい。

▼写真4 ヤマトシジミの幼虫(2015年8月11日、東京近郊)
d0303129_21583169.jpg

※写真4はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

写真5はウラギンシジミの幼虫。
主フィールドのクズの花で見つけたが、昨年はこの1匹しか見つけられなかった。冬にたくさんの成虫越冬個体を見つけたことからすると、もっとたくさんの幼虫がどこかにいるはずだ。

▼写真5 ウラギンシジミの幼虫(2015年8月20日、東京近郊)
d0303129_21591677.jpg

※写真5はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

写真6はダイミョウセセリの幼虫。
ダイミョウセセリの幼虫は主フィールドでもよく見つかるので、今年は蛹を見つけたい。

▼写真6 ダイミョウセセリの幼虫(2015年7月20日、東京近郊)
d0303129_21593567.jpg

※写真6はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

写真7はイチモンジセセリの幼虫。
散策路脇でも結構見つかることが分かった。

▼写真7 イチモンジセセリの幼虫(2015年9月16日、東京近郊)
d0303129_21594715.jpg

※写真7はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

写真8はコチャバネセセリの幼虫。
これは東京郊外の公園で見つけた。

▼写真8 コチャバネセセリの幼虫(2015年9月30日、東京郊外)
d0303129_220247.jpg

※写真8はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

写真9はキタキチョウの幼虫。
最近は晩夏から秋に主フィールドの萩の花でよく見かける。

▼写真9 キタキチョウの幼虫(2015年8月14日、東京近郊)
d0303129_221692.jpg

※写真9はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

写真10はホシミスジの幼虫。
以前はプチ遠征先で観察していたが、昨年からは主フィールドでも見られるようになった。
右下にぶら下がっているのは幼虫の巣の名残のようだ。

▼写真10 ホシミスジの幼虫(2015年5月2日、東京近郊)
d0303129_2212072.jpg

※写真10はニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

写真11はコミスジの幼虫。
コミスジの幼虫は2014年にはたくさん見たのだが、2015年は半分も見られなかった。

▼写真11 コミスジの幼虫(2015年8月20日、東京近郊)
d0303129_2213360.jpg

※写真11はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

写真12はフタスジチョウの幼虫。
卵と同様、石川会長に連れて行ってもらった遠征先で見つけた。

▼写真12 フタスジチョウの幼虫(2015年7月12日、山梨県)
d0303129_2214932.jpg

※写真12はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

写真13はイチモンジチョウの幼虫。
東京郊外の林縁を歩いていて見つけた。これはちょっと嬉しい発見であった。

▼写真13 イチモンジチョウの幼虫(2015年4月24日、東京郊外)
d0303129_22225.jpg

※写真13はニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

写真14はルリタテハの幼虫。
中齢幼虫くらいだろう。

▼写真14 ルリタテハの幼虫(2015年5月22日、東京郊外)
d0303129_2221912.jpg

※写真14はニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

写真15はサカハチチョウの幼虫。
2015年は2匹ほど見つけた。今年は何としても卵を見つけたい。

▼写真15 サカハチチョウの幼虫(2015年9月5日、東京郊外)
d0303129_2231381.jpg

※写真15はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

写真16はアサギマダラの幼虫。
これは産まれて間もない一齢幼虫。

▼写真16 アサギマダラの幼虫(2015年10月29日、東京郊外)
d0303129_2232755.jpg

※写真16はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

写真17はアカボシゴマダラの幼虫。
これはかなり小さな若齢幼虫。

▼写真17 アカボシゴマダラの幼虫(2015年8月8日、東京近郊)
d0303129_2234053.jpg

※写真17はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

写真18はスミナガシの幼虫。
これも若齢幼虫。昨年は終齢幼虫には出会えなかった。

▼写真18 スミナガシの幼虫(2015年6月5日、東京郊外)
d0303129_2235339.jpg

※写真18はニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

写真19はクロコノマチョウの幼虫。
クロコノマチョウの幼虫は昨年初めて見たのだが、3つの公園で見かけた。

▼写真19 クロコノマチョウの幼虫(2015年6月5日、東京郊外)
d0303129_224618.jpg

※写真19はニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

写真20はウスバシロチョウの幼虫。
ウスバシロチョウはウスバアゲハともいい、アゲハチョウ科の仲間だ。よって幼虫は臭角を出すのだった。幼虫はとても敏感で、すぐに地面に落ちてしまう。

▼写真20 ウスバシロチョウの幼虫(2015年4月19日、東京郊外)
d0303129_2241885.jpg

※写真20はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

写真21はジャコウアゲハの幼虫。
一説によると幼虫の臭角はアリには効果があるが、それ以外にはあまり効かないらしい。

▼写真21 ジャコウアゲハの幼虫(2015年9月19日、東京郊外)
d0303129_2243177.jpg

※写真21はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

写真22はアオスジアゲハの幼虫。
ちょっと寄生されているっぽい個体。臭角を出しているのもそのせいではないかと推測している。
2015年は実にたくさんの幼虫を見た。今年はどうなるだろうか。

▼写真22 アオスジアゲハの幼虫(2015年10月6日、東京近郊)
d0303129_2244526.jpg

※写真22はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

写真23はクロアゲハの幼虫。
クロアゲハの幼虫の臭角は鮮やかな赤。突つくとすぐに盛大に出してくれる。

▼写真23 クロアゲハの幼虫(2015年8月25日、東京都区内)
d0303129_2245661.jpg

※写真23はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

写真24はアゲハの幼虫。
アゲハの幼虫の臭角は黄色。ちょっとしか出してくれない。

▼写真24 アゲハの幼虫(2015年8月27日、東京都区内)
d0303129_225947.jpg

※写真24はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

写真25はナガサキアゲハの幼虫。
ナガサキアゲハの幼虫の臭角はオレンジ色。クロアゲハほどではないが、割りと簡単に出してくれるようだ。

▼写真25 ナガサキアゲハの幼虫(2015年9月7日、東京都区内)
d0303129_225213.jpg

※写真25はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

写真26はカラスアゲハの幼虫。
カラスアゲハの幼虫は何度突ついても臭角を出してくれなかった。あまり突つきすぎるのも悪いので無理に出させなかった。今年もチャンスがあれば2〜3回くらいは突つきたい。

▼写真26 カラスアゲハの幼虫(2015年8月25日、東京都区内)
d0303129_2253339.jpg

※写真26はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

2015年に撮った蝶の幼虫は合計26種類であった。2014年は16種類だったので、10種類も多かったことになる。しかも、ヒオドシチョウ、ツマグロヒョウモン、ゴマダラチョウなどを撮っていない。頑張れば年間30種類くらいはなんとかなるのではないか。

(訂正:後日蛹の画像を探している時にゴマダラチョウの幼虫を撮っていたのに気づいた。2015年に撮った幼虫は27種類であった(汗)。2016年2月27日記。)

by mikiosu | 2016-02-25 22:00 | 蝶の生態 | Comments(2)

蝶の卵2015(2016年2月24日)

大して忙しくもないのにブログ更新をサボってしまった…。
ぼちぼちモンキチョウの新生蝶も出ているというのに、昨年の蝶の生態写真をまだ載せていない。こういうのは続けることに意味があると思うので、遅ればせながら2015年に撮った蝶の卵を載せておく。ちょっと画像点数が多いが悪しからずご了承いただきたい。

写真1はギフチョウの卵。
近年は卵や交尾シーンもできれば撮りたいと思うのであった。

▼写真1 ギフチョウの卵(2015年4月16日、神奈川県)
d0303129_14573777.jpg

※写真1はOLYMPUS STYLUS TG-2 Tough

写真2はコツバメの卵。
これはギフチョウを撮りに行った場所で運良く撮れた。山麓のドウダンツツジに産みつけられたもの。

▼写真2 コツバメの卵(2015年4月16日、神奈川県)
d0303129_14574959.jpg

※写真2はニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

写真3はスジグロシロチョウの卵。
東京郊外の林道脇で撮った。

▼写真3 スジグロシロチョウの卵(2015年4月22日、東京郊外)
d0303129_14575951.jpg

※写真3はニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

写真4はツバメシジミの卵。
これはギンイチモンジセセリを探しに初めて行ってみた河川敷のシロツメクサで見つけたもの。
卵が小さくて撮るのに苦労したっけ。

▼写真4 ツバメシジミの卵(2015年4年26日、東京近郊)
d0303129_14581173.jpg

※写真4はニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

写真5はテングチョウの卵。
うまく撮れなかった気がする。今季は撮り直したい。

▼写真5 テングチョウの卵(2015年4月28日、東京郊外)
d0303129_14582346.jpg

※写真5はニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

写真6、7はヒカゲチョウの卵。
写真6は5月に東京郊外の河川敷で、写真6は9月に主フィールドで撮ったもの。

▼写真6 ヒカゲチョウの卵 その1(2015年5月14日、東京郊外)
d0303129_1458384.jpg

※写真6はニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

▼写真7 ヒカゲチョウの卵 その2(2015年9月24日、東京近郊)
d0303129_14585029.jpg

※写真7はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

写真8はオオルリシジミの卵。
オオルリシジミ目当てで遠征した長野県の公園のクララで見つけた。

▼写真8 オオルリシジミの卵(2015年5月21日、長野県)
d0303129_14594100.jpg

※写真8はニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

写真9はウラゴマダラシジミの卵。
2015年に撮った卵の中で一番嬉しかったのがこれかもしれない。

▼写真9 ウラゴマダラシジミの卵(2015年5月26日、東京郊外)
d0303129_14591841.jpg

※写真9はニコンD7100+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

写真10、11はダイミョウセセリの卵。
写真10はプチ遠征先の公園で擦れたダイミョウセセリが産みつけたもの。卵に被せた毛もかなり少ない。

▼写真10 ダイミョウセセリの卵 その1(2015年6月6日、東京近郊)
d0303129_14593791.jpg

※写真10はニコンD7100+MB−D15 & AF-S NIKKOR 70−200mm f/4G ED VR&スピードライトSB-910

写真11は高尾山の中腹で撮ったもの。
こちらはたっぷりと毛が被せてある。

▼写真11 ダイミョウセセリの卵 その2(2015年8月1日、東京郊外)
d0303129_1523283.jpg

※写真11はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

写真12、13はヤマトシジミの卵。
写真12は6月に東京郊外で、写真13は8月に主フィールドで撮ったもの。写真13には幼虫の食痕も見られる。

▼写真12 ヤマトシジミの卵 その1(2015年6月29日、東京郊外)
d0303129_1525787.jpg

※写真12はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

▼写真13 ヤマトシジミの卵 その2(2015年8月11日、東京近郊)
d0303129_153774.jpg

※写真13はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

写真14はアカボシゴマダラの卵。
アカボシゴマダラの産卵&卵は主フィールドで毎年必ずと言っていいほど見られる。

▼写真14 アカボシゴマダラの卵(2015年7月25日、東京近郊)
d0303129_1532387.jpg

※写真14はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

写真15はムラサキシジミの卵。
2015年は主フィールドでムラサキシジミの産卵場所を見つけ、熱心に観察したものだった。

▼写真15 ムラサキシジミの卵(2015年8月3日、東京近郊)
d0303129_154446.jpg

※写真15はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

写真16はムラサキツバメの卵。
主フィールドでムラサキシジミを、近所の公園でムラサキツバメの産卵場所を見つけたのは大きな収穫であった。
私の観察では、ムラサキツバメの卵はムラサキシジミよりちょっとトゲトゲが目立たない印象であった。

▼写真16 ムラサキツバメの卵(2015年8月13日、東京都区内)
d0303129_1542039.jpg

※写真16は STYLUS TG-4 Tough

写真17はウラギンシジミの卵。
穴の開いた小さな卵はルリシジミの卵ではないかと思われるが、ルリシジミの方はカウントしていない。

▼写真17 ウラギンシジミの卵(中央左)(2015年8月6日、東京郊外)
d0303129_1543513.jpg

※写真17はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

写真18はフタスジチョウの卵。
これは石川会長に連れて行ったもらった山梨県の某宿の庭で撮ったもの。
ホザキシモツケに卵と若齢幼虫が見られた。

▼写真18 フタスジチョウの卵(上)(2015年7月12日、山梨県)
d0303129_1544698.jpg

※写真18はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

写真19はコミスジの卵。
主フィールドの萩系の葉っぱに産みつけられていた。

▼写真19 コミスジの卵(2015年8月5日、東京近郊)
d0303129_155056.jpg

※写真19はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

写真20はホシミスジの卵。
ホシミスジの卵は2年前から狙っていたのがようやく撮れた。とは言え小さくてあまり綺麗に撮れていない…。

▼写真20 ホシミスジの卵(2015年9月12日、東京近郊)
d0303129_1551312.jpg

※写真20はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

写真21はイチモンジセセリの卵。
主フィールドの広場で産卵するところを見つけて撮った。

▼写真21 イチモンジセセリの卵(2015年9月14日、東京近郊)
d0303129_1552465.jpg

※写真21はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

写真22はヒメアカタテハの卵。
イチモンジセセリの卵と同じ日、すぐ近くのオオバコと思われる葉っぱで産卵していたのを見つけた。

▼写真22 ヒメアカタテハの卵(2015年9月14日、東京近郊)
d0303129_1553649.jpg

※写真22はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

写真23はアオスジアゲハの卵。
2015年、アオスジアゲハは卵も幼虫もたくさん見つけた。

▼写真23 アオスジアゲハの卵(2015年9月16日、東京近郊)
d0303129_1554872.jpg

※写真23はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

写真24はアサギマダラの卵。
アサギマダラの幼虫はたくさん見ていたが、卵はようやく撮れた。秋にはそれなりに見られることが分かった。

▼写真24 アサギマダラの卵(2015年10月15日、東京郊外)
d0303129_156137.jpg

※写真24はニコンD7200+MB−D15 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED&スピードライトSB-910

2015年に撮った卵は21種類であった。奇しくも2014年と同数。そろそろチェックリストを作っておきたいところである。…確か1年前もそんなことを思っていたような気がする。
(掲載直前にチェックしてみるとキタキチョウの卵も撮っていた。従って2015年に撮った卵は22種類になる。キタキチョウの幼虫や蛹はたくさん撮っているのに卵はおざなりな写真が2枚くらいしかなかったので割愛した。)
次回は幼虫の予定。

by mikiosu | 2016-02-24 15:00 | 蝶の生態 | Comments(2)

ウラギンシジミのその後とベニシジミ幼虫(2016年2月19日)

主フィールドのウラギンシジミ、前回までは個体JUの2個体健在であった。
2月13、14日と連続して冬とは思えない暖かい日があって、その後が心配なところであるが…。

赤いツバキの花のそばにとまっていた個体Uは2月9日に見たのが最後になってしまった(写真1)。
ウラギンシジミ個体Uとの付き合いは短かったけれど、その姿は鮮やかな赤いツバキの花と一緒に脳裏に焼き付いている。

▼写真1 ウラギンシジミ(個体U) その1(ノートリミング、2016年2月9日、東京近郊)
d0303129_4412463.jpg

※写真1はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR&スピードライトSB-910

サカキの葉裏にとまっていた個体Jは2月9日にはこんな感じでいつもと変わらずとまっていた(写真2)。

▼写真2 ウラギンシジミ(個体J) その2a(2016年2月9日、東京近郊)
d0303129_4413790.jpg

※写真2はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR&スピードライトSB-910

暖かいというより暑いくらいだった14日に撮ったのが写真3。
家のパソコン上で見るまで気がつかなかったが、触角が出ていた!
ひょっとしてもう飛び出すのではないか…。

▼写真3 ウラギンシジミ(個体J) その2b(2016年2月14日、東京近郊)
d0303129_4414629.jpg

※写真3はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR&スピードライトSB-910

翌日観察仲間の「公園昆虫記」のおはるさんから連絡があり、もういなくなっていたという。
今頃は寒さが戻って、またどこかで休んでいるのだろうか。
こうして2月15日に主フィールドのウラギンシジミはすべて姿を消してしまった。姿を消したと言ってもこちらが見失っただけで、どこかで息をひそめて春本番を待っているのではないかと思う。

写真4はちょっと立ち寄った近所の公園で見つけたウラギンシジミ。
この個体は翌日撮り直しに行ってみるともういなくなっていた。

▼写真4 ウラギンシジミ その3(ノートリミング、2016年2月13日、東京都区内)
d0303129_4415733.jpg

※写真4はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

同じ公園の入口付近ではムラサキシジミも見つけた(写真5)。
この日は夕方ちょっと立ち寄っただけなのでコンパクトデジカメしか持っていなかった。自然光ではブレブレ写真しか撮れず、ストロボを使用している。
この個体は翌日もまだいたようだ。近々この公園の近くに引っ越す予定なので、ムラサキシジミやウラギンシジミを見つけたのはちょっと嬉しい。公園の近くと言うか、公園まで歩いて5秒くらいなので、今年の夏には夜の公園散策もできるのではないかと楽しみにしている(笑)。

▼写真5 ムラサキシジミ(ノートリミング、2016年2月13日、東京都区内)
d0303129_442954.jpg

※写真5はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

「Hirokou’s Field Notes2」のHirokouさんがベニシジミ幼虫を撮っておられたので、久し振りに丘陵方面に遠征して探してみた。
食草のギシギシやスイバを探してあちこち歩き回り、葉っぱを裏返すが幼虫はなかなか見つからない。もう無理かな…と諦めかけた頃にようやくひと株のギシギシに2匹の幼虫を見つけた!
(相変わらずギシギシとスイバの違いがよく掴めないが、多分ギシギシではないかと思う)

写真6は約4ミリのベニシジミ幼虫。
小さいがずっと探し求めていたのですぐに分かった(嬉)。

▼写真6 ベニシジミ幼虫 その1(ノートリミング、2016年2月17日、東京郊外)
d0303129_4422276.jpg

※写真6はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

写真7、8は近くの葉裏にいた約6ミリの個体。
4ミリの個体を見たあとには、この6ミリの個体がとても大きく見えた。

▼写真7 ベニシジミ幼虫 その2a(ノートリミング、2016年2月17日、東京郊外)
d0303129_4423364.jpg


幼虫が小さいので食痕も小さく、なかなか見つけられずに苦労した。葉の裏から見ると食痕も分かりやすいようだ(写真8)。

▼写真8 ベニシジミ幼虫 その2b(2016年2月17日、東京郊外)
d0303129_4424157.jpg

※写真7、8はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

それにしてもベニシジミ幼虫を見つけるのにこんなに苦労するとは思わなかった。この春には卵や蛹も何とか見つけ出したいものだ。

by mikiosu | 2016-02-19 04:42 | | Comments(8)

カメラザック五代目は三代目と一緒、ほか(2016年2月18日)

愛用していたカメラザック三代目が壊れた。と言ってもチャックがちょっと破れただけだ(写真1)。

▼写真1 カメラザックの破れ(三代目)
d0303129_3514511.jpg


これくらい繕って使えばいいのかもしれないが、同じカメラザックを買ってしまった(写真2)。こうして見ると三代目はかなり色褪せていた。

▼写真2 カメラザック三代目と五代目(右側)
d0303129_352914.jpg


カメラ収納部の原型を忘れないように写真を撮っておいた(写真3)。
外した仕切りパッドをどこに置いたかよく忘れるし、どれがどれの仕切りパッドだったか分からなくなることもあるので、こうして写真を撮っておくのは良いかもしれない。

▼写真3 カメラザック三代目と五代目(右側)のカメラ収納スペース
d0303129_3521896.jpg


三代目の次に買った四代目もあるのだが(四代目の記事は→こちら)、収納性に若干の問題があって三代目を使い続けていた。
四代目で特に気になったのは、上部収納スペースに蓋をする形になっている布部分の留め具が磁石だったこと(写真4)。
モノをたくさん入れると留め具が外れて蓋部分の布がブラブラして左右に揺れるので、あまりモノを持たないで出かけるタウンユースに徹することにした。

▼写真4 四代目カメラザックの留め具
d0303129_3522766.jpg


四代目がタウンユースになったので、フィールド用には三代目を使い続けることになり、いずれまた同じザックを買うのではないかと思っていた。
三代目を買ったのは2014年の11月頃だから(三代目の記事は→こちら)、まだ2年も使っていない。もうちょっと使いたかったかな。
1年ちょっとで壊れては困ると言いたいところだが、カメラ収納スペースにパンパンに機材を詰め込んで、力ずくでチャックを閉めるような使い方をしていたので、破れるのも理解できる。今後はもう少し優しく使いたい。壊れたらまた同じものを買うかも(笑)。

話は変わるが、2月17日から高円寺のたまごの工房で「第6回mozomozo虫・蟲展」が開かれている(2月28日まで)。
いつも初日に行って買いたいものをゲットしてくるのを常としていたが、今回は出遅れて見に行ったのは二日目の2月18日になってしまった。
写真5はこの日買ったポストカードなど。
ポストカードはオオミズアオ、イボタガ、イチモジフユナミシャク♀。
それからカイコのぽち袋とオオスカシバのキーリング、コノハチョウのブローチ(布製)。

▼写真5 虫・蟲展で買ったコノハチョウのブローチ、ほか
d0303129_3523754.jpg


写真6はクリアファイル。
左側は蝶や蛾の成虫、右側は蝶や蛾の幼虫だ。幼虫もほとんど見ただけで名前が分かるくらい親しいものになってしまった。

▼写真6 虫・蟲展で買ったクリアファイル
d0303129_3524782.jpg


もっと欲しいものはあったが、また見に行くと思うし、この日はこれくらいで勘弁しておいてやった(笑)。

by mikiosu | 2016-02-18 23:59 | その他 | Comments(0)

アサギマダラ幼虫とモンシロチョウの蛹(2016年2月14日)

久し振りに東京郊外に遠征した2月10日のお目当てはアサギマダラの幼虫だ。
写真1は目測で5ミリ程度の小さな幼虫。2齢幼虫くらいではないかと思う。

▼写真1 アサギマダラ幼虫 その1(2016年2月10日、東京郊外)
d0303129_22271584.jpg

※写真1はニコンD7200+MB−D15 & AF-S DX Micro Nikkor 85mm f/3.5G ED VR&スピードライトSB-910

写真2は大きさは8ミリとまだ小さいが3齢幼虫のようだ。
幼虫の左側に付いている黒いものは脱ぎ捨てたヘッドカプセルと思う。

▼写真2 アサギマダラ幼虫 その2(2016年2月10日、東京郊外)
d0303129_22272591.jpg

※写真2はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

写真3、4は四齢幼虫と思われる2個体。
どちらも高い位置の葉裏にいたためスケールを当てることはできなかった。目測で15ミリくらい。

▼写真3 アサギマダラ幼虫 その3(2016年2月10日、東京郊外)
d0303129_22273775.jpg

※写真3はニコンD7200+MB−D15 & AF-S DX Micro Nikkor 85mm f/3.5G ED VR&スピードライトSB-910

▼写真4 アサギマダラ幼虫 その4(2016年2月10日、東京郊外)
d0303129_22274792.jpg

※写真4はニコンD7200+MB−D15 & AF-S DX Micro Nikkor 85mm f/3.5G ED VR&スピードライトSB-910

前回の1月16日に見かけた20ミリくらいの個体には出会えなかったが、この日もたくさんの幼虫を見つけることができた。この様子なら終齢幼虫まで観察できそうな気がする。

幼虫ばかり載せても退屈するので(?)、1月に撮った蛹も載せてみる。
写真5は1月5日にプチ遠征先の公園で見つけたモンシロチョウの蛹と同じもの。

▼写真5 モンシロチョウの蛹 その1(2016年1月19日、東京近郊)
d0303129_22275764.jpg


同じ木の幹を眺めていると、なんと他にも2匹見つかった。
写真6、7が2個体め。

▼写真6 モンシロチョウの蛹 その2a(2016年1月19日、東京近郊)
d0303129_22281014.jpg

▼写真7 モンシロチョウの蛹 その2b(2016年1月19日、東京近郊)
d0303129_22282384.jpg


写真8は3個体め。

▼写真8 モンシロチョウの蛹 その3a(2016年1月19日、東京近郊)
d0303129_2228336.jpg


周囲に積もった雪と一緒に撮ってみたのが写真9、10。
写真9は20ミリレンズで撮ってみたもの。

▼写真9 モンシロチョウの蛹 その3b(2016年1月19日、東京近郊)
d0303129_2228467.jpg

※写真9はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED&スピードライトSB-910


写真10はコンパクトデジカメで撮ってみたもの。

▼写真10 モンシロチョウの蛹 その3c(2016年1月19日、東京近郊)
d0303129_22285954.jpg

※写真10はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

近くのキャベツ畑から歩いてきたのかどうかははっきりしないが、いずれどこか近くで一緒に育ったのではなかろうか。

撮影機材:※印以外はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR&スピードライトSB-910

by mikiosu | 2016-02-14 22:29 | | Comments(6)

どっこい生きてたムラサキツバメ(2016年2月11日)

1月30日の1匹を最後に主フィールドのムラサキツバメ集団Fは消滅した。と思っていた。
2月7日に観察仲間のA氏が集団Fのいたツバキに1匹いるのを見つけたと聞き、翌々日に探しに行ってみる。
ちょうど「公園昆虫記」のおはるさんが来ていて、とまっているところを教えてもらう。
集団Fがいた葉っぱとは少し離れた、やや奥まったところにそれはとまっていた。自分一人では見つけられなかったかもしれない。

写真1はムラサキツバメ。
立ったまま普通に撮るとこんな感じ。風で葉っぱが揺れると姿が見えなくなる。

▼写真1 ムラサキツバメ その1a(ノートリミング、2016年2月9日、東京近郊)
d0303129_2503931.jpg


しゃがみ込んで下から撮るとこんな感じ(写真2)。

▼写真2 ムラサキツバメ その1b(ノートリミング、2016年2月9日、東京近郊)
d0303129_2505068.jpg


写真3は大きく拡大したもの。

▼写真3 ムラサキツバメ その1c(2016年2月9日、東京近郊)
d0303129_251184.jpg


ムラサキツバメの集団Fは消滅したものとして、これはこれで1個体として観察していきたい。
このムラサキツバメを撮っていると、その脇の笹の葉上で開翅しているムラサキシジミがいた(写真4)。

▼写真4 ムラサキシジミ♀ その1a 開翅(ノートリミング、2016年2月9日、東京近郊)
d0303129_2511418.jpg


一度飛び去るが、すぐまた戻ってきた(写真5、6)。
温度計を見ると約15度。ムラサキシジミは気持ち良さそうにいつまでも翅を開いていた。

▼写真5 ムラサキシジミ♀ その1b 開翅(ノートリミング、2016年2月9日、東京近郊)
d0303129_2512287.jpg

▼写真6 ムラサキシジミ♀ その1c 開翅(2016年2月9日、東京近郊)
d0303129_2513226.jpg


翌日、東京郊外に遠征してみる。
狙いは別にあったのだが、尾根道を歩いているとき、ムラサキシジミはこういうところで越冬しているんだよな…と思いながら見ていると、ムラサキシジミが1匹見つかった(笑)。
写真7は枯葉の中に紛れているムラサキシジミ。
85ミリマクロレンズで撮るとこんな感じだ。真ん中あたりにいるのがお分かりいただけるだろうか。

▼写真7 ムラサキシジミ その2a(ノートリミング、2016年2月10日、東京郊外)
d0303129_2514327.jpg

※ニコンD7200+MB−D15 & AF-S DX Micro Nikkor 85mm f/3.5G ED VR&スピードライトSB-910

写真8は300ミリ単焦点レンズで撮ってみたもの。

▼写真8 ムラサキシジミ その2b(ノートリミング、2016年2月10日、東京郊外)
d0303129_2515330.jpg


写真9は大きく拡大したもの。

▼写真9 ムラサキシジミ その2c(2016年2月10日、東京郊外)
d0303129_25242.jpg


開翅シーンにはお目にかかれなかったが、隠れ身の術を見破ったような気がして気分が良かった(笑)。

撮影機材:※印以外はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR&スピードライトSB-910

by mikiosu | 2016-02-11 02:52 | | Comments(6)

星になったウラギンシジミ(2016年2月9日)

主フィールドのウラギンシジミは、前回(2月1日)まで個体JTUの3匹が健在であった。
モチノキの葉裏にとまっていた個体Tは、写真に撮りにくいせいもあり、前回は割愛していた。
葉裏にいるのを撮影した写真は1月30日が最後になってしまった(写真1)。

▼写真1 ウラギンシジミ(個体T) その1a(2016年1月30日、東京近郊)
d0303129_340859.jpg

※写真1はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR&スピードライトSB-910

観察仲間の「公園昆虫記」のおはるさんから、モチノキが剪定され、ウラギンシジミもいなくなったと連絡があったのが2月3日。
翌4日に見に行ってみると、モチノキの枝はまだ地面に残されていた(写真2)。
何本か枝を持ち上げてみるが、とてもウラギンシジミが見つかるとは思えない。

▼写真2 剪定された枝(ノートリミング、2016年2月4日、東京近郊)
d0303129_34037100.jpg

※写真2はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

と、ところが、剪定された枝よりも散策路に近いところにウラギンシジミが落ちていた。触ってもまったく反応がなく、すでに息絶えていた(写真3)。

▼写真3 ウラギンシジミ(個体T) その1b(2016年2月4日、東京近郊)
d0303129_3405010.jpg

※写真3はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

風に吹かれて右に左に力なくひっくり返る姿が悲しい(写真4、5)。

▼写真4 ウラギンシジミ(個体T) その1c(ノートリミング、2016年2月4日、東京近郊)
d0303129_341050.jpg

▼写真5 ウラギンシジミ(個体T) その1d(ノートリミング、2016年2月4日、東京近郊)
d0303129_3411299.jpg

※写真4、5はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

持ち上げて翅を開いてみる。♀であった(写真6)。

▼写真6 ウラギンシジミ(個体T) その1e(ノートリミング、2016年2月4日、東京近郊)
d0303129_3412269.jpg

※写真6はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

近くのツバキの木の下、比較的風のあたらない場所に移動した(写真7)。

▼写真7 ウラギンシジミ(個体T) その1f(ノートリミング、2016年2月4日、東京近郊)
d0303129_3413377.jpg

※写真7はSTYLUS TG-4 Tough

ウラギンシジミ個体Tは目につきにくい場所にいて、鳥に捕食される可能性も低く、春まで観察できると思っていたので実に残念だ。

赤いツバキのウラギンシジミ個体Uは元気にしていた(写真8、9)。
写真8はピクチャーコントロール「スタンダード」、写真9は「ビビッド」で撮ってみた(写真8の元画像はもう少しフラットな印象だが、やや暗めに補正して赤みを強く出している)。

▼写真8 ウラギンシジミ(個体U) その2a(ノートリミング、2016年2月4日、東京近郊)
d0303129_3414311.jpg

▼写真9 ウラギンシジミ(個体U) その2b(ノートリミング、2016年2月4日、東京近郊)
d0303129_3415379.jpg

※写真8、9はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR&スピードライトSB-910

写真10はサカキの葉裏にいる個体J。

▼写真10 ウラギンシジミ(個体J) その3(2016年2月9日、東京近郊)
d0303129_342489.jpg

※写真10はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR&スピードライトSB-910

主フィールドのウラギンシジミ、今では個体Jと個体Uの2個体のみが健在となっている。2月9日には個体Uのいるツバキの近くで剪定作業が行われていたので今後が心配だ。

by mikiosu | 2016-02-09 23:59 | | Comments(2)