<   2017年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

ベニシジミ今季初撮りは交尾シーン(2017年3月11日)

2月は一か月で4回しかフィールドに出なかった。そのうち3回はヘムレンさんのお誘いだから、自分1人では1回しか外出していないことになる(汗)。
ぼちぼちいろいろな蝶の姿が見られはじめているらしい。3月は少し気合いを入れて頑張りたい。

3月10日はヘムレンさん、おはるさんと東京郊外に遠征してみた。
日当りの良い斜面は毎年いち早くベニシジミが見られるポイント。思ったほど気温は上がらなかったが、ベニシジミは見つかった。
写真1、2は今季初撮りのベニシジミ。しかもいきなり交尾シーン!

▼写真1 交尾中のベニシジミ その1a(ノートリミング、2017年3月10日、東京郊外)
d0303129_11291345.jpg

▼写真2 交尾中のベニシジミ その1b(2017年3月10日、東京郊外)
d0303129_11292517.jpg


写真3は食草の近くにとまった個体。
交尾がばらけた後なので、ひょっとすると先ほどまで交尾していた♀が産卵しにきてくれたかと期待したが、そう都合よくはいかなかった。

▼写真3 ベニシジミ その1(ノートリミング、2017年3月10日、東京郊外)
d0303129_11293633.jpg


写真4〜6はまた別の個体。
オオイヌノフグリの咲く斜面にとまって、開翅したり吸蜜したりしてくれた。

▼写真4 ベニシジミ その2a(ノートリミング、2017年3月10日、東京郊外)
d0303129_11295053.jpg


写真5は開翅シーン。
この個体は惚れ惚れするほど綺麗だった(私見)。

▼写真5 ベニシジミ その2b 開翅(2017年3月10日、東京郊外)
d0303129_1130134.jpg


小飛して吸蜜シーンも見せてくれた。
昨年暮れに購入したオリンパスE-M1 Mark IIと12-100ミリズームレンズの組み合わせも、ベニシジミがこれくらい撮れれば言う事無し、と思う。

▼写真6 ベニシジミ その2c 吸蜜(2017年3月10日、東京郊外)
d0303129_11301128.jpg


近くにはモンキチョウの姿も(写真7、8)。

▼写真7 モンキチョウ その1a(ノートリミング、2017年3月10日、東京郊外)
d0303129_11302134.jpg


複眼周辺はかなりモフモフしていた(写真8)。

▼写真8 モンキチョウ その1a(2017年3月10日、東京郊外)
d0303129_11303257.jpg


写真9、10はこの日お目当ての卵。
数日前にヘムレンさんがコナラの幼木で見つけたもの。やや凹凸が目立つがアカシジミ→ムラサキシジミの卵ではないかと思われる。
(注:いただいたコメント及びその後の検討で、アカシジミではなく、ムラサキシジミの卵の可能性が高いと思われるので訂正しておきたい。卵の表面の雰囲気ではムラサキツバメの可能性もないではないが、昨夏には近所の公園でクヌギの枝に産卵するムラサキシジミの姿も見ていた。ここでは断定はできないがムラサキシジミの卵と訂正しておく。2017年3月11日)

▼写真9 アカシジミ→ムラサキシジミの卵 その1a(2017年3月10日、東京郊外)
d0303129_1130452.jpg

▼写真10 アカシジミ→ムラサキシジミの卵 その1b(2017年3月10日、東京郊外)
d0303129_11305546.jpg

※写真9、10はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro&エレクトロニックフラッシュFL-600R

写真11はエノキの幼木で越冬中のアカボシゴマダラ幼虫。

▼写真11 アカボシゴマダラの越冬幼虫(2017年3月10日、東京郊外)
d0303129_1131590.jpg


写真12は擬木柵で越冬中のスジグロシロチョウの蛹。

▼写真12 スジグロシロチョウの越冬蛹(2017年3月10日、東京郊外)
d0303129_11311666.jpg

※写真12はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

越冬幼虫と越冬蛹は前日も観察に訪れたヘムレンさんが「Hirokou’s Field Notes2」のhirokouさんに教えてもらったとのこと。
卵もそうだが、幼虫も蛹もただ歩いていてはまず見つけられまい。同好の士がいてくれるのはまったく心強いことである。
そう言えばこの日は「あかねの独り言 パート2」のあかねさんともお会いして、ベニシジミがタンポポで吸蜜しているお写真を見せていただいた。冒頭のベニシジミはそのポイントで撮ったものである。

撮影機材:※印以外はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

by mikiosu | 2017-03-11 11:31 | | Comments(10)

近所のギャラリーにて(2017年3月10日)

2月中旬以降は所用でブログ更新はもちろんフィールド観察も覚束なかった。
3月2日から5日まで開催された「Sippo☆のネイチャー探索記2」のSippoさんの写真展『輝く小さな命たち 8th stage』も楽しみにしていたのに行くことが出来なかった。実に残念。
初日に行ったというヘムレンさんからお土産と言うか、Sippoさんからのプレゼントをいただいた。袋の中にはお菓子のほかに写真展を記念して作られたストラップが入っていた。
さっそくザックに取り付けてみた(写真1、2)。

▼写真1 ザックにストラップ その1a
d0303129_4332849.jpg


▼写真2 ザックにストラップ その1b
d0303129_4334219.jpg


表側はツシマウラボシシジミ、裏にはアサマイチモンジの写真が入っていた。
Sippoさん、ありがとうございます♪

同じ日に近所のギャラリーで始まった『蠢 蚕と虫展』は見に行くことができた。
この企画展はだいぶ前に他の店で案内葉書を見ていてずっと気になっていた(写真3)。

▼写真3 蠢 蚕と虫展 案内葉書
d0303129_4335428.jpg


写真4はギャラリー蚕室の様子。
ここは拙宅から歩いて10分くらいだ。蚕室は「さんしつ」と読むらしい。

▼写真4 ギャラリー蚕室
d0303129_434586.jpg


写真5〜10は展示作品。ギャラリーオーナーの許可を得て撮影させていただいた。
写真5は深澤亜希子さんのガラス製の昆虫グッズ。

▼写真5 深澤亜希子さんのガラス作品など
d0303129_4341546.jpg


写真6は関口まゆみさんの彫金作品。

▼写真6 関口まゆみさんの彫金作品など
d0303129_4342769.jpg


写真6はカイコ関係の作品たち。

▼写真7 カイコなどいろいろ
d0303129_4343874.jpg


写真8はカイコ作品の一つ、関口まゆみさん制作の彫金ブローチ。
赤いポッチは売れた印。予約したのは私だ(笑)。

▼写真8 カイコの彫金ブローチ(関口まゆみさんの作品)
d0303129_4344867.jpg


写真9、10は蛾売りおじさんの作品たち。
オオミズアオやニジュウシトリバの刺繍などとてもよく出来ていて、見ればみるほど欲しくなる(笑)。

▼写真9 蛾売りおじさんの作品(オオミズアオの刺繍など)
d0303129_4345986.jpg


セスジスズメやカイコのアクリル画もかなり欲しかったが、今回は我慢した(写真10)。

▼写真10 蛾売りおじさんの作品(セスジスズメのアクリル画など)
d0303129_435934.jpg


カイコに限らず、蛾好きにはたまらない企画展だ。3月19日までやっているので興味のある方はご覧あれ。但し、先述の通り作品たちを見ればみるほど欲しくなるので、散財しても私のせいにはしないでいただきたい。

by mikiosu | 2017-03-10 23:59 | その他 | Comments(0)