10月のキマダラセセリほか(2013年10月11日)

10月10日はやや微妙な天気だったので近場のフィールドを小一時間ほど散策してお茶を濁す。
公園内の斜面に咲くキツネノマゴにヤマトシジミ、キタキチョウ、ツマグロヒョウモンなどがきていた。
その中にやや色あせた感じのキマダラセセリが1匹混じっていた。
キマダラセセリは初夏〜夏のイメージなので、やや意外な出会い。
色は鮮やかではないものの翅に痛みもなく、目の前で熱心に吸蜜しているところを撮ってみた(写真1〜4)。
写真4は今年よく撮るようになった正面からのアングル、写真5は同じ写真を大きくトリミングしてみたもの。

▼写真1 キマダラセセリ その1a(ノートリミング、2013年10月10日、東京近郊)
d0303129_13462720.jpg

▼写真2 キマダラセセリ その1b(ノートリミング、2013年10月10日、東京近郊)
d0303129_13464919.jpg

▼写真3 キマダラセセリ その1c(ノートリミング、2013年10月10日、東京近郊)
d0303129_13464763.jpg

▼写真4 キマダラセセリ その1d−1(2013年10月10日、東京近郊)
d0303129_13464843.jpg

▼写真5 キマダラセセリ その1d−2(2013年10月10日、東京近郊)
d0303129_13465639.jpg


写真6は郊外の林道手前で撮影したチャバネセセリ。
チャバネセセリは後翅裏の斑紋が薄くて見えない場合もあるのに、この個体はかなりはっきりしていた。

▼写真6 チャバネセセリ(2013年10月3日、東京郊外)
d0303129_1347561.jpg

※写真6はOLYMPUS STYLUS TG-2 Tough

写真7〜9は上のチャバネセセリと同じ場所で撮ったイチモンジセセリ。
道路脇の土手に咲くコセンダングサで吸蜜していた。
写真8は写真7を縦長にトリミングしてみたもの、写真9は同じ個体の別ショットから触角&複眼をクローズアップしてみた。

▼写真7 イチモンジセセリ その1a−1(ノートリミング、2013年10月3日、東京郊外)
d0303129_13472037.jpg

▼写真8 イチモンジセセリ その1a−2(2013年10月3日、東京郊外)
d0303129_1347298.jpg

▼写真9 イチモンジセセリ その1b(2013年10月3日、東京郊外)
d0303129_1348113.jpg


写真10はカバマダラを見に行った神奈川県で撮ったイチモンジセセリ。
花壇のコスモスで吸蜜していた。
写真11は写真10をトリミングしてみたもの。

▼写真10 イチモンジセセリ その2a−1(2013年10月6日、神奈川県)
d0303129_135312.jpg

▼写真11 イチモンジセセリ その2a−2(2013年10月6日、神奈川県)
d0303129_13482236.jpg


これらの蝶は、言ってみれば地味な普通種ばかり。それでもセセリチョウは不思議なことに何度撮っても飽きない。大きなパッチリした眼が綺麗に撮れた時には結構嬉しいのだった。

最後におまけ。
残念ながら横顔しか撮れなかった。
◎今日のニャンコ ♪(2013年10月10日、東京近郊)
d0303129_13481481.jpg


撮影機材:※印以外はニコンD7000 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

# by mikiosu | 2013-10-11 13:48 | | Comments(4)

ウラナミシジミの幻光(2013年10月10日)

10月8日、この日は幻光日和だったのだろうか。交尾中のホシミスジに続いて、ウラナミシジミでも幻光が見られた。
写真1はデジタル一眼レフ、写真2はコンパクトデジカメで撮ったもの。いずれもわずかに翅の外縁に幻光が見られた。

▼写真1 ウラナミシジミ その1a(2013年10月8日、東京近郊)
d0303129_2240382.jpg

▼写真2 ウラナミシジミ その1b(2013年10月8日、東京近郊)
d0303129_22405075.jpg

※写真2はOLYMPUS STYLUS TG-2 Tough

写真3は同じウラナミシジミ。
明るく撮ると青い幻光が白く飛んでしまうのでアンダー気味に撮り、さらに少し暗めに画像を補正してみた。
…ちょっと補正しすぎた(苦笑)。
写真4は同じ写真を横長にトリミングし、写真5は縦長にトリミングしてみた。

▼写真3 ウラナミシジミ その1c−1(ノートリミング、2013年10月8日、東京近郊)
d0303129_2241130.jpg

▼写真4 ウラナミシジミ その1c−2 横長にトリミング(2013年10月8日、東京近郊)
d0303129_22412069.jpg

▼写真5 ウラナミシジミ その1c−3 縦長にトリミング(2013年10月8日、東京近郊)
d0303129_22413072.jpg


それにしても、道路脇のウラナミシジミの前で、幻光がよく見えるようにまるでヒンズースクワットをするみたいに身体を上下していた私は、近隣の人にはどう見えただろうか(笑)。

写真6〜10はカバマダラを見に行った神奈川県で撮影したウラナミシジミたち。
写真6はキバナコスモスで吸蜜していた個体。
写真7は同じ写真を縦長にトリミングしてみたもの。

▼写真6 ウラナミシジミ その2a−1(ノートリミング、2013年10月8日、神奈川県)
d0303129_22413195.jpg

▼写真7 ウラナミシジミ その2a−2 縦長にトリミング(2013年10月8日、神奈川県)
d0303129_22415135.jpg


写真8は正確には分からないがハギ類の花にとまっていた個体。
写真9は同じ写真を縦長にトリミングしてみたもの。

▼写真8 ウラナミシジミ その3a−1(ノートリミング、2013年10月8日、神奈川県)
d0303129_22415777.jpg

▼写真9 ウラナミシジミ その3a−2 縦長にトリミング(2013年10月8日、神奈川県)
d0303129_2242180.jpg


写真10は花壇の花(不明)で開翅していた個体。

▼写真10 ウラナミシジミ その4 開翅(ノートリミング、2013年10月8日、神奈川県)
d0303129_22422380.jpg


昨年からずっとウラナミシジミの開翅シーンにはどうも縁が薄い私だ。この個体ももう少し新鮮だと良かったのだが…。

撮影機材:※印以外はニコンD7000 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

# by mikiosu | 2013-10-10 22:42 | | Comments(2)

都内のホシミスジ再び(2013年10月9日)

10月8日は東京近郊のホシミスジ幼虫&蛹のポイントを再訪してみた。
前回はデジタル一眼でうまく撮れなかったので、三脚持参で挑戦しようと思ったのだった。
しかしこの場所では車道側に三脚を立てなければならず、しかも細い枝や葉が被ってしまうので、やはりコンパクトデジカメの方が撮影には適していた。

写真1は終齢幼虫。
今回はスケールを当てて体長も計ってみた。あまり正確ではないかもしれないが、24〜25ミリといったところか。この日は1匹しか見られなかった。
ピントは今ひとつだが、頭部も見られたので載せてみた。ホシミスジ幼虫はこのポーズがお好きなようだ。

▼写真1 ホシミスジ 終齢幼虫(2013年10月8日、東京近郊)
d0303129_4121399.jpg

写真2〜4は蛹。
蛹は20ミリくらいだった。ちょっと縮こまった形なので、幼虫はやはり24〜25ミリくらいなのだろう。
この日は幼虫1匹に対し、蛹は5個くらい見られた。前回行ったのは一週間前なので、終齢幼虫たちは蛹化したのだろう。
写真2の個体には幼虫時代の緑色の斑紋が透けて見えた。

▼写真2 ホシミスジ 蛹 その1 側面(2013年10月8日、東京近郊)
d0303129_412744.jpg

▼写真3 ホシミスジ 蛹 その2 背面(2013年10月8日、東京近郊)
d0303129_4125279.jpg

▼写真4 ホシミスジ 蛹 その3 腹面(2013年10月8日、東京近郊)
d0303129_4122421.jpg

※写真1〜4はOLYMPUS STYLUS TG-2 Tough

しゃがみ込んで幼虫や蛹を撮っていると、時折成虫が飛んできた(写真5)。
この界隈には何箇所かユキヤナギの株が見られる。この株がホシミスジのお気に入りなのだろうか。
産卵してくれたら卵も撮れるかと期待したが、どうも卵は見当たらなかった。
写真6は幼虫&蛹のポイントから少し離れた大きなユキヤナギのあるところで見つけた成虫。正面から撮ってみた。

▼写真5 ホシミスジ 成虫 その1 開翅(ノートリミング、2013年10月8日、東京近郊)
d0303129_4123497.jpg

▼写真6 ホシミスジ 成虫 その2 正面(2013年10月8日、東京近郊)
d0303129_413264.jpg


写真7〜10は、その大きなユキヤナギのそばで撮影した交尾シーン。
ホシミスジは翅裏もなかなか綺麗なので、翅を閉じたシーンが撮れたのは嬉しい。
この時には、ちょっとした角度の違いで翅や背面の毛に幻光が見られた(写真9、10)。

▼写真7 ホシミスジ 成虫 その3a 交尾シーン(ノートリミング、2013年10月8日、東京近郊)
d0303129_4125568.jpg

▼写真8 ホシミスジ 成虫 その3b 交尾シーン(2013年10月8日、東京近郊)
d0303129_4132279.jpg

▼写真9 ホシミスジ 成虫 その3c 交尾シーン(2013年10月8日、東京近郊)
d0303129_4133158.jpg

▼写真10 ホシミスジ 成虫 その3d 交尾シーン(2013年10月8日、東京近郊)
d0303129_413386.jpg


ほんの10日前までは、今年はホシミスジに出会えないかと思っていたのに、幼虫&蛹に加え、交尾シーンまで見ることができた。
これも石川会長がポイントを教えてくれたおかげである。このポイントは石川会長の家から歩いて行ける場所なのだが、この日は内緒で一人で出かけた。
交尾シーンを撮ったと話せば、「何で誘ってくれなかった」と怒られそうだ(笑)。

撮影機材:※印以外はニコンD7000 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

# by mikiosu | 2013-10-09 04:14 | | Comments(10)