山頂の蝶たち−−クモガタヒョウモンほか(2013年5月26日)

ゼフィルス類も出始めた5月24日、ミヤマカラスアゲハを求めて東京郊外の山頂を目指した。
良い写真が撮れるかどうかはともかくとして、毎年裏高尾方面ではミヤマカラスアゲハの姿を見ていたが、今年はさっぱりなのだ。
山麓のツツジも終わりかけになってしまい、山頂付近にその姿を求めた次第だ。
結論から言うとやはり見られなかった。
その代わりにたくさん見られたのがクモガタヒョウモン。
今年は早くから山麓でその姿が見られ、どうも当たり年ではないかと思うのだがどうだろうか。
わずかな観察記録しかない私だが、秋は別にして2012年5月26日に高尾山頂で♂1匹、奥高尾方面で♂2匹、林道で♂1匹、同年6月15日に奥高尾方面で♀1匹が昨年の記録。
今年は山麓で5月7日に♀を既に見ている。
この日はあちこちで、20匹と言っては言い過ぎかもしれないが、少なくとも10匹以上は見かけた。ほとんどは♂のようだった。
しかし気温が高いせいかまったく花にとまる気配がない。
相当数見かけた飛翔中の姿はすべてスルーして、山頂のハルジオンで吸蜜する♂の写真を撮る(写真1〜4)。
やはり開翅を撮らないと始まらないと(何がだ…)、かなり粘る。暑くて開いてくれないのだろうか。どうにか遠くから1〜2枚だけ撮れた(写真4)。

▼写真1 山頂のクモガタヒョウモン♂(2013年5月24日、東京都)
d0303129_23585597.jpg

▼写真2 山頂のクモガタヒョウモン♂(2013年5月24日、東京都)
d0303129_23584696.jpg

▼写真3 山頂のクモガタヒョウモン♂ 開翅(2013年5月24日、東京都)
d0303129_2359355.jpg

▼写真4 山頂のクモガタヒョウモン♂ 開翅(2013年5月24日、東京都)
d0303129_23591612.jpg


♂の写真だけでは寂しいので昨年同じ場所で撮った♀の写真も併せて掲載しておく(写真5、6)。

▼写真5 昨年撮影した山頂のクモガタヒョウモン♀ 開翅(ノートリミング、2012年6月15日、東京都)
d0303129_2359404.jpg

▼写真6 昨年撮影した山頂のクモガタヒョウモン♀(ノートリミング、2012年6月15日、東京都)
d0303129_2359543.jpg

※写真5、6はニコンD90 & タムロンSP AF90mm f /2.8 Di MACRO

わずかに残るツツジではようやく今年初撮りのカラスアゲハ(写真7)のほか、オナガアゲハ♀も見ることができた(写真8)。

▼写真7 山頂のカラスアゲハ♂(2013年5月24日、東京都)
d0303129_002082.jpg

▼写真8 山頂のオナガアゲハ♀(2013年5月24日、東京都)
d0303129_00161.jpg


モンキアゲハも見られたが、花には見向きもせずに飛び回っていた。
仕方がないのでイチモンジセセリ(写真9)やダイミョウセセリ(写10)などを撮って帰ってきた。

▼写真9 山頂のイチモンジセセリ(2013年5月24日、東京都)
d0303129_002967.jpg

▼写真10 山頂のダイミョウセセリ(2013年5月24日、東京都)
d0303129_004092.jpg


ノアザミの花も咲き始め、次はこの花に来るミドリヒョウモン狙いになるだろうか。

この日山麓を出発したのが9時30分、帰路の列車に乗るために駅に着いたのが16時50分。
撮影行なのでずっと歩きづめではないが、さすがに少し疲れました(苦笑)。

最後におまけ。
◎今日のニャンコ ♪(2013年5月24日、東京都)
d0303129_01215.jpg


撮影機材:※印以外はニコンD7000 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

# by mikiosu | 2013-05-26 00:12 | | Comments(0)

クロヒカゲを見に行く(2013年5月25日)

5月23日は郊外の公園へ行ってみた。
この公園は昨年(2012年)5月31日に初めて行った場所。
その時にはゴイシシジミやウラゴマダラシジミなどが見られたらと思って行ったのだが、いずれも見られず、ダイミョウセセリ、コジャノメ、クロヒカゲなどを撮って帰ったのだった。特別なんということもない蝶ばかりだ。

写真1はこの日最初に撮った蝶。
これは何だろうと思ってじっと見ているとやがて少しだけ翅を開いた。
相当擦れているが、ウラギンシジミの♀だった。
最初に見た時にはちょっと小振りのクロコノマチョウかと思ってしまった(笑)。

▼写真1 ウラギンシジミ♀(2013年5月23日、東京都)
d0303129_22162345.jpg

▼写真2 ウラギンシジミ♀ 半開翅(2013年5月23日、東京都)
d0303129_22165364.jpg


実はウラギンシジミは一昨年からどういうわけか♂ばかり出会い、♀の開翅はずっと撮れていない。
久し振りのウラギンシジミ♀なのだが、それにしても擦れている。厳しい生存競争に勝ち残ってきたのだろう。

さて、写真3はいよいよお目当てのクロヒカゲの登場だ。
と言ってもただのクロヒカゲだ。

▼写真3 クロヒカゲ ストロボ撮影(2013年5月23日、東京都)
d0303129_2217351.jpg


写真4、5は昨年(2012年)同じ公園で撮ったクロヒカゲたち。

▼写真4 昨年撮影のクロヒカゲ その1(2012年5月31日、東京都)
d0303129_22165613.jpg

▼写真5 昨年撮影のクロヒカゲ その2(2012年5月31日、東京都)
d0303129_2217556.jpg

※写真4、5はニコンD90 & タムロンSP AF90mm f /2.8 Di MACRO

写真4はさておき、写真5は前翅裏翅の眼状紋が一つ多い。
写真4もよく見てみると、うーん、普通と言えば普通だが、何となく他所のクロヒカゲと違うような気がしないでもない。
今年もそういうクロヒカゲと出会えるかもしれないと思って出かけてみたのだが、この日は個体数も少なく、パッとしない結果に終わった。

写真6、7はその翌日の5月24日、東京郊外の山頂付近で撮ったクロヒカゲたち。
ここ、と言っても「どこ」とはっきり書けないのが歯がゆいが、ここのクロヒカゲはなかなか味わい深いものがあると以前から思っていた。
この日見たクロヒカゲもやはりどこかひと味違う感じがした。

▼写真6 山頂付近のクロヒカゲ その1(ノートリミング、2013年5月24日、東京都)
d0303129_22172376.jpg

▼写真7 山頂付近のクロヒカゲ その2(ノートリミング、2013年5月24日、東京都)
d0303129_2217287.jpg


写真6は山頂付近のベンチ、写真7は東屋の中の椅子にとまっていた。
クロヒカゲに限らず、どこでも普通に見られる蝶をあちこちで撮り、見比べてみるのも面白いかもしれないと思う。

撮影機材:※印以外はニコンD7000 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

# by mikiosu | 2013-05-25 22:29 | | Comments(2)

よく見る蝶たち−−ツマグロヒョウモンほか(2013年5月24日)

よく見ると言っても今季初撮りの蝶たちである。
アカシジミ&ウラナミアカシジミを見つけて気分よく帰ることができた5月21日、同じ公園ではツマグロヒョウモン♂の姿も見られた(写真1)。
この花はオオキンケイギクに見えるが、オオキンケイギクは特定外来生物として栽培が禁止されているらしいので、似て非なる花かもしれない。

▼写真1 ツマグロヒョウモン♂(2013年5月21日、東京都)
d0303129_2124357.jpg


同じ場所ではシランの花にイチモンジセセリも来ていた(写真2、3)。
思いのほか敏感でなかなか近づかせてくれなかった。
この蝶もこれから数を増してくるだろう。

▼写真2 イチモンジセセリ その1a(2013年5月21日、東京都)
d0303129_2125992.jpg

▼写真3 イチモンジセセリ その1b(2013年5月21日、東京都)
d0303129_2132661.jpg


5月22日には、横浜方面まで遠征してみた。
6月にはミドリシジミで賑わう場所である。もちろんまだミドリシジミには早いのだが、アカシジミはもう発生しているらしいし、あわよくばウラゴマダラシジミも見られたら…と思って行ってみた。
全然いなかった(笑)。
ウラゴマダラシジミどころかアカシジミも見られずに帰ってくることになってしまった。
それでもイボタノキがたくさんあることを確認できたのは収穫だった。4月にはイボタガも見られたのではなかろうか。
来春はイボタガ狙いで出かけてみるのもいいなと思ったのだった。
この日、この公園ではヒメジャノメを今季初撮りできた(写真4〜6)。
草むらの中に入り込んでしまったが、覗き込むようにして撮ってみた。これは多分♀だろう。

▼写真4 ヒメジャノメ♀ その1a(ノートリミング、2013年5月22日、神奈川県)
d0303129_2134027.jpg

▼写真5 ヒメジャノメ♀ その1b(ノートリミング、2013年5月22日、神奈川県)
d0303129_2141591.jpg

▼写真6 ヒメジャノメ♀ その1c(2013年5月22日、神奈川県)
d0303129_2135428.jpg


サトキマダラヒカゲも今季初撮りだ(写真7)。

▼写真7 サトキマダラヒカゲ(2013年5月22日、神奈川県)
d0303129_215376.jpg


ヒメジャノメもサトキマダラヒカゲも、都内の公園で定番の蝶だ。
都内で何種類の蝶を見られるか、というのも自分のテーマのひとつなので、近々都内の公園でも撮らないといけない蝶たちだ。

撮影機材:ニコンD7000 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

# by mikiosu | 2013-05-24 02:21 | | Comments(6)