コジャノメとウラギンヒョウモン(2013年3月18日)

grassmonblueさんのサイト「my 蝶あるばむ」ではこの時期、モンシロチョウの初見情報を全国から募っておられる。実際に全国からたくさんの情報が寄せられ、とても参考になる。
私も昨年は情報を寄せたが、今年は後手後手に廻ってしまい、報告できずにいる。「公園昆虫記」のおはるさんと観察地域が重なっているので、いつも先を越されるのだった(笑)。
同じサイトで以前、多摩東部地区の蝶相を調べておられた。
詳しい内容は「my 蝶あるばむ」をご覧いただくとして、その中にコジャノメとウラギンヒョウモンが入っていないのに気がついた。
八王子方面まで含めれば見られる蝶だが、対象地域は武蔵野、三鷹、小金井、調布、府中、西東京、杉並区西部とのことである。
ウラギンヒョウモンはともかくとしてコジャノメはどうかと思い、自分の撮影記録を調べてみると、確かに対象地域では少ないが、2011年6月に府中市で撮影していたので、コメント欄に投稿させていただいた経緯がある。
コメント欄には写真は投稿できないので、当ブログにて証拠写真を掲載しようと思う。
一応正確な場所は伏せておく。撮影時刻は50分ほど異なっているが、撮影場所はかなり近かったので別個体かどうかははっきりしない(写真1、2)。

▼写真1 コジャノメ その1(2011年6月6日、府中市S公園。ストロボ撮影)
d0303129_3115771.jpg

※ニコンD90&タムロンSP AF90mm f /2.8 Di MACRO

▼写真2 コジャノメ その2(2011年6月6日、府中市S公園)
d0303129_3122412.jpg

※ニコンD90&タムロンSP AF90mm f /2.8 Di MACRO

ウラギンヒョウモンは、信州あたりなら普通に見られるようだが、東京で見ることはあまりないのではなかろうか。
都内の平地の公園ではツマグロヒョウモン、郊外の丘陵ではオオウラギンスジヒョウモン、メスグロヒョウモン、ミドリヒョウモン、クモガタヒョウモンなどが見られる。
ウラギンヒョウモンに関しては、2011年6月に奥高尾方面の山頂で一度見ただけである。
この時も山頂付近に咲くノアザミの花にツマグロヒョウモンが何匹か来ていて、
「こんなところまで来てツマグロヒョウモンを撮ってもなあ…」
と思いつつ、一応写真を撮っておいた。
ところがあとでよく見るとツマグロヒョウモンの他にウラギンヒョウモンも写っていた。恥ずかしながらウラギンヒョウモンを見たのはこれが初めてだったのだ(写真3)。

▼写真3 ノアザミで吸蜜するウラギンヒョウモン(2011年6月24日、奥高尾方面)
d0303129_313351.jpg

※ニコンD90&タムロンSP AF90mm f /2.8 Di MACRO

2012年は見る機会がないまま秋になり、今年は見られなかったとすっかり諦めていた。
ところが10月の半ばに、ぼちぼち秋の蛾が羽化していないかと小金井公園に出掛けてみたところ、いたのだ。ウラギンヒョウモンが。
近年、秋の公園にはツマグロヒョウモンがコスモスの花に写真を撮るのも億劫になるほどたくさん集まっている。
この時もツマグロヒョウモンだろうと思いつつ、草むらを低く飛ぶ蝶を眺めていた。
草むらに着地した蝶をよく見るとどうもツマグロヒョウモンではない。離れたところから写真を撮りながら少しずつ近づき、ウラギンヒョウモンと分かった次第である。
何度か飛び立ったが、その度にまた戻ってきて、草むらを這い回るようにしている。産卵行動をしているように見えた(写真4〜8)。

▼写真4 ウラギンヒョウモン(2012年10月11日、すべて同一個体。小金井市・小金井公園)
d0303129_3135617.jpg

▼写真5 同上
d0303129_3141888.jpg

▼写真6 同上
d0303129_3143390.jpg

▼写真7 同上
d0303129_3144575.jpg

▼写真8 同上
d0303129_314586.jpg

(注:この蝶は定着種とは思えないので、場所を書いても問題ないと判断しています)

昨年出版された『新版 東京都の蝶』(2012年5月、西多摩昆虫同好会編、けやき出版発行)の巻末に掲載されている東京都蝶類分布一覧表でも小金井市での記録はないようなので、やはり平地の公園で見られるのは稀なのだろう。
さて、こうして写真を掲載しても実際のところ場所を証明するものは何もない。もっと背景を写し込むとかすれば良いのかもしれないが、マクロレンズ主体の私の写真ではそれも難しいのだった。
それにしても、ちょいと写真を数点アップするだけのつもりだったが何だか長い文章になってしまった。

撮影機材:※印以外はニコンD7000&AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

# by mikiosu | 2013-03-18 03:34 | | Comments(4)

今季初の蝶は? (2013年3月17日)

結論から言うと、キタテハだった。
昨年は1月中にウラギンシジミ、テングチョウ、ムラサキシジミ、2月にはヒメアカタテハを見ていたが、今年は主フィールドでフユシャクを追いかけていた関係で遠征もあまりせず、越冬蝶を見るチャンスも少なかった。
それに今年の東京は寒く、越冬蝶がひなたぼっこに出てくる雰囲気でもなかったように思う。
3月になると急に寒さが緩み、越冬蝶はもちろんのこと、モンシロチョウやモンキチョウといった春羽化蝶も登場しはじめたようだ。
啓蟄の3月5日、天気も良くモンシロチョウでも出ていないかと主フィールドをブラブラ歩く。
花壇の近くに何か赤茶色のものが飛んできてとまった。
キタテハだ。
そっと忍び寄って写真を撮る(写真1)。4月以降になるとあまり熱心に撮る蝶ではないが、この時期にはやはり嬉しい出会いだ。
キタテハは翌日も公園外れの草むらで2匹見かけた(写真2)。

▼写真1 今年最初の蝶・キタテハ(ノートリミング、2013年3月5日)
d0303129_3254090.jpg


▼写真2 キタテハ(2013年3月6日)
d0303129_3262873.jpg


3月11日に裏高尾方面へ出かけると、テングチョウが何匹か見られた(写真3、4)。
ウラギンシジミ、ムラサキシジミ、ルリタテハといった越冬蝶のほか、あわよくばミヤマセセリなども見られないかと思っていたが、この日出会った蝶はテングチョウだけだった。

▼写真3 テングチョウ開翅(2013年3月11日、裏高尾方面)
d0303129_3271113.jpg

▼写真4 テングチョウ(写真3とは別個体、2013年3月11日、裏高尾方面)
d0303129_3272532.jpg


3月15日には野川公園でモンシロチョウ(写真5)、3月16日には浅川の河川敷でモンキチョウ(写真6)を見かけた。
どうもこの時期の蝶は落ち着きなく飛び回るばかりで、飛翔中の写真ばかり撮らされる。
いずれゆっくり撮る機会があるとは思いつつ、一応証拠写真を撮りたいので飛翔中でも構わずに撮っておく。

▼写真5 モンシロチョウ飛翔中(2013年3月15日)
d0303129_328031.jpg


▼写真6 モンキチョウ♀飛翔中(2013年3月16日)
d0303129_328971.jpg


取りあえず今年はこれで4種類の蝶を撮影したことになった。
一昨年は74種(うち都内62種)、昨年は77種(同70種)の蝶を撮ることができた。今年はどれだけ見られるだろうか。

撮影機材:ニコンD7000&AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

# by mikiosu | 2013-03-17 03:28 | | Comments(2)

ハチやアブは春を告げる?(2013年3月16日)

ハエやアブは真冬でも時折見かけるが、ミツバチとなるともうすぐ春という気がしないだろうか。
今年最初にミツバチを見かけたのは2月20日で、主フィールドの木柵にとまっていた。
この時は惜しくも写真を取り損ねてしまったが、脚には花粉も付けていたので、どこか花のある場所に来ているに違いないと、2月22日に井の頭自然文化園本園の野草コーナーを覗いてみる。
この時期に咲いている花は限られているが、やや花期が終わりかけのセツブンソウにニホンミツバチが2匹ほどきていた(写真1、2)。

▼写真1 セツブンソウの花に来ていたニホンミツバチ(2013年2月22日、武蔵野市)
d0303129_23114017.jpg

▼写真2 同上
d0303129_23162727.jpg


このあとしばらくはハチもアブも見かけなかったが、3月15日には主フィールドからそう遠くない野川公園にて、セイヨウミツバチ、アシブトハナアブ、ミナミヒメヒラタアブなどが見られた(写真3〜5)。
気温が上がり、オオイヌノフグリ、ホトケノザ、ヒメオドリコソウなどもたくさん咲いていて、ハチもアブも食料に困ることはないのだろう。

▼写真3 セイヨウミツバチ(2013年3月15日、三鷹市)
d0303129_2344773.jpg


▼写真4 アシブトハナアブ♂(2013年3月15日、三鷹市)
d0303129_234422100.jpg


▼写真5 ミナミヒメヒラタアブ♂(2013年3月15日、三鷹市)
d0303129_23443322.jpg


この日、同公園内の広場に咲くオオイヌノフグリにはビロウドツリアブも来ていた。もちろんビロウドツリアブも今季初確認である(写真6)。
ハチ、アブはほかにも2種類ほど見られたが、写真が撮れなかったり、撮れても種名がわからなかったりで紹介できない。
ビロウドツリアブだけは季節ものなので粘って何とか写真を撮ることができた。あまり良い写真が撮れなかったので、昨年の画像も貼っておく(写真7)。
昨年は3月22日、一昨年は3月29日が初見なので、今年はやや早い出現のようだ。
このアブが出てくると、もう春と言っても過言ではないのではなかろうか。

▼写真6 ビロウドツリアブ&オオイヌノフグリ(2013年3月15日、三鷹市)
d0303129_23444781.jpg


▼写真7 ビロウドツリアブ&ヒメオドリコソウ(2012年3月28日、武蔵野市)
d0303129_2121938.jpg

※ニコンD90&タムロンSP AF90mm f /2.8 Di MACRO

撮影機材:※印以外はニコンD7000&AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

# by mikiosu | 2013-03-16 23:44 | 虻・蜂 | Comments(2)