オトシブミいろいろ(2017年5月11日)

いろいろと言っても4種類だ。
埼玉県某所でツツジに来る黒系アゲハをたくさん撮った日、最初に蝶を撮ったのは11時過ぎ。現地に着いたのは9時前である。その間何をしていたかというと、林道脇の葉上や葉裏でオトシブミなどを観察していた。

写真1は初見のカシルリオトシブミ。
体長3〜4ミリの小さなオトシブミだ。

▼写真1 カシルリオトシブミ その1(ノートリミング、2017年5月7日、埼玉県)
d0303129_22345736.jpg


しかし拡大すると金属光沢があってなかなか綺麗だ(写真2)。

▼写真2 カシルリオトシブミ その2(2017年5月7日、埼玉県)
d0303129_22352662.jpg


写真3はイタドリの葉上で交尾中のカップル。
葉っぱの一部にはすでに切れ込みが入っていた。

▼写真3 カシルリオトシブミ その3a(2017年5月7日、埼玉県)
d0303129_22353690.jpg


拡大してみる(写真4)。
交尾したまま葉上を歩いている。

▼写真4 カシルリオトシブミ その3b(2017年5月7日、埼玉県)
d0303129_22354743.jpg


約1時間後に見てみると♀が単独で葉っぱを巻いていた(写真5)。

▼写真5 カシルリオトシブミ その3c(2017年5月7日、埼玉県)
d0303129_22355966.jpg


写真6は別個体の♀と揺籃。
揺籃は切り落とすらしいので、これから切り落とすところなのだと思う。

▼写真6 カシルリオトシブミ その4(2017年5月7日、埼玉県)
d0303129_22361283.jpg


写真7、8はルイスアシナガオトシブミ。
ルイスアシナガオトシブミも初見。初見で交尾シーンが撮れたのは嬉しい。

▼写真7 ルイスアシナガオトシブミ その1a 交尾中(2017年5月7日、埼玉県)
d0303129_22362449.jpg


写真8の方が先に撮ったもの。このカップルは多分同じ個体だと思う。
最初に見た時には♀が揺籃を作成していた(下の個体)。♂は近くでうろうろしていた(上の個体)。
この葉っぱはケヤキではないかと思う。既に3個ほど揺籃が出来ていて、巻いているのは4個目だ。

▼写真8 ルイスアシナガオトシブミ その1b 揺籃作成中(ノートリミング、2017年5月7日、埼玉県)
d0303129_22363760.jpg


近くの葉上では(ヒメ)コブオトシブミが交尾していた。
ヒメコブオトシブミと呼ばれるのが一般的かもしれないが、以前コブオトシブミとして統合されたとどこかで読んだ気がする。
ホストはイラクサ科のカラムシ、ヤブマオ、コアカソなどでどれも似ていて判別が難しい。画像を見た限りではアカソの葉っぱが一番近い気がした。

▼写真9 (ヒメ)コブオトシブミ交尾中(2017年5月7日、埼玉県)
d0303129_22364858.jpg


写真10はヒゲナガオトシブミ♂。

▼写真10 ヒゲナガオトシブミ♂ その1(2017年5月7日、埼玉県)
d0303129_22365845.jpg


写真11は♂が葉っぱを食べているところ。
この葉はアブラチャンではないかと思う。長い触角が邪魔になりそうだが、手前側に引き寄せているようだ。

▼写真11 ヒゲナガオトシブミ♂ その2(2017年5月7日、埼玉県)
d0303129_2237842.jpg


写真12はヒゲナガオトシブミの♀。
ヒゲナガオトシブミも交尾シーンが撮れるともっと良かったけれど、そう都合良くはいかなかった。

▼写真12 ヒゲナガオトシブミ♀(2017年5月7日、埼玉県)
d0303129_22372018.jpg


ほかにも甲虫類がいろいろ撮れて、蝶を撮る前に撮影枚数が300枚を超えていたのでちょっと焦った(笑)。
オトシブミ以外の甲虫類はまた別の機会に紹介したい。

撮影機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro

[PR]

# by mikiosu | 2017-05-11 23:59 | 甲虫 | Comments(6)

赤系ツツジと黒系アゲハ(2017年5月10日)

5月7日はヘムレンさん、おはるさんとアオバセセリ&黒系アゲハ狙いで埼玉県まで遠征してみた。
現地では午前中に「てくてく写日記」のbanyanさん、昼過ぎに「風任せ自由人」のmaximiechanさんにお会いして貴重な情報を教えていただいた。
お二人ともアオバセセリと出会えたのに、われわれは残念ながらこの日は捉えることは出来なかった。それでもたくさんのアゲハチョウ類のほか、甲虫類がいろいろ撮れて楽しめた。

写真1、2はツツジにきていたオナガアゲハ♂。

▼写真1 オナガアゲハ♂ その1a 開翅(2017年5月7日、埼玉県)
d0303129_0145892.jpg

▼写真2 オナガアゲハ♂ その1b(2017年5月7日、埼玉県)
d0303129_015830.jpg


写真3はピンクのツツジにきていた♀。

▼写真3 オナガアゲハ♀(ノートリミング、2017年5月7日、埼玉県)
d0303129_0152056.jpg


写真4、5はミヤマカラスアゲハ♀。
ミヤマカラスアゲハがきた! とばかりに色めき立つが、吸蜜は短く敏捷で、思うように撮れないまま飛び去ってしまう。

▼写真4 ミヤマカラスアゲハ♀ その1a(2017年5月7日、埼玉県)
d0303129_0155689.jpg

▼写真5 ミヤマカラスアゲハ♀ その1b(2017年5月7日、埼玉県)
d0303129_016528.jpg


思うように撮れないのは他のアゲハチョウ類も同様で、ツツジに来る黒系アゲハの撮影は本当に難しい。
写真6〜8はカラスアゲハ。
写真6はほんちょっとだけシャガにきてくれたが、ピントをしっかり合わせる時間もないまま飛んでしまった。

▼写真6 カラスアゲハ その1 (ノートリミング、2017年5月7日、埼玉県)
d0303129_0161747.jpg


写真7は赤いツツジにきていた♀。
これでしっかりとまってくれればいうことないのに…。

▼写真7 カラスアゲハ(♀)その2(ノートリミング、2017年5月7日、埼玉県)
d0303129_0163157.jpg


写真8はピンクのツツジにきていた♂。

▼写真8 カラスアゲハ(♂)その3(2017年5月7日、埼玉県)
d0303129_0164015.jpg


赤いツツジの上空では求愛シーンも見られた(写真9)。
あまりよく撮れていないが、カラスアゲハの求愛シーンは初めて見たような気がするので載せておく。

▼写真9 カラスアゲハ その4 求愛(ノートリミング、2017年5月7日、埼玉県)
d0303129_016517.jpg


この日は思いがけずホソオチョウの姿も見られた(写真10)。
林縁を飛んでいるのを駄目もとで撮ってみた。これは♂かな。

▼写真10 ホソオチョウ♂ 飛翔中(2017年5月7日、埼玉県)
d0303129_017148.jpg


ホソオチョウもアゲハチョウ科の仲間だった。ツツジにくるのかどうかはよく分からない。

撮影機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

[PR]

# by mikiosu | 2017-05-10 23:59 | | Comments(4)

ホシミスジの幼虫&前蛹&蛹、ほか(2017年5月9日)

近所の公園では引き続きホシミスジ幼虫を観察している。
5月1日にはこれまで見つけていなかったユキヤナギの株2つで計4匹の幼虫を新たに見つけた。
写真1はその中の1匹。

▼写真1 ホシミスジ幼虫 その1(2017年5月1日、都区内)
d0303129_12335411.jpg

※写真1はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro

写真2は越冬巣から観察している個体。
5月1日には、もう巣にはとても入りきれない大きさに(幼虫のいる枝の先にぶら下がっている葉っぱの切れ端のようなものが越冬巣)。

▼写真2 ホシミスジ幼虫 その2a(2017年5月1日、都区内)
d0303129_1234435.jpg

※写真2はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro

5月8日には20ミリくらいの大きさになっていた(写真3)。
ホシミスジ幼虫は枝の上で身体をくねらせてとまっていることが多い。枝と身体の間から向こう側の葉っぱが見えると、幼虫の尾部にある緑色の三角斑とそっくりだ。これによって天敵の目を逃れているのだろうか。

▼写真3 ホシミスジ幼虫 その2b(2017年5月8日、都区内)
d0303129_12341732.jpg

※写真3はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro

5月2日には拙宅前の公園にあるコデマリでヘムレンさんがホシミスジ幼虫を新たに見つけてくれた。

▼写真4 ホシミスジ幼虫 その3(2017年5月2日、都区内)
d0303129_12342868.jpg

※写真4はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

コデマリはもうひと株あるので、そちらもチェックしてみると幼虫が3匹見つかった。
写真5は花の部分にいた幼虫。

▼写真5 ホシミスジ幼虫 その4(2017年5月2日、都区内)
d0303129_12343825.jpg

※写真5はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

写真6の幼虫は前蛹になろうかという姿をしていた。

▼写真6 ホシミスジ幼虫 その5a(2017年5月2日、都区内)
d0303129_12344969.jpg

※写真6はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro

翌日には前蛹になっていた(写真7)。

▼写真7 ホシミスジ前蛹 その5b(2017年5月3日、都区内)
d0303129_12354739.jpg

※写真7はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

前蛹の姿は二日続き、三日目の5日にようやく蛹になった(写真8)。

▼写真8 ホシミスジ蛹 その5c(2017年5月5日、都区内)
d0303129_12355688.jpg

※写真8はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

写真9は反対側から撮ったもの。

▼写真9 ホシミスジ蛹 その5d(2017年5月7日、都区内)
d0303129_12363963.jpg

※写真9はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

5月8日の時点では蛹2個、幼虫3匹が健在。丹念に探せばもっと見つかると思うけれど、とりあえずは蛹を継続観察して、できれば羽化に立ち会いたいと思う。

写真10は拙宅前のエノキ幼木にいたアカボシゴマダラ幼虫。
これはその後姿が見えなくなった。

▼写真10 アカボシゴマダラ幼虫(2017年5月1日、都区内)
d0303129_1237160.jpg

※写真10はOM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

写真11は東京郊外で見つけたアカタテハの若齢幼虫。
食草の葉っぱを閉じ合わせて潜んでいたのをちょっと開いてみた。

▼写真11 アカタテハ幼虫(2017年5月3日、東京郊外)
d0303129_12371114.jpg

※写真11はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

写真12、13はミドリシジミの幼虫。
これは遠征時にヘムレンさん、おはるさんに探してもらった。
10ミリ前後の大きさで、これも葉っぱを閉じて潜んでいたのを開いてみた。

▼写真12 ミドリシジミ幼虫 その1(2017年4月28日、埼玉県)
d0303129_12372192.jpg

※写真12はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

▼写真13 ミドリシジミ幼虫 その2(2017年4月28日、埼玉県)
d0303129_12373110.jpg

※写真13はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro

写真14はウラナミアカシジミの幼虫。
主フィールドでおはるさんが見つけて教えてくれた。擬木柵を歩いていたのをコナラの葉に移したもの。

▼写真14 ウラナミアカシジミ幼虫(2017年4月30日、東京近郊)
d0303129_12374030.jpg

※写真14はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

シジミチョウ類の幼虫は小さいけれどなかなか味があって、見ていても楽しい。もっとたくさん見てみたいものだ。
[PR]

# by mikiosu | 2017-05-09 23:59 | | Comments(0)