タグ:シロチョウ科 ( 72 ) タグの人気記事

モンキチョウの求愛シーン(2017年9月16日)

8月下旬にオミナエシの花にくるオオセイボウを撮ったおり、モンキチョウの求愛シーンを見かけて撮っていた。うっかり忘れていたので載せておく。いちいちキャプションを付けるのも面倒なので省略。

念のために言っておくけれど、この写真では黄色い方が♂、白っぽい方が♀である。モンキチョウの♂は黄色、♀は黄色いタイプと白いタイプがある。

▼写真1〜16 モンキチョウの求愛シーン(ノートリミング、2017年8月26日、東京都)
d0303129_10215466.jpg

d0303129_1022238.jpg

d0303129_10221015.jpg

d0303129_10221774.jpg

d0303129_10222564.jpg

d0303129_10223270.jpg

d0303129_10224162.jpg

d0303129_10224869.jpg

d0303129_10225615.jpg

d0303129_1023523.jpg

d0303129_10231170.jpg

d0303129_10232119.jpg

d0303129_10232824.jpg

d0303129_10233750.jpg

d0303129_1023449.jpg

d0303129_1023514.jpg


途中では交尾拒否しているようにも見えたが、やがて一緒に飛んでいったので、どこかで首尾良く交尾できただろうか…。

撮影機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

by mikiosu | 2017-09-16 23:59 | | Comments(2)

高原のタテハチョウたち・その3 エルタテハ&シータテハほか(2017年9月11日)

高原遠征の最後はキベリタテハ…じゃなかった(笑)。
白樺の幹にとまっていたのは…エルタテハだった(写真1)。

▼写真1 エルタテハ その1a 開翅(ノートリミング、2017年9月5日、長野県)
d0303129_25830.jpg


ちょっと拡大(写真2)。
キベリタテハとは…似てないな。

▼写真2 エルタテハ その1b 開翅(2017年9月5日、長野県)
d0303129_251632.jpg

※写真1、2はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

シータテハは複数見られた。
写真3、4はマツムシソウで吸蜜する個体。

▼写真3 シータテハ その1a 開翅(ノートリミング、2017年9月5日、長野県)
d0303129_252890.jpg

▼写真4 シータテハ その1b 開翅(2017年9月5日、長野県)
d0303129_253618.jpg

※写真3、4はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

ヒメキマダラヒカゲもマツムシソウで吸蜜(写真5、6)。
ヒメキマダラヒカゲはサラシナショウマにもきていた。サトキマダラヒカゲやヤマキマダラヒカゲと違って花にもくるし、開翅もしてくれるらしい。

▼写真5 ヒメキマダラヒカゲ その1a 開翅(ノートリミング、2017年9月5日、長野県)
d0303129_254527.jpg

▼写真6 ヒメキマダラヒカゲ その1b 開翅(2017年9月5日、長野県)
d0303129_255451.jpg

※写真5、6はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14


以下はタテハチョウ以外の蝶。…結局今回もキベリタテハにはフラれてしまった。どうも縁が薄いようである。一応キベリタテハには出会ったことがあることになっている。しかし、私が見たキベリタテハはこんな個体である。いつになったらちゃんとしたキベリタテハに出会えるのであらうか…(遠い目)。

写真7〜9はスジボソヤマキチョウ。
アザミの花に何匹かきていた。

▼写真7 スジボソヤマキチョウ その1a(ノートリミング、2017年9月5日、長野県)
d0303129_26481.jpg

▼写真8 スジボソヤマキチョウ その1b(ノートリミング、2017年9月5日、長野県)
d0303129_26128.jpg


ヒラタアブとのツーショットも(写真9)。
→スジボソヤマキチョウあらためヤマキチョウ。ヤマキチョウは初撮りになるのだが…。

▼写真9 スジボソヤマキチョウ その2→ヤマキチョウ(2017年9月5日、長野県)
d0303129_261923.jpg

※写真7〜9はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

写真10は白斑は消失しているがチャバネセセリのようであった。
チャバネセセリは今季初撮り。

▼写真10 チャバネセセリ(2017年9月5日、山梨県)
d0303129_262997.jpg

※写真10はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

チャバネセセリは高原遠征の帰りに撮ったもの。東京郊外でもこれからたくさん見られるだろう。

(注;ダンダラ様のご指摘により写真9の個体を見直したところ、ヤマキチョウのようであった。本文および写真のキャプションを訂正する。2017年9月16日。)

by mikiosu | 2017-09-11 23:59 | | Comments(9)

アカセセリ今季初撮り(2017年8月22日)

8月17日の山梨遠征では、アカセセリが今季初撮りとなった。
写真1はちょっと遠くの葉上で開翅していた♂。

▼写真1 アカセセリ♂ その1 開翅(2017年8月17日、山梨県)
d0303129_4434325.jpg


写真2、3は黄色い花で吸蜜していた別個体の♂。

▼写真2 アカセセリ♂ その2a(2017年8月17日、山梨県)
d0303129_4435146.jpg

▼写真3 アカセセリ♂ その2b 開翅(2017年8月17日、山梨県)
d0303129_4435826.jpg


写真4はウラギンヒョウモンと一緒にアザミの花にきていた♀。

▼写真4 アカセセリ♀(右側) その1(2017年8月17日、山梨県)
d0303129_444693.jpg


写真5、6はタカネナデシコにきていた♀。
ちょっと離れていてあまり良い角度では撮れなかった。花もややお疲れ気味のようだ。

▼写真5 アカセセリ♀ その2a(2017年8月17日、山梨県)
d0303129_4441657.jpg

▼写真6 アカセセリ♀ その2b 開翅(2017年8月17日、山梨県)
d0303129_4442417.jpg


撮ったときには気がつかなかったのだが、ヘリグロチャバネセセリも撮れていたようだ(写真7)。
1カットしか撮れていないので同定はちょっと難しい。多分ヘリグロチャバネセセリと思う。

▼写真7 ヘリグロチャバネセセリ♂ その1 半開翅(2017年8月17日、山梨県)
d0303129_448147.jpg


アザミの花にはスジボソヤマキチョウもきていた(写真8〜10)。

▼写真8 スジボソヤマキチョウ その1a(2017年8月17日、山梨県)
d0303129_4451099.jpg

▼写真9 スジボソヤマキチョウ その1b(ノートリミング、2017年8月17日、山梨県)
d0303129_4451740.jpg


特に意味はないけど拡大(写真10)。

▼写真10 スジボソヤマキチョウ その1c(2017年8月17日、山梨県)
d0303129_4452579.jpg


アカセセリに関しては、あまり満足できる写真は撮れなかったけれど、今季初撮りで♂も♀も撮れたのでまあ良しとしよう。(つづく)

撮影機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

by mikiosu | 2017-08-22 23:59 | | Comments(2)

2017信州旅行編 その3 ヒョウモンチョウ類とスジボソヤマキチョウ(2017年8月1日)

旅程二日目の湿地付近ではヒョウモンチョウ類も少し見られた。
写真1はオオウラギンスジヒョウモン♂。
この手のセリ科の花は似ている種が多くて困る。

▼写真1 オオウラギンスジヒョウモン♂(2017年7月20日、長野県)
d0303129_424625.jpg


道路脇の黄色い花にはメスグロヒョウモン♂がきていた(写真2)。
メスグロヒョウモンはやっと今季初撮りだ。メスグロヒョウモンの後翅裏にある白帯はオオウラギンスジヒョウモンに比べると不明瞭なのがよく分かる。

▼写真2 メスグロヒョウモン♂(ノートリミング、2017年7月20日、長野県)
d0303129_425628.jpg


午後にはやや標高の高いところにある植物園を覗いてみた。
アザミ系の花(多分オニアザミ)にはミドリヒョウモンが複数きていた(写真3)。

▼写真3 ミドリヒョウモン♂ 開翅(ノートリミング、2017年7月20日、長野県)
d0303129_43399.jpg


地を這うように咲くイブキジャコウソウにはコヒョウモンが(写真4、5)。

▼写真4 コヒョウモン その1(ノートリミング、2017年7月20日、長野県)
d0303129_431356.jpg

▼写真5 コヒョウモン その2 開翅(ノートリミング、2017年7月20日、長野県)
d0303129_431943.jpg


スジボソヤマキチョウも今季初撮りできた(写真6)。

▼写真6 スジボソヤマキチョウ その1a(ノートリミング、2017年7月20日、長野県)
d0303129_432838.jpg


口吻を伸ばしているところを拡大してみる(写真7)。

▼写真7 スジボソヤマキチョウ その1b(ノートリミング、2017年7月20日、長野県)
d0303129_433782.jpg


そこへモンキチョウ♂が絡んできた(写真8)。

▼写真8 スジボソヤマキチョウ その1c(2017年7月20日、長野県)
d0303129_434863.jpg


スジボソヤマキチョウもつられて飛んで行ってしまった(写真9、10)。

▼写真9 スジボソヤマキチョウ その1d 飛び立ち(ノートリミング、2017年7月20日、長野県)
d0303129_435712.jpg

▼写真10 スジボソヤマキチョウ その1e 飛び立ち(ノートリミング、2017年7月20日、長野県)
d0303129_44552.jpg


この日の朝、スマホで天気を確認すると予報温度は36度になっていた(汗)。そこまで気温は上がらなかったようだが、標高1500メートル以上でもかなり暑かった。夕方は早めに宿に戻ってシャワーを浴び、併設の猫カフェで夕食までの時間を過ごした。(つづく)

撮影機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

by mikiosu | 2017-08-01 23:59 | | Comments(0)

ヤマキマダラヒカゲ今季初撮り、ほか(2017年5月19日)

ぼちぼちゼフィルスも出始めたらしい。のんびりしているとせっかく撮った写真を掲載しそびれてしまうので慌てて整理をしている今日この頃(汗)。
好天の5月19日はヘムレンさん、おはるさんと今季初めて長野方面に遠征した。
あわよくばヒメギフチョウでも見られるのではないかと期待したけれど、残念ながら出会えなかった。
それでもスジボソヤマキチョウとヤマキマダラヒカゲの2種が今季初撮りとなった。
写真1はスジボソヤマキチョウ。
越冬明けはさすがに擦れている。…ひょっとすると越冬明けの個体は初めて見たかもしれない。
束の間タンポポで吸蜜してくれたものの、ほどなくどこかへ飛んで行ってしまった。

▼写真1 スジボソヤマキチョウ(2017年5月19日、長野県)
d0303129_341723.jpg


写真1、2はミヤマセセリの♀と♂。
標高が高いせいか、ミヤマセセリがあちこちで見られ、春まだ浅いと言う感じがした。

▼写真2 ミヤマセセリ♀ 開翅(2017年5月19日、長野県)
d0303129_342654.jpg

▼写真3 ミヤマセセリ♂ 開翅(2017年5月19日、長野県)
d0303129_343817.jpg


何か黒っぽいものが飛んできたと思ったらヤマキマダラヒカゲであった(写真4、5)。
かなり色の濃い個体だ。近所でも見かけるサトキマダラヒカゲを今年はまだ見ていない。

▼写真4 ヤマキマダラヒカゲ その1a(2017年5月19日、長野県)
d0303129_344920.jpg

▼写真5 ヤマキマダラヒカゲ その1b(2017年5月19日、長野県)
d0303129_35058.jpg


高原ではノビタキの姿がいくつか見られた。
40−150ミリズームレンズ&テレコンバーターで狙うのはやや厳しいが一応チャレンジしてみた。

▼写真6 ノビタキ♂ その1(2017年5月19日、長野県)
d0303129_35101.jpg

▼写真7 ノビタキ♂ その2(2017年5月19日、長野県)
d0303129_352053.jpg

▼写真8 ノビタキ♂ その3 飛翔中(とまっているのは♀)(2017年5月19日、長野県)
d0303129_352851.jpg


最後におまけ。
この日は暑かったので牧場に寄ってソフトクリームを食べた。牧場には猫が数匹いた。モンキチョウだろうか。飛んできた蝶に猫パンチをしていた。残念なことにそのシーンは撮れなかった(涙)。
猫パンチを繰り出したり、走り回ったりと元気な猫ちゃんであった。

◎今日のニャンコ ♪ その1(2017年5月19日、長野県)
d0303129_353832.jpg


黒虎猫ちゃんはこちらをひと睨み。

◎今日のニャンコ ♪ その2(2017年5月19日、長野県)
d0303129_35503.jpg


撮影機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

by mikiosu | 2017-05-19 23:59 | | Comments(0)

アセビにくる蝶たち、コツバメほか(2017年3月20日)

好天の日曜日は埼玉県の公園にコツバメ狙いで遠征した。ここは毎年コツバメが早いので有名なところ。数年前から気になっていた場所だが、拙宅からは遠いのでなかなか行けずにいた。今回はヘムレンさんが連れて行ってくれた。
ポイントにはすでに「小畦川日記」のダンダラさん、「てくてく写日記」のbanyanさん、「蝶と蜻蛉の撮影日記」のdragonbutterさんなどが来ておられた。
アセビの前で待ってもなかなかコツバメは姿を現してくれない。痺れを切らして少し周辺を歩いてみようと離れたところに登場したらしい。banyanさんからの連絡で慌てて戻る(汗)。
写真1〜4は今季初撮りのコツバメ。
途中でもう1匹登場したのだが、すぐに見えなくなってしまったようだ。

▼写真1 コツバメ その1a(2017年3月19日、埼玉県)
d0303129_1132244.jpg

※写真1はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

▼写真2 コツバメ その1b(2017年3月19日、埼玉県)
d0303129_1133330.jpg

※写真2はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

ちょっと幻光も見えた(写真3)。

▼写真3 コツバメ その1c(2017年3月19日、埼玉県)
d0303129_1134546.jpg

※写真3はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

花まで到達していないようだが、口吻を伸ばしたシーンも(写真4)。

▼写真4 コツバメ その1d(2017年3月19日、埼玉県)
d0303129_1135573.jpg

※写真4はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

コツバメはどうもピンボケ写真を連発してしまい、あまり良い写真は撮れなかったけれど、これまでアセビにくるシーンをなかなか撮れていなかったので、シーズン初撮りとしては良かった。コツバメはまだこれからチャンスがあると思うので、今季は飛翔シーンなどにもチャレンジしたい。

写真5はアセビにきていたテングチョウ。
テングチョウは吸蜜していたようだ。

▼写真5 テングチョウ(2017年3月19日、埼玉県)
d0303129_11487.jpg

※写真5はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

写真6、7はキタテハ。
キタテハは長いこと吸蜜していた。

▼写真6 キタテハ その1a(ノートリミング、2017年3月19日、埼玉県)
d0303129_1142068.jpg

▼写真7 キタテハ その1b(2017年3月19日、埼玉県)
d0303129_1143078.jpg

※写真6、7はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

撤収前に周辺をひと回りすると、別のアセビにはスジグロシロチョウがきていた。
スジグロシロチョウも今季初撮りなので喜んで撮る(写真8〜10)。

▼写真8 スジグロシロチョウ その1a(ノートリミング、2017年3月19日、埼玉県)
d0303129_1144134.jpg

▼写真9 スジグロシロチョウ その1b(2017年3月19日、埼玉県)
d0303129_1145116.jpg

▼写真10 スジグロシロチョウ その1c(2017年3月19日、埼玉県)
d0303129_115115.jpg

※写真8〜10はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

白状するとテングチョウやキタテハはもうちょっとでスルーするところだった。一応撮っておいたおかげで、アセビにくる蝶を4種類揃えることが出来た。やはり手を抜いてはいけないな(笑)。
案内していただいたヘムレンさん、現地でお会いした皆様、ありがとうございました♪

by mikiosu | 2017-03-20 11:06 | | Comments(14)

モンキチョウ今季初撮り(2017年2月17日)

好天の2月17日はヘムレンさん、おはるさんと新生蝶のモンキチョウ狙いで埼玉県まで遠征してみた。
この日は汗ばむほどの陽気で、最高気温は20度くらい。現地ではジャンパーを脱いで歩いた。
モンキチョウはあちこち飛び回っていてなかなか撮れない。もう何匹も羽化していたようで、数もそこそこ見られた。
写真1、2はモンキチョウ♂。
ちょっと前に♀と絡んで飛んだ後、ホトケノザの茎にとまってひと休み。

▼写真1 モンキチョウ♂ その1a(ノートリミング、2017年2月17日、埼玉県)
d0303129_1415756.jpg

▼写真2 モンキチョウ♂ その1b(2017年2月17日、埼玉県)
d0303129_1421028.jpg


写真3は別個体の♂。
ホトケノザで吸蜜して飛び立つ瞬間。

▼写真3 モンキチョウ♂ その2(2017年2月17日、埼玉県)
d0303129_1422611.jpg


♀も何匹かいて、カラスノエンドウなどで産卵行動していたようだが、思うように撮れず、全部割愛(苦笑)。
何とか撮れた飛翔シーンだけ載せておく(写真4)。

▼写真4 モンキチョウ♀ その1 飛翔中(2017年2月17日、埼玉県)
d0303129_1424890.jpg


キタキチョウはヒメオドリコソウで吸蜜(写真5)。

▼写真5 キタキチョウ(2017年2月17日、埼玉県)
d0303129_143037.jpg


キタテハも飛び出してきた(写真6、7)。
これはちょっと♂っぽかった。

▼写真6 キタテハ♂ その1a 開翅(2017年2月17日、埼玉県)
d0303129_1431555.jpg


左側にはモンキチョウの食草であるカラスノエンドウらしき葉っぱが伸びてきていた(写真7)。

▼写真7 キタテハ♂ その1b(2017年2月17日、埼玉県)
d0303129_1433028.jpg


サザンカにはムラサキシジミ♀がきていた(写真8)。

▼写真8 ムラサキシジミ♀ その1a(2017年2月17日、埼玉県)
d0303129_1434271.jpg


葉上で口吻を伸ばしていたので撮ってみた(写真9、10)。
以前「小畦川日記」のダンダラさんや「Butterfly & Dragonfly」のyurinさんが、口吻の先がブラシ状になっているのを撮っておられたが、そこまで鮮明にはとても撮れなかった(写真9、10)。
白状するとマクロレンズに交換して近づくとあっさり飛ばれてしまったのだった(涙)。

▼写真9 ムラサキシジミ♀ その1b(2017年2月17日、埼玉県)
d0303129_1435399.jpg

▼写真10 ムラサキシジミ♀ その1c(2017年2月17日、埼玉県)
d0303129_144580.jpg


午後はヘムレンさんの発案で別の公園に寄ってコムラサキの幼虫探しをしてみた。
3人で手分けして探し、半ば諦めかけた頃にどうにか1匹だけ見つけることができた。
写真11、12はコムラサキの越冬幼虫。

▼写真11 コムラサキ 越冬幼虫 その1a(ノートリミング、2017年2月17日、埼玉県)
d0303129_1441511.jpg

※写真11はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

今メインで使っているオリンパス機では、12−100ミリズームレンズでたいていのものは撮れてしまうが、小さな幼虫は30ミリマクロレンズで撮った方がさすがにシャープだった(写真12)。

▼写真12 コムラサキ 越冬幼虫 その1b(2017年2月17日、埼玉県)
d0303129_1442793.jpg

※写真12はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro

大きさは約11ミリ、角状突起を除くと約8ミリだ。これでも越冬幼虫としては大きいらしい。
ヤナギ科の樹の幹の東側、しゃがんで目の位置くらいなので1メートル前後の高さだった。
コムラサキの幼虫は初めてだし、越冬幼虫は難易度が高いと思うのでかなり嬉しい発見だ♪

撮影機材:※印以外はOLYMPUS OM-D E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

by mikiosu | 2017-02-17 23:59 | | Comments(8)

2016年初見の蝶たち(2017年1月3日)

2016年に撮った蝶の種類は115種と、過去最高となった。
2011年からの推移は74→77→99→96→93→115となり、昨年いかに突出しているか分かる。
これはヘムレンさんに山梨や長野方面に何度となく連れて行っていただいたおかげである。
都内で撮った種類数推移は2011年から62→70→73→72→73→71であり、例年とさほど変わりない。昨年はとうとうゴマダラチョウを一度も撮ることが無かった。ヒオドシチョウやオオムラサキ、ジャノメチョウも都内では撮れなかったので、今年はなんとかしたいところだ。

昨年初見初撮りだった蝶はホソオチョウ、コヒオドシ、ヒョウモンチョウ、クモマベニヒカゲ、ミヤマモンキチョウ、ミヤマシロチョウ、アカセセリ、メスアカミドリシジミ、ウラクロシジミ、キリシマミドリシジミ、ムモンアカシジミの11種で、これまでに見た種類数は132種になった。200種突破などまだ夢のまた夢である(遠い目)。

2016年初見初撮りの蝶からいくつかピックアップしてみる。

写真1はメスアカミドリシジミ♂。
薄暗い林道のちょっとだけ開けた場所で、陽の光に表翅をキラキラ輝かせて素早く飛ぶ姿が強く印象に残った。

▼写真1 メスアカミドリシジミ♂(2016年6月14日、山梨県)
d0303129_052859.jpg

※写真1はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

写真2はウラクロシジミ♂。
かなり遠くから撮ったのに、意外に綺麗に撮れていた。日暮れ間近、林縁を白い表翅をチラチラ光らせてゆっくり飛んでいた。今年は開翅シーンももちろんだが、できれば飛翔シーンを撮ってみたい。

▼写真2 ウラクロシジミ♂(2016年6月17日、山梨県)
d0303129_054124.jpg

※写真2はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

写真3はミヤマモンキチョウ。
触るとネバネバしているネバリノギランによくきていた。

▼写真3 ミヤマモンキチョウ♀(左側)&♂(右側)(2016年7月11日、長野県)
d0303129_055369.jpg

※写真3はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

写真4はキマダラモドキ♀。
開翅シーンはうまく撮れなかったものの、薄暗い林内で長いことモデルになってくれた。

▼写真4 キマダラモドキ♀(2016年7月24日、長野県)
d0303129_06493.jpg

※写真4はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

写真5はキリシマミドリシジミ♂。
高い(遠い)位置にとまると聞いていたので前日にテレコンを買って行った。
それでもまだ全然足りなかった。♂の開翅シーンや♀の裏翅も撮りたかったけれど、見られて、遠くから撮れただけでも嬉しかった。

▼写真5 キリシマミドリシジミ♂ その1(2016年7月30日)
d0303129_061580.jpg

※写真5はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR+AF-S テレコンバーターTC-14E Ⅲ

写真6は何かと言うと、実はキリシマミドリシジミの飛翔シーン(苦笑)。
ぶれボケぶりがひどいので載せていなかったが、今年はリベンジだ、の思いで載せておく。
念のために説明しておくと、中央やや右下に♂の裏翅が写っていて、その斜め右上には♂の開翅して飛ぶ姿が写っている…ような感じ。幻想的な雰囲気を狙って撮った…わけではないのは言うまでもあるまい(笑)。

▼写真6 キリシマミドリシジミ♂ その2 飛翔中(2016年7月30日)
d0303129_062822.jpg

※写真6はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR+AF-S テレコンバーターTC-14E Ⅲ

写真7はムモンアカシジミ。
ムモンアカシジミは交尾シーンと単独個体の両方が撮れた。確かこの日、この場所はもの凄く暑くて立っているだけで倒れそうな感じだった。

▼写真7 ムモンアカシジミ(2016年8月4日、長野県)
d0303129_064079.jpg

※写真7はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR+AF-S テレコンバーターTC-14E Ⅲ

写真8はクモマベニヒカゲ。
この日はあまり期待していなかったコヒオドシとクモマベニヒカゲの2種が撮れて、気分良く帰路についた。

▼写真8 クモマベニヒカゲ(2016年8月10日、岐阜県)
d0303129_065213.jpg

※写真8はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR+AF-S テレコンバーターTC-14E Ⅲ

こうして振り返ると全部ヘムレンさんに連れて行ってもらった時のものばかり(キリシマミドリシジミはヘムレンさんとbanyanさん、dragonbutterさんにお連れいただいた)。自力でどうにかしたものは一つもなかった。今年は少し頑張らないと何も撮れないことになりかねない。
昨年末には新しくオリンパス機も導入したことだし、気合いを入れていきたい。

by mikiosu | 2017-01-03 00:06 | | Comments(28)

キタキチョウの蛹と羽化直後(2016年10月27日)

主フィールドでムラサキシジミやウラギンシジミを観察した日は、公園外れの花壇でキタキチョウの蛹をチェックする。これが最近のパターンだ。
萩についていた蛹はかなり色が濃くなっていた(写真1、2)。
明日あたり羽化するかな(ワクワク)。

▼写真1 キタキチョウの蛹 その1a(ノートリミング、2016年10月24日、東京近郊)
d0303129_11312015.jpg

▼写真2 キタキチョウの蛹 その1b(ノートリミング、2016年10月24日、東京近郊)
d0303129_11315579.jpg


ほぼ一時間後に戻ってみると、成虫が蛹についていた(写真3)。
これは羽化したのではなく、♀の蛹に♂の成虫がきて、羽化するのを待っていると考えられている。

▼写真3 キタキチョウの蛹 その1c 成虫付き(2016年10月24日、東京近郊)
d0303129_11321491.jpg


成虫はまるで蛹を愛おしむように抱きしめている、ように見える(写真4、5)。
これで♀が羽化してきたら、♀の翅が♂の脚に絡まって羽化不全になってしまうのではないかと心配になる。

▼写真4 キタキチョウの蛹 その1d 成虫付き(ノートリミング、2016年10月24日、東京近郊)
d0303129_11322787.jpg

▼写真5 キタキチョウの蛹 その1e 成虫付き(2016年10月24日、東京近郊)
d0303129_11323995.jpg


この蛹は翌朝羽化するのではないかと考え、翌日はあさ6時過ぎに見に行ってみる。
…もう羽化しちゃってた(涙)。
写真6は羽化間もないと思われる♀(推定)。
前日羽化したのか、この日早朝に羽化したのかは分からない。この日は寒かったし、前日遅くに羽化したとしても飛んで移動するのは難しかったと思う。

▼写真6 キタキチョウ♀ その1a(2016年10月25日、東京近郊)
d0303129_11325038.jpg

※写真6はOLYMPUS OM-D E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

一応蛹殻にぶら下がる成虫の姿を撮っておく(写真7、8)。

▼写真7 キタキチョウ♀ その1b(ノートリミング、2016年10月25日、東京近郊)
d0303129_1133151.jpg

▼写真8 キタキチョウ♀ その1c(2016年10月25日、東京近郊)
d0303129_11331390.jpg


二日後に見に行ってみるとまだ蛹は4〜5個くらいあった。
蛹を探していると奥の方には成虫が3匹とまっていた(写真9)。

▼写真9 キタキチョウ その2a(ノートリミング、2016年10月27日、東京近郊)
d0303129_11332465.jpg


うっかりして羽化殻をチェックしなかった。翅頂に欠けのある個体もいたので全部が羽化直後ということではないようだ(写真10)。

▼写真10 キタキチョウ その2b(2016年10月27日、東京近郊)
d0303129_11333523.jpg


そう言えばキタキチョウも成虫越冬ということになっている。真冬にはまだ見たことがない。テングチョウとともに真冬の越冬姿を見るのが課題だ。

撮影機材:※印以外はOLYMPUS OM-D E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

by mikiosu | 2016-10-27 23:59 | | Comments(2)

花壇の蝶たち(2016年10月20日)

昨秋アオスジアゲハをたくさん見かけた主フィールドの花壇のウインターコスモスを時折観察に行く。
アオスジアゲハはまったく来ていない。
今季よく見かけるのはウラナミシジミ(写真1)。
翅頂部分が少し欠けていた。鳥に突つかれたのだろうか。

▼写真1 ウラナミシジミ(ノートリミング、2016年10月16日、東京近郊)
d0303129_14382926.jpg


ツマグロヒョウモンもよく見られる(写真2)。

▼写真2 ツマグロヒョウモン♀(ノートリミング、2016年10月16日、東京近郊)
d0303129_14391818.jpg


この日はチャバネセセリもきていた(写真3)。

▼写真3 チャバネセセリ その1a(ノートリミング、2016年10月16日、東京近郊)
d0303129_14392816.jpg


チャバネセセリの白い小さな斑紋はどうもはっきりしないが、この個体の斑紋はちょっとズレていたように思う(写真4)。

▼写真4 チャバネセセリ その1b(2016年10月16日、東京近郊)
d0303129_1439395.jpg


キタキチョウは順光(写真5)と逆光(写真6)で撮ってみた。

▼写真5 キタキチョウ その1a 順光で(ノートリミング、2016年10月16日、東京近郊)
d0303129_1439501.jpg

▼写真6 キタキチョウ その1b 逆光で(ノートリミング、2016年10月16日、東京近郊)
d0303129_1440015.jpg


二日後はモンキチョウも順光と逆光で撮ってみた。

▼写真7 モンキチョウ その1a 順光(ノートリミング、2016年10月18日、東京近郊)
d0303129_14401019.jpg

▼写真8 モンキチョウ その1b 逆光(ノートリミング、2016年10月18日、東京近郊)
d0303129_1440217.jpg

▼写真9 モンキチョウ その1c 逆光(ノートリミング、2016年10月18日、東京近郊)
d0303129_14403144.jpg

▼写真10 モンキチョウ その1d 逆光(ノートリミング、2016年10月18日、東京近郊)
d0303129_14404177.jpg


モンキチョウを撮っているとヤマトシジミの求愛シーンがフレームに入ってきた(写真11)。

▼写真11 ヤマトシジミの求愛シーン その1a(ノートリミング、2016年10月18日、東京近郊)
d0303129_14405335.jpg


少し角度を変えてヤマトシジミを狙った(写真12)。
残念ながら交尾には至らなかった。

▼写真12 ヤマトシジミの求愛シーン その1b(2016年10月18日、東京近郊)
d0303129_1441395.jpg


それにしてもアオスジアゲハはどうしちゃったのか。昨年は幼虫もたくさん見られた。昨年が多過ぎたのだろうか。

撮影機材:ニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR+AF-S テレコンバーターTC-14E Ⅲ

by mikiosu | 2016-10-20 19:30 | | Comments(4)