タグ:セセリチョウ科 ( 98 ) タグの人気記事

ギフチョウ撮れずの記(2017年3月25日)

まずまずの天気が予想された3月24日は、ヘムレンさんとギフチョウ狙いで出かけてみた。
結論から言うとギフチョウは見られず仕舞いだった(涙)。
この日の予想最高気温は15度。現地に着いた午前中は10度未満で、日が陰るとやや寒いくらい。やはりちょっと早かったか…。
山麓では、日が照りつけるとテングチョウが飛び回っていい感じに思えた(写真1)。

▼写真1 テングチョウ 開翅(2017年3月24日、神奈川県)
d0303129_12294199.jpg


山麓をひと回りしてから山頂を目指す。中腹ではまったく蝶の姿がない。
山頂ではヒオドシチョウとミヤマセセリ♂が時折バトルを繰り広げる。
写真2は山頂で撮ったミヤマセセリ♂。

▼写真2 ミヤマセセリ♂ 開翅(2017年3月24日、神奈川県)
d0303129_1229508.jpg


写真3、4はヒオドシチョウ。

▼写真3 ヒオドシチョウ その1a 開翅(2017年3月24日、神奈川県)
d0303129_1230142.jpg

▼写真4 ヒオドシチョウ その1b 開翅(ノートリミング、2017年3月24日、神奈川県)
d0303129_12301192.jpg


写真5、6は山頂直下の倒木にいたヒオドシチョウ。

▼写真5 ヒオドシチョウ その2a 開翅(ノートリミング、2017年3月24日、神奈川県)
d0303129_12302245.jpg

▼写真6 ヒオドシチョウ その2b 開翅(2017年3月24日、神奈川県)
d0303129_12303248.jpg


ヒオドシチョウは3〜4匹はいたようだ。
ギフチョウが上ってくるのを期待したけれど、残念ながらまったく見られなかった。

せめてコツバメやスギタニルリシジミでも撮れれば良かったが、それらもまったく見られず、まだこれからということだろう。
ただし、ギフチョウに関しては目撃情報はあった。
われわれとは別ルートで山頂に登ってこられたご夫婦によると、下の方で飛んでいるのを見かけたということであった。
山頂で1時間ほど粘ってから山麓におりるとカメラマン氏が二人ほどおられた。山麓でもギフチョウの姿は見られなかったとのことであったが、山頂からおりてきたカップルが山頂で4匹見たと言っていたらしい。
このカップルはわれわれが登る時に山頂直下の階段で擦れ違った方たちと思われるので、もう少し早ければわれわれも見られたのかもしれない。

山麓でも山頂でもタチツボスミレは既に咲いていた(写真7)。

▼写真7 タチツボスミレ(2017年3月24日、神奈川県)
d0303129_12304358.jpg


山頂直下のキブシは咲きはじめというところか(写真8)。

▼写真8 キブシ(2017年3月24日、神奈川県)
d0303129_12305224.jpg


山麓では梅が満開で、桜はこれから。ミツバツツジはまだまだ先という感じがした。

追記:この日通りかかった限りでは、道路沿いに2つある駐車場のうちひとつは他の目的に使用されていて、車を止められなくなっていた。土日に車で行かれる人は注意が必要かもしれない。

撮影機材:OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

[PR]

by mikiosu | 2017-03-25 23:59 | | Comments(8)

アセビのコツバメ再び(2017年3月23日)

3月22日はどこに行くかはっきり決めないまま蝶友と集合。あれこれ考えた末先日と同じ公園に遠征した。
12時前に昼飯を調達しにコンビニに行って、戻ると12時10分頃。先に来ておられた蝶散歩さんによると12時前後にコツバメが来ていたとのこと。先日も12時前後に2度ほど現れたので、この時間を外してはいけないのかもしれない。
アセビの近くで立ったままおにぎりを頬張り、待つことしばし。12時20分頃にまた出てきてくれた。
写真1〜3はアセビにきたコツバメ。
前回はピンボケ写真を量産してしまったので慎重にピントを合わせる(苦笑)。

▼写真1 コツバメ その1a(ノートリミング、2017年3月22日、埼玉県)
d0303129_18143181.jpg

▼写真2 コツバメ その1b(ノートリミング、2017年3月22日、埼玉県)
d0303129_18144716.jpg


もうちょっとじっくり撮りたかったけれど、1〜2分で飛び去ってしまった。それでも、油絵の具を塗り重ねたようなコツバメの質感が撮れたように思う(写真3)。

▼写真3 コツバメ その1c(2017年3月22日、埼玉県)
d0303129_18145737.jpg

※写真1〜3はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO & Tele Converter MC-14

次に現れたのは13時過ぎ。2度目も1〜2分で飛び去ってしまった。同じ個体の可能性が高いが、その2としておく(写真4、5)。

▼写真4 コツバメ その2a(2017年3月22日、埼玉県)
d0303129_1815787.jpg


この時はアセビの花の上で口吻を伸ばしながら、しきりに前脚で擦るような仕草をしていた(写真5)。

▼写真5 コツバメ その2b(2017年3月22日、埼玉県)
d0303129_18151893.jpg

※写真4、5はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

チャンスがあればコツバメが飛び立つシーンも撮りたかったが、思うようにいかない。それはまた次回以降に持ち越しとなった。

写真6〜8は午前中に撮ったミヤマセセリ♂。

▼写真6 ミヤマセセリ♂ その1a(2017年3月22日、埼玉県)
d0303129_18152921.jpg

▼写真7 ミヤマセセリ♂ その1b(2017年3月22日、埼玉県)
d0303129_18154346.jpg


この個体はユキヤナギの花にとまって吸蜜してくれるかと期待したけれど、あっという間に移動してしまった。
一応口吻は花に届いていたようだ(写真8)。

▼写真8 ミヤマセセリ♂ その1c(2017年3月22日、埼玉県)
d0303129_18155471.jpg

※写真6〜8はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

取りあえずミヤマセセリとコツバメが撮れたので、あまり粘らずに撤収した。公園内ではスジグロシロチョウ、モンシロチョウ、ベニシジミなども撮影した。それらは全部割愛(笑)。
[PR]

by mikiosu | 2017-03-23 18:15 | | Comments(2)

スプリング・エフェメラル第一弾、ミヤマセセリほか(2017年3月18日)

丘陵方面ではもうだいぶ前にミヤマセセリが出ていたらしい。
3月17日にはヘムレンさん、おはるさんと丘陵方面に出かけてみた。
雑木林を抜けてやや開けたピークに着いてみると、黒い影が目の端を横切るのが見えた。
ミヤマセセリだ。
写真1、2はミヤマセセリ♂。
枯れ枝の先端にとまってひと休みする。

▼写真1 ミヤマセセリ♂ その1a 開翅(2017年3月17日、埼玉県)
d0303129_1145191.jpg


小飛して笹の葉上にとまる(写真2)。
この個体は新鮮そうだった。

▼写真2 ミヤマセセリ♂ その1b 開翅(2017年3月17日、埼玉県)
d0303129_11453414.jpg


少し移動して例年コツバメを撮るポイントもチェックしてみる。
コツバメはいなかったけれど、ここにもミヤマセセリがいた。
写真3はオオイヌノフグリで吸蜜するミヤマセセリ♂。

▼写真3 ミヤマセセリ♂ その2a 腹面(2017年3月17日、東京郊外)
d0303129_11454983.jpg


この個体はハコベでも吸蜜してくれた(写真4)。

▼写真4 ミヤマセセリ♂ その2b 開翅(2017年3月17日、東京郊外)
d0303129_1146055.jpg


余談だが、ミヤマセセリとダイミョウセセリは小首を傾げると思う(写真5)。

▼写真5 ミヤマセセリ♂ その2c 開翅(2017年3月17日、東京郊外)
d0303129_11461083.jpg


写真6は伐採木にやってきて開翅したヒオドシチョウ。
写真1のミヤマセセリ♂がこのヒオドシチョウを追飛して追い払ってしまった。

▼写真6 ヒオドシチョウ その1a 開翅(ノートリミング、2017年3月17日、埼玉県)
d0303129_11461954.jpg


しかし、しばらくするとヒオドシチョウは戻ってきた(写真7)。

▼写真7 ヒオドシチョウ その1b(2017年3月17日、埼玉県)
d0303129_11462952.jpg


帰りには柵にとまるヒオドシチョウも見つけた(写真8)。
あとで仔細に見ると同じ個体のようだった。

▼写真8 ヒオドシチョウ その1c(2017年3月17日、埼玉県)
d0303129_11463920.jpg


この個体は木柵で開翅したり(写真9)、すぐ脇の笹の葉上で開翅したりと(写真10)、なかなかサービス精神旺盛だった。

▼写真9 ヒオドシチョウ その1d 開翅(2017年3月17日、埼玉県)
d0303129_11465186.jpg

▼写真10 ヒオドシチョウ その1e 開翅(2017年3月17日、埼玉県)
d0303129_1147130.jpg


実はこの日のお目当ては数日前にヘムレンさんが見つけたオオミドリシジミの越冬卵。
葉っぱが伸びて卵を隠しそうになっていたが、何とか撮れた(写真11)。
それにしても、野外でこんな卵を見つける人の気が知れない(笑)。

▼写真11 オオミドリシジミの越冬卵(2017年3月17日、埼玉県)
d0303129_11471211.jpg

※写真11はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro&エレクトロニックフラッシュFL-600R

卵と言えば2月に都区内の公園でミドリシジミの越冬卵を撮っていた(写真12)。
こちらはおはるさんに教えていただいたもの。あまり綺麗には撮れなかったけれど…(汗)。

▼写真12 ミドリシジミの越冬卵(2017年2月12日、東京都区内)
d0303129_11472342.jpg

※写真12はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro&エレクトロニックフラッシュFL-600R

ミヤマセセリやヒオドシチョウが撮れると、今年もいよいよ開幕かな、という感じがしないでもない。今年は新しい機材を投入したことだし、例年以上に気合いを入れて撮りたい!

撮影機材:※印以外はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

[PR]

by mikiosu | 2017-03-18 12:00 | | Comments(8)

花壇の蝶たち(2016年10月20日)

昨秋アオスジアゲハをたくさん見かけた主フィールドの花壇のウインターコスモスを時折観察に行く。
アオスジアゲハはまったく来ていない。
今季よく見かけるのはウラナミシジミ(写真1)。
翅頂部分が少し欠けていた。鳥に突つかれたのだろうか。

▼写真1 ウラナミシジミ(ノートリミング、2016年10月16日、東京近郊)
d0303129_14382926.jpg


ツマグロヒョウモンもよく見られる(写真2)。

▼写真2 ツマグロヒョウモン♀(ノートリミング、2016年10月16日、東京近郊)
d0303129_14391818.jpg


この日はチャバネセセリもきていた(写真3)。

▼写真3 チャバネセセリ その1a(ノートリミング、2016年10月16日、東京近郊)
d0303129_14392816.jpg


チャバネセセリの白い小さな斑紋はどうもはっきりしないが、この個体の斑紋はちょっとズレていたように思う(写真4)。

▼写真4 チャバネセセリ その1b(2016年10月16日、東京近郊)
d0303129_1439395.jpg


キタキチョウは順光(写真5)と逆光(写真6)で撮ってみた。

▼写真5 キタキチョウ その1a 順光で(ノートリミング、2016年10月16日、東京近郊)
d0303129_1439501.jpg

▼写真6 キタキチョウ その1b 逆光で(ノートリミング、2016年10月16日、東京近郊)
d0303129_1440015.jpg


二日後はモンキチョウも順光と逆光で撮ってみた。

▼写真7 モンキチョウ その1a 順光(ノートリミング、2016年10月18日、東京近郊)
d0303129_14401019.jpg

▼写真8 モンキチョウ その1b 逆光(ノートリミング、2016年10月18日、東京近郊)
d0303129_1440217.jpg

▼写真9 モンキチョウ その1c 逆光(ノートリミング、2016年10月18日、東京近郊)
d0303129_14403144.jpg

▼写真10 モンキチョウ その1d 逆光(ノートリミング、2016年10月18日、東京近郊)
d0303129_14404177.jpg


モンキチョウを撮っているとヤマトシジミの求愛シーンがフレームに入ってきた(写真11)。

▼写真11 ヤマトシジミの求愛シーン その1a(ノートリミング、2016年10月18日、東京近郊)
d0303129_14405335.jpg


少し角度を変えてヤマトシジミを狙った(写真12)。
残念ながら交尾には至らなかった。

▼写真12 ヤマトシジミの求愛シーン その1b(2016年10月18日、東京近郊)
d0303129_1441395.jpg


それにしてもアオスジアゲハはどうしちゃったのか。昨年は幼虫もたくさん見られた。昨年が多過ぎたのだろうか。

撮影機材:ニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR+AF-S テレコンバーターTC-14E Ⅲ

[PR]

by mikiosu | 2016-10-20 19:30 | | Comments(4)

MFのセセリチョウたち(2016年9月6日)

9月に入って近所の公園でも主フィールドでもイチモンジセセリの姿が目立つ。
写真1は主フィールドのヤブガラシにきていたイチモンジセセリ。
前にいるのが♀、後ろが♂で、求愛行動のようだった。

▼写真1 イチモンジセセリの求愛シーン(ノートリミング、2016年9月2日、東京近郊)
d0303129_12394769.jpg


写真2はばらけたあとの♀。

▼写真2 イチモンジセセリ♀(2016年9月2日、東京近郊)
d0303129_1240128.jpg


写真3はばらけたあとの♂。
♂の方が複眼が大きく、後翅裏の白い紋がやや不揃いなのがおわかりいただけるだろうか。

▼写真3 イチモンジセセリ♂(2016年9月2日、東京近郊)
d0303129_12401376.jpg


写真4はキマダラセセリ。
これもヤブガラシにきていた。この時期はヤブガラシとキツネノマゴが大人気だ。

▼写真4 キマダラセセリ(ノートリミング、2016年9月2日、東京近郊)
d0303129_12402591.jpg


先日キタキチョウの卵を見かけた萩の葉っぱをチェックしてみると、そこにはチャバネセセリがいた(写真5)。
今季初撮りなのだが、既に擦れていた。

▼写真5 チャバネセセリ その1a(ノートリミング、2016年9月2日、東京近郊)
d0303129_12403626.jpg


拡大してみた(写真6)。
オリンパス機の60ミリマクロは35ミリ換算で120ミリになる。解像度も高くて評判通りの良いレンズと思う。

▼写真6 チャバネセセリ その1b(2016年9月2日、東京近郊)
d0303129_12404944.jpg


写真7、8はダイミョウセセリ。
キツネノマゴにきていた。

▼写真7 ダイミョウセセリ その1a(ノートリミング、2016年9月2日、東京近郊)
d0303129_1241288.jpg


腹面からも撮ってみた(写真8)。結構新鮮な個体のようだった。

▼写真8 ダイミョウセセリ その1b 腹面(2016年9月2日、東京近郊)
d0303129_12411479.jpg


セセリチョウ科ではないが、写真9、10は主フィールドでは少数派のベニシジミ。

▼写真9 ベニシジミ その1a(2016年9月2日、東京近郊)
d0303129_12412522.jpg


触角を拭おうとでもしていたのか、脚をばたつかせていた(写真10)。

▼写真10 ベニシジミ その1b(2016年9月2日、東京近郊)
d0303129_12414276.jpg


シジミチョウ類はこういうところが何とも言えず可愛らしい(笑)。思いがけずこんなシーンを見つけると、フィールド散策をしていて良かったあ、と思ったりしないだろうか。

撮影機材:OLYMPUS OM-D E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

[PR]

by mikiosu | 2016-09-06 23:59 | | Comments(2)

高原の花にくる蝶たち(2016年9月4日)

入笠高原で撮ったクジャクチョウ以外の蝶たちを載せておきたい。
写真1、2はギンボシヒョウモン。
ヒョウモンチョウ類はギンボシヒョウモンとミドリヒョウモンが多かった。
写真1は試しに12−40ミリズームレンズで撮ってみたもの。12−40ミリと言えば広角ズームのように思えるが、35ミリ換算で24−80ミリなので寄れる標準ズームとして使える。写真1はテレ端で撮っている。

▼写真1 ギンボシヒョウモン その1 開翅(2016年9月1日、長野県)
d0303129_2411848.jpg

※写真7、8はOLYMPUS OM-D E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

写真2は300ミリ単焦点レンズ+1.4倍テレコンで撮ったもの。
ギンボシヒョウモンやミドリヒョウモンはアザミによくきていた。ミドリヒョウモンは割愛(笑)。

▼写真2 ギンボシヒョウモン その2 開翅(2016年9月1日、長野県)
d0303129_2413296.jpg


写真3はシータテハ。
マツムシソウにきているクジャクチョウを撮っていると、すぐ近くにやってきた。数日前に山梨県で撮った個体より裏翅の色がかなり薄い。多分♀なのだろう。

▼写真3 シータテハ♀(2016年9月1日、長野県)
d0303129_2414465.jpg


マツムシソウにきていたアカタテハは60ミリマクロで撮ってみた(写真4)。

▼写真4 アカタテハ(2016年9月1日、長野県)
d0303129_2415776.jpg

※写真4はOLYMPUS OM-D E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

写真5〜8はマツムシソウにきていたキアゲハ。多分♂だろう。
写真5、6は300ミリ単焦点レンズ、写真7、8は12−40ミリズームレンズで撮ってみたもの。

▼写真5 キアゲハ♂ その1a 半開翅(ノートリミング、2016年9月1日、長野県)
d0303129_2421373.jpg

▼写真6 キアゲハ♂ その1b 開翅(2016年9月1日、長野県)
d0303129_2422557.jpg

▼写真7 キアゲハ♂ その1c(2016年9月1日、長野県)
d0303129_2423734.jpg

▼写真8 キアゲハ♂ その1d 開翅(2016年9月1日、長野県)
d0303129_2424989.jpg

※写真7、8はOLYMPUS OM-D E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-40mm F2.8 PRO

アザミにきていたモンキチョウ♀に♂が絡んでいた(写真9)。

▼写真9 モンキチョウ その1 求愛シーン(2016年9月1日、長野県)
d0303129_243089.jpg


ノコンギクにきていた個体は逆光で撮影(写真10)。

▼写真10 モンキチョウ その2(ノートリミング、2016年9月1日、長野県)
d0303129_243111.jpg

※写真10はOLYMPUS OM-D E-M1 & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

アザミにはスジボソヤマキチョウもきていた(写真11)。

▼写真11 スジボソヤマキチョウ(2016年9月1日、長野県)
d0303129_2432295.jpg


イチモンジセセリもマツムシソウで吸蜜(写真12)。
マツムシソウは蝶や蜂たちに大人気だった。

▼写真12 イチモンジセセリ(2016年9月1日、長野県)
d0303129_2433551.jpg


セセリチョウ類はイチモンジセセリだけか、と思ったらそうでもなく、まだアカセセリが頑張っていた(写真13)。

▼写真13 アカセセリ♀&クジャクチョウ(2016年9月1日、長野県)
d0303129_244227.jpg


裏翅シーンはブレていて判別が難しかったけれどアカセセリ♀と思われた。

撮影機材:※印以外はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR+AF-S テレコンバーターTC-14E Ⅲ

[PR]

by mikiosu | 2016-09-04 23:59 | | Comments(2)

シジミチョウ類5種、ほか(2016年8月14日)

長野遠征当日の朝、自宅前の草むらでヤマトシジミ♂を見つけた(写真1)。

▼写真1 ヤマトシジミ♂ その1a(ノートリミング、2016年8月9日、都区内)
d0303129_1429087.jpg


撮りなさいとばかりに開翅するのでザックからカメラを取り出して撮った(写真2、3)。

▼写真2 ヤマトシジミ♂ その1b 開翅(ノートリミング、2016年8月9日、都区内)
d0303129_14293031.jpg

▼写真3 ヤマトシジミ♂ その1c 開翅(ノートリミング、2016年8月9日、都区内)
d0303129_1429451.jpg


別個体も開翅してくれた(写真4)。

▼写真4 ヤマトシジミ♂ その2 開翅(2016年8月9日、都区内)
d0303129_14295832.jpg


遠征先のゴマシジミのポイント付近では表翅の青い蝶がいた。追いかけてムシトリナデシコにとまったところを撮ってみるとウラナミシジミだった(写真5)。

▼写真5 ウラナミシジミ♂(2016年8月9日、長野県)
d0303129_1430913.jpg


近くのクズの花にはウラギンシジミ♀がきていた。
写真6は小飛して葉上で開翅したところ。

▼写真6 ウラギンシジミ♀ 開翅(2016年8月9日、長野県)
d0303129_14302540.jpg


午後遅く、宿についてから暗くなる前に近所を少し歩くとゴイシシジミの姿も見られた(写真7)。

▼写真7 ゴイシシジミ♂ その1a(ノートリミング、2016年8月9日、長野県)
d0303129_14303886.jpg


今日羽化したばかりかな、というほど綺麗な個体。前翅の尖り方から♂ではないかと推測する(写真8)。

▼写真8 ゴイシシジミ♂ その1b(2016年8月9日、長野県)
d0303129_14305135.jpg


夕食後、すっかり暗くなってから駐車場のトイレや自販機などをチェックして蛾を撮ったりした(笑)。
自販機にはなんとカラスシジミがきていた(写真9、10)。
今年はカラスシジミを撮り損なったと思っていたので嬉しい出会いだ。

▼写真9 カラスシジミ その1a(2016年8月9日、長野県)
d0303129_1431657.jpg

▼写真10 カラスシジミ その1b(2016年8月9日、長野県)
d0303129_14311972.jpg

※写真9、10はニコンD7200+MB−D15 & シグマAPO MACRO 150mm f/2.8 EX DG OS HSM&スピードライトSB-910

この日はゴマシジミも撮っているので一日にシジミチョウ類6種撮ったことになる。そう言えばベニシジミもいたのに横着して撮らないでしまった。撮っておけば良かったかな(苦笑)。

最後はおまけのアカセセリ(写真11、12)。
ゴマシジミのポイントのアカツメクサにきていた♀。

▼写真11 アカセセリ♀ その1a(2016年8月9日、長野県)
d0303129_14313485.jpg

▼写真12 アカセセリ♀ その1b(2016年8月9日、長野県)
d0303129_14314545.jpg


今季は「ヘムレンのNature Photo」のヘムレンさんに山梨・長野方面によく連れて行ってもらったのでアカセセリにはたくさん出会えた♪

撮影機材:※印以外はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR+AF-S テレコンバーターTC-14E Ⅲ

[PR]

by mikiosu | 2016-08-14 23:59 | | Comments(10)

エルタテハ&アサギマダラ、ほか(2016年8月6日)

昼食のあとは、ベニヒカゲがたくさんいた高原からちょっと移動して街道脇でアサギマダラなどを観察した。

写真1は移動前に撮ったエルタテハ。
よく分からないがたくさん咲いていたマーガレットのような花にきていた。フランスギクなのかもしれない。エルタテハが花にくるところは初めてなので喜んで撮る。

▼写真1 エルタテハ その1(2016年8月4日、長野県)
d0303129_14574319.jpg


写真2、3は移動後に道路脇で撮ったエルタテハ。
翅はこちらの方がずっと綺麗だった。

▼写真2 エルタテハ その2a 開翅(2016年8月4日、長野県)
d0303129_14575510.jpg


翅を閉じると保護色でよく見えない(写真3)。

▼写真3 エルタテハ その2b(2016年8月4日、長野県)
d0303129_1458781.jpg


この日はアサギマダラの姿がかなり見られた。
写真4、5はヨツバヒヨドリで吸蜜する♂。

▼写真4 アサギマダラ♂ その1(ノートリミング、2016年8月4日、長野県)
d0303129_14581994.jpg

▼写真5 アサギマダラ♂ その2 開翅(ノートリミング、2016年8月4日、長野県)
d0303129_14583187.jpg


写真6はノアザミで吸蜜していた♂が飛び立ったところ。

▼写真6 アサギマダラ♂ その3 飛び立ち(2016年8月4日、長野県)
d0303129_14584538.jpg


♀もヨツバヒヨドリで吸蜜していた(写真7)。
ヒヨドリバナにくるのは♂だけではないのだ。

▼写真7 アサギマダラ♀(ノートリミング、2016年8月4日、長野県)
d0303129_14585876.jpg


ヒメキマダラヒカゲもヨツバヒヨドリにきていた(写真8)。

▼写真8 ヒメキマダラヒカゲ(2016年8月4日、長野県)
d0303129_14591045.jpg


クロヒカゲは道路脇のクマザサで産卵行動(写真9)。

▼写真9 クロヒカゲ♀ 産卵中(ノートリミング、2016年8月4日、長野県)
d0303129_14592271.jpg


あとで笹の葉をひっくり返してみると…やはり産卵していた(写真10)。
卵だけ単独で見たら、ヒカゲチョウの卵と区別するのは難しそうだ。

▼写真10 クロヒカゲの卵(2016年8月4日、長野県)
d0303129_14593282.jpg

※写真10はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

この界隈では新鮮なオオチャバネセセリが複数見られた(写真11、12)。

▼写真11 オオチャバネセセリ その1 開翅(2016年8月4日、長野県)
d0303129_14594214.jpg


ちょっと♀っぽい個体はノアザミで吸蜜(写真12)。

▼写真12 オオチャバネセセリ その2(2016年8月4日、長野県)
d0303129_14595364.jpg


アカセセリを見たかったが、ほかにいたのはコキマダラセセリ♀(写真13)。
今季はかなり撮ったのでもう結構と言いかけたが、ハクサンフウロで吸蜜していたので撮っておいた(笑)。

▼写真13 コキマダラセセリ♀ 開翅(2016年8月4日、長野県)
d0303129_150871.jpg


クマザサ付近にはゴイシシジミが複数飛んでいた。
近くの葉上にとまったのを見ると、何だかとても大きい(写真14、15)。

▼写真14 ゴイシシジミ その1(ノートリミング、2016年8月4日、長野県)
d0303129_1501816.jpg

▼写真15 ゴイシシジミ その2(ノートリミング、2016年8月4日、長野県)
d0303129_1502636.jpg


大体♀の方が大きいのではないかと思うが、それにしても大きかった。
前翅の白い部分が目立つのも♀の特徴(写真16)。

▼写真16 ゴイシシジミ♀ その3 半開翅(2016年8月4日、長野県)
d0303129_1503692.jpg


笹の葉裏をチェックするとアブラムシはたくさん見られたものの、ゴイシシジミの卵や幼虫は見当たらなかった。2〜3年前から狙っているのに、いつになったら撮れるのか…。(つづく)


撮影機材:※印以外はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR+AF-S テレコンバーターTC-14E Ⅲ

[PR]

by mikiosu | 2016-08-06 21:02 | | Comments(0)

ジョウザンミドリシジミ今季初撮り、ほか(2016年7月28日)

長野県側のポイントではジョウザンミドリシジミのテリバリシーンが今季ようやく初撮りできた。
写真1はノートリミング画像。
150ミリマクロレンズではちょっと遠かったかもしれない。

▼写真1 ジョウザンミドリシジミ♂ その1a 開翅(ノートリミング、2016年7月24日、長野県)
d0303129_6281584.jpg


葉っぱ被りになりやすい微妙な高さ&角度ではあったが、♂の表翅はまずまず綺麗に見えた(写真2〜5)。

▼写真2 ジョウザンミドリシジミ♂ その1b 開翅(2016年7月24日、長野県)
d0303129_62829100.jpg

▼写真3 ジョウザンミドリシジミ♂ その1c 開翅(2016年7月24日、長野県)
d0303129_6284280.jpg

▼写真4 ジョウザンミドリシジミ♂ その1d 開翅(2016年7月24日、長野県)
d0303129_6285139.jpg

▼写真5 ジョウザンミドリシジミ♂ その1e 開翅(2016年7月24日、長野県)
d0303129_629212.jpg

※写真1〜5はニコンD7200+MB−D15 & シグマAPO MACRO 150mm f/2.8 EX DG OS HSM

写真6、7はヤマトシジミ♂。
テリバリするジョウザンミドリシジミ♂に散々いじめられていた。
実はこの個体の同定にかなり苦労した。撮影時はルリシジミと思っていたし、掲載前にはひょっとしてヒメシジミ♂とか尾状突起の欠けたツバメシジミ♂かと思ったり…。複眼が写っていないがどうやらヤマトシジミ♂のようだ。

▼写真6 ヤマトシジミ♂ その1a 開翅(2016年7月24日、長野県)
d0303129_6313082.jpg

▼写真7 ヤマトシジミ♂ その1b 開翅(2016年7月24日、長野県)
d0303129_6314039.jpg

※写真6、7はニコンD7200+MB−D15 & シグマAPO MACRO 150mm f/2.8 EX DG OS HSM

近くには擦れたウラゴマダラシジミもまだ頑張っていた(写真8)。

▼写真8 ウラゴマダラシジミ 半開翅(2016年7月24日、長野県)
d0303129_6315188.jpg

※写真8はニコンD7200+MB−D15 & シグマAPO MACRO 150mm f/2.8 EX DG OS HSM

アザミにはコキマダラセセリ♀(写真9)。

▼写真9 コキマダラセセリ♀ その1(2016年7月24日、長野県)
d0303129_632710.jpg


こちらは開翅シーン(写真10)。

▼写真10 コキマダラセセリ♀ その2 開翅(ノートリミング、2016年7月24日、長野県)
d0303129_6321796.jpg

※写真9、10はニコンD7200+MB−D15 & シグマAPO MACRO 150mm f/2.8 EX DG OS HSM

この日たくさん見られたのはヘリグロチャバネセセリだった(写真11〜18)。
写真11はマツムシソウの蕾にとまっている♂。

▼写真11 ヘリグロチャバネセセリ♂ その1(ノートリミング、2016年7月24日、長野県)
d0303129_6323419.jpg

※写真11はニコンD7200+MB−D15 & シグマAPO MACRO 150mm f/2.8 EX DG OS HSM

写真12はピンクの花で吸蜜する♂。
この花はトウバナかな。

▼写真12 ヘリグロチャバネセセリ♂ その2(2016年7月24日、長野県)
d0303129_6324393.jpg

※写真12はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

写真13〜15は葉上にとまって翅を開くところ。

▼写真13 ヘリグロチャバネセセリ♂ その3a(2016年7月24日、長野県)
d0303129_6325576.jpg

▼写真14 ヘリグロチャバネセセリ♂ その3b 半開翅(2016年7月24日、長野県)
d0303129_6331091.jpg

▼写真15 ヘリグロチャバネセセリ♂ その3c 半開翅(2016年7月24日、長野県)
d0303129_6332276.jpg

※写真13〜15はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

写真16、17は翅を開いたところ。

▼写真16 ヘリグロチャバネセセリ♂ その4a 開翅(2016年7月24日、長野県)
d0303129_6333484.jpg

▼写真17 ヘリグロチャバネセセリ♂ その4b 開翅(2016年7月24日、長野県)
d0303129_6334473.jpg

※写真16、17はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

写真18は完全に開いたところ。

▼写真18 ヘリグロチャバネセセリ♂ その5 開翅(2016年7月24日、長野県)
d0303129_6335395.jpg

※写真18はニコンD7200+MB−D15 & シグマAPO MACRO 150mm f/2.8 EX DG OS HSM

これでヘリグロチャバネセセリの同定に悩むこともなくなるか…というとそうでもなく、裏翅しか撮れない時にはやはり心もとないのであった(涙)。
[PR]

by mikiosu | 2016-07-28 23:59 | | Comments(2)

信州旅行2016、その2(2016年7月22日)

旅程二日目は、宿泊した渋温泉郷からバスで志賀高原へ行ってみた。
写真1はバス停に向かう途中で撮ったダイミョウセセリ。

▼写真1 ダイミョウセセリ(2016年7月19日、長野県)
d0303129_9355576.jpg

※写真1はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED

バス停は普段は橋の近くにあるが、今は橋を修理中のために高台に移転してあった。写真2は高台に上がったついでに撮った渋温泉郷の眺め。中央の赤い屋根の建物が金具屋。

▼写真2 渋温泉郷(2016年7月19日、長野県)
d0303129_936715.jpg

※写真2はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

朝8時過ぎのバスなら志賀高原まで直通だったのだが、のんびり9時過ぎのバスで出たので、途中の蓮池で1時間ほどバスの乗り継ぎ時間があった。
あせらず蓮池をひと回りするなどして過ごす。
写真3は蓮池の様子。ここは標高1500メートルくらい。

▼写真3 蓮池(2016年7月19日、長野県)
d0303129_9561217.jpg

※写真3はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

よく分からないがここにあるのはハスではなくヒツジグサらしい。ヒツジグサの葉上に見慣れないトンボがとまっていた。
腰の辺りが赤く、腹部背面に橙色の斑紋があるのでカオジロトンボ♂と思う。
白い顔を見られなかったのは残念だ。

▼写真4 カオジロトンボ♂ その1a(ノートリミング、2016年7月19日、長野県)
d0303129_9363013.jpg

▼写真5 カオジロトンボ♂ その1b(2016年7月19日、長野県)
d0303129_9364057.jpg

※写真4、5はD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

ここにはヨツボシトンボもいた(写真6)。
都内では4月末から5月初旬に見られるトンボなので、ボロボロとは言えまだ見られたのはちょっと驚いた。

▼写真6 ヨツボシトンボ♂(2016年7月19日、長野県)
d0303129_9365475.jpg

※写真6はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

池の周囲でシジミチョウ類が飛んでいるのが見えた。しつこく追いかけてみると…ウラナミシジミだった(写真7)。
都内では晩夏から見られる蝶なのだが、ここ信州ではどうなっているのだろうか。

▼写真7 ウラナミシジミ(ノートリミング、2016年7月19日、長野県)
d0303129_937496.jpg

※写真7はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

写真8はエルタテハ。
高原にあるレストラン外壁にとまっていた。

▼写真8 エルタテハ(2016年7月19日、長野県)
d0303129_9371646.jpg

※写真8はニコンD7200+MB−D15 & シグマAPO MACRO 150mm f/2.8 EX DG OS HSM

写真9はアカタテハ。
よく分からないが大きなアザミ系の花にきていた。

▼写真9 アカタテハ(2016年7月19日、長野県)
d0303129_937279.jpg

※写真9はニコンD7200+MB−D15 & シグマAPO MACRO 150mm f/2.8 EX DG OS HSM

ニッコウキスゲにはミヤマカラスアゲハがきていた(写真10)。
ニッコウキスゲに蝶が来るシーンはあまり見たことがなかったので必死に撮ったが、あまり良い写真は撮れなかった(涙)。

▼写真10 ミヤマカラスアゲハ(2016年7月19日、長野県)
d0303129_9373996.jpg

※写真10はニコンD7200+MB−D15 & シグマAPO MACRO 150mm f/2.8 EX DG OS HSM

写真11は湿地付近で撮ったコキマダラセセリ。
最初はアカセセリかと思ったのだが、どうもコキマダラセセリ♂のようだ。

▼写真11 コキマダラセセリ♂(2016年7月19日、長野県)
d0303129_938024.jpg

※写真11はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

写真12は湿地のアザミ系の花にきていたアカセセリ。
こちらはアカセセリでいいのではないか。今年も信州旅行で何とか1種くらいは初撮りのチョウに出会いたいという思いが叶ったような気がする。

▼写真12 アカセセリ(2016年7月19日、長野県)
d0303129_938105.jpg

※写真12はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VR

この日は懸念された天気も良く、高原を気持ちよく散策することができた。コヒョウモンやギンボシヒョウモン、ヒメシジミなどがたくさんいて、かなりの枚数の写真を撮った。ヒョウモン類やヒメシジミは後日まとめて掲載する予定。

夕方は渋温泉の名物と言える外湯巡りに挑戦してみた。
外湯は地元の方々の共同浴場で、異なる源泉で9箇所あるとのこと。説明は面倒なので省くが(笑)、9箇所全部を巡るとご利益があるということになっている。
写真13は外湯の一つ、二番湯の外観。

▼写真13 外湯・二番湯(2016年7月18日、長野県)
d0303129_9382085.jpg

※写真13はニコンD7200+MB−D15 & AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED

写真14は宿でもらった外湯巡り用の手ぬぐい。
一箇所入るたびにスタンプを押して行く湯巡りスタンプラリーという訳だ。
ご覧の通り自分は3箇所しか廻っていない(笑)。しかもちゃんと入ったのは一番湯だけで、三番湯は熱くて5秒くらい、二番湯はさらに熱くて膝までしか入れなかった。

▼写真14 外湯巡り用手ぬぐい
d0303129_938318.jpg

※写真14はOLYMPUS STYLUS TG-4 Tough

言い訳をすれば、宿にも源泉の異なる風呂がたくさんあって、宿でも5箇所入ったので温泉はもう充分だった(汗)。
(つづく)
[PR]

by mikiosu | 2016-07-22 23:59 | 蜻蛉 | Comments(4)