人気ブログランキング | 話題のタグを見る

越冬蝶2種と新生蝶4種(2021年3月23日)

前回に続き埼玉県の公園2カ所で撮影した蝶たち。


写真1はテングチョウ

天気が良かったせいかテングチョウはたくさん見られた。


▼写真1 テングチョウ 開翅(ノートリミング、2021315日、埼玉県)

越冬蝶2種と新生蝶4種(2021年3月23日)_d0303129_10145348.jpg



アカタテハも出現(写真2)。


▼写真2 アカタテハ 開翅(ノートリミング、2021315日、埼玉県)

越冬蝶2種と新生蝶4種(2021年3月23日)_d0303129_10145370.jpg


ベニシジミは何匹か見られた(写真34)。


▼写真3 ベニシジミ その1 開翅(ノートリミング、2021315日、埼玉県)

越冬蝶2種と新生蝶4種(2021年3月23日)_d0303129_10145452.jpg


▼写真4 ベニシジミ その2 開翅(2021315日、埼玉県)

越冬蝶2種と新生蝶4種(2021年3月23日)_d0303129_10145421.jpg


アセビの公園ではdragonbutterさんがベニシジミの交尾シーンを見つけてくれた(写真5)。


▼写真5 ベニシジミの交尾シーン その1a2021315日、埼玉県)

越冬蝶2種と新生蝶4種(2021年3月23日)_d0303129_10145418.jpg

※写真5OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro


写真6は移動後。


▼写真6 ベニシジミの交尾シーン その1b2021315日、埼玉県)

越冬蝶2種と新生蝶4種(2021年3月23日)_d0303129_10145527.jpg


アセビの公園で最初に撮ったのはトラフシジミであった(写真7)。

長い間とまっていたが、あまり良い位置に来てくれなかったのがちょいと不満(笑)。


▼写真7 トラフシジミ その1a2021315日、埼玉県)

越冬蝶2種と新生蝶4種(2021年3月23日)_d0303129_10145541.jpg


ちょっとだけ幻光も(写真8)。


▼写真8 トラフシジミ その1b2021315日、埼玉県)

越冬蝶2種と新生蝶4種(2021年3月23日)_d0303129_10145584.jpg


この時期はモンシロチョウも押さえておきたい(写真9)。


▼写真9 モンシロチョウ(2021315日、埼玉県)

越冬蝶2種と新生蝶4種(2021年3月23日)_d0303129_10145510.jpg


広場でキアゲハが飛んでいた。なかなかとまってくれなかったけれど、しばらく待つと地面にとまってくれた(写真1011)。


▼写真10 キアゲハ その1a 開翅(2021315日、埼玉県)

越冬蝶2種と新生蝶4種(2021年3月23日)_d0303129_10145657.jpg


▼写真11 キアゲハ その1b 開翅(ノートリミング、2021315日、埼玉県)

越冬蝶2種と新生蝶4種(2021年3月23日)_d0303129_10162419.jpg


▼写真12 キアゲハ その1c 開翅(2021315日、埼玉県)

越冬蝶2種と新生蝶4種(2021年3月23日)_d0303129_10162412.jpg


モンキチョウも何匹か見かけたがとまってくれず、写真は撮れなかった。


久し振りの遠征は、やや風はあったものの天気が良くて気持ち良かった。アセビの公園では昆虫写真の第一人者・海野和男さんが花にくるミツバチを熱心に撮影されているのをお見かけしたのもちょっとしたサプライズであった。

お誘いくださった「蝶と蜻蛉の撮影日記」dragonbutterさんに感謝♪


撮影機材:※印以外はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO Tele Converter MC-14


# by mikiosu | 2021-03-23 10:30 | | Comments(6)

今年もコツバメ&ミヤマセセリが見られた(2021年3月22日)


もたもたしているうちにあっという間に撮影から一週間が経ってしまった(汗)。

315日は「蝶と蜻蛉の撮影日記」dragonbutterさんのお誘いで埼玉方面に久し振りに遠征。狙い通りコツバメの姿を数匹見ることができた。


写真14は朝8時過ぎに幸先良く見つかったコツバメ。

最初に寄った公園では23匹見られた。


▼写真1 コツバメ その1a(ノートリミング、2021315日、埼玉県)

今年もコツバメ&ミヤマセセリが見られた(2021年3月22日)_d0303129_10011363.jpg


▼写真2 コツバメ その1b(ノートリミング、2021315日、埼玉県)

今年もコツバメ&ミヤマセセリが見られた(2021年3月22日)_d0303129_10010313.jpg


▼写真3 コツバメ その1c(ノートリミング、2021315日、埼玉県)

今年もコツバメ&ミヤマセセリが見られた(2021年3月22日)_d0303129_10005845.jpg


▼写真4 コツバメ その1d(ノートリミング、2021315日、埼玉県)

今年もコツバメ&ミヤマセセリが見られた(2021年3月22日)_d0303129_10005682.jpg


写真58はアセビの公園で見つけたコツバメ。

アセビの公園ではもっとたくさん見られるかと思ったが、12時のチャイムとともに2匹現れたのみであった。


▼写真5 コツバメ その2a2021315日、埼玉県)

今年もコツバメ&ミヤマセセリが見られた(2021年3月22日)_d0303129_10004874.jpg


▼写真6 コツバメ その2b2021315日、埼玉県)

今年もコツバメ&ミヤマセセリが見られた(2021年3月22日)_d0303129_10004038.jpg


▼写真7 コツバメ その2c2021315日、埼玉県)

今年もコツバメ&ミヤマセセリが見られた(2021年3月22日)_d0303129_10003755.jpg


▼写真8 コツバメ その2d2021315日、埼玉県)

今年もコツバメ&ミヤマセセリが見られた(2021年3月22日)_d0303129_10003373.jpg

※写真8OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro



ミヤマセセリはもっと少なく、遠くから1匹撮れただけであった。しかも60ミリマクロを装着していて小さくしか撮れなかった(涙)。


▼写真9 ミヤマセセリ その1a 開翅(ノートリミング、2021315日、埼玉県)

今年もコツバメ&ミヤマセセリが見られた(2021年3月22日)_d0303129_10002766.jpg


拡大する(写真10)。


▼写真10 ミヤマセセリ その1b 開翅(2021315日、埼玉県)

今年もコツバメ&ミヤマセセリが見られた(2021年3月22日)_d0303129_10002397.jpg

※写真910OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro



この日はコツバメ、ミヤマセセリ以外にも越冬蝶、新生蝶がいくつか撮れた(つづく)。


撮影機材:※印以外はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO Tele Converter MC-14


                   ***


さて、昨年6月以降ブログの更新をサボってしまっていた。ネタはいくつか準備していたのだが、そのうち載せようと思っている間に載せそびれてしまった。

そうこうするうちに10月末に救急搬送→緊急手術→一か月の入院となってしまい、蝶友の皆さまにご心配をおかけしました。

術後の経過はまずまず順調で、退院後の12月からは自宅療養&リハビリ通院となり、319日にはリハビリ通院も卒業しました。

街歩き程度なら一人で出かけられるようになりましたが、まだ野山に一人で出かけるのはちょっと心配なので、当分は様子見になります。ブログの方はゆるりと継続していきたいと思っているので、今後とも宜しくお願い致します。(みき


# by mikiosu | 2021-03-22 23:59 | | Comments(6)

色鮮やかなヒオドシチョウ(2020年6月9日)

529日にフジミドリシジミを撮ったあとは高尾山口駅前のカフェ、マリポーサに寄ってみた。ここのマスターは蝶好きで、蝶談義に花が咲くのだ(笑)。

その帰りに川沿いの手すりで見つけたヒオドシチョウの蛹(写真1)。

そういえばぼちぼちヒオドシチョウの新成虫が見られる頃ではないか。


▼写真1 ヒオドシチョウの蛹 その1a(ノートリミング、2020529日、東京郊外)

色鮮やかなヒオドシチョウ(2020年6月9日)_d0303129_03163347.jpg

※写真1OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO



65日に同じ場所をチェックしてみると、もうヒオドシチョウは羽化した後であった(写真2)。


▼写真2 ヒオドシチョウの蛹の殻 その1b202065日、東京郊外)

色鮮やかなヒオドシチョウ(2020年6月9日)_d0303129_03163015.jpg

※写真2OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO



その日もマリポーサに寄って、テラス席で美味しいコーヒーとケーキをいただいて疲れを癒やす。

するとなんと網戸にヒオドシチョウがとまっているではないか。

これ幸いと60ミリマクロレンズで激写(写真34)。


▼写真3 ヒオドシチョウ その1a(ノートリミング、202065日、東京郊外)

色鮮やかなヒオドシチョウ(2020年6月9日)_d0303129_03162874.jpg


▼写真4 ヒオドシチョウ その1b(ノートリミング、202065日、東京郊外)

色鮮やかなヒオドシチョウ(2020年6月9日)_d0303129_03162636.jpg

※写真34OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro



小飛してウッドデッキ上で開翅してくれた(写真5)。


▼写真5 ヒオドシチョウ その1c 開翅(ノートリミング、202065日、東京郊外)

色鮮やかなヒオドシチョウ(2020年6月9日)_d0303129_03162304.jpg



陽が当たった(写真6)。


▼写真6 ヒオドシチョウ その1d 開翅(ノートリミング、202065日、東京郊外)

色鮮やかなヒオドシチョウ(2020年6月9日)_d0303129_03162191.jpg

※写真56OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro



せっかくなのでフィッシュアイレンズでも撮っておく(写真78)。


▼写真7 ヒオドシチョウ その1e 開翅(ノートリミング、202065日、東京郊外)

色鮮やかなヒオドシチョウ(2020年6月9日)_d0303129_03161831.jpg


▼写真8 ヒオドシチョウ その1f 開翅(ノートリミング、202065日、東京郊外)

色鮮やかなヒオドシチョウ(2020年6月9日)_d0303129_03161652.jpg

※写真78OLYMPUS OM-D E-M1 Mark II M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO



色鮮やかなヒオドシチョウ新成虫が見られて満足して帰路につく。


# by mikiosu | 2020-06-09 23:59 | | Comments(4)