虫・蟲展&Dear Silk Moth展(2019年2月9日)

都内・中央線沿線のギャラリーで虫に絡んだ展示がある。

ひとつは高円寺で開催中の「〜mozo mozo〜虫・蟲展」(写真1)。


▼写真1 虫・蟲展の案内葉書


d0303129_14403643.jpg


217日までなのでご興味のある方は急がれよ。

今回自分がいただいた商品は最終日に受け取りに行くことになっているのでまたいずれ紹介したい。虫・蟲展の過去記事は→こちら→あちら


もうひとつは西荻窪で36日〜24日まで開催の「Dear Silk Moth展」(写真23)。


▼写真2 Dear Silk Moth展の案内葉書(裏)


d0303129_14403791.jpg


▼写真3 Dear Silk Moth展の案内葉書(表)


d0303129_14403716.jpg


こちらは20173月に「蠢 蚕と蟲展」をやっていて(過去記事は→こちら)、蛾売りおじさんなど前回おなじみのメンバーが参加されるようだ。

一昨年もいろいろと散財してしまった(写真46)。


▼写真4 以前いただいたカイコのブローチ


d0303129_14403759.jpg


▼写真5 以前いただいたオオミズアオのブローチ


d0303129_14403792.jpg


▼写真6 以前いただいたオオミズアオの絵


d0303129_14403740.jpg


今回はどんな作品が並ぶだろうか。今から楽しみである。


なお、今季撮影のフユシャク類は今週中には何とかまとめてアップしたい(汗)。


# by mikiosu | 2019-02-09 23:59 | その他 | Comments(2)

「第15回 チョウ類の保全を考える集い」のお知らせ

毎年恒例の「チョウ類の保全を考える集い」が2月16日(土)に都内で開催される。

▼写真1 チョウ類の保全を考える集いのお知らせ
d0303129_14203758.jpg


実を言うと私はまだ参加したことがない(苦笑)。今年は行ってみようと思っている。
上に貼ったスクリーンショットは見にくいかもしれないので下記に要領を載せておく。

■日時:2019年2月16日(土)10:30~17:30
■会場:国立オリンピック記念青少年総合センター研修室309(センター棟3階)(東京都渋谷区代々木神園町3-1)
■プログラム:
10:00~     受付開始
10:30~10:45 開会 代表理事あいさつ 
10:45~11:50 「川を通して、日本の自然を語る」新村安雄氏(リバーリバイバル研究所)
11:50~13:00 昼食
13:00~15:00 草原の管理とチョウ類
・13:00~13:40 「草原を考える新たな視点:チョウからみた草原生態系と保全の意義」大脇 淳氏(山梨県富士山科学研究所)
・13:40~14:20「火入れによる伝統的な草原の管理」増井太樹氏(岡山県真庭市)
・14:30~15:00 「火入れによるチョウへの影響」中村康弘氏(日本チョウ類保全協会)
15:00~15:30 休憩(協会ボランティア説明会)
15:30~16:30 保全活動報告
・「群馬県のミヤマシロチョウ」松村行栄氏(日本チョウ類保全協会・嬬恋村高山蝶を守る会)  
・「東京都裏高尾木下沢における森林整備と自然体験の普及活動」植木京子氏・吉野喜美子氏(木下沢渓谷冒険の森の会)
16:30~17:30 チョウ類保全協会の活動報告
・「日本チョウ類保全協会による、絶滅危惧種の保全活動」日本チョウ類保全協会事務局
・ 総合討論
17:30 閉会
18:00~20:00 懇親会(同施設内のレストラン「カフェ・フレンズ」)会費3,500円(中締め19:30)


以下は主催の日本チョウ類保全協会による内容説明。
■講演内容:
午前中は、淡水魚の生態写真家の新村安雄氏に、サッカーのスタジアム開発問題に揺れた京都のアユモドキ生息地の現状をご紹介いただきます。
全国に数ヶ所しか生息地のなくなった、種の保存法指定種の淡水魚で、社会的に大きな問題にもなりました。
新村さんは魚類生態写真家として活躍されるとともに、長良川からメコン河まで、魚を通して川と向き合い、外来種問題や様々な開発問題に正面から取り組んでこられた方です。
アユモドキに限らず、これまで取り組んでこられた様々なお話をご紹介いただけるのではと期待しています。

午後は草原性のチョウ類を主題にして、草原管理のなかで重要な位置を占める「火入れ」に焦点を当てます。
まず、山梨県富士山科学研究所の大脇淳氏から、自然環境の中での草原の位置づけや、日本での草原性チョウ類の特性について、ご自身の研究のなかからご紹介いただきます。
次の増井太樹氏は、学生時代から実際に火入れを手がけつつ草原管理の研究を進め、現在では地元の行政に勤務しつつ、火入れや草刈りを手がけ、地域の火入れに精力的に携わっています。
最後に事務局中村が、草原性のチョウ類と火入れとの関係について、解説します。
過去には現在よりもはるかに大規模に火入れが行われていながらも、草原性のチョウはなぜ豊富に残っていたのでしょうか。
そして、現在では火入れが継続されている場所でも、なぜチョウの絶滅が相次いでいるのでしょうか。

地域からの活動報告では、個体数が劇的に回復した群馬県のミヤマシロチョウと、都市近郊で様々な里山再生に取り組んでおられる「木下沢渓谷冒険の森の会」の2つの活動をご紹介いただきます。


参加要領は以下の通り。
■参加お申し込み
参加費:1,000円(申し込み先:日本チョウ類保全協会事務局 Email:jbcs@japan-inter.net) (当日参加もOKですが、なるべく事前申し込みをお願いいたします)
■懇親会のご案内:プログラム終了後、18:00から同施設内のレストランで懇親会を開催します。
参加費:3,500円
 懇親会にご参加を希望される方は、必ず2月10日までに、事前のお申し込みをお願いいたします(申し込み先:日本チョウ類保全協会事務局 Email:jbcs@japan-inter.net)
 ※懇親会会場:カフェ・フレンズ(センター棟2F TEL:03-3481-9809)
■アクセス
 ・小田急線 参宮橋駅下車 徒歩約7分


以上。多くの方々のご参加をお待ちしております。

# by mikiosu | 2019-01-25 14:30 | その他 | Comments(0)

MFのウラギンシジミ越冬個体(12月編)(2019年1月7日)

12月に撮ったウラギンシジミの越冬個体を載せておく。

写真1、2はツバキの葉裏にいる個体(個体A)。
これは「公園昆虫記」のおはるさんに教えてもらった。

▼写真1 ウラギンシジミ(越冬個体A) その1a(ノートリミング、2018年12月5日、東京近郊)
d0303129_3533381.jpg

▼写真2 ウラギンシジミ(越冬個体A) その1b(ノートリミング、2018年12月5日、東京近郊)
d0303129_353424.jpg

※写真1、2はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

後日300ミリでも撮っておいた(写真3)。

▼写真3 ウラギンシジミ(越冬個体A) その1c(ノートリミング、2018年12月9日、東京近郊)
d0303129_3535423.jpg

※写真3はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

写真4はかなり離れた場所の個体(個体B)。
昨冬も同じツバキに1匹いたような気がする。

▼写真4 ウラギンシジミ(越冬個体B) その2(ノートリミング、2018年12月9日、東京近郊)
d0303129_354047.jpg

※写真4はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

写真5は写真1とほど近い場所の個体(個体C)。
これもおはるさんに教えてもらった。

▼写真5 ウラギンシジミ(越冬個体C) その3a(ノートリミング、2018年12月14日、東京近郊)
d0303129_354844.jpg

※写真5はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

写真6は4日後に引き気味に撮ったもの。
この個体は膝の高さくらいの低い位置にいる。

▼写真6 ウラギンシジミ(越冬個体C) その3b(ノートリミング、2018年12月18日、東京近郊)
d0303129_3541763.jpg

※写真6はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

写真7、8は白いサザンカにとまっていた個体(個体D)。

▼写真7 ウラギンシジミ(越冬個体D) その4a(ノートリミング、2018年12月18日、東京近郊)
d0303129_3542494.jpg


拡大する(写真8)。
できれば白いサザンカの花と一緒に撮りたかったのだが、この個体を見たのはこの日だけであった。

▼写真8 ウラギンシジミ(越冬個体D) その4b(ノートリミング、2018年12月18日、東京近郊)
d0303129_3543373.jpg

※写真7、8はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

写真9は謹賀新年画像に使用した個体(個体E)。
池のほとりのサザンカにとまっていた。

▼写真9 ウラギンシジミ(越冬個体E) その5a(ノートリミング、2018年12月18日、東京近郊)
d0303129_3544235.jpg

※写真9はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

約2週間後の大晦日も同じ場所に(写真10)。
サザンカの花の様子は前回のほうが良かったので正月用には18日の写真を使った。

▼写真10 ウラギンシジミ(越冬個体E) その5a(ノートリミング、2018年12月31日、東京近郊)
d0303129_354535.jpg

※写真10はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

写真11は大晦日の個体A。

▼写真11 ウラギンシジミ(越冬個体A) その1d(ノートリミング、2018年12月31日、東京近郊)
d0303129_355359.jpg

※写真11はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

写真12は大晦日の個体C。

▼写真12 ウラギンシジミ(越冬個体C) その3c(ノートリミング、2018年12月31日、東京近郊)
d0303129_3551027.jpg

※写真12はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro

主フィールドのウラギンシジミは12月18日にABCDEの5個体、大晦日には個体Dを除く4個体が健在であった。

# by mikiosu | 2019-01-07 23:59 | | Comments(6)