2018上高地旅行編 その5(2018年7月30日)

上高地編はもういいかなと思ったけれど、ほかに載せるものもないし、ちょっとだけ撮った蛾や花など取り上げておしまいとしたい。

写真1はトラフツバメエダシャク。
トラフツバメエダシャクは東京郊外でもよく見られる蛾だ。

▼写真1 トラフツバメエダシャク(2018年7月24日、上高地)
d0303129_13372340.jpg

※写真1はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

写真2はキイロエグリヅマエダシャク。
以前大雪山に行ったときにも見た蛾だ。これはホテルの入口で見つけた。

▼写真2 キイロエグリヅマエダシャク(2018年7月24日、上高地)
d0303129_13374130.jpg

※写真2はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 30mm F3.5Macro&マクロフラッシュSTF-8

写真3はアトヘリアオシャク。
緑色がなかなか綺麗な蛾。公衆トイレにいた。

▼写真3 アトヘリアオシャク(2018年7月24日、上高地)
d0303129_13375030.jpg

※写真3はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

写真4はスギタニシロエダシャク。
林道脇の木の幹にいた。

▼写真4 スギタニシロエダシャク(2018年7月24日、上高地)
d0303129_1338713.jpg

※写真4はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

上高地のホテルでは夜に星の観察をするせいか、入口の灯りを消していたので蛾がたくさん押し寄せてくるということはなかった。個人的には残念であったが、夜に出歩く場所でもないのでそれでよいのだろう。

あとは花を少々。
写真5はコバノイチヤクソウ。
岳沢の登山道脇で見つけた。手元の図鑑にはベニバナイチヤクソウしか載っていなかった。赤くないので調べてみるとイチヤクソウの仲間はいろいろあるらしい。葉の形からコバノイチヤクソウとしておく。

▼写真5 コバノイチヤクソウ(2018年7月24日、上高地)
d0303129_13382173.jpg


写真6はゴゼンタチバナ。
これも岳沢の登山道脇で見つけた。花もたくさん咲いていたが、すでに実がなっているものも見られた。

▼写真6 ゴゼンタチバナ(2018年7月24日、上高地)
d0303129_13384093.jpg


写真7はセンジュガンピ。
これは林道脇で見つけた。

▼写真7 センジュガンピ(2018年7月24日、上高地)
d0303129_13385959.jpg


写真8はタマガワホトトギス。
2013年にはホテル付近の土手で見かけた。今回は明神橋から小梨平方面に向かう途中で見つけた。

▼写真8 タマガワホトトギス(2018年7月24日、上高地)
d0303129_13401047.jpg


写真9はヤチトリカブト。
河童橋からそれほど遠くない場所で見つけた。この花は上高地で最初に発見されたらしい。

▼写真9 ヤチトリカブト(2018年7月24日、上高地)
d0303129_13401767.jpg

※写真5〜9はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

最後に上高地で買ってきたお土産。最近はどこへ行っても熊鈴を買うのを楽しみにしている。とは言え地名を変えただけでどこでも似たようなモノが売られているのが本当のところだ。もうちょっと個性的なモノがあると嬉しいかな。
左から熊鈴(カウベルなのかも)、ライチョウのぬいぐるみ(中央)、ライチョウのキーホルダー&説明書き(右)。

▼写真10 上高地のお土産(2018年7月24日、上高地)
d0303129_13404379.jpg


家人はちょっと怒った顔のライチョウがかなり気に入って、このシリーズのクッキーも買っていた。怒った感じが私に似ているとか…(苦笑)。

# by mikiosu | 2018-07-30 23:59 | | Comments(4)

2018上高地旅行編 その4(2018年7月29日)

旅程三日目は14時頃のバスで帰る予定なので昼過ぎくらいまでしか時間がない。
梓川沿いの散策路でオオイチモンジでも撮れれば万々歳なのだが…。

写真1は河童橋から焼岳方面を撮ってみたもの。
これは朝9時台の撮影。この日は前日以上の好天で、午前中は雲ひとつない快晴であった。

▼写真1 河童橋から焼岳を望む(ノートリミング、2018年7月24日、上高地)
d0303129_310432.jpg


写真2、3は岳沢湿原から明神池方面に向かう途中で撮った沢の写真。
このあたりは水も空気も綺麗で気持ちが良い。

▼写真2 岳沢湿原近くの沢(ノートリミング、2018年7月24日、上高地)
d0303129_3111824.jpg

▼写真3 明神橋近くの沢(ノートリミング、2018年7月24日、上高地)
d0303129_311253.jpg


写真4〜6は公衆トイレの外壁にいたシータテハとヒカゲチョウ。
2013年にはホテル付近でシータテハをよく見かけた。今回はちょっと少なかった。
このあたりではヒカゲチョウは少数派という感じ。クロヒカゲが圧倒的に多く、次いで多いのはヒメキマダラヒカゲ。

▼写真4 シータテハ(右)&ヒカゲチョウ(左)(2018年7月24日、上高地)
d0303129_3113798.jpg

▼写真5 シータテハ 開翅(ノートリミング、2018年7月24日、上高地)
d0303129_3114481.jpg

▼写真6 ヒカゲチョウ(2018年7月24日、上高地)
d0303129_3115180.jpg


写真7はエルタテハ。
岳沢湿原の外れで飛んでいるのを見かけて追いかけると、沢沿いの葉上にとまった。とまった場所には近づくことができず、葉っぱの間から何とか覗き込むようにして撮った。

▼写真7 エルタテハ(2018年7月24日、上高地)
d0303129_312069.jpg

※写真7はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

写真8はコムラサキ。
梓川沿いにはコムラサキがたくさん見られたが、あまり良い写真は撮れなかった。写真8は明神橋近くで撮ったもの。
河原ではオオイチモンジも期待したのだが残念ながら見られなかった。

▼写真8 コムラサキ(ノートリミング、2018年7月24日、上高地)
d0303129_312832.jpg

※写真8はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

写真9は明神橋近くの花で見かけたオオチャバネセセリ。
黄色い花はハンゴンソウかな。

▼写真9 オオチャバネセセリ(ノートリミング、2018年7月24日、上高地)
d0303129_3121675.jpg


写真10は前日の朝見かけたスジグロチャバネセセリ。

▼写真10 スジグロチャバネセセリ♀(2018年7月23日、上高地)
d0303129_3122514.jpg


最初はヘリグロチャバネセセリかと思ったけれど、仔細に検討してスジグロチャバネセセリ♀と判断した。いずれにしても遠かったし鮮明には撮れていない。
上高地で撮れた蝶の写真はこれでおしまい。タカネキマダラセセリはともかくとして、せめてオオイチモンジは撮りたかった…。蝶の成果に関してはやや心残りであった。とは言え天気にも恵まれ、良い旅行ができたと思うことにしたい。

撮影機材:※印以外はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 12-100mm F4.0 IS PRO

# by mikiosu | 2018-07-29 23:59 | | Comments(4)

2018上高地旅行編 その3(2018年7月28日)

すっかり更新をサボってしまった(大汗)。
暑くてさっぱり写真を撮りに出かけていないが、せめて上高地のつづきくらいは載せておかないと手抜きブログの謗りを免れまい。

写真1〜3はコヒョウモン。
岳沢を下山中にクガイソウにきていた。

▼写真1 コヒョウモン その1a 飛翔中(ノートリミング、2018年7月23日、上高地)
d0303129_28290.jpg

▼写真2 コヒョウモン その1b(2018年7月23日、上高地)
d0303129_281190.jpg

▼写真3 コヒョウモン その1c 開翅(ノートリミング、2018年7月23日、上高地)
d0303129_281850.jpg


梓川沿いに咲くヨツバヒヨドリの花にもきていた(写真4)。

▼写真4 コヒョウモン その2(2018年7月23日、上高地)
d0303129_282528.jpg


ヨツバヒヨドリの花にはミドリヒョウモン♂もきていた(写真5、6)。

▼写真5 ミドリヒョウモン♂ その1a 開翅(ノートリミング、2018年7月23日、上高地)
d0303129_283332.jpg

▼写真6 ミドリヒョウモン♂ その1b(ノートリミング、2018年7月23日、上高地)
d0303129_284133.jpg


ホテル付近のヨツバヒヨドリにはオオウラギンスジヒョウモン♂もいた(写真7)。
最初はウラギンスジヒョウモンかと思って喜んで撮ったけれど、どうもオオウラギンスジヒョウモンのようであった。まあオオウラギンスジヒョウモンも今季初撮りなので撮れて良かったと言うことにしておこう。

▼写真7 オオウラギンスジヒョウモン♂ その1a(ノートリミング、2018年7月23日、上高地)
d0303129_284913.jpg


ちょっと遠かったので300ミリでも押さえておいた(写真8)。

▼写真8 オオウラギンスジヒョウモン♂ その1b 開翅(ノートリミング、2018年7月23日、上高地)
d0303129_29012.jpg

※写真8はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO

前日とはちょっと離れた湿原の笹にもゴイシシジミは結構見られた。
写真9は交尾中のゴイシシジミ。
翅頂の尖り具合からして下が♂で上が♀のようだ。

▼写真9 ゴイシシジミ交尾中 その1a(2018年7月23日、上高地)
d0303129_29841.jpg


引いて撮るとこんな感じ(写真10)。

▼写真10 ゴイシシジミ交尾中 その1b(2018年7月23日、上高地)
d0303129_291672.jpg


写真11はいかにも♂っぽい個体。

▼写真11 ゴイシシジミ♂ その1a(ノートリミング、2018年7月23日、上高地)
d0303129_292428.jpg


ちょっとだけ翅を開いてくれた(写真12)。

▼写真12 ゴイシシジミ♂ その1b 半開翅(2018年7月23日、上高地)
d0303129_293293.jpg


このあたりの笹の葉をひっくり返すとアブラムシがたくさん付いていた。ゴイシシジミの卵や幼虫も探したかったが、木道から探すのは観光客の通行の妨げになるので難しかった。(つづく)

撮影機材:※印以外はOLYMPUS OM-D E-M1 Mark II & M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO

# by mikiosu | 2018-07-28 23:59 | | Comments(2)