ハラビロトンボ出た(2013年5月18日)

ミヤマカラスアゲハに振られた翌日の5月15日には、そろそろハラビロトンボでも出ていないかな〜と、東京郊外の里山に出かけてみた。
この場所に初めて行った昨年7月5日に複数のハラビロトンボを見かけたからだ。
都内でハラビロトンボを見られる場所は他にもいくつかあると思うが、確実に見られるのはここではないだろうか。
トンボはたくさんいたが、ハラビロトンボの姿は見られない。ほとんどはシオカラトンボかシオヤトンボだ(写真1〜4)。
写真1はシオカラトンボ♂。
写真2はシオヤトンボ♂。
写真3は未成熟のシオヤトンボ♂。腹部先端の形状から♂と思われる。
写真4はシオヤトンボ♀。これは未成熟個体かもしれない。

▼写真1 シオカラトンボ♂(2013年5月15日、東京都)
d0303129_22181457.jpg

▼写真2 シオヤトンボ♂(2013年5月15日、東京都)
d0303129_22182760.jpg

▼写真3 未成熟のシオヤトンボ♂(2013年5月15日、東京都)
d0303129_2218518.jpg

▼写真4 シオヤトンボ♀(2013年5月15日、東京都)
d0303129_221971.jpg


写真3、4を見ていて、2013年4月18日付け『春のトンボたち』に掲載した写真が間違えていることに気づいた。
まったくもう、トンボの初めての記事は間違いだらけだった(恥)。
未成熟♂の外見は♀に似ているので厄介だ。やはり腹部先端の形状をよく見ないといけない。

ここでは他にヤマサナエ♂も見られたが、近づく前に飛ばれて、あまり良い写真は撮れなかった(写真5)。

▼写真5 ヤマサナエ♂(2013年5月15日、東京都)
d0303129_22191719.jpg


クロスジギンヤンマ♂の飛翔写真にもチャレンジしたが、なかなか難しい。バッチリ! という訳にはいかなかった(写真6)。

▼写真6 クロスジギンヤンマ♂ 飛翔中(2013年5月15日、東京都)
d0303129_22193022.jpg


湿地付近と言うよりむしろ林縁に近い場所で、首尾よくハラビロトンボも見つけることができた。しかも♀だ(写真7、8)。
昨年同じ場所でハラビロトンボを見た時には、♀は少なく、1個体の側面写真しか撮れなかったので、今年は♀の写真をたくさん撮りたいと思っていた。
♀の腹部は♂と比較すると寸詰まりで丸っこく見える。ぽっちゃりしていて可愛らしい。黄色い複眼も綺麗だ。

▼写真7 ハラビロトンボ♀(ノートリミング、2013年5月15日、東京都)
d0303129_22195336.jpg

▼写真8 ハラビロトンボ♀(ノートリミング、2013年5月15日、東京都)
d0303129_2219451.jpg


ハラビロトンボを撮ろうと息を止めてファインダーを覗いたことのある方なら分かると思うが、ハラビロトンボは呼吸をするたびに腹部が太くなったり細くなったりするのが肉眼で分かる。
特に♀の場合、腹部の真ん中を縦に走る黒い筋が、太く見えたり細く見えたりする。
なるべく太くなった時にシャッターを押そうと呼吸を合わせたりするのだった。

参考までに昨年撮影した♂の写真も掲載しておく。
未成熟の♂は♀と同じような色をしていて、成熟するに連れて黒くなり、老熟すると青白い粉を帯びるので、腹部は青っぽく見える。
複眼は♀と違って濃いチョコレート色になる。

▼写真9 昨年撮影した未成熟のハラビロトンボ♂(2012年7月5日、東京都)
d0303129_22195988.jpg

▼写真10 昨年撮影したやや成熟したハラビロトンボ♂(2012年7月5日、東京都)
d0303129_22202341.jpg

▼写真11 昨年撮影した成熟したハラビロトンボ♂(2012年7月5日、東京都)
d0303129_22204236.jpg

※写真9〜11はニコンD90 & タムロンSP AF90mm f /2.8 Di MACRO

写真9の未成熟♂は、♀と間違えやすい。実際、私の手元にあるポケット図鑑では間違えて記載しているほどだ(ただし、トンボの専門図鑑ではない)。
写真8と9を見比べれば、腹部先端の形状が明らかに違うので、慣れれば見間違うことはないと思う。

思い出せば、昨年このトンボを撮った頃までは、トンボの写真をそれほど熱心に撮っていなかった。
あれから1年足らずでトンボを熱心に撮るようになるとは自分でも意外だ。
きっかけは…何ですかね(笑)。
今年は取りあえずハラビロトンボ♀の写真を撮ることができた。次は♂狙いで行ってみようと思う。イトトンボ類もこれから出てくるだろう。これも楽しみだ。

参考文献:『ネイチャーガイド 日本のトンボ』(尾園暁、川島逸郎、二橋亮著、文一総合出版)

撮影機材:※印以外はニコンD7000 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

by mikiosu | 2013-05-18 00:10 | 蜻蛉 | Comments(2)

Commented by itotonbosan at 2014-01-27 11:44 x
ハラビロトンボ雄の顔は達磨さんが
青い帽子を被った顔に似ていて驚きです。
未熟なうちは雄も雌も体色は黄色です。
でも,腹端の様子で雄雌が分かります。
雌は2本の突起物の間に半円状のものがあるからです。
Commented by みき♂ at 2014-01-28 01:52 x
itotonbosan様
コメントありがとうございます。
おっしゃる通り、ハラビロトンボの未成熟個体は、♂と♀の判別が体色では難しいですね。
2013年は成熟♂の顔面がよく撮れなかったので、今年は何とかしたいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード