5月下旬のトンボたち−−ショウジョウトンボほか(2013年5月30日)

5月27日、蝶&トンボの一石二鳥を期待して出かけた東京郊外の里山では、蝶もトンボも意外に少なかった。
イトトンボも期待したがまったく見られず、ちょっと肩すかしを食らったが、取りあえず今季初見のショウジョウトンボは♂♀ともに見られた(写真1〜4)。
ショウジョウトンボが地面にとまるイメージはあまりなかったのだが、この日は地面にとまる姿が多かった。

▼写真1 ショウジョウトンボ♀ その1(2013年5月27日、東京都)
d0303129_23404277.jpg

▼写真2 ショウジョウトンボ♀ その2(2013年5月27日、東京都)
d0303129_23403329.jpg

▼写真3 ショウジョウトンボ♂ その1a(ノートリミング、2013年5月27日、東京都)
d0303129_23412868.jpg

▼写真4 ショウジョウトンボ♂ その1b(2013年5月27日、東京都)
d0303129_23414449.jpg


ハラビロトンボは前回(5月15日)行った時に♀は見られたので、♂との出会いを期待していた。黒く成熟した♂を見ることはできたが、残念ながら写真は撮れず、今回も♀の写真しか撮れなかった(写真5、6)。

▼写真5 ハラビロトンボ♀ その1a(ノートリミング、2013年5月27日、東京都)
d0303129_23411780.jpg

▼写真6 ハラビロトンボ♀ その1b(2013年5月27日、東京都)
d0303129_23411746.jpg


しかしハラビロトンボの♀は可愛いので良しとする(笑)。
ここではヤマサナエも見られた(写真7)。前回は側面写真が撮れなかったが、今回は側面から撮れた。

▼写真7 ヤマサナエ♂(2013年5月27日、東京都)
d0303129_23414378.jpg


ヤマサナエは5月22日に横浜方面に遠征した時にも見つけている(写真8、9)。
光を浴びたヤマサナエの複眼は緑色に輝いてまるでエメラルドのようだ。

▼写真8 ヤマサナエ♂ その1(2013年5月22日、神奈川県)
d0303129_23424597.jpg

▼写真9 ヤマサナエ♂ その2(2013年5月22日、神奈川県)
d0303129_23421355.jpg


ゼフィルス狙いで出かけた5月28日の丘陵方面遠征では、複眼が真っ黒のムカシヤンマが見られた(写真10)。
ムカシヤンマの写真は1枚しか撮ることができなかったので、昨年同じ公園で撮影した写真も掲載してみる(写真11、12)。

▼写真10 ムカシヤンマ(2013年5月28日、東京都)
d0303129_23422491.jpg

▼写真11 昨年撮影のムカシヤンマ♂ その1a(2012年6月26日、東京都)
d0303129_23423557.jpg

▼写真12 昨年撮影のムカシヤンマ♂ その1b(2012年6月26日、東京都)
d0303129_23424516.jpg

※写真11、12はニコンD90 & タムロンSP AF90mm f /2.8 Di MACRO

ムカシヤンマはどうも変なとまり方が好きなようだ。太い杭の横っ腹にとまったり、杭の先端に斜めにとまったりしていた。
飛び方も何だか器用な感じはしない。バリバリととても大きな音を立てて飛んでくる印象だ。昨年初めて見つけた時には、何が起こったのかと振り返ると、柵にこのトンボがとまっていたのだった。

撮影機材:※印以外はニコンD7000 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

by mikiosu | 2013-05-30 00:05 | 蜻蛉 | Comments(2)

Commented by itotonbosan at 2014-01-21 13:12 x
ショウジョウトンボは全身が目の覚めるような赤い色でした。
暫く見とれてしまいました。
Commented by みき♂ at 2014-01-23 02:16 x
itotonbosan様
コメントありがとうございます。
ショウジョウトンボの赤はとても目をひきますね。
itotonbosan様のブログに掲載されているショウジョウトンボ♂を拝見しましたが、本当に燃えるような赤ですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード