6月上旬のトンボたち−−コフキトンボほか(2013年6月11日)

6月10日に覗いた都区内の公園では、コフキトンボ♂が見られた。
一昨年もこの公園でコフキトンボを見かけた。昨年は見なかったので2年振りに見たことになる(写真1、2)。
一昨年は遠くから撮っただけなのでよく分からなかったが、コフキトンボは胸部に毛が多い感じだ。
胸部の模様はまだはっきり見えるし、複眼も上部が濃い褐色、下部が黄褐色なので、成長途上といったところだろうか。

▼写真1 コフキトンボ♂ その1a(2013年6月10日、都区内の公園)
d0303129_12453674.jpg

▼写真2 コフキトンボ♂ その1b(2013年6月10日、都区内の公園)
d0303129_12445615.jpg


あまりよい写りではないが、一昨年に同じ公園で撮影した個体はかなり成熟した個体だったようだ(写真3)。複眼全体がかなり濃い色になっていて、オオシオカラトンボのような黒褐色をしていた。

▼写真3 一昨年撮影のコフキトンボ♂(2011年7月4日、都区内の公園)
d0303129_12455719.jpg

※写真3はニコンD90 & タムロンSP AF90mm f /2.8 Di MACRO

写真4、5は同じ公園で見かけたコシアキトンボ。
コシアキトンボは都区内の公園でもよく見られるトンボだ。しかし、撮影となるとなかなかとまってくれないので厄介だ。
いつまで待っても埒があかないので飛翔中を撮ってみた。
写真5は池の畔で産卵中の♀。
腰の帯は、♂が白、♀が黄色だ。
ただし、未成熟♂の帯は黄色で、老熟した♀の帯は白っぽくなるという。ややこしい話だ。

▼写真4 コシアキトンボ♂ 飛翔中(2013年6月10日、都区内の公園)
d0303129_12453122.jpg

▼写真5 コシアキトンボ♀ 産卵中(2013年6月10日、都区内の公園)
d0303129_12462048.jpg


写真6〜8はシオカラトンボ。まあ都内でもあちこちで見られる普通のトンボだ。

▼写真6 シオカラトンボ♂(2013年6月4日、東京郊外)
d0303129_12463341.jpg

▼写真7 シオカラトンボ♀ その1(2013年6月4日、東京郊外)
d0303129_1246349.jpg

▼写真8 シオカラトンボ♀ その2(2013年6月10日、都区内の公園)
d0303129_124617.jpg


写真9、10はオオシオカラトンボ。これらの個体はゼフィルス狙いで出かけた神奈川県の公園で撮影した。シオカラトンボよりやや遅い発生で、都内の公園で見かけることも少なくない。
見慣れた人ならシオカラトンボと見間違うことはないと思うが、シオカラトンボの複眼は濃い緑色、オオシオカラトンボの複眼は黒褐色をしている。

▼写真9 オオシオカラトンボ♂(2013年6月3日、神奈川県)
d0303129_12461156.jpg

▼写真10 未成熟のオオシオカラトンボ♂(2013年5月22日、神奈川県)
d0303129_1246204.jpg


写真10はオオシオカラトンボの♀と言いたいところだが、実は♂である。
写真9の♂と同じ公園で10日ほど前に撮ったもの。撮った時には♀と思い込んでいたが、腹部先端を見ると明らかに♂なので、未成熟の♂ということになる。
もう少しでまた間違えるところだった(汗)。

参考文献:『ネイチャーガイド 日本のトンボ』(尾園暁、川島逸郎、二橋亮著、文一総合出版)

撮影機材:※印以外はニコンD7000 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

by mikiosu | 2013-06-11 12:52 | 蜻蛉 | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード