5〜6月のヒメハマキたち(2013年6月26日)

ハマキガ科に属するヒメハマキガはとても小さいが、よく見ると銀色の筋が入っていてとても綺麗だったりする。
5〜6月頃はヒゲナガガなどが目立つが、ヒメハマキガも同じ時期に見られる。

写真1〜3は昨年(2012年)5〜6月に見かけたヒメハマキたち。
写真1は以前ヨツメヒメハマキとしてとある投稿サイトに報告したことがあるが、全然違っていた(苦笑)。
最近ヨツメヒメハマキらしき個体を見つけて調べ直したところ、エゾシタジロヒメハマキと判明した。
写真2はニセコシワヒメハマキ。ヒメハマキガの中では大きいほうだ。
写真3はウツギヒメハマキ。
これら3種はいずれも東京郊外の林道脇の葉上で見つけた。

▼写真1 エゾシタジロヒメハマキ(2012年5月11日、東京郊外)
d0303129_20151438.jpg

▼写真2 ニセコシワヒメハマキ(2012年5月20日、東京郊外)
d0303129_20154919.jpg

▼写真3 ウツギヒメハマキ(2012年6月4日、東京郊外)
d0303129_20154055.jpg

※写真1〜3はニコンD90 & タムロンSP AF90mm f /2.8 Di MACRO

写真4はクロマダラシロヒメハマキ。東京郊外の公園の地面にいた。
写真5は口惜しいことにまだ名前が分かっていない。東京郊外の里山で見つけた。

▼写真4 クロマダラシロヒメハマキ(2013年5月23日、東京郊外)
d0303129_20161140.jpg

▼写真5 不明のヒメハマキ(2013年5月27日、東京郊外)
d0303129_20162281.jpg


写真6、7はギンボシキヒメハマキ。
写真6は自然光で、写真7は内蔵ストロボを使用したもの。
ヒメハマキガは小さいので手持ち撮影が難しく、シャッタースピードを稼ぐためにストロボ撮影をすることも多いが、この時は運良く自然光でもそこそこ綺麗に撮れた。

▼写真6 ギンボシキヒメハマキ その1a 自然光(2013年6月10日、都区内の公園)
d0303129_20161787.jpg

▼写真7 ギンボシキヒメハマキ その1b ストロボ撮影(2013年6月10日、都区内の公園)
d0303129_20165363.jpg


写真8、9はヨツメヒメハマキ。
見る角度によって微妙に色が変わって見えた。これは東京郊外の里山で見つけた。
小さい上に風で葉が揺れるので、撮るのはとても難しかった。

▼写真8 ヨツメヒメハマキ その1a(2013年6月17日、東京郊外)
d0303129_20165981.jpg

▼写真9 ヨツメヒメハマキ その1b(2013年6月17日、東京郊外)
d0303129_20165143.jpg


写真10〜12はヒメハマキガではないが、同じハマキガの仲間、オオナミモンマダラハマキ。
小さいが何と派手な模様であることか。しかもこの蛾は葉上でくるくる回っていた。
カメラを向けるとお尻を向けて近づいてきたり、独楽のように葉上で回転してみせたりする。
なんて面白いのだろう、と思ったが、おかげで写真がうまく撮れない(苦笑)。
ネットで検索してみると、やはり注目されるようで、動画をアップしている方もおられるようだ。

▼写真10 オオナミモンマダラハマキ その1a(2011年6月28日、東京近郊)
d0303129_2017392.jpg

▼写真11 オオナミモンマダラハマキ その1b(2011年6月28日、東京近郊)
d0303129_20173996.jpg

▼写真12 オオナミモンマダラハマキ その1c(2011年6月28日、東京近郊)
d0303129_20175122.jpg

※写真10〜12はニコンD90 & タムロンSP AF90mm f /2.8 Di MACRO

オオナミモンマダラハマキは私にとって、小さな蛾にとても綺麗な種がいるということを知るきっかけになった蛾である。
これを見つけた公園は主フィールドからそう遠くないし、よく行く場所なのだが、2年前に一度見たきりでその後出会えていない。今年はまだチャンスがあるだろうか。

参考サイト:虫Naviみんなで作る日本産蛾類図鑑ほか
撮影機材:※印以外はニコンD7000 & AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

by mikiosu | 2013-06-26 20:17 | | Comments(0)

名前
URL
画像認証
削除用パスワード